ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  E

  • 関連の記事

「ET2012 開催直前情報」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

ET2013 開催直前情報:
IoTの真の価値を示す――インテルの近未来組み込みソリューション
インテルは、「Embedded Technology 2013/組込み総合技術展」において、IoT(Internet of Things:モノのインターネット)の真の価値を示すべく、近未来の組み込みソリューションを披露する。(2013/10/30)

ET2013 開催直前情報:
スマート化を支えるのは「組み込みLinux」――創業30周年を前にリネオが「全部見せます!」
2013年11月20〜22日の3日間、パシフィコ横浜で開催される「Embedded Technology 2013/組込み総合技術展」において、来年(2014年)創業30周年を迎えるリネオソリューションズは、組み込みソフトウェア製品・サービスの全てを事例やデモで披露するという。(2013/10/22)

ET2012 開催直前情報:
「ニッポンの高い技術力がここに!」――ETアワード、受賞企業が決定
組込みシステム技術協会(JASA)は、11月14〜16日の3日間、パシフィコ横浜で開催される「Embedded Technology 2012/組込み総合技術展」の出展企業の中から、優れた製品、技術、ソリューションなどを表彰するETアワードの受賞企業を発表した。(2012/11/12)

ET2012 開催直前情報:
製品開発から市場投入までを短縮、日本NIのプラットフォーム
「Embedded Technology 2012」における日本NIのテーマは「“組み込みまでの最短ソリューション”〜人も時間も1/2にする統合プラットフォーム〜」だ。市場へ短時間で素早く製品を投入でき、モノづくり本来の付加価値作りにリソースを割けるようになる同社の組み込み用プラットフォームを多数のデモで見せる。(2012/11/9)

ET2012 開催直前情報:
「短期間でより良く」、菱洋エレクトロのインテリジェント・システム構築技術
「Embedded Technology 2012」における菱洋エレクトロのテーマは「インテリジェント・システム構築のお役に立ちます!」だ。デバイスをネットワークにつないで集めたデータを分析し、マーケティングや経営判断に利用できるインテリジェント・システムを、短期間でより良く構築する技術を紹介する。(2012/11/8)

ET2012 開催直前情報:
高まるワイヤレス給電への期待、業界に先駆けたソリューションをIDTが提供
「Embedded Technology 2012」におけるIDTのテーマは「ワイヤレスパワー・ソリューション」だ。同社が業界に先駆けて開発したシングルチップ・ワイヤレス給電ソリューションを中心として、PCIe Gen3リピータ、プログラマブルPLLも展示する。(2012/11/6)

ET2012 開催直前情報:
Armadilloで「インテリジェント&エコ」な組み込み開発を呼び掛けるアットマークテクノ
「Embedded Technology 2012」におけるアットマークテクノのテーマは、「インテリジェント&エコ」だ。新製品「Armadillo-800」シリーズを中心に、Armadilloが小型・省電力であることはもちろん、“開発者にもエコ”で、インテリジェント・システムにも最適な組み込みプラットフォームであることをアピールする。(2012/11/5)

ET2012 開催直前情報:
Windows Embeddedで実現するインテリジェント システムの優位性をアピール
「Embedded Technology 2012」における日本マイクロソフトのテーマは「インテリジェント システム」だ。多くのパートナー各社とともにWindows Embeddedで構築されたインテリジェント システムを訴求する。さらに、Windows 8搭載デバイスの展示や講演/セミナーにも注目したい。(2012/11/2)

ET2012 開催直前情報:
性能計測やデバッグで困っているならその場でお試し、横河ディジタルコンピュータ
横河ディジタルコンピュータは「Embedded Technology 2012」において「エンジニアが抱える開発環境課題への解決ソリューションを実感ください」というスローガンを掲げた。ブースでは、Linux開発環境やAndroid/マルチコア環境、ARM開発環境など、現在注目されている各種ソリューションを取りそろえ、実機に触れてもらいながら技術スタッフが説明する。(2012/10/30)

ET2012 開催直前情報:
カーエレ設計自動化のテクノロジ・リーダーを自負するメンター・グラフィックス
「Embedded Technology 2012」におけるメンター・グラフィックスのテーマは「カーエレクトロニクス設計自動化のテクノロジ・リーダー」だ。幅広い分野での組み込みソフトウェアとオートモーティブのソリューションを見せる。(2012/10/29)

ET2012 開催直前情報:
ブースとカンファレンスで「All Programmable」を訴求するザイリンクス
「Embedded Technology 2012」におけるザイリンクスのテーマは「All Programmable」だ。製品の設計から量産に至るまで柔軟な対応が可能な「All Programmable」なデバイスとソフトウェアを展示する。(2012/10/26)

ET2012 開催直前情報:
「重層的ソリューション」と「相談コーナー」で組み込みLinuxへの幅広い取り組みを示すリネオ
「Embedded Technology 2012」においてリネオソリューションズは、製品や受託開発、サポートだけを利用してもらうのではなく、顧客のニーズに合わせて提供可能な“柔軟なソリューション”を提示する。(2012/10/25)

ET2012 開催直前情報:
「インテリジェント・システム」をキーワードに、組み込み機器の進化したカタチを見せるインテル
「Embedded Technology 2012」におけるインテルのテーマは「Intelligence in. Amazing out.」だ。膨大なデータから有用なものをリアルタイムに抽出・処理して“知識化”し新たな価値の創造を実現するための基盤「インテリジェント・システム」を、最新ソリューションとデモで見せる。(2012/10/22)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。