ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  E

  • 関連の記事

「ETEC」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ETEC」に関する情報が集まったページです。

製造業のIoTスペシャリストを目指そう(12):
製造業におけるAIの活用ノウハウと落とし穴
製造業におけるAI活用に注目が集まっています。ですが、「AI」は工作機械のように導入すれば結果が得られるというものではありません。今回はAIを製造業務で活用するためのノウハウとその注意点について学びます。(2018/7/17)

製造業のIoTスペシャリストを目指そう(11):
データ駆動社会における「データ分析の基礎知識」
IoTというと「つながる」ことを意識しがちですが、その本質は「データを活用すること」にあります。ではデータを活用するためには、何を知っておくべきなのでしょうか。今回は「データ分析の基礎」について学びます。(2018/6/18)

製造業のIoTスペシャリストを目指そう(10):
製造業における「バリューチェーン」の変革とは何か
製造業におけるIoTの導入は新たな価値の発見につながりますが、その際にはバリューチェーン(価値連鎖)を意識した分析や活動が求められます。IoTにおけるバリューチェーンとは何か、考えてみましょう。(2018/5/21)

製造業のIoTスペシャリストを目指そう(9):
第4次産業革命の本質(自律化の意味)
製造業の革新というテーマでは「第4次産業革命」という言葉が頻出します。この最新の産業革命が進む中、製造業が競争力を高めるためには、何に留意していくべきかを考えます。(2018/4/17)

製造業のIoTスペシャリストを目指そう(8):
IoT時代の製造業における「つながる」の意味
IoTでは“つながる”ことが大切とされます。では、製造業がIoTを活用したいと考えた際には「何が」つながると、技術革新、生産性向上、技能伝承などの目的を達成できるのでしょうか。IoT時代の製造業における「つながる」の意味を解説します。(2018/3/19)

製造業のIoTスペシャリストを目指そう(7):
IoT時代に求められる標準化「ISO 22400」
製造業におけるIoT推進に欠かせない要素の1つが「標準化」です。つながっていても、指標の標準化がなされなければデータは意味の多くを失いかねません。MESの標準化を図った「ISO 22400」について学びます。(2018/2/19)

製造業のIoTスペシャリストを目指そう(6):
IoTセキュリティとITセキュリティの違い
製造業におけるIoT活用は大きなメリットを生みますが、よりセキュリティへの配慮が求められます。セキュリティ技術そのものはITセキュリティと大差ありませんが、IoTという「用途」が大きな違いを生むことを理解する必要があります。(2018/1/19)

製造業のIoTスペシャリストを目指そう(5):
「ものづくり」へのロボット適用とその進化
以前は自動化と大量生産だけを目的としていた産業用ロボットですが、最近では多品種少量生産やスマート工場の実現にも不可欠な存在となりつつあります。今回はそんな産業用ロボットの現状を理解しましょう。(2017/12/20)

製造業のIoTスペシャリストを目指そう(4):
製造業へのAI(人工知能)適用で知っておくべき事
AI(人工知能)はその適用範囲を広げ、製造業でも利用され始めています。まずは「製造業におけるAI」について理解することから始めましょう。(2017/11/16)

製造業のIoTスペシャリストを目指そう(3):
製造現場をIoT化するためのネットワーク基礎知識
製造業IoTの実現に際して「つながること」が求められますが、製造現場は接続されることを前提としていない機器も多く、産業用ネットワーク規格も複数種類が存在します。こうした、製造業向けネットワークの知識は製造業IoTの推進に不可欠です。(2017/10/23)

製造業のIoTスペシャリストを目指そう(2):
「ひとづくり」から始まらないIoTは進まない
IoTプロジェクトやスマート工場を計画・推進するには、産業システムや生産管理から、法律、データ分析、セキュリティなど幅広い知識が必要となります。ここではIoT検定制度委員会監修の下、製造業向けIoTの実践に役立つ問題を出題してゆきます。(2017/9/21)

製造業のIoTスペシャリストを目指そう(1):
IoTによる生産管理を進める基本的な考え方
製造業IoTの話題で頻出する「生産現場の改善にIoTを導入する」ですが、基本となる考え方を理解しないまま導入しても効果は望めません。需要の3要素、生産の7Mといった言葉とともに、IoTによる生産管理を進める基本的な考え方を学びます。(2017/8/21)

IoTスペシャリストを目指そう(12):
第12問 IoTによる付加価値向上
IoTプロジェクトを計画・推進するには、産業システム、法律、デバイス開発、無線ネットワーク、データ分析、セキュリティなど幅広い知識が必要となります。本連載ではIoT検定制度委員会監修の下、IoT関連の知識・スキルアップに役立つ問題を出題し、その解答を詳しく解説していきます。(2017/6/19)

IoTスペシャリストを目指そう(10):
第10問 IoTシステムによる生産管理(2)「デジタルツイン」を理解する
IoTプロジェクトを計画・推進するには、技術から法律まで幅広い知識が求められます。本連載ではIoT検定制度委員会監修の下、IoT関連の知識・スキルアップに役立つ問題を出題し、その解答を詳しく解説していきます。今回のテーマは「IoTシステムによる生産管理」です。(2017/3/15)

IoTスペシャリストを目指そう(9):
第9問 IoTシステムによる生産管理(1)
IoTプロジェクトを計画・推進するには、技術から法律まで幅広い知識が求められます。本連載ではIoT検定制度委員会監修の下、IoT関連の知識・スキルアップに役立つ問題を出題し、その解答を詳しく解説していきます。今回のテーマは「IoTシステムによる生産管理」です。(2017/2/6)

IoTスペシャリストを目指そう(6):
第6問 IoTシステムの外部委託
IoTプロジェクトを計画・推進するには、産業システム、法律、デバイス開発、無線ネットワーク、データ分析、セキュリティなど幅広い知識が必要となります。本連載ではIoT検定制度委員会監修の下、IoT関連の知識・スキルアップに役立つ問題を出題し、その解答を詳しく解説していきます。(2016/10/19)

IoTスペシャリストを目指そう(3):
第3問 IoTシステムの品質保証と安全保証
IoTプロジェクトを計画・推進するには、技術から法律まで幅広い知識が求められます。本連載ではIoT検定制度委員会監修の下、IoT関連の知識・スキルアップに役立つ問題を出題し、その解答を詳しく解説していきます。今回のテーマは、IoTシステムの品質保証と安全保証です。(2016/6/24)

実践しながら学ぶ Android USBガジェットの仕組み(10):
Androidアプリケーションフレームワークを改造してPCRescuroidを追加する
起動不能になったPCを救出する「PCRescuroid」の開発を進める本連載。今回は、Androidアプリケーションフレームワークに強く依存するアプリを開発する際に役立つ手法を紹介する。(2013/3/8)

“組み込み力”向上! ETEC対策ドリル Step2(8):
【問題8】オブジェクト指向の基本的な考え方
今回は、大規模・複雑化が進む組み込みソフトウェア開発でも活用されているオブジェクト指向設計・プログラミングについて解説する。(2011/4/25)

業界団体としての支援策を発表:
JASA、東北地域に拠点を置く会員企業を支援
組込みシステム技術協会は、東北地方太平洋沖地震で影響を受けた会員企業に対して、総額500万円の支援を行うと発表した。(2011/3/25)

“組み込み力”向上! ETEC対策ドリル Step2(7):
【問題7】詳細設計におけるモジュール分割
要件定義、基本設計に続き、詳細設計では基本設計で分割したサブシステムをさらにモジュールに分割し、機能やインターフェイスなどを設計する(2011/3/7)

“組み込み力”向上! ETEC対策ドリル Step2(6):
【問題6】要件定義や基本設計に用いる“図”
今回は、要件定義や基本設計プロセスでよく利用される「ユースケース図」や「DFD」などについて解説する(2011/2/22)

“組み込み力”向上! ETEC対策ドリル Step2(5):
【問題5】ソフトウェア開発モデルについて
「ウォーターフォールモデル」や「スパイラルモデル」など、ソフトウェア開発で用いられる開発モデルについて解説する(2010/11/25)

OESF、Android技術者向け認定試験を開始
OESFが、Android技術者のスキルレベルを客観的に測定することを目的とした認定試験を開始。11月から、アプリケーション技術者認定試験を実施する。(2010/11/19)

“組み込み力”向上! ETEC対策ドリル Step2(4):
【問題4】クロス開発と開発支援機器
今回は、クロス開発の概要と組み込みシステム開発に用いる開発支援機器について詳しく解説する(2010/10/29)

“組み込み力”向上! ETEC対策ドリル Step2(3):
【問題3】プログラムのROM化とブート
今回は、組み込みシステムのプログラムの構成と、どのようにプログラムが実行されるのかについて解説する(2010/10/18)

“組み込み力”向上! ETEC対策ドリル Step2(2):
【問題2】セマフォと排他制御
タスク間の同期および排他制御に用いられるオブジェクト「セマフォ」について、課題演習を基に詳しく解説する(2010/9/24)

“組み込み力”向上! ETEC対策ドリル Step2(1):
【問題1】タスク間の同期と通信
技術要素だけでなく、開発・管理技術まで範囲を広げ帰ってきたETEC対策ドリル! 今回はタスク間の同期・通信について(2010/9/14)

“組み込み力”向上! ETEC対策ドリル(12):
【完結編】 技術要素から開発技術、管理技術へ
ETECクラス2の技術要素に関する演習を解きながら、基礎を解説してきた本連載も最終回。今回はタスクの状態遷移について。(2010/4/28)

“組み込み力”向上! ETEC対策ドリル(11):
【問題11】 処理の最小単位「タスク」の状態遷移
リアルタイム性の概念とリアルタイム性を確保するために用いられる「RTOS」を解説。また、演習はタスクの状態遷移について。(2010/4/12)

“組み込み力”向上! ETEC対策ドリル(10):
【問題10】 リアルタイム性/リアルタイムOSとは?
AD変換を含む“入出力の基本”について詳しく解説。また、「ハードリアルタイム性を求められる処理」について出題する!(2010/3/30)

“組み込み力”向上! ETEC対策ドリル(9):
【問題9】 アナログをデジタルに変換する「AD変換」
タイマの概要・種類について詳しく解説する。また、アナログデータをデジタルデータに変換する「AD変換」に関する演習を出題!!(2010/3/17)

“組み込み力”向上! ETEC対策ドリル(8):
【問題8】 「ウォッチドッグタイマ」の役割とは?
組み込みシステムに欠かせない「割り込み」の仕組みや種類について詳しく解説。また、今回はタイマに関する問題を出題する!!(2010/3/4)

“組み込み力”向上! ETEC対策ドリル(7):
【問題7】 組み込みで欠かせない「割り込み」
パイプライン制御やキャッシュメモリなど、高速化技法について解説。さらに、組み込みで必須の「割り込み」について出題する!(2010/2/16)

“組み込み力”向上! ETEC対策ドリル(6):
【問題6】 高速化技術「パイプライン制御」について
セグメンテーション方式とページング方式の仮想記憶の仕組みについて解説。さらに、パイプライン制御に関する演習を出題する。(2010/2/1)

“組み込み力”向上! ETEC対策ドリル(5):
【問題5】 ページング方式の「仮想記憶」について
今回はROMとRAMの特徴、メモリの基本構造について解説。さらに、ページング方式の「仮想記憶」に関する演習を出題する。(2010/1/10)

Windows Embeddedセミナーレポート(1):
組み込みシステムにおける割り込み処理の重要性
Windows Embedded組み込みセミナーが仙台で開催。大阪電気通信大学の南角准教授が、割り込み処理の重要性を語った。(2010/1/6)

“組み込み力”向上! ETEC対策ドリル(4):
【問題4】 RAMの一種「SRAM」の特徴とは?
今回は、「RISC」と「CISC」の特徴、および制御用コンピュータとして利用される「システムLSI」について詳しく解説する。(2009/12/24)

“組み込み力”向上! ETEC対策ドリル(3):
【問題3】 MPUの種類−「RISC」とは?
今回は、内部バスの種類と基本的な動作について解説。さらに、MPUの種類「RISC」と「CISC」に関する演習を出題する!(2009/12/17)

“組み込み力”向上! ETEC対策ドリル(2):
【問題2】 MPUと他装置との架け橋「バス」とは?
MPUの基本的な構成と動作について詳しく解説。さらに、MPUとメモリなどの装置とを結ぶ「バス」に関する問題を出題する!(2009/11/30)

“組み込み力”向上! ETEC対策ドリル(1):
【問題1】 MPUの動作について
組み込み技術者のスキル認定試験「ETEC」。本連載ではエントリレベルのクラス2試験を題材にさまざまな演習問題を出題する。(2009/11/16)

組み込みギョーカイの常識・非常識(8):
組み込みソフトウェアって何?
OSやミドルウェアを使わない組み込みシステムでは、当然その代わりになるソフトウェアを自分で開発する必要がある(2007/3/26)

組み込み技術者向けの新資格試験がスタート
組み込み開発の上流工程における、国際標準の資格試験が開始される。(2006/12/13)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。