ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「試験」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「試験」に関する情報が集まったページです。

サークルKサンクスでは販売していた:
ファミマがこっそり「焼き芋」の実験販売をしていた! セブンとローソンは……
都内の店舗でファミマが「焼き芋」の試験販売をしている。専用機で、できたてを提供。全国販売される日はくるのか。(2020/1/25)

太陽誘電 HMR105 B7103KVほか:
1005サイズ定格電圧100VのMLCC
太陽誘電は、1005サイズの積層セラミックコンデンサー11種を商品化した。いずれも定格電圧100Vで、車載向け電子部品の信頼性試験規格AEC-Q200に準拠する。静電容量が220pF〜0.01μFまでの幅広いラインアップとなっている。(2020/1/27)

ドローン:
無人航空機が緊急時に自律的に危険回避する技術の飛行実証試験を実施
新エネルギー・産業技術総合開発機構は、無人航空機が緊急時に自律的に危険回避する技術の実証試験を実施した。同技術により、地上と無人航空機間の通信インフラが十分でなくても、無人航空機を安全に飛行できる。(2020/1/23)

オートモーティブワールド2020:
自動運転車の膨大な走行試験データをクラウドで管理、ペタバイト級への対応も
車載ソフトウェアを手がけるエレクトロビットは「オートモーティブワールド2020」(2020年1月15〜17日、東京ビッグサイト)において、開発中の自動運転車の走行データをクラウドベースで管理するツール「EB Assist Test Lab」を紹介した。(2020/1/20)

センター試験初日、関東甲信で雪 交通機関の乱れ注意
18日は関東の平野部も所々で雪が降りそう。千葉県など風も強く、交通機関が乱れる恐れがあります。時間に余裕をもって、お出かけください。(2020/1/17)

NHKの新たなネット配信「NHKプラス」4月スタート 受信契約者は追加負担なし
地上波放送番組との同時配信と、それらの「見逃し配信」を提供。正式スタートに先がけ、3月から試験的な運用が実施されます。(2020/1/16)

交通・映画・食事が一体になったサブスク、東急が試験販売 3月から
東急グループが、東急線沿線で使える交通・映画・食事サービスをセットにした月額チケットを試験的に導入。1月16日から申し込みを受け付け、3月1日に発売する。(2020/1/15)

FAニュース:
T型回路構造を採用したMOS FETリレーモジュール、メンテナンス頻度削減を実現
オムロンは、T型回路構造を採用したMOS FETリレーモジュール「G3VM-21MT」を発売した。漏れ電流を1pA以下と極小化し、高精度での測定と試験装置のメンテナンス頻度の低減を両立した。(2020/1/10)

山岳トンネル工事:
「S-BEAT」を無線式に改良、作業時間が従来の半分に
清水建設は、前方探査システム「S-BEAT」を改良し、有線式から無線式に変更した新システムを開発した。新システムにより、データ計測の作業効率が向上するとともに、坑内環境に左右されずに計測を行うことが可能になった。複数のトンネル現場に新システムを試験適用した結果、大幅な省力化・省人化効果がもたらされた。(2020/1/8)

CES 2020:
トヨタ、「ネットにつながる実験都市」静岡に建設へ 自動運転・ロボットなど導入 2000人が居住
トヨタ自動車が「コネクティッド・シティ」を静岡県に建設する。自動運転・ロボット・スマートホーム技術などを試験的に導入し、有用性を検証する。(2020/1/7)

学費無料のエンジニア学校「42 Tokyo」、約1カ月続く入試をスタート 海外支部では「とてもつらい」との声
学費無料のITエンジニア養成学校「42 Tokyo」が、約1カ月間続く入学試験をスタート。時間を問わず会場に入退室でき、他の受験者と共同で問題を解く形式。「とてもつらいので、諦める人が多い」という。(2020/1/6)

“空飛ぶクルマ”の有人飛行試験、日本発ベンチャーらが開始
ベンチャー企業のSkyDriveらが、“空飛ぶクルマ”の有人飛行試験を2019年12月に始めた。都市部のタクシーに代わる移動手段のほか、離島や山間部の移動手段、災害時の救急搬送などでの活用が期待される。(2020/1/6)

KDDIら、遠隔地から乳牛の見守りを行う5G実証実験
KDDIらは牛舎内の乳牛の4K映像を用い、耳標の読み取りによる乳牛の居場所の把握と遠隔からの乳牛の見守りを行う実証試験を実施した。獣医検診などの対象となる乳牛の居場所をすぐに把握でき、飼育している乳牛の状態も牛舎外から確認できるようになる。(2019/12/24)

スマートコンストラクション:
深さに関係なく運搬効率が一定、土砂搬送が可能なぜん動ポンプの試験機を開発
都市部では、土地の有効活用として、建物の地下が深くなる傾向があり、掘削工事に多くの時間をかけている。そのため、業界では生産性向上を目的に、掘削装置や技術の能力を高めることが望まれている。こういった状況を踏まえ、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)や竹中工務店らは、掘削工事を円滑に行える新装置を完成させた。(2019/12/23)

“サポカー限定免許”導入へ 事故歴のある高齢者には免許更新時に実車試験も
警視庁の有識者分科会は高齢運転者の事故防止対策として、安全運転サポート車のみの運転を認める限定免許制度や、事故歴や特定の違反歴がある高齢者を対象にに免許更新時の実車試験を導入する方針を示した。(2019/12/20)

349人の社員が対象:
内部通報が暴いた大和ハウス工業の重大な不備 施工管理技士の試験でずさんすぎる管理体制が明らかに
大和ハウス工業は、施工管理技士の技術検定試験で重大な不備があったと発表した。受験資格を満たしていないにもかかわらず合格した社員がいた。内部通報がきっかけで判明。(2019/12/19)

京大病院、新病棟が完成 iPS治験の体制充実へ
京都大医学部付属病院に新病棟が完成した。iPS細胞を活用した創薬研究の臨床試験などを行う「次世代医療・iPS細胞治療研究センター棟」も併設している。(2019/12/17)

通信障害、総務省が楽天に4回目の行政指導
 総務省は13日、自社の通信網を活用した携帯電話サービスで通信障害が発生した楽天モバイルに対し、通信網の機能や障害情報の発信に問題があったとして、設備の試験や利用者への周知方法などを改善するよう行政指導を実施した。1月中旬までに、原因究明や再発防止策をまとめた報告書の提出を求めた。基地局整備の遅れなど、同社の携帯電話事業に対する行政指導は4回目となる。(2019/12/13)

デジタルトランスフォーメーションを推進:
経済産業省でも進む名刺管理サービスの導入 業務引継ぎの効率化にも寄与
法人向けクラウド名刺管理サービス「Sansan」。経産省はSansanの試験的な導入を拡大する。スタートアップ支援などを手掛ける局で導入を進める。(2019/12/13)

実験店舗「セブン-イレブン麹町駅前店」オープン――NECの「設備稼働管理」「棚定点観測」を採用
セブン-イレブン・ジャパンが「セブン-イレブン麹町駅前店」をオープンした。NECが設備を予防保全する「設備の稼働管理」と、棚状況を直感的に把握できる「棚定点観測」が導入されている。同店舗は今後、新設備の試験導入や新たな顧客価値の提供、効率的な運営を目指す実証実験拠点となる。(2019/12/12)

試用段階:
“食べられる”コーヒーカップが登場 一部空港ラウンジと航空機内サービスで
食べられるコーヒーカップが登場。ニュージーランド航空が試験的に導入。どのような素材でできているのか。(2019/12/9)

JR東、さいたま新都心駅でロボットの実験 人混みを移動できるか確認
JR東日本が12月9日に、さいたま新都心駅で警備や清掃を行うロボットの実証実験を始めた。2020年春に開業する高輪ゲートウェイ駅で試験的に導入するロボットを使用する。(2019/12/9)

学費無料・24時間体制のエンジニア学校「42Tokyo」、対象年齢を18歳以上に引き上げ 青少年保護育成条例に配慮
2020年4月に開校予定のITエンジニア養成学校「42 Tokyo」の運営事務局が、入学試験に出願できる生徒の年齢を16歳以上から18歳以上に変更した。同校は校舎を24時間365日開放する予定だが、18歳未満の青少年が24時間営業の施設に出入りすることは都の条例で制限されている。これに配慮した判断という。(2019/12/9)

「肌を分析する鏡」「印刷して貼るメイク」 パナとコーセーが試験提供 IT活用の化粧品店で
パナソニックが、肌の分析機能を備える鏡、肌に直接貼るだけでシミを隠せるシートを試験的に提供する。東京・銀座にオープンする「メゾンコーセー」に導入し、顧客のニーズを探る。(2019/12/6)

高輪ゲートウェイ駅は“実証実験の場” QRコード自動改札機に多数のロボットも
JR東日本は2020年春の開業を目指す高輪ゲートウェイ駅に、QRコードに対応した自動改札機やロボットを試験導入すると発表した。同駅を「新しいことを始める場所」と位置付け、今後も実証実験を進める。(2019/12/3)

入試にスマホ持ち込みOK 東京女子学園中、データ読み解く力を試す
東京女子学園中学校が2020年の入学試験の算数で、スマートフォンの持ち込みを認める。受験者はスマホの検索機能や計算機能などを自由に使い、試験問題に回答する。(2019/12/3)

牛の発情や病気をAIが検知 NTTテクノクロスら、デンマークで実証実験
農業向けIoT事業を行うデザミスとNTTテクノクロスが、デンマークの農業研究機関と共同で、牛の行動モニタリングシステム「U-motion」の実証実験を始める。牛の発情や疾病の兆候を知らせるアラート機能が一定の基準を満たす品質かどうかを試験する。(2019/12/2)

山岳トンネル工事:
前田建設の鋼支保工建込みロボット、実現場で生産性・安全性を確認
前田建設が鋼製支保工建込みロボットの現場試験を終え、導入効果を確認した。ロボット導入による省人化とICT導入による機械化により、トンネル掘削現場における生産性・安全性・品質の向上が見込める。(2019/11/29)

山手線乗車中に筋トレ、JR東がアプリで指南 吊り革、手すり使ったメニューなど配信
JR東が、山手線の車内で利用できる筋力トレーニング指南アプリを試験提供。名前は「‘TRAIN’ing」(トレイニング)で、iOSのみ。車内設備を使って乗車中にできる筋トレメニューなどを自動作成する。(2019/11/28)

ゲーム投稿サイト「RPGアツマール」が課金機能に対応 追加コンテンツや買い切りゲームの販売が可能に
一部のタイトル限定で試験的にスタート。(2019/11/28)

VRニュース:
AGC、素材開発のスピードアップに向けて専用アプリ不要の簡単AR技術の試験使用を開始
AGCは、素材の組成開発を担う材料融合研究所と素材の生産プロセスおよび設備開発を担う生産技術部において、AR(拡張現実)/MR(複合現実)技術を保有するKAKUCHOの「webAR」の試験使用を開始すると発表した。(2019/11/28)

手すりやつり革を利用:
山手線の車内で鍛えてみませんか? JR東がトレーニングアプリを試験公開
JR東日本が山手線内で使えるトレーニングアプリを試験公開。乗車駅や降車駅を記入する。手すりやつり革を使ったプログラムを提供。(2019/11/27)

IMVが統括機関に:
地震計測を標準化へ、日本主導で2022年の発行目指す
地震計測を世界で統一し、ISOで標準化しようという動きが出ている。主導しているのは日本だ。振動試験装置などを手掛けるIMVは2019年11月21日に都内で記者発表会を開催し、地震計測の標準化について説明した。(2019/11/26)

血液1滴から13種類のがんを検出 精度は99% 東芝が技術開発
血液1滴から13種類のがんを99%の精度で検出する技術を東芝が開発。実用化に向け、2020年から実証試験を進める計画だ。(2019/11/25)

建設技術フォーラム:
暗い路面に映像照射で進路を示す装置を開発、仮設歩道の安全性が向上
小糸製作所は、夜間工事の際に、歩行者が仮設歩道を安全に歩くことをサポートする映像照射装置を開発し、実証試験を進めている。(2019/11/25)

生理をオープンに――大丸梅田店「生理バッジ」に批判も 担当者に試験導入の理由を聞いた
「生理であることをオープンにすることでポジティブな動きがみられるのではないか」。(2019/11/22)

AI:
「鉄筋継手」をAIで自動検査、NTTコムウェアと清水建設が2020年に試験運用へ
NTTコムウェアは、業務量が膨大な一方で、熟練者の経験に依存している鉄筋継手の検査業務を、独自のAIで自動化する技術を開発した。スマートデバイス上のアプリから撮影するだけで、継手部分の球の形状が適正化かを判定する。2020年中の実用化を目指し、同年1月から、ともに開発を進めてきた清水建設の実現場でトライアルを開始するという。(2019/11/22)

Twitter、予約投稿機能をテスト TweetDeckの機能を“輸入”
Twitterが、ツイートを予約投稿できる機能を試験導入。日本を含むグローバルで、一部の利用者に提供する。これまで「TweetDeck」で提供していた機能を、Twitterのデスクトップ版にも取り入れた。(2019/11/21)

NTTのAI、センター試験の英語筆記で偏差値64突破 “試験対策”に工夫 「東ロボ」プロジェクトの一環
NTTは、同社開発のAIに2019年センター試験の英語筆記本試験を解かせ、200点中185点(偏差値64.1)を獲得したと発表した。(2019/11/18)

製造マネジメントニュース:
EV時代対応の車載電子機器および装置のテストラボを新設
沖エンジニアリングは、群馬県伊勢崎市に開設した「群馬カーエレクトロニクス テストラボ」の稼働を開始した。EV化で需要が急伸している車載電子機器や装置の長期信頼性試験の受託サービス体制を強化する。(2019/11/18)

令和元年度土木研究所講演会:
アスファルト再生骨材は繰り返しのリサイクルで状態が悪化、土木研究所
土木研究所は、2016〜2021年の主要テーマの1つとして、「循環型社会に向けた舗装リサイクル技術に関する研究」を掲げている。このテーマに則し、再生骨材を含む再生アスファルト混合物の適用条件や再生アスファルト混合物の品質を評価する簡便な試験方法などを調査。また、研究の一環として、アスファルト・コンクリート再生骨材の繰り返し再生による変状についても検証を進めている。(2019/11/18)

ドコモなど5社、ゴルフ場の経営改善に向けた5G実証実験に成功 満足度向上で地方創生に貢献
NTTドコモなど5社が協同で、ゴルフ場の経営改善を実現すべく5G実証試験を実施。プレー回転率やユーザビリティの向上を解決し、地方創生の貢献を目指していく。(2019/11/15)

ゴルフ場で5G実験、ボールの落下点予測 ドコモら5社
NTTコミュニケーションズなどが、ゴルフ場で5Gを活用した映像伝送の実証試験を実施。ボールの落下地点予測や、プレー状況のリアルタイムな把握に成功したという。(2019/11/15)

プログラマブル直流安定化電源の基礎知識(3):
プログラマブル直流安定化電源の用途例や保守
直流電源はさまざまな分野で使われているため、多くの製品が市場にある。今回の解説では製品の開発や生産の現場で使われているプログラマブル直流安定化電源のうち、対象物にエネルギーを供給する試験用電源についての基礎知識を紹介していく。連載最終回となる今回は、「用途例」や「保守」について紹介する。(2019/11/15)

FM:
音・光・緑でリラックス効果を生むウェルネス空間「そと部屋」を開発、鹿島
鹿島建設は、ウェルネス空間「そと部屋」の展開を本格化する。鹿島建設は2018年7月〜2018年10月、慶應義塾大学の伊香賀俊治教授および、産業医科大学の柳原延章名誉教授と共同で、そと部屋の実証試験を実施している。試験では、空からの光を室内に模擬する天井装置「スカイアピアー」を設置したそと部屋で活動した際の生理面や心理面、知的生産性を定量的に評価した。(2019/11/14)

KDDIら、軽種馬育成をサポートする5G実証実験 ドローンからの8Kライブ映像伝送に成功
KDDIらは、軽種馬のトレーニングの様子や厩舎(きゅうしゃ)内での様子を遠隔から観察・見守りを行う実証試験を実施。実験内ではドローンで撮影した8K超高精細映像のリアルタイム伝送に成功した。(2019/11/13)

「レースまでの育成状況を知りたい」 疾走する馬の8K映像、馬主らに5G伝送 KDDIなど実験
5Gを活用し、馬のトレーニングや厩舎内の様子をリアルタイムで伝送する実証試験を、KDDIなどが実施。「遠隔地からでも仔馬を見守りたい」という生産牧場や馬主のニーズに応える。(2019/11/13)

医療機器ニュース:
量子暗号を用いた、秘匿性・可用性の高い生体認証システムを開発
情報通信研究機構とNECは、生体認証データの伝送と保管において、高い秘匿性と可用性を持つシステムを開発した。スポーツ分野のナショナルチームが利用するサーバのアクセスを物理的に管理する試験利用を開始している。(2019/11/11)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
カネがなければ諦めろ? “身の丈”に合わせる英語民間試験導入は廃止すべき理由
萩生田文科相の「身の丈」発言も問題視された、大学入試への英語民間試験導入が延期になった。家庭の経済力による機会の格差が、学力、そして“生きる力”に直結する日本社会で、今回の制度導入は貧困世帯の子どもの命をないがしろにするようなものだ。(2019/11/8)

「ユーザーは1日1GB利用」楽天モバイルの無料プログラム ローミング料金高騰?
楽天モバイルが10月に運用を始めた携帯キャリア事業の試験サービス「無料サポーターズプログラム」では、利用者1人当たり、平均で1日1GBの通信を利用しているという。KDDIのローミング時にたくさん通信しても問題ないのか?(2019/11/7)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。