ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「試験」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「試験」に関する情報が集まったページです。

Wi-Fi Allianceからの認定を受け:
アリオンが「Wi-Fi 6E」認証プログラムの提供を開始
第三者認証試験、品質検証、コンサルティングを提供するアリオンは2021年1月14日、同社グループ本社の台湾Allion Labsが、Wi-Fi Allianceから「世界初」(アリオン)のWi-Fi 6E認証試験機関として認定を受けたと発表した。これにより、Wi-Fi 6E関連の認証プログラムとコンサルティングの提供を開始する。(2021/1/15)

面接中止、オンライン導入……首都圏の中学受験スタート
コロナ禍での中学受験がスタートした。面接の取りやめや筆記試験のオンライン化、出題範囲の変更など入試の様相は一変。感染リスクへの危惧から恒例の受験風景は様変わりを余儀なくされそうだ。(2021/1/14)

総務省、「スマホ乗り換え相談所」を設置へ 専門相談員がプランの提案や移行手続きをサポート
総務省が各社の料金プランを比較し、乗り換え手続きをサポートする「スマホ乗り換え相談所」(仮称)を試験的に設置する方針を明らかにした。2021年度いっぱい、相談所の効果を検証し、22年度以降の事業化を目指す。(2021/1/5)

数学テストの難敵「動く点P」が具現化 線分ABの呪縛を逃れ自由に走る姿が愛おしい
試験であんなに苦しめられたアイツが、なぜかかわいい。(2021/1/5)

LINE、恋愛マッチングアプリ「HOP」全国展開 「友達の友達」とつながる
LINEと婚活サービスを手掛けるDiverseの合弁会社HOPが、恋愛マッチングアプリ「HOP」の提供を全国で始めた。これまでは東京都などで試験的に提供していたが、エリアを拡大した。(2020/12/24)

製造マネジメントニュース:
日野が北米で2021年9月末まで車両生産停止、エンジンの認証遅れで
日野自動車は2020年12月23日、北米向けエンジンに関して米国の法定認証試験の過程で課題が生じたことにより、2021年9月末まで北米での車両生産を停止すると発表した。(2020/12/24)

医療機器ニュース:
殺菌成分配合ジェルが新型コロナウイルスを不活化
富士フイルムは、同社独自の抗菌技術を用いた殺菌成分配合ハンドジェルと、新型コロナウイルスを反応させた評価試験の結果を発表した。同ハンドジェルは、1分間の反応後、99%以上のウイルスを不活化した。(2020/12/23)

製品動向:
従来比でサーバ室の面積を90%削減する液浸冷却システム、大成建設ら
大成建設らは、超高集積・高発熱サーバ向けに、空冷方式の冷却システムと比較して冷却に要するエネルギーを約90%低減し、空気の流れを考慮したラック配置が不要となり、サーバ室の面積をこれまでと比べて約90%削減する液浸冷却システム「爽空sola」を開発し、実証試験により新システムをデータセンターに適用した際の優れた性能を明らかにした。(2020/12/22)

JR西、ラッシュ回避でポイント付与 時間帯別運賃につなげる狙いも
JR西日本が、ICOCAの定期券利用者に、朝のラッシュ時を避けて乗車すると、現金代わりに利用できるポイントを付与する試験サービスを実施すると発表した。時間帯別運賃の導入や、車両や人員の規模の見直しなど、コスト削減策につなげたい考えだ。(2020/12/17)

MVNOに聞く:
IIJが法人向け5Gサービスを開始した狙いは? IIJmioでの5Gはどうなる?
MVNOの老舗といえるIIJが、法人向けのIIJモバイルに5Gのサービスを加えた。au回線を使う「タイプK」のみだが、料金も変わらず、5Gを利用できるようになる。11月2日には、SA(スタンドアロン)方式の5Gに対応したeSIMを開発。試験用の基地局やコアネットワークでの動作を確認している。(2020/12/16)

嗅覚と味覚のプロフェッショナル「官能検査員」ってどんなお仕事? 実際の試験にもチャレンジしてみました
「天然水の水道水割り」も嗅ぎ分けられる!?(2020/12/22)

無人投函ボックスも:
ファミマで「メルカリ教室」 相互の送客狙い実証実験
ファミリーマートとメルカリは、都内や神奈川県内のファミリーマートに、「メルカリ」の使い方を教える教室やメルカリポストを試験導入した。両社間の相互送客と利便性向上につなげる狙い(2020/12/14)

ファミマ、メルカリの投函ボックスを試験導入 東京・神奈川の一部店舗で 店内でアプリの使い方講座も
(2020/12/14)

産業動向:
大林組らが「ドライ低NOx水素専焼ガスタービン」の技術実証試験に成功
大林組らは、川崎重工業が開発した燃焼技術「マイクロミックス燃焼」を用いた「ドライ低NOx水素専焼ガスタービン」を開発し、燃焼速度が速い水素燃焼で火炎の逆流を抑えながらいかに燃焼を安定させるかというドライ燃焼方式の課題を解消した。(2020/12/14)

自動走行ロボ使用、住宅街で荷物を配送 パナソニックが藤沢市で実証実験
パナソニックが、自動走行ロボットを使った住宅街向け配送サービスの実証実験を実施中。11月末から公道での技術検証を進めており、2021年2月から試験的にサービスを始める予定。実施場所は「Fujisawaサスティナブル・スマートタウン」。(2020/12/7)

「セガい共通テスト」対策オンライン講座「セガゼミ」開講 予習の時点で問題が濃すぎて試験本番が怖い
知る人ぞ知るハード、コードネーム「ビーナス」の試作機も初お目見え。(2020/12/1)

三鷹市など4自治体、電子請求書システムを試験導入 業務時間を最大で84%削減
インフォマートとコンカーが、東京都三鷹市など4つの自治体で電子請求書導入に向けた実証実験を行った。業務時間を最大で84%削減できたという。(2020/11/30)

銀座線1両に配置:
東京メトロ、ウイルスや花粉を抑える「空気循環ファン」の搭載試験開始
東京メトロは、三菱電機と共同で空気中に浮遊するウイルスや菌、花粉を抑制する機能を持つ車内空気循環ファンの搭載試験を11月26日から開始する。(2020/11/26)

全ての工場で製造体制の自動化へ キリンがIoT基盤を開発、試験運用を開始
キリンは、キリンビールの滋賀工場とキリンビバレッジの滋賀工場で、NTTデータと共同開発したIoT基盤の試験運用を開始した。これまで生産設備ごとに確認していた製造現場の様子を、工場内外からリアルタイムで確認できるようになる。(2020/11/25)

医療機器ニュース:
オゾン発生装置の新型コロナウイルスに対する不活化効果を実験で確認
村田製作所は、同社の「イオナイザモジュール」「オゾナイザモジュール」により発生するオゾンガスが、試験槽空間において新型コロナウイルスに対する不活化効果を持つことを実証した。(2020/11/25)

小中高校生を対象に「プログラミングの概念に対する理解度」を評価:
2021年5月まで無料で受験できる「プログラミング能力検定」 サイバーエージェントが運営開始
サイバーエージェントとスプリックスが設立したプログラミング総合研究所は、小学生から高校生までを対象とした「プログラミング能力検定」の運営を開始する。プログラミングの概念に対する理解度を6段階の試験で体系的に評価する。(2020/11/18)

電気自動車:
EVを蓄電池として活用、工場の電力コスト削減を目指す実証実験
出光興産と日本ユニシスは、EVおよび蓄電池の充放電制御を最適化する実証試験を、2021年3月より開始すると発表した。(2020/11/17)

山岳トンネル工事:
安藤ハザマらが無水で削孔が可能なボーリング技術を開発
安藤ハザマと日本基礎技術は、山岳トンネルでのボーリング作業の際に、膨張性地山などでは、無水での削孔が有効とされていることを考慮し、スクリューオーガを用いた無水削孔ボーリング技術を開発した。両社は既に、試験施工で新ボーリング技術の効果を確かめており、今後、供用中の高速道路トンネル内の盤ぶくれ対策を中心に適用することを目指す。(2020/11/17)

コロナ治療薬開発へ新会社 東大発企業や富士通 スパコン、AI活用
東京大発の医薬品ベンチャー、ペプチドリームが、新型コロナウイルス感染症治療薬の開発を手がける新会社「ぺプチエイド」を設立した。スーパーコンピュータやAIを活用し、治療薬開発に必要な試験を同時並行で進め、開発期間の短縮を図る。(2020/11/13)

富士通らが「デジタルアニーラ」でCOVID-19治療薬の開発へ
治療薬開発の領域もITの進展が貢献する。富士通はペプチドリームなどと共同で、新型コロナウイルス感染症治療薬の開発を目指す新会社を設立した。最短で2021年秋の臨床試験を目指す。(2020/11/12)

発症防ぐ有効性90%超:
米ファイザーのコロナワクチン、いつ日本に? 6000万人分は確保
米製薬大手ファイザーが9日、開発中の新型コロナウイルス感染症のワクチンについて、発症を防ぐ有効性が90%以上に上ったとする暫定的な臨床試験の結果を公表した。 (2020/11/11)

日経平均、2万5000円超えで始まる ワクチン開発好感
11月10日の日経平均株価は大幅に上昇して始まった。前日比247円高の2万5087円で取り引きが始まり、29年ぶりの高値を再び更新した。米製薬大手ファイザーが、開発中の新型コロナウイルスワクチンの臨床試験結果を発表し、「90%を超える予防効果がある」としたことを好感した。(2020/11/10)

志望度や企業イメージを下げる:
「面接官の反応が薄い……」 Webでの採用試験、企業側が気を付けることは?
新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、多くの企業が2021年卒の新卒採用選考をWeb面接形式で実施。Web面接に対し学生はどのような意識を持っているのだろうか。リクルートマネジメントソリューションズが「大学生の就職活動調査2020」の結果を公表した。(2020/11/9)

タッチパネルでほしい商品を検索すると……:
“ロボット案内人”登場 目的の売り場まで誘導、カインズの新店舗
ホームセンターのカインズが、買い物客を案内するロボットを試験的に導入する。11月3日にオープンする「カインズ朝霞店」に設置。買い物客がタッチパネルで商品を検索して選ぶと、ロボットがその商品の並ぶ棚や通路の前まで動いて案内する。(2020/10/29)

医療機器ニュース:
深層学習技術を用いたX線画像診断補助ツールを肺がん検診に導入
Preferred Networks、京都府、京都府医師会、NOBORIは、京都府で実施される肺がん検診で、深層学習技術を用いた胸部X線画像の診断補助ツールを試験導入し、医師の診断負荷および見落としリスクの低減効果について評価する。(2020/10/29)

太陽光:
太陽光パネルのリサイクル事業、JEFエンジが2021年度に事業化へ
JFEエンジニアリングのグループ会社であるJ&T環境が、太陽光パネルのリサイクルプラントによる実証試験を開始すると発表。2021年度の事業化を目指すという。(2020/10/27)

量子コンピュータ上で動く量子化学計算クラウドサービス QunaSysが試験提供
QunaSysが量子コンピュータ上で量子化学計算を行うクラウドサービス「QunaSys Qamuy」の試験提供を始めた。(2020/10/21)

Instagram、“投げ銭”機能を日本でも開始
「Instagram」のライブ配信者が、視聴者から収益を得られる仕組みが日本でも試験的に始まった。(2020/10/21)

ミリ波レーダー搭載機器の機能評価:
視野角度可変ターゲットシミュレーターを発売
東陽テクニカは、ミリ波レーダーセンサーを用いたADAS機能を試験できる、UniqueSec AB製の視野角度可変ターゲットシミュレーター「ASGARD2」を発売する。(2020/10/20)

電子チケット・顔認証で乗れるバス 沖縄・宮古島で試験運行
“新しい生活様式”に対応した「宮古島ループバス」が登場。電子チケットを提示するか、車内のタブレットに顔を映すと、運転手と接触せずに乗車できる。「宮古島市熱帯植物園」など19カ所の観光スポットを巡回する。(2020/10/20)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
JR東日本がトヨタと組む「燃料電池電車」 “水素で動く車両”を目指す歴史と戦略
JR東日本がトヨタ自動車などと燃料電池を活用した試験車両の開発で連携する。業種の垣根を越えた取り組みは各社にメリットがある。JR東にとっては、次世代車両として燃料電池電車を選択肢に加え、最終目標のゼロエミッションを目指す一歩となる。(2020/10/16)

製造マネジメントニュース:
シートベルトストラップの試験データに問題、「対象製品の不具合は確認されず」
ジョイソン・セイフティ・システムズ(JSS)は2020年10月14日、シートベルトのストラップ(ウェビング)の試験データが改ざんされていたとする報道に謝罪コメントを発表した。(2020/10/15)

ケンタッキーでテイクアウト用「ピックアップロッカー」試験導入 ネットで注文して非接触で受け取れる
配達代行サービスでも利用可能。(2020/10/13)

ネットオーダー対象:
日本KFCが「ピックアップロッカー」を4店舗に設置 持ち帰り商品を“非接触”で提供
日本ケンタッキー・フライド・チキンは、顧客がネットオーダーで事前注文した商品を非接触で受け取れる店内設置型ロッカー「ピックアップロッカー」を4店舗で試験導入する。完全に非接触で商品提供できるサービスを導入し、安心感を高める。(2020/10/13)

ケンタッキー、一部店舗に“商品お渡しロッカー” ネット注文商品を非接触で提供
ケンタッキー・フライド・チキンが一部店舗に、商品を一時的に保管する「ピックアップロッカー」を試験導入した。ネットで事前に注文を受けた商品などを入れておき、客が店員と接触せずに受け取れるようにする。(2020/10/13)

走行車両からトンネル内部を点検:
京都大とミネベアミツミ、無線給電で社会実証試験
京都大学とミネベアミツミは、マイクロ波(電磁波)を用いたワイヤレス給電技術を活用し、トンネル内部の劣化状況などを効率よく点検するための「巡回型インフラモニタリングシステム」について、実証実験を行う。(2020/10/12)

リニア新型車両が走行試験開始 車内の設備、撮影ポイントは?
リニア中央新幹線の品川−名古屋間開業に向けた新型車両が、山梨実験線で走行試験を始めた。空気抵抗を減らす車体デザインや給電方法の変更などを行うなど進化を続けている。(2020/10/12)

電気自動車:
水素燃料を使う次世代鉄道、トヨタ・JR東日本・日立が共同開発へ
JR東日本、日立、トヨタが水素を燃料とする燃料電池と蓄電池を電源とするハイブリッドシステムを搭載した試験車両を共同開発すると発表。鉄道技術と自動車技術を融合し、環境負荷の低い新たな鉄道車両の実現を目指すという。(2020/10/8)

ロボット開発ニュース:
「こて」型装置が腕の負担を軽減、産業用パワーアシストスーツが実地試験
ATOUNは2020年10月6日、積み込みや運搬作業時に作業者の腕と腰部分の負担を軽減する「ATOUN MODEL Y + kote」の実地試験を開始した。「こて」のような形状の装置が装着者の負担を減らす。協力会社である鈴与の物流センターで試験を実施する。結果に問題が無ければ、2021年内に同製品を販売する予定。(2020/10/8)

AWSで構築:
AIがカンニングや替え玉受験などオンライン試験の不正を検知、NTT東日本とイー・コミュニケーションズが共同開発
NTT東日本とイー・コミュニケーションズは、オンライン試験の不正監視サービス「Remote Testing AIアナリスト(仮称)」の事前予約受付を開始した。AIを活用してオンライン試験でのカンニングや替え玉受験を防止するという。(2020/10/7)

燃料電池車:
大型トラックだけでなく鉄道にも燃料電池、トヨタが共同開発を加速
トヨタ自動車は2020年10月6日、燃料電池(FC)を使った大型トラックや鉄道車両を開発すると発表した。FC大型トラックは北米で日野自動車と開発し、2021年前半に試験車両を完成させる。2022年にユーザーとの実証、2024年までに量産を予定している。鉄道では東日本旅客鉄道(JR東日本)や日立製作所とともに試験車両を製造し、2022年3月ごろから鶴見線、南武線尻手支線、南武線で試験走行を行う。(2020/10/7)

水素で走る燃料電池鉄道車両、トヨタ、JR東、日立が共同開発 南武線・鶴見線などで試験予定
愛称は「HYBARI」。これも「電車」って呼んでいいん……ですよね?(2020/10/6)

水素で動く鉄道車両、JR東などが開発へ クルマの燃料電池を応用
JR東日本、日立製作所、トヨタ自動車が、水素を燃料とする燃料電池と蓄電池を電源とするハイブリッドシステムを搭載した鉄道車両「HYBARI」(ひばり)を開発する。2022年3月ごろから、神奈川県で試験運行を行う予定。(2020/10/6)

愛称は「HYBARI(ひばり)」:
「水素で走る鉄道車両」 JR東、日立、トヨタが共同で試験開発
JR東日本と日立、トヨタは、水素を燃料とする燃料電池と、蓄電池を組み合わせた試験車両を共同で開発すると発表した。2022年3月頃から、鶴見線、南武線尻手支線、南武線(尻手〜武蔵中原)で試験走行を予定している。(2020/10/6)

オンライン試験で“あやしい挙動”を検知するAI、NTT東が開発 替え玉受験やカンニング対策で
NTT東日本が、オンライン試験向けに、替え玉受験やカンニングなどの不正の疑いがある行為を検知する「クラウドAIを用いた挙動検知機能」を開発した。(2020/10/5)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。