ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  F

  • 関連の記事

「F903i」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「F903i」に関する情報が集まったページです。

「F904i」の“ここ”が知りたい(1):
「F903i」「F903iX HIGH-SPEED」と、どこが違うのか──「F904i」
3.1インチのワイド液晶とワンセグを搭載した「F904i」。前モデルの「F903i」「F903iX HIGH-SPEED」と、どこが違うのか。F904iから搭載された背面液晶のイルミカラーもチェックした。(2007/4/27)

「D903i」「F903i」の予測変換機能に不具合──ソフトアップデートで修正
NTTドコモは4月6日、三菱電機製の「D903i」と富士通製の「F903i」に搭載された予測変換機能の変換学習データがリセットされる不具合があると発表した。ソフトアップデートで対応する。(2007/4/6)

「F903iX HIGH-SPEED」の“ここ”が知りたい(1):
「F903i」とどこが違うのか──「F903iX HIGH-SPEED」
「F903i」と同じ、スイングスタイルを採用したHSDPA端末の「F903iX HIGH-SPEED」。F903iとの機能の違いや音楽機能、不在着信ランプの有無などをチェックした。(2007/2/21)

スイングボディのHSDPA端末「F903iX HIGH-SPEED」、新規は3万円台後半
「F903i」で採用されたスイングスタイルボディを継承し、FMトランスミッターや1Gバイトの内蔵メモリを搭載した富士通製のHSDPA端末「F903iX HIGH-SPEED」が店頭に並んだ。(2007/2/20)

「D903i」「F903i」に不具合、ソフト更新で対応
NTTドコモはFOMA「D903i」「F903i」に不具合があるとアナウンスした。画像ファイル付きメールを送信した際、選択手順によってはメール取得に失敗するなどの不具合で、ソフトウェア更新で対応する。(2006/12/11)

jigブラウザが「N903i」「D903i」「F903i」に対応
jig.jpは、フルブラウザiアプリの「jigブラウザ」をドコモの「N903i」「D903i」「F903i」に対応させた。N903iのVGAやF903iのスイング連動に対応する。(2006/11/16)

画面を横長にできる“スイングケータイ”「F903i」――新規は3万円台前半で発売
画面を左右にスイングして、メールやiモードを利用できるヨコモーション搭載の富士通製端末「F903i」が店頭に並んだ。発売価格は新規契約の場合で3万2250円。(2006/11/14)

「F903i」のスペシャルモード、キーワードは「ルーム」
11月14日発売の「F903i」。この端末にも、富士通端末恒例のスペシャルメニューが用意される。キーワードは「ルーム」だ。(2006/11/13)

903iの“ここ”が知りたい「D903i」「F903i」編:
内蔵メモリの容量は──「D903i」「F903i」
903iシリーズ6モデルは全機種が着うたフルに対応し、「D903i」「F903i」でも着うたフルを楽しめるようになった。そうなると気になるのが内蔵メモリの容量。どれくらい用意されるのか。(2006/11/10)

ドコモの「D903i」「F903i」「N903i」がモバイルSuicaに対応
ドコモの新機種、「D903i」「F903i」「N903i」がモバイルSuicaに対応した。(2006/11/9)

リッチコンテンツは、PCのような横画面と相性がいい──開発陣に聞く「F903i」のスイングスタイル
富士通製のドコモ端末「F903i」の大きな特徴は、折りたたみ携帯の使い勝手はそのままに、ディスプレイ部を90度傾けた横長画面で利用できるスイングスタイルの採用だ。新スタイル採用の狙いを富士通開発陣に聞いた。(2006/11/9)

“スイング”で好みの機能が起動する――「F903i」、11月14日発売
ディスプレイを回転させることで、ユーザーが任意に設定した機能が起動する「スイングスタイル」を採用した富士通製の端末「F903i」の発売日が、11月14日に決定した。(2006/11/9)

903iの“ここ”が知りたい「F903i」編(2):
スイングの横画面が生きる機能は──「F903i」
ディスプレイ部を90度傾けた横画面を、普通の携帯スタイルで利用できる「F903i」。横画面を便利に使えるのはどんな機能なのか。(2006/11/7)

903iの“ここ”が知りたい「F903i」編(1):
スイングはスムーズか──「F903i」
利用シーンに併せて画面の縦横を切り替えられる「スイングスタイル」を採用した「F903i」。スイングの使い勝手に関する質問が読者から寄せられた。(2006/10/25)

写真で解説する「F903i」
ディスプレイをスイングさせると好みの機能が起動、メール作成時にも利用できるF903i。伝統の指紋認証&セキュリティ機能や、Napsterに加えて着うたフルにも対応するなど、F902iSで実現した機能をさらに進化させている。(2006/10/12)

スイングボディにFMトランスミッター+1GメモリのHSDPA──「F903iX HIGH-SPEED」
富士通製の「F903iX HIGH-SPEED」は、「F903i」のスイングスタイルボディにFMトランスミッターや1Gバイトの内蔵メモリを搭載したHSDPA端末だ。冬モデルの中で唯一、内蔵メモリにWMAの楽曲を保存できる。(2006/10/12)

折りたたみスタイルと横画面表示を両立させたスイングスタイル携帯――「F903i」
富士通製の「F903i」は、折りたたみの使いやすさと横長画面の利便性を両立させた「スイングスタイル」を採用したハイエンドFOMA。音楽再生はWMAと着うたフルに対応する。(2006/10/12)

ドコモ「P903i」「F903i」がJATE通過
NTTドコモの次期モデルと思われるパナソニック モバイル製「P903i」や富士通製「F903i」がJATEを通過した。(2006/9/19)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。