ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「フルーク・ネットワークス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「フルーク・ネットワークス」に関する情報が集まったページです。

ネットワーク問題の50%以上が物理層で発生:
PR:IoT対応に向けた新たなLAN環境の構築で知っておくべきこと
オフィスや工場などで用いられるネットワークの複雑化や高速化に伴い、それらを支えるLAN配線に対する性能要件がより厳しくなってきた。IoTの登場によってLAN配線に掛かる負担はさらに大きくなりつつある。LAN配線の敷設業者だけでなく、IoTシステム設計者も、LAN配線に関する規格や認証試験のことを知っておく必要がある。(2017/10/23)

お役立ちツールをプレゼント:
PR:企業ネットワークや工場のIoT活用、そのLAN配線で大丈夫?
IoT活用を目指してエッジコンピューティングなどの導入が始まりつつある中、オフィスや工場などのLAN環境は複雑さが増すとともにより高い性能も求められている。そのLAN環境がIoTに対応できるかを容易に確認できるケーブルテスターを展開するフルーク・ネットワークスが、期間限定でプレゼントキャンペーンを実施中だ。(2017/9/29)

物理層管理を軽視していませんか?:
PR:「ケーブルの配線品質」で速度が大きく変わる? 40G〜100GBASEの“データ爆発時代”に向けてIT/データセンター管理者に知ってほしいこと
クラウドやIoTなど、IT技術が高度化するにつれ、データ量が爆発的に増大している。そして、それらを支える物理ネットワークの重要性もますます増えている。それには、「規格通りの高品質な情報配線システムが構築」されて、初めて高度なサービスやアプリケーションを稼働させられることを忘れてはならない。そこで重要なのが、配線が適切かどうかを確認する「認証試験」である。なぜ認証試験がデータセンター管理者やネットワーク管理者にとっても、配線事業者にとっても重要なのか。そして、実際にどのような試験が求められているのか、詳しく解説しよう。(2016/6/22)

ただし条件付き
同意できない「無線LANが危機的状況である」という主張
「情報が漏れる!」という警告は、“語感”の妙もあって無線LANの危険性を企業ユーザーに植え付けてしまった。しかし、無線LANを導入する企業は確実に増えている。安心して使うために必要なこととは。(2015/10/30)

INTEROP TOKYO 2015速報:
2015年のINTEROP TOKYO、Best of Show Award受賞製品が決定
INTEROP TOKYOにおける優秀展示製品を選ぶBest of Show Awardで、2015年の受賞製品が決定した。(2015/6/10)

方法とベンダー
Webベースアプリのパフォーマンス&セキュリティ最適化まとめ
Webベースのアプリケーションをイントラネット外で運用する場合、何に注意して何をすべきなのか。監視から対策までをあらためてまとめた。(2014/1/31)

ホワイトペーパーレビュー
手軽で早いネットワーク検査術が分かる3つのホワイトペーパー
ネットワーク機器や接続状態などの検査を効率化する「ネットワークテスト」製品。本稿は、ネットワークテスト製品の効果や製品動向を示した3つのホワイトペーパーを紹介する。(2012/7/26)

DTXケーブルアナライザー製品リポート
つながってさえいれば良い? LAN配線には伝送帯域を保障するための“決まり事”がある!
LANの伝送性能が100%引き出されない理由の1つに配線システムの問題がある。そこで役立つのが配線システム規格と、それに定められる配線性能要件を確保するためのツールだ。(2011/6/16)

ネットワーク技術者のためのタブレット――東陽テクニカ、10GbE対応アナライザを発売
東陽テクニカは、米Fluke Networks製の10M/100M/1G/10GbEおよび無線LAN対応のタブレット型ネットワークアナライザを発売した。(2011/6/8)

ホワイトペーパー:
そのIPv4機器は使えるのか? IPv6化の影響を可視化する解析ソリューション
将来のIPアドレス枯渇やネットワークの複雑化を前に、ITインフラのIPv6への移行は避けて通れない。だが、既存のデバイスは移行に問題はないのか? 対応機器を数秒で認識できるソリューションを紹介する(提供:フルーク・ネットワークス)。(2008/11/20)

計る測る量るスペック調査隊:
UTPケーブルの限界に挑戦せよ
普段何気なく使っているLANケーブル。使用するケーブルの規格や長さ、端子の配線などについて、さまざまな制限が規定されているが、そもそも規定外の使い方をするとどういった問題が発生するのかご存じだろうか。実験で明らかにした。(2008/6/17)

計る測る量るスペック調査隊:
LANケーブルの仕組みを理解して自作せよ
システム構築の達人は、決してLANケーブルを既製品で済ますことはない――そんな言い伝えもまことしやかにささやかれる一方で、LANケーブルを自作できない方が増えてきた。LANケーブルの自作はまったく難しいものではない。これを読んで、「LANケーブルの違いが分かる男」の称号を得てみるのはどうだろう。(2008/6/9)

ギガビットや光、無線にも対応するアナライザ「EtherScopeII」
ネットワークがつながらない原因をひと目で把握できるツール
ネットワークを管理する上で発生する問題はさまざまだ。問題解決に追われる多忙なネットワーク管理者を助けてくれる強力なツールの新版が登場した。(2008/5/30)

フルーク、キャリアイーサネット対応アナライザを販売
フルーク・ネットワークスは、通信事業者向けキャリアイーサネットアナライザ「MetroScope」を発売した。(2007/12/6)

フルーク、統合ネットワーク管理システムを販売
フルークは、ネットワークを統合管理する一体型システム「Visual Performance Manager」の販売を開始した。(2007/11/6)

フルーク、NetToolシリーズ IIのセキュリティ対応オプションを発表
フルーク・ネットワークスは、ネットワークの障害切り分けを行うためのハンドヘルドテスター製品「NetTool」シリーズのオプション製品を発表した。(2007/9/25)

「トラブルのないネットワークはない」からこそ可視化が重要、フルーク
フルーク・ネットワークスはInterop Tokyo 2007の会場で、「NetFlow Tracker」をはじめ「Response Watch」「NetVoyant」といった、ネットワークパフォーマンス管理製品群を紹介している。(2007/6/14)

フルークがネットワークテスターの新製品、接続性問題の切り分けも可能に
フルーク・ネットワークスは、NetProve機能を搭載したネットワークテスターの新製品「NetToolシリーズII ギガ・モデル」を発表した。(2006/11/2)

ネットワークの性能管理を考える【第2回】
ネットワークの見える化を実現するソリューションとは?
ネットワーク性能の「見える化」には、実際にユーザーが使用しているデータを検出しながら、ネットワークのありのままの状態をモニタすることが重要です。管理者が現状を瞬時に、正確に把握できれば、無駄にかかっていた管理コストは削減でき、「利益を生むネットワーク」を実現できるのです。(2006/11/17)

Interop Tokyo 2006:
Interopの象徴、ShowNetで具現化した「Net 2.0」のテクノロジー
Interopの象徴ともいうべき巨大展示会ネットワーク「ShowNet」。それ自体が最新ネットワーク技術のショーケースでもある。Net 2.0という新コンセプトを旗印に具現化されたShowNetの実像についてレポートする。(2006/6/9)

パートナーとのコラボの場、アラクサラが検証施設オープン
アラクサラネットワークスは、パートナー企業が機器を持ち込んで接続検証などを実施できる新施設「アラクサラコラボレーションセンター」を開設した。(2005/7/11)

Visioを使った情報管理のためのセミナーが開催
9月29日、マイクロソフトのVisioを利用した企業情報管理のためのセミナーが都内で開催された。グラフィックスと情報を結びつけるツールとしてのVisioで、どのような情報管理手法が可能となるのか。(2004/9/30)

第二回
作図作業を効率化するVisioの利用法
Microsoft Office Visio 2003を利用すると、さまざまなビジネス図の作成が容易になる。ステンシルと呼ばれる部品の拡張で作図の幅を広げたり、マクロでExcelと連携させることでカスタムプロパティを利用した新しいドキュメントを作成できたりと、一部のIT管理者だけにとどまらないさまざまなユーザーの利用が可能だ。(2004/9/3)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。