ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

  • 関連の記事

「GD01」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「GD01」に関する情報が集まったページです。

Y!mobileの1.7GHz帯3Gサービス、1月末で提供終了
Y!mobileは2月1日午前0時をもって、同社の1.7GHz帯の3G通信サービスの提供を終了した。これにより、1.7GHz帯を使用する音声、パケットサービスの提供も終わり、対象となるプランの契約は自動で解除されるという。(2018/2/1)

ソフトバンク、2017年度以降にLTEサービスを拡大 3Gサービスを一部縮小・終了へ
ソフトバンクは、1.5GHz帯でのLTEサービスを開始する。また、1.7GHz帯においてLTEサービスを拡大する。これらの周波数帯では、3Gサービスの提供を終了する。(2015/12/11)

ずっとおトク割で月3880円に:
イー・アクセス、下り最大110Mbpsの「EMOBILE 4G」を8月上旬以降に開始
イー・アクセスは、モバイルWi-Fiルーター「Pocket WiFi(GL09P)」の事前予約を7月19日に開始した。発売は8月上旬以降の予定で、同時にAXGPを使った下り最大110Mbpsの新サービス「EMOBILE 4G」を開始する。(2013/7/17)

イー・アクセス、下り最大75MbpsのLTEエリアを全国に拡大 ただし3Gは下り最大21Mbpsに
イー・アクセスは、これまで一部の地域でのみ提供していた下り最大75MbpsのLTEサービスを全国に拡大する。ただし、周波数帯域を効率的に使うため、3G通信の最大通信速度を21Mbpsに変更する。(2013/6/25)

イー・モバイルの全エリアが「EMOBILE G4」に対応
イー・アクセスが、イー・モバイルの高速通信サービス「EMOBILE G4」を全エリア(人口カバー率93%)で対応させた。(2012/2/1)

イー・モバイル、全エリアを「EMOBILE G4」に対応――データプランの値下げも
イー・アクセスは、イー・モバイルの全サービスエリアを、下り最大42Mbpsの「EMOBILE G4」に対応させると発表した。またEMOBILE G4データプランの月額料金も値下げする。(2011/12/15)

ビックカメラ、イー・モバイルの通信サービスを提供――無料の公衆無線LANサービスも
ビックカメラが12月1日から、イー・モバイルのMVNOとして通信サービスをビックカメラ全店で提供する。下り最大42Mbps、上り最大5.8Mbpsの通信サービスを利用できるほか、特典も用意する。(2011/11/30)

イー・アクセス、スマートフォン/データ端末向けの「乗り換えキャッシュバック」キャンペーンを開始
イー・アクセスは、他社製サービスからの乗り換えユーザーが対象となるキャッシュバックキャンペーンを本日より実施する。(2011/11/18)

イー・アクセス、スマートフォンとデータ端末への乗り換えキャンペーンを開始
イー・アクセスは、MNPでイー・モバイルのスマートフォンに乗り換えたユーザーと、他キャリアのデータ端末から同社に乗り換えたユーザーが対象のキャッシュバックキャンペーンを開始した。(2011/11/18)

下り最大42Mbps対応のデータ端末「GD01」、8月18日発売
イー・モバイルが、下り最大42Mbpsの高速通信に対応したデータ端末「GD01」を8月18日に発売する。(2011/8/8)

写真と動画で見る、「42Mサービス版Pocket WiFi」「7型タブレットA01HW」
42Mサービス対応の新型Pocket WiFiとイー・モバイル初のタブレット「A01HW」はどんな形状か。実動チェックはソフトウェア部分の開発段階につき“まだやめてくれ”と言われたが……、サイズ感やデザインを写真と動画でチェックする。(2011/6/15)

7型タブレット、42Mサービス対応ルータなど:
イー・モバイル、夏の新製品5モデル──42Mサービス月額3880円キャンペーンでWiMAXにも対抗
イー・モバイルがデータ通信2機種、スマートフォン2機種、タブレットデバイス1機種、計5つの新モデルを発表。2011年7月から8月にかけて発売する。(2011/6/15)

イー・モバイル、下り最大42Mbps対応のWi-Fiルーター「Pocket WiFi(GP02)」とUSB型端末「GD01」
イー・モバイルは、下り最大42Mbpsに対応した「EMOBILE G4」シリーズのデータ端末として、Wi-Fiルーター「Pocket WiFi(GP02)」とUSB型データ端末「GD01」を発表した。(2011/6/14)

テンキー採用のストレート型Android端末、イー・モバイルが発売
イー・アクセスは6月14日、テンキーを採用したストレート型Androidスマートフォン「S42HW」やタブレット端末など、イー・モバイルブランドの新製品5機種を7月以降順次発売すると発表した。(2011/6/14)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。