ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

「GENKING」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「GENKING」に関する情報が集まったページです。

GENKING、恋人との復縁を報告「離れて大切さに気付いて」 女性としての“初恋愛”を再スタート
おめでとうございます!(2019/6/8)

「姉妹みたいと言われた時は感激」 ざわちん、平成最後の“ものまねメイク”が大塚寧々も公認のクオリティーに
目元の特徴ばっちりだ。(2019/4/24)

「雰囲気全然違う!」「どんどん綺麗になってく」 GENKING、メッシュ入り巻き髪の“海外セレブ風美女”ショットでファンを魅了
編み込みも似合う。(2019/1/10)

「痩せる」フルーツ青汁に課徴金1億円の行政処分 GENKINGも「太らない」とオススメ
根拠なく「おいしく飲んでスリムボディに!」などとうたっていました。(2018/10/31)

GENKING、恋人との破局を発表 “女性”としての初恋愛は「高校生の様に新鮮で健全でキラキラ」
どんな事情があったのかな……。(2018/10/12)

GENKING、ウエディングドレス姿で「8月に発表します」と予告 ファンからは結婚を期待する声
結婚? それともプロモーション?(2018/7/3)

道端3姉妹に仲間入り? 道端アンジェリカ&GENKINGの対談動画に「姉妹みたい」の声
ともにカミングアウトを乗り越えて美しさに磨きをかける2人。(2018/6/13)

同じズボンなの? GENKING、短期間で6キロ減したビフォーアフターに「お腹が別人」の声
1カ月もたたずに6キロ減。(2018/4/21)

「求められているIVANでいる為」 IVAN、性適合手術受けた事実を公表しなかった理由を明かす
人気モデルゆえの理由でした。(2018/3/9)

GENKINGが“沙奈”に改名、性適合手術も告白 ファンからは「素敵な人生を謳歌して」と激励の声
手術は2017年5月に受けたとのこと。(2018/1/29)

イメチェン大成功! 清楚美女に変身したGENKINGに「仲間由紀恵さんに似過ぎ」の声
キレイなお姉さんは好きですか。(2017/11/10)

GENKING、ざわちんの「マスクなしものまねメイク」に驚き 「初めて見た時似てて声出た」
ファンからも「双子かと思った」「どっちがどっちが分からない」の声。(2017/2/23)

GENKING、性同一性障害を告白 「勇気を出す事で変わる気がする」
性同一性障害と記された診断書もアップしています。(2017/1/24)

GENKINGが「メンズで撮影」な写真を公開 「性別超えた美しさ」「亀梨クンに見えました」との声も
ファンデーションのノリの良さが男性のものとは思えない……!(2016/11/25)

マーケティングメトリックス研究所 ITmedia派出所:
検索順位とCTRは連動しない? Google検索のカラクリを分析してみた
Google検索にまつわる「検索結果順位とCTRは反比例しており、順位は高ければ高いほど良い」という話は、果たして本当なのか? 著者が自身のサイトのデータを用いて検証してみました。(2016/9/28)

スマホの写真を10秒で「チェキ」に 富士フイルム、SNSとつながるモバイルプリンタ7月発売
スマホで撮影した写真を「チェキ」フィルムに印字するプリンタ「instax SHARE SP-2」を富士フイルムが7月に発売する。(2016/6/27)

東京ミッドタウンで3日間限定:
世界の絶景を、10分間で――KDDI、スペシャルイベント「Hello, New World. warp cube」を開催
東京ミッドタウンで、世界の絶景巡りを疑似体験できるイベントが開催される。auのブランドスローガン「新しい自由。」を全身で体感してみよう。(2015/8/27)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。