ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ギガネットワークス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ギガネットワークス」に関する情報が集まったページです。

リリースダイジェスト(3月24日)
ウェザーニューズの花粉調査、「歴史時代書房 時代屋」の携帯サイト、手塚治虫アニメの動画配信、携帯版「Think the Earth SHOP」など。(2009/3/24)

リリースダイジェスト(3月13日)
「駅探」の新しい時刻表、「男たちの大和/YAMATO」がきせかえコンテンツ、au向け「エッチなお姉さん牌々」、ワンセグのデータ放送と連動した育成ゲームなど。(2009/3/15)

ギガネットワークス、携帯向け動画サービスでISAOと協業
(2008/12/26)

ギガネットワークス、総合格闘技大会「THE OUTSIDER」関連コンテンツを配信
(2008/12/13)

グラビアアイドル戦隊ドラマ「精霊少女隊」を独占先行配信
グラビアアイドル戦隊特撮ドラマ「精霊少女隊」がドコモ向けに独占先行配信される。(2008/10/31)

“初音ミク痛車”の公式ケータイ待受──ギガネットワークス、「Studie and GLAD with Asada Racing」公式スポンサーに
(2008/9/12)

ギガネットワークス、電子コミック市場に参入――「漫_画_人」の営業権を取得
(2008/7/22)

着信メロディやランキングなど、歌手の関連情報をまとめて表示――着信メロディGIGA
(2007/12/25)

メロディ入りデコメール“音デコメ”が作れる──「遊メロ音デコメGIGA」開始
(2007/12/3)

フェイス・ビズ、高画質・フルスクリーン対応のFOMA向け動画プレーヤー開発
(2007/11/15)

吉本のお笑い動画、携帯&PC向けに配信──往年のやす・きよ漫才も
(2007/10/10)

「着信メロディGIGA」でハイビジョンレコーダーやWiiなどが当たるプレゼント企画
(2007/9/21)

FeliCaで視聴権を購入──ギガネットワークス、携帯・PC双方で視聴できる長時間動画を配信
(2007/8/20)

北海道、沖縄旅行が当たる「夏のプレゼントキャンペーン」──着信メロディGIGA
(2007/7/23)

「着信メロディGIGA」で初夏のプレゼントキャンペーン実施
(2007/5/24)

バンダイネットとNECマグナスのFlashコンテンツ生成システム、ギガネットワークスに採用
(2007/5/17)

携帯がコンテンツ認証の“鍵”になる――インテルらが新サービス
インテル、フェイス、吉本興業の3社が共同記者発表会を開催。フェイスの権利認証技術「Near Field Right Management」を利用した新たな有料コンテンツ配信サービスを発表した。(2007/3/5)

「着信メロディGIGA」で「Wii」などが当たるプレゼントキャンペーン
(2007/1/29)

着信メロディGIGAに「ナショナル ジオグラフィック チャンネル」のコンテンツが登場
(2006/12/8)

着信メロディGIGA、冬のプレゼントキャンペーンを開始
(2006/12/5)

「よしもと笑ROOM」でお笑いムービーなどを提供開始
(2006/11/21)

着信メロディGIGA、「秋のプレゼントキャンペーン第2弾」を実施
(2006/10/30)

「着信メロディGIGA」でプレゼントキャンペーンを実施中
(2006/8/29)

先着10万名に映画『イルマーレ』の着メロがもらえるキャンペーン──ギガネットワークス
(2006/6/29)

フェイス、「着信メロディGIGA」を120億円で買収
フェイスは「着信メロディGIGA」を展開する三愛の社内カンパニー営業権を取得する。買収額は120億円。(2006/4/3)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。