ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  P

  • 関連の記事

「Pocket WiFi LTE(GL06P)」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Pocket WiFi LTE(GL06P)」に関する情報が集まったページです。

SIM通:
iPhoneとXperia人気、ガラケーに変化 中古端末売れ筋(6月)
中古端末の販売状況はiPhoneとXperiaの人気が続いてます。ただ、キャリア別の需要に変化があったようです。(2015/8/14)

「Yahoo!プレミアム」限定:
ヤフー、月額2880円のモバイルデータ通信サービスを開始
ヤフーは、イー・アクセスのモバイルWi-Fiルーターを使ったモバイルデータ通信サービス「Yahoo! Wi-Fi」を開始した。Yahoo!プレミアム会員なら月額2880円で利用できる。(2013/10/16)

ニフティ、「@nifty EMOBILE LTE 定額にねんプラン」月額費用が毎月約1000円引きになる期間限定キャンペーンを開始
ニフティは、同社提供のLTEモバイル通信サービス「@nifty EMOBILE LTE 定額にねんプラン」の新規申込者を対象とした月額利用料割引キャンペーンを開始する。(2013/10/10)

故障したらすぐ代替品が届く――ソフトバンクBB、年額一括払いの法人向けモバイルデータ通信サービス
毎月の支払い処理の手間をかけずにモバイルデータ通信サービスを利用でき、端末が故障したらすぐ代替品を送ってもらえる――。こんな企業向けモバイルデータ通信サービスをソフトバンクBBが提供する。(2013/9/27)

Pocket WiFi LTEセットの年額一括払い「BBWorks Mobile LTE powered by EMOBILE」
ソフトバンクBBとイー・アクセスは、法人向けモバイルデータ通信サービスを10月1日に開始する。LTE対応データ通信端末「Pocket WiFi LTE」もセットで提供する。(2013/9/26)

イー・アクセス、1.7GHz帯 20MHz幅のLTE実証実験で下り291Mbpsを記録
イー・アクセスが、2013年8月から実施している1.7GHz帯でのLTE実証実験の結果を発表。4×4 MIMOでは下り291Mbpsを記録した。10MHz幅+10MHz幅のキャリアアグリゲーションや連続20MHz幅での実証実験も行っている。(2013/9/18)

イー・アクセス、ソフトバンクデータ通信にも対応するモバイルWi-FiルーターとUSBデータ通信端末を発表
イー・アクセスが「EMOBILE LTE」と「SoftBank 4G」に対応した「Pocket WiFi (GL09P)」とUE Category4対応の「GL08D」を発表した。(2013/5/14)

LTEデータ通信サービス「らーめんなうモバイル」提供――「らーめんなうクーポン」利用者向け
らーめんなう、イー・アクセス、モバイル・プランニングの3社がモバイルブロードバンド事業で提携。らーめんなうが運営するクーポンアプリユーザーに、イー・モバイル網を使用したLTEデータ通信サービス「らーめんなうモバイル」を提供する。(2013/4/26)

ソフトバンクとのシナジー効果も:
イー・アクセスに聞く、月額3880円で使えるLTEスマホ「STREAM X」投入の狙い
2年間使えば端末代は実質0円、割引も加えると毎月のランニングコストは3880円に抑えられる「STREAM X(GL07S)」。料金面のインパクトが非常に大きいが、イー・アクセスはどのような狙いでSTREAM Xを投入したのか。担当者に話を聞いた。(2013/3/12)

ソネット、イー・モバイルのLTEに対応した「So-net モバイル EM LTE」を提供
イー・モバイルの高速モバイル通信サービスに対応した「So-net モバイル EM LTE」が提供開始。月額基本料金は3650円で、12時間の連続利用に対応した大容量バッテリー搭載のLTE Wi-Fiルータ「Pocket WiFi LTE(GL06P)を用意した。(2013/2/27)

イー・アクセス、連続12時間通信が可能なモバイルWi-Fiルーター2機種を発表
イー・アクセスが「EMOBILE LTE」に対応したモバイルWi-Fiルーター2機種を発表した。どちらも長時間利用が可能なコンパクトモデルで、カラーは明るいホワイトやシルバーを用意。(2013/2/21)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。