ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

  • 関連の記事

「Google Site Search」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Google Site Search」に関する情報が集まったページです。

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「Google Site Search」と「Yahoo!検索 カスタムサーチ」終了でサイト内検索はどう変わる?
今回は「サイト内検索」と「ライブチャット」の日米市場の採用件数を探ります。(2019/5/31)

成功企業の導入事例に学ぶ:
PR:カインズ、メガネスーパー、日本能率協会マネジメントセンターの「サイト内検索」活用術
Webサイトは今や、企業活動の成否を担う。サイト内の検索機能を強化すると、どのようなことが起こるのか。成功企業の事例に学ぶ。(2018/3/14)

Google、企業向け有料カスタム検索サービス「Google Site Search」終了へ
Googleが有料の企業サイト内検索サービス「Google Site Search」の新規受付を3月30日で終了する。現行顧客は契約期間終了後、無料でGoogleロゴや広告が表示されるCSEに自動移行される。(2017/2/22)

Google、サービス終了予告第6弾――iGoogleやGoogle Videoなど5サービスが標的に
2005年にスタートし、Google Newsやアグリゲーションサービスの台頭でほとんど役割を終えていた「iGoogle」もついに終了する。(2012/7/4)

「Google Search Appliance」、クラウド内検索も可能に
Googleの企業向け検索アプライアンスがアップデートし、クラウドサービスの「Google Apps」や「Site Search」、Twitterのコンテンツを検索対象に含められるようになった。(2010/10/19)

Google、小売りサイト向けクラウド検索サービス「Google Commerce Search」発表
Googleが年末商戦期に向けて、オンラインショップに組み込めるGoogle検索サービス「Google Commerce Search」をクラウドサービスとして立ち上げた。(2009/11/6)

Salesforceのデータも検索可能に:
「Google Search Appliance」、検索結果比較ほか新機能追加
企業向け検索アプライアンスのGSAに、検索機能向上のための比較検討機能と、Salesforce.comのデータを検索できるコネクタが追加された。(2009/8/20)

Google、ホスティングサービス向け「Google Services for Websites」リリース
ホスティング企業は、顧客が自分のサイトに検索を組み込んだり、トラフィックを集めたり、Googleの広告で収益を上げたりするのを支援できる。(2009/3/26)

Yahoo!のSearch BOSSに垂直型検索技術追加――TechCrunchが採用
TechCrunchがサイト内検索にYahoo! Search BOSSの新技術「vertical lens technology」を採用。日付やコメント数などのオプションを指定して検索できるようになった。(2008/11/27)

Google、クロール&インデックスのタイミングを指定できる「On-Demand Indexing」
Googleの検索エンジンをサイトに組み込める「カスタム検索」と「サイトサーチ」に、サイト内の更新情報を迅速に検索結果に反映できる機能が追加された。(2008/11/14)

Google、企業向けサイト内検索サービス「Google Site Search」発表
Googleがサイト内検索サービス「Google Site Search」を提供する。利用料金は年間100ドルから。(2008/6/4)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。