ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

  • 関連の記事

「Google Website Optimizer」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Google Website Optimizer」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

Google Analyticsにページ最適化ツールの「Website Optimizer」が統合
これまで独立サービスとして提供されてきたWebオーナー向けのA/BテストツールがGoogle Analyticsに統合され、独立サービスは8月1日に終了する。(2012/6/2)

Google Website Optimizerにテスト簡易化APIが追加
A/Bテストや多変量テストの際、WebサイトとGWO間を何度も往復せずに済むようになる。(2009/10/22)

Google、「Website Optimizer」の正式版をリリース
AdWordsの広告主向けレイアウト最適化ツールが正式版になり、独立したサービスとしてリリースされた。(2008/4/17)

Google、「Website Optimizer」をAdWords広告主に公開
「Website Optimizer」は、サイトのデザインへのユーザーの反応を確認できるツール。一部広告主に限定公開されていたが、今回すべてのAdWords広告主に公開された。(2007/4/5)

Google、AdWords広告主向けにWebsite Optimizerのβ版リリース
AdWords広告主が、最初に開くページをいろいろと試せるツール「Website Optimizer」のβ版がリリースされた。(2006/10/20)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。