ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

  • 関連の記事

「Green Dam」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Green Dam」に関する情報が集まったページです。

米ソフト企業、コードの盗用で中国を提訴
中国政府のフィルタリングソフト「Green Dam」でコードを盗用されたとして、米企業が中国や同国のソフトメーカーを訴えた。(2010/1/7)

山谷剛史の「アジアン・アイティー」:
「官に政策あれば民に対策あり」だった2009年の中国IT
「勝手に期待しちゃった特需なんてなかった」北京五輪と「北京がこれじゃあ上海も」と期待感下がりまくりな上海万博のはざまで静かな2009年……と思いきや。(2009/12/30)

Green Damの検閲機能無効化ソフト、米研究者が公開
「Dam Burst」を使うと、中国産ソフトGreen Damの検閲・遮断機能を無効化できるという。(2009/9/30)

山谷剛史の「アジアン・アイティー」:
政府強制フィルタリングソフト、中国人ハッカー軍団に屈する
中国政府の「フィルタリングソフト義務化」は実施直前に「無期限延期」となった。その裏には、中国人ハッカー軍団による「解析作業」が影響した可能性もある。(2009/7/2)

中国産フィルタリングソフト、パッチ公開でも新たな脆弱性発覚
「Green Dam」の脆弱性を解決するパッチが公開されたが、研究者が別の脆弱性を発見した。エクスプロイトが出回っているという情報もある。(2009/6/25)

山谷剛史の「アジアン・アイティー」:
フィルタリングソフト義務化で中国人民の反応は?── 「ぶっちゃけ無理だろ」
中国では、新規販売PCに対する“中国製”フィルタリングソフトの導入が義務化される。7月1日の実施を前に、PCユーザーの“意外な”反応を現地からリポートする。(2009/6/17)

ねとらぼ:
「中国始まったな」 中国人がフィルタリングソフトを萌え擬人化
萌え擬人化ブームが海外でも!? 中国人がフィルタリングソフトを擬人化したキャラ「緑bar娘」を描いている。(2009/6/15)

コード盗用に脆弱性――中国フィルタリングソフトの問題、米研究者が指摘
中国政府がPCへのプリインストールを義務付けているフィルタリングソフトに、重大な脆弱性や、米国産ソフトのコードが含まれていることが明らかになった。(2009/6/15)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。