ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

  • 関連の記事

「GUNZWEI」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

GunZより名称変更

「GUNZWEI」運営サービス終了へ
(2010/8/26)

オンラインゲーム最新イベント情報:
ハロウィンの季節です
オンラインPCゲームの世界はあのオレンジのかぼちゃであふれてます。(2009/10/21)

オンラインゲーム最新イベント情報:
ひな壇には個性的な衣装で
今年はプレイヤーからアイデア募集。(2009/2/27)

「GUNZWEI」、本日より正式サービス開始
(2008/12/17)

ゲームオン、「GunZ the Duel」から「GUNZWEI」への移管手続きの受付を開始
(2008/10/29)

「GunZ」→「GunZ the Duel」で、アップデート&イベント
(2007/3/16)

「GunZ the Duel」で3イベントが同時開催
(2007/2/23)

「Gunz the Duel」、「クエストモード」を大幅アップデート
(2006/12/22)

「ネットマーブル」人気4タイトルがリニューアル
(2006/12/21)

「GunZ the Duel」で「X-MAS ゴブリン登場!」イベント実施
(2006/12/20)

「GunZ Online」クエストモード大規模アップデートお知らせページを公開
(2006/12/7)

「GunZ Online」メイド・執事セットを先行販売
(2006/11/28)

GunZ Online、「ブルーベイン発売記念キャンペーン」と「Gunz Time」を開催――公認ネットカフェ第1弾特典も実装
(2006/11/10)

「GunZ Online」初心者脱出キャンペーンを開催
(2006/11/7)

「GunZ Online」バトルブルードセット発売記念キャンペーン
(2006/10/27)

モンスターを倒しカボチャの帽子を手に入れよう――「GunZ Online」キャンペーン
(2006/10/20)

「GunZ Online」にて新しい遠距離武器発売――Gunz Timeイベントも
(2006/10/13)

GunZ Online、「カノープスのメダル」、「アニヤのメダル」を数量限定先行販売
(2006/9/27)

GunZ Online、上級者向け「デュアルサバイバルモード」を実装
(2006/9/14)

WCG2006日本予選ファイナル:
PR:ゲームで世界の頂点へ――WCG2006日本代表をささえるBenQ
世界70カ国が参加するゲームイベント「World Cyber Games 2006」の国内予選が秋葉原で開催され、イタリアへの切符をかけた熱い戦いが繰り広げられた。(2006/9/11)

GunZ Online、「World Cyber Games 2006」でオフラインイベント
(2006/8/25)

新モード「チームデスマッチエクストリーム」を実装――「GunZ Online」
(2006/8/18)

「GunZ Online」はどう変わるのか?──初の大型アップデート実施
2005年10月の正式サービス以降、初の大規模アップデートが実施される「GunZ Online」。「チームデスマッチエクストリーム」と「デュアルサバイバルモード」について、GunZ OnlineのGMチームの方に話をうかがってきた。(2006/8/17)

ネットマーブル、7タイトルでイベントを開催
(2006/5/26)

Gunz Online初、GMチームと戦えるイベントなどを3日間開催
(2005/11/24)

Gunz Online、正式サービス開始とネットマーブル100万登録記念イベント
(2005/11/4)

正式サービス開始記念イベント開催――「Gunz Online」
CJインターネットジャパンは、同社が運営する「ネットマーブル」にて、10月21日より「Gunz Online」のサービスを正式に開始する。(2005/10/21)

ネットマーブル、登録者100万人に向けカウントダウンイベント
(2005/10/18)

「Gunz Online」オープンβテスト開始!!ランキングページもアップデート
(2005/9/30)

Gunz Online、フリークローズドβテストを開始
(2005/9/15)

ネットマーブル、東京ゲームショウに新作「Gunz Online」を出展
(2005/9/14)

Gunz Online、キャラクターの作成方法を公開
(2005/9/8)

ネットマーブル、公認ネットカフェでのサービスを開始。各種特典を用意
(2005/9/2)

ネットマーブル、オンラインアクションゲーム「Gunz Online」を開始
(2005/8/24)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。