ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「日立アドバンストデジタル」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「日立アドバンストデジタル」に関する情報が集まったページです。

FAニュース:
日立製作所、インフラシステム事業強化に向け組織を再編
2014年4月1日付で実施予定。インフラシステム事業の強化・拡大が目的。(2014/3/27)

ETロボコン・リポート:
魅せる! 笑わせる! 新設「アーキテクト部門」に大注目 〜ETロボコン2013チャンピオンシップ大会〜
「アーキテクト部門」が新設され、2部門制に生まれ変わった「ETロボコン2013」のチャンピオンシップ大会がパシフィコ横浜で開催された。今回も多数の画像と動画を交えて見どころをくまなくリポートする!(2013/12/17)

ET2013特別企画ブースリポート(日立アドバンストデジタル):
PR:日立ADの組込み技術が、交通の“安心・安全”を最大限にサポート
組込み機器の開発・製品化に精通した経験豊富なエンジニアと確かな技術力で、顧客満足度の高い“モノづくり”を手掛ける日立アドバンストデジタル。同社は、2013年11月にパシフィコ横浜で開催された「Embedded Technology 2013/組込み総合技術展(ET2013)」に出展。「交通(くるま)の安心・安全を支える」をテーマに、車両制御関連技術、カメラ・センサー・認識技術、機能安全の3つを訴求し、多くの来場者の注目を集めていた。(2013/12/17)

ET2013:
カメラを使った運転支援システムの開発効率を向上、日立ADの映像作成システム
日立アドバンストデジタル(日立AD)は、「ET2013」において、カメラを使った運転支援システムや監視カメラなどの画像認識アルゴリズムの評価に用いる映像作成システムを展示した。(2013/11/25)

プログラマブルロジック:
全周囲監視や高速伝送――ARMコア搭載プログラマブルSoC「Zynq」がHD映像の高速処理を実現
東京エレクトロン デバイスは、「Zynq-7000 All Programmable SoCセミナ2013」を開催した。会場内ではXilinx製ICチップ「Zynq-7000 All Programmable SoC」に関連した技術講演に加えて、パートナー企業がZynq-7000 All Programmable SoCを応用したハイビジョン映像の画像処理システムや開発支援ツールなどのデモ展示を行った。(2013/10/21)

車載ソフトウェア:
日立オートモーティブがバーチャルHILSの運用を開始、試験時間を400分の1に短縮
日立オートモーティブシステムズは、実ECU(電子制御ユニット)を使わずに仮想環境で車載ソフトウェアの試験を行えるバーチャルHILS(Hardware in the Loop Simulation)の運用を始めた。HILSと比べて試験時間を400分の1に短縮できた事例もあるという。(2013/10/17)

エネルギー管理:
どこが故障してもぴたりと分かる、何千枚もあるメガソーラーの太陽電池
メガソーラーは数千〜数万枚の太陽電池モジュールを並べて作り上げる。完成後に1枚のモジュールが故障したとしたら、どれが故障したのかすぐに分かるだろうか。現在一般に使われている監視システムでは即座に特定できない。日立アドバンストデジタルは電力線通信(PLC)技術を使うことで、この課題を解決した。(2013/6/13)

SIM-CEL フォトギャラリー:
加速以外も突き抜けてる! シムドライブの第3号EV「SIM-CEL」は新技術満載
高級スポーツカーと同等以上の加速を実現したSIM-Drive(シムドライブ)の試作電気自動車(EV)「SIM-CEL」。同車に搭載されている新技術をフォトギャラリー形式で紹介しよう。(2013/4/12)

ET2012特別企画ブースリポート(日立アドバンストデジタル):
PR:日立ADだからできる、電気自動車の“安心・安全”
映像・画像解析分野において、業界屈指の高い技術力と多くの採用実績を誇る日立アドバンストデジタル。同社は、2012年11月パシフィコ横浜で開催された組込み総合技術展「Embedded Technology 2012」(以下、ET2012)に出展し、カメラやセンサー、画像処理技術を用いたEV(電気自動車)向けソリューションを披露した。(2012/12/13)

ET2012:
これが噂の「ビート」後継モデル? 実はクルマ好き社員が作ったコンバートEV
日立アドバンストデジタルは、画像認識技術を用いた車載システムの展示に、後継モデルの開発が期待されている軽スポーツカー「ビート」を使用していた。これは、同社のクルマ好き社員が、電気自動車(EV)に改造中のものである。(2012/11/16)

【ET2011レポート】日立アドバンストデジタル:
PR:「みえないものを“みる”技術」が暮らしの安心・安全をサポート
デジタル家電やモバイル、車載情報機器などをはじめとする組込み製品の開発に多くの実績を持つ日立アドバンストデジタル。同社は2011年11月パシフィコ横浜で開催された国内最大級の組込み総合技術展「Embedded Technology 2011」(以下、ET2011)で、カメラ・センサー・画像応用技術を用いた最先端の“みえる化技術”を披露した。(2011/12/14)

ETロボコン2011 レポート:
「走り」と「モデル」のバランスが決め手!? ETロボコン2011 チャンピオンシップ大会
今年も「ETソフトウェアデザインロボットコンテスト」、通称ETロボコンのチャンピオンシップ大会がパシフィコ横浜で開催された。本稿では競技部門の模様と総合結果についてお伝えする。(2011/12/1)

電気自動車:
シムドライブの第2期EV先行開発車事業に化学メーカーや欧州企業が参加
オープンソース方式でインホイールモーター型EV開発を進めるシムドライブが、化学メーカーなどの参加を得て先行開発車事業第2号を開始した。第1号の完成車は3月末に公開する。(2011/2/14)

エネルギー技術 電気自動車:
SIM-Driveの電気自動車開発、第2号では化学素材や改造電気自動車に取り組む
「エンジンが無くなれば、高熱環境であるエンジンルームに配慮する必要がなくなり、新しい化学素材を利用しやすくなる。化学素材によって車体の軽量化が進めば走行距離がさらに延び、化学素材の加工のしやすさを生かせば製造コスト低減につながる。リサイクル性も上がるだろう」というのがSIM-Driveの代表取締役社長を務め、慶応大学の教授である清水浩氏の主張である。(2011/2/2)

電気自動車開発技術展 2010:
主役は充電システム、EV化技法にも注目集まる
2010年7月14日〜16日、『電気自動車開発技術展 2010』がパシフィコ横浜で開催された。同展示会では、『クリーン発電&スマートグリッドフェア 2010』が同時開催されたこともあり、電気自動車用の充電器に関する展示が強い存在感を示した。また、通常のガソリンエンジン車を電気自動車に改造する「EV化技法」に関する展示も目を引いた。 (2010/10/1)

Windows Embeddedセミナーレポート(2):
組み込み技術者育成のいま 〜はこだて未来大学の取り組み〜
はこだて未来大学が産学連携で行っている組み込み技術者人材育成の取り組みが、Windows Embeddedセミナーで語られた。(2010/1/13)

開発陣に聞く「Woooケータイ W53H」:
「極薄で行く。ただし基板サイズは半分な」──Woooケータイ W53Hが“Wooo”である理由
すでに4世代目、ワンセグ携帯の開発に長ける日立製作所とカシオ日立が満を持して投入する“Wooo”ブランド、それが「Woooケータイ W53H」。何が“Wooo”なのか、本端末は何を目指したのか、Woooケータイ W53H開発チームに話を聞いた。(2007/12/3)

ACCESS、グローバルパートナープログラム「ACCESS Connect Ecosystem」発足
(2007/2/13)

PR:最近気になる「電子看板」――日立ADが提案するそのメリット
街中で急速に目にするようになった電子看板――現在では、これらを使用することにより、公共の場での情報提供をPCから簡単に制御できるようになっている。組込みシステムの設計やデジタル映像分野に実績を持つ日立アドバンストデジタルは、利便性の高い電子看板システム「Digital Signage System」と「VividViewer」を提供している。(2006/7/20)

日立アドバンストデジタル、Webメールサーバソフトに情報漏えい対策オプションを追加
日立アドバンストデジタルは、Webメールサーバソフト「GraceMail AS」のオプションとして、携帯電話のWebブラウザから電子メールを操作できるゲートウェイソフトなど2製品の販売を開始した。(2005/11/21)

日立AD、情報漏えいリスク対策版Webメールサーバソフト
(2005/2/16)

日立アドバンストデジタル、情報漏えいリスクを軽減するWebメールサーバソフト
日立アドバンストデジタルは、情報漏えいリスクを軽減する機能を備えたWebメールサーバソフト「GraceMail AS」を2月16日から販売する。(2005/2/15)

アスキーソリューションズ、学習コンテンツ自動生成ソフトを販売開始
アスキーソリューションズは、学習コンテンツ自動生成ソフトウェア「EZプレゼンテーター アカデミック版」シリーズを販売開始する。(2004/9/21)

日立アドバンストデジタル、Webメールサーバの最新版を発売
日立アドバンストデジタルは、Webメールサーバソフト「GraceMail Version5」を発表した。(2004/6/2)

デジタル家電向けプログラマー講座、日立ADなどが開講
(2004/3/30)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。