ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ハウス食品」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ハウス食品」に関する情報が集まったページです。

家計にしわ寄せ:
食品などの値上げ止まらず、消費はどうなる?
生活に身近な商品の値上げラッシュが止まらない。消費者が生活防衛意識を強め、購入や利用を見送ることで、消費全体が冷え込む恐れもある。(2022/5/16)

1位はやはり:
「◯◯ライス」で思い出す料理は? 「ハヤシライス」の存在感は「ガパオライス」以下
ハウス食品が実施した「◯◯ライスで思い出す料理」に関する調査によると、1位は「カレーライス」。「ハヤシライス」は6位で、「タコライス」や「ガパオライス」よりも想起率が低いことが分かった。(2022/5/10)

アフターコロナはどうなる?:
本社がWeWork、オフィスを3分の1に……ユニークな「2021年のオフィス改革」事例5選
コロナ禍が2年目に突入した2021年。フィスの移転やリニューアルを実現する企業が企業が相次ぎました。ITmedia ビジネスオンラインが21年に掲載した記事の中から、オフィスに関するユニークな取り組みや、オフィス変革と共に業務改革を行った取材記事を5本ご紹介します。(2021/12/31)

製造IT導入事例:
食品会社グループ3社がAIによる需要最適化ソリューションを導入
ハウス食品グループ3社は、NECの協力の下、3社のサプライチェーンマネジメントシステムを統合した。さらに、AIで高度に需要を予測するNECの「需給最適化プラットフォーム」と組み合わせることで、市場変動に迅速に対応し、食品ロスを削減する。(2021/11/17)

“キャッシュレス決済ごっこ”ができるレジ型玩具 本物のバーコードを読み取り可能、実在する15の企業とコラボ
タカラトミーは、キャッシュレス決済ごっごができるレジスター型玩具「おしゃべりバーコードレジスター」を発表した。本物のバーコードを読み取ることができ、キャッシュレス決済を体験できる。(2021/9/30)

PR:子どもと一緒に料理するならハヤシライスがいいって本当!? パパと娘で「完熟トマトのハヤシライス」に挑戦してみた
アリかも? ハヤシ!(2021/9/17)

カレーでお皿をデコれる「おえかきカレーペン」ハウス食品が発売 夕飯を待つ子どもが楽しく過ごせるように
大人が使っても楽しそう。(2021/9/1)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
食用油、大豆、小麦、肉、卵の「値上げ」が連鎖! 背景にある中華料理の“爆食い”と不作
食用油、大豆、小麦、コーヒー、卵、肉などの値段が上がっている。食用油は今年に入って3度目の値上げとなっている。背景に何があるのか?(2021/8/27)

ハウス食品や富国生命ともコラボ:
累計販売数15万セット 捨てる野菜から生まれた「おやさいクレヨン」が売れ続けるワケ
捨てられてしまう野菜や果物を生かした「おやさいクレヨン」が売れている。累計販売数は15万セット。価格は2200円と安くはないのに、なぜ売れているのだろうか?おやさいクレヨンを作るmizuiroの木村尚子社長に話を聞いた。(2021/8/6)

チューブ入り「大根おろし」 ハウスが発売 開発に5年以上
(2021/7/28)

東京の新名所へ:
三菱地所が手掛ける日本一の高層ビル「Torch Tower」 空中散歩道の設計者に狙いを聞いた
東京・丸の内周辺の大地主である三菱地所が、世界に誇る日本の新たなシンボルとして、東京駅前常盤橋街区の再開発プロジェクト「TOKYO TORCH(トウキョウ トーチ)」に着手している。超高層ビル「Torch Tower」に加えて、このビルの低層部に巻き付くようなデザインの全長2キロの空中散歩道は世界に例を見ない斬新な設計だ。完成すれば東京の新名所になるのは間違いない。この建築のコアアーキテクトとデザインアドバイザーに話を聞いた(2021/6/15)

PR:薄切りって何センチ?→自分が薄いと思えば大丈夫 ハウス食品の「レシピ語超解説辞典」が料理初心者に優しいテキトーさ
辞典を見ながら、「完熟トマトのハヤシライスソース」を作ってみました。(2021/5/17)

7年前に導入:
フリーアドレス推進を「いったん中止」 コロナ禍で慎重姿勢、ハウス食品「大阪本社」のオフィス考
2013年に、東大阪工場の跡地に新たな本社ビルを構えたハウス食品。その際、フリーアドレスやABWを導入し、オフィス変革をいち早く進めてきた。しかしコロナ禍で、フリーアドレスを「廃止するとは言わないが、推進もしなくなった」という。(2021/2/10)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
中村玉緒さんのおかげで“脱・ローカル” ご長寿商品「マロニーちゃん」がコロナに負けず絶好調の理由
お鍋のお供として有名な「マロニーちゃん」。売り上げが冬に集中していたが、春や夏にも売れた。その理由とは?(2021/1/28)

九州のソウルフード「うまかっちゃん」はなぜ関東に進出しないのか
関東でも食べたいのに……。(2021/1/1)

クックパッドは除外、「プロのレシピだけ」検索できる「レシピけんさく」
プロのレシピだけを検索できる「レシピけんさく」が登場。クックパッドなどユーザー投稿型サービスは検索対象外だ。(2020/9/9)

リテール業界を疲弊させる46兆円の無駄をAIで解消――サントリーや日本ハムも参画
「AIによる棚割」が人間を超える日は来るのか。(2020/3/11)

シャーロック・ホームズに登場する“チキンカレー”ってどんな味?歴史料理を再現している人に聞いてみた
日本のカレーのルーツはイギリスにあった。(2020/4/15)

「牛乳アレルギーだけどフルーチェ食べたい!」 → 「豆乳でも作れます」 ハウス食品の神対応、“豆乳フルーチェ”について広報に聞く
今日はフルーチェ買って帰ろう〜。(2019/8/25)

交通系ICカードとラーメンがなぜか合体! JR九州のSUGOCA×うまかっちゃんがコラボ「すごかっちゃん」爆誕
うまかっちゃんSUGOCA、バリほしい!(2019/8/8)

九州のソウルフード「うまかっちゃん」が40周年! 復活人気投票やJR九州コラボなどの企画を実施
SUGOCAコラボパッケージのうまかっちゃん「すごかっちゃん」も。(2019/8/7)

海外事業は順調に成長:
インド進出を決めた「ココイチ」 海外でどんなカレーを売っているのか
カレー専門店の「カレーハウスCoCo壱番屋」がインドに進出する。実はココイチは海外展開を順調に進めている。海外ではどのようなカレーを売っているのか。(2019/7/9)

何その由来!? ニックネームの「ニック」が生まれた意外な理由
14世紀までさかのぼる。(2019/4/26)

子どもが喜びそう かけると何でも「バーモントカレー甘口」味になるパウダー登場
そういえばなかった! 「甘口」のカレーパウダー。(2019/2/6)

【マンガ】「ククレカレー」の「ククレ」って何なの?
今更だけど。(2018/11/26)

オタフクソースが阪急うめだ本店に「oh!!sauce」開店 片手で持てるお好み焼きを販売
(2018/11/21)

11月14日オープン:
「バーモントカレーパン」販売、阪急うめだにコラボ店 “ここにしかない”需要取り込む
阪急うめだ本店に11月14日、ハウス食品が運営するカレーパン専門店「ハウス カレーパンノヒ」がオープンする。「バーモントカレー」「ジャワカレー」を使用したカレーパンを提供。「ここでしか手に入らない」という価値を付けた商品を拡充する。(2018/11/5)

ファミマ・サークルKで先行販売:
「ウコンの力」に初のゼリータイプ誕生 飲み会前の“すきっ腹”満たす
「ウコンの力」シリーズに初のゼリー飲料が登場。全国のファミリーマート、サークルK、サンクス計1万6700店で先行発売される。ターゲット層は20〜30代の男性で、飲み会前などの利用を想定する。(2018/10/24)

重視すること:
市販のカレールウ、直近1年間で最もよく利用したのは?
カレールウを使ってつくる人に、直近1年間で最もよく利用した市販のカレールウを聞いたところ……。(2018/9/16)

マネジメントの達人に聞く:
人の気持ちが分からないダメ管理職はAIに取って代わられる
優れたマネジャーと駄目なマネジャーの違いとは何だろう? プルデンシャル生命保険で伝説のマネジャーと呼ばれ、『25年間「落ちこぼれチーム」を立て直し続けてわかった マネジャーとして一番大切なこと』の著者でもある八木昌実氏が組織マネジメントの本質を語ってくれた。(2018/9/4)

和風フルーチェ「わふーちぇ」誕生 「抹茶」「あずき」など和の素材
よーし、混ぜるぞ。(2018/8/15)

「何のために焼香に行ったんですか?」 「西城秀樹さんお別れの会」記念品がオークションで高額転売
「大杉漣さんお別れの会」の記念品を転売した出品者が「西城秀樹さんお別れの会」の記念品を転売しているケースも。(2018/5/28)

ハウス食品、レトルトカレー3種を自主回収へ 樹脂片が混入した可能性
約14万6000個が回収対象です。(2017/11/25)

「NOKIZAL」決算ピックアップ:
「マロニーちゃん♪」でおなじみ、マロニーの決算は
日本全国の企業情報を取り扱うアプリ「NOKIZAL」の“中の人”が、気になる企業業績をピックアップしてご紹介します。(2017/10/19)

“飲む焼きいも”爆誕 ハウスウェルネスフーズが焼きいも味の飲料を販売
焼きいもは飲み物。【訂正】(2017/10/5)

「ベジポップ」8月25日発売:
ミスドに“健康志向”のドーナツ登場 タニタと共同開発
ミスタードーナツが野菜テーマのドーナツ「ベジポップ」を期間限定販売。「健康志向の方に楽しんでいただけるドーナツ」を目指しタニタと共同開発した。(2017/8/23)

優れたアニメコラボを表彰する「アニものづくりアワード」 総合グランプリは「サントリー天然水×君の名は。」
「浮世絵木版画 初音ミク」「北斗の拳キャラになれるアプリ」「美少女AIに罵倒されるサービス」なども。(2017/5/20)

ブランド担当者に聞く:
出荷停止も…… 「ヨーグリーナ」開発の舞台裏で何があったのか
ミネラルウオーター市場でトップを走るサントリー「天然水」シリーズ。大ヒットしたフレーバーウオーター「ヨーグリーナ」の商品開発や販売の裏側には、さまざまなハードルがあった。ブランド戦略を担当する糸瀬大祐さんに開発の経緯や当時の思いを聞いた。(2017/3/24)

【更新】「ウコンに薬としての効能はない」は正確ではない 専門家に聞いた「全容はいまだに解明されていない」
健康への効果があるとしても限られていると示唆 ※追記・訂正あり(2017/2/1)

テーマは「エイジング」 資生堂がアートイベントを主催するワケ
資生堂主催のイベント「LINK OF LIFE エイジングは未来だ 展」(10月28日〜11月3日)が開催中。テーマは「エイジング」(加齢、成熟、老化)だ。資生堂がアートイベントを開く理由と、他企業が参加するメリットとは?(2016/10/31)

出荷数が1.5倍以上に! 「ゴールデンカレー」は何を改革したのか?
カレールー市場が伸び悩む中、エスビー食品のロングセラー商品「ゴールデンカレー」も売り上げアップを目指してブランド改革を進めている。既にその成果は目に見える形で表れてきたという。(2016/10/29)

ハウス食品、「切っても涙が出ない」タマネギ発売
ハウス食品グループ本社は、切っても涙の出ないタマネギ「スマイルボール」を10月末から販売する。(2016/10/21)

ハウス食品、ギャバンをTOBで子会社化へ 香辛料事業を強化
ハウス食品が「GABAN」ブランドで香辛料を販売するギャバンを子会社化へ。(2016/5/12)

星6つ! ハウス食品「フルーチェライト <イチゴ&ざくろ>」をレビュー!
今回選んだのはハウス食品の「フルーチェライト <イチゴ&ざくろ>」(178円/税込、店頭価格)だ。(2016/1/4)

星7つ! ハウス食品「フルーチェライト <アサイーミックス>」をレビュー!
今回選んだのはハウス食品の「フルーチェライト <アサイーミックス>」(178円/税込、店頭価格)だ。(2016/1/4)

水曜インタビュー劇場(カレー公演):
業績好調! カレーの「ココイチ」に、人が集まるワケ
「カレーハウスCoCo壱番屋」(ココイチ)を運営している壱番屋の業績が好調である。最大の理由は「既存店の売り上げ」が伸びていることだが、さらに調べていくと意外な事実が!?  それは……。(2015/11/4)

ハウス食品が「CoCo壱番屋」を買収へ
買い付け価格は1株6000円。(2015/10/30)

ハウス食品、カレーの「ココイチ」買収へ
ハウス食品グループ本社は、カレーショップ「CoCo壱番屋」を展開する壱番屋の株式をTOBで取得し、子会社化。(2015/10/30)

目が痛……くない! 切っても涙の出ないタマネギ「スマイルボール」が登場
お前のために泣くのは、もう終わりだ。(2015/10/24)

即席袋めんの粉末スープはなぜ「火を止めてから」入れる? 粉じん爆発予防説もネットに 大手3社の答えは
粉末スープを入れるのって、火をかけたままだとダメなの?(2015/7/2)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。