ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

  • 関連の記事

「IBM SmartCloud」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「IBM SmartCloud」に関する情報が集まったページです。

クラウドのニッチな市場にも光あり
大手含む12のIaaSベンダーを比較、その長所と短所は
IaaS(Infrastructure as a Service)市場は大手4社がけん引し続けている。だが、ベンダーは他にも存在する。最適なクラウドベンダーを見つける参考になる、クラウドベンダーの主な長所を本稿にまとめた。(2018/2/6)

ホワイトペーパー:
IAサーバの災害対策は問題なし? チェックリストで確認しよう
災害対策の必要性は理解しているが、ハードウェアやデータセンター施設の追加投資が必要で、構成や手順が複雑では……とお悩みのITリーダー諸君、ネットワークに接続するだけで対策が可能なクラウド型のリカバリー・サービスを検討してみてはいかがだろうか。(2015/4/24)

「コスト削減」だけに注目するから失敗する:
PR:収益向上・ビジネス成長に真に役立つIaaS本来の要件とは?
コスト削減を目的に、多くの企業がIaaS利用に乗り出したものの、「効果が得られない」「かえって高くついた」といった例が後を絶たない。その真因は何か? IBMのクラウドマイスターに、IaaS選定・活用の勘所と、同社が米国のIaaSベンダー「SoftLayer」を買収した理由を聞いた。(2014/2/19)

特集:これからのIaaSニーズと失敗しない選択基準(1):
発展途上にあるIaaS、いま着眼すべきポイントとは?
急速な市場変化を受けて、多くの企業がIaaS利用に乗り出す一方で、ユーザー企業のすそ野の広がりに対応すべく、IaaSの提供するサービスもPaaS層を取り込むなど高度化しつつあるようだ。本特集の第1回ではIaaS市場の今と今後を、クラウドアーキテクトの川田大輔氏が分析する。(2013/12/18)

「ワトソン」の知性を実務アプリケーションへ:
米IBMがビッグデータ分析基盤サービスを拡充、コグニティブコンピューティングの研究成果も搭載
米IBMは、センサ情報などの大量データを基に人間のように意思決定するコグニティブコンピューティングの研究成果を、実製品やサービスに取り込んでいくと発表した。SoftLayer環境も想定する。(2013/11/5)

クラウドガバナンス現在進行形【IaaS比較編・2013年版】
「62のIaaSランキング」から見える、今後のクラウド比較で気を付けたいこと
IaaS上位サービスにおけるNIST定義満足度とガバナンス成熟度は完成の域に達し、PaaS層への進化や、IaaS同士の相互接続も始まりつつある。これにより、IaaS層のエコシステムやサービス手順の自動化はさらなる加速を示すだろう。(2013/7/31)

ベンダロックインのないクラウドの第2ステージへ:
オープンクラウドに舵を切るIBM、OpenStack/TOSCAでIaaS/PaaSの相互運用性を強化
日本IBMは5月13日、同社製品・サービスに対するオープンクラウドの積極的展開に向けた記者説明会を開催した。クラウド間の相互運用性を高めていく狙いだ。(2013/5/13)

各社自慢の統合インフラを徹底比較(後編)
統合プラットフォーム製品ベンダー“ビッグスリー”の強みと弱み
ITインフラをシンプルにし運用管理を効率化するとして企業の注目を集めている統合プラットフォーム製品。Cisco、VCE、NetAppの製品を紹介した前編に続き、後編ではDell、IBM、Hewlett-Packardの製品を紹介する。(2013/5/10)

IBM Pulse Japan 2013 Preview:
PR:ビッグデータやモバイルという機会を収益に変えるには?――情シス部門に指針を示すIBM
ビッグデータやモバイルという新たなITの潮流が生まれる半面、セキュリティアタックは巧妙化・複雑化している。最前線でビジネス基盤を支える情報システム部門は何を指針にすべきだろうか? 日本IBMは「Pulse Japan 2013」でその解答を用意するようだ。(2013/4/24)

エンタープライズの世界にも「DevOps」は浸透するのか
開発と運用の連携性を高める「DevOps」。ネットサービスを中心に浸透してきたが、伝統的なエンタープライズシステムの領域にも広がるのか。その普及を狙う日本IBMに聞いた。(2013/4/11)

IBM Pulse 2013 Report:
IT部門の「効率とイノベーションのジレンマ」を解消する「第4のクラウド」
クラウドが一般化し、モバイルやスマートアセットが増大するなか、それらが生み出すデータ量は莫大だ。効率とイノベーションの板挟みにあるIT部門に対し、IBMが指針を示す。(2013/3/6)

クラウドインフラの標準化:
IBM、オープンクラウドアーキテクチャの全面採用を宣言
米IBMがオープンなクラウドアーキテクチャを採用すると発表。第一弾はOpenStackベースのプライベートクラウド製品になるようだ。(2013/3/5)

気になるITニュースを解説:
IBMのハイブリッドクラウド戦略、ジュニパーのSDN戦略
IBMが今年注力すると宣言している、クラウドサービスと社内ITインフラの連携は、どのような姿で具体化されていくのだろうか。また、ジュニパーネットワークスは、主要ネットワークベンダのなかでは包括的なSDN戦略の発表が最も遅かったといえるが、この戦略の特徴はどこにあるのだろうか。今回はこの2つのトピックを分析する(2013/2/25)

パブリッククラウドはレガシーアプリに適するか?【後編】
既存アプリをSaaSへ移行するには? マルチテナント化への難題
社内アプリケーションをクラウドで利用する手段はさまざまだ。最近注目されているマルチテナント型は、シングルテナント型に比べ、維持管理の面で大きな効果を発揮するという。(2013/1/21)

「IBM SmartCloud Docs」がリリース
Office 365、Google Docsを超える? IBMのクラウド型オフィススイートに高まる期待
IBMの新オフィススイート「IBM SmartCloud Docs」はMicrosoftやGoogleの既存サービスにどう対抗するのか。選択肢が増えてきたクラウド型オフィススイートの動向を探る。(2013/1/15)

日本IBM、システム開発テストを自動化するRationalの新ソリューション発表
期間短縮やコスト削減を図れるよう、仮想環境でシステム間接続テストを自動的に実施できる製品群を提供する。(2012/6/21)

クラウドビッグデータ元年のPaaS動向【後編】
パブリッククラウドのHadoop対応状況を比較する──IBM、Microsoftの場合
最も自動化が進んだクラウドベースのHadoopビッグデータ分析サービスを提供するベンダーはどこか。前編に続いて、IBM、MicrosoftのHadoop対応を見ていこう。(2012/5/30)

Lotusphere 2012 Orlando Report:
ソーシャル熱に潜む落とし穴、失敗しないビジネス変革の方法とは?
「Lotusphere 2012」がフロリダ州オーランドのウォルトディズニーワールドで開幕した。「落とし穴が潜む」とIBM幹部が指摘する「ソーシャル」、その導入・普及を成功させた欧米先進企業の取り組みが数多く紹介されている。(2012/1/17)

クラウドベースのビッグデータ分析、主権を握るのは?
Google、Oracle、Microsoft、IBMのビッグデータ対応アプローチ
いち早くクラウドベースのHadoopアプリケーションをリリースしたAmazon。それに続き、Google、Oracle、Microsoft、IBMがビッグデータ分析のためのHadoop対応を進めている。各社のアプローチを見ていこう。(2011/12/19)

リスクマネジメントソリューション「IBM SmartCloud Resilience Services」
最新リスクマネジメント論「ビジネス回復力の進化はクラウドに行きつく」
リスクマネジメントに対する考え方とテクノロジーは進化している。リスクに備えるだけでなく、収益を生む施策としてのリスクマネジメントの方法論とそれを実現するテクノロジーを解説する。(2011/11/14)

利用料は1時間10円から、日本IBMが新クラウドサービス
日本IBMは、企業向けのパブリック・クラウドサービス「IBM Smart Business Cloud - Enterprise」を、同日に幕張データセンターで提供開始すると発表。時間当たりの従量課金で、1時間10円からだという。(2011/4/8)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。