ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

「iCal」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「iCal」に関する情報が集まったページです。

プロジェクト管理ツール「Backlog」にモバイル版登場――GoogleカレンダーやiCalと連携も
ヌーラボが、プロジェクト管理ツール「Backlog」のモバイル版をリリース。携帯電話やiPhoneで利用でき、GoogleカレンダーやiCalとの連携に対応する。(2009/8/4)

Yahoo! Calendar、10年ぶりのアップデートでiCalendarに対応
AppleのiCal、MicrosoftのOutlook、Googleカレンダー、Mozilla Sunbirdなどのカレンダーとデータを共有できるようになった。(2008/10/9)

海外ダイジェスト(7月29日)
米スタンフォード大学がiPhoneアプリプログラミング講座を開設、GoogleカレンダーのiCalサポート発表、ほか。(2008/7/29)

“PCで仕事”を速くする:
第10回 GoogleもOutlookもPlaxoでカレンダーを同期する
Outlook、携帯電話、Googleカレンダー、そしてMacのiCal……。これらの各種カレンダーアプリケーションのデータを同期して、一元管理できるオンラインサービス「Plaxo 3.0」が登場。(2007/7/10)

Webメール、スケジューラ、Wiki――フィードパスが“全部入り”サービス
Officeの添付ファイルも閲覧可能な容量1GバイトのWebメール、iCal形式に対応したスケジューラ、情報共有のためのWikiなど、全部まとめて提供するオンラインサービスが「feedpath Zebra」だ。(2006/12/25)

アリエル・マルチスケジューラがiCalendar、Webcalに対応
無料のスケジュール管理ソフト「アリエル・マルチスケジューラ」がバージョンアップし、iCalendar形式のカレンダーデータの取り込み機能に対応した。前バージョンでは不可能だったGoogleカレンダーにインポートした外部サービスの取り込みも可能になっている。(2006/12/5)

Gmailシステムを自社ドメインで――GoogleがASPサービスを国内で開始
会社で2GバイトのWebメールやiCal対応のスケジューラを導入するとなると、既存アプリでは別途サーバなどのシステム構築費が必要なものもある。無料のGmailやGoogleカレンダーを自社ドメインの業務システムとして運用できるかもしれない。そんなβテストが国内でも始まった。(2006/11/1)

AppleのiCal、アップデートで脆弱性修復
(2004/11/24)

Mobile Weekly Top10:
Windowsにもほしい「iSync」
AppleのiSyncは、Palm OSデバイスやインターネット上のサービス、Macintosh上の「iCal」や「アドレスブック」と情報をシンクロナイズできるソフトだ。(2004/3/11)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。