ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「一問一答式:BPM実践テクニック」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「一問一答式:BPM実践テクニック」に関する情報が集まったページです。

一問一答式:BPM実践テクニック(6):
BPMで考慮すべきコンプライアンス対応とは?
続発する企業の不祥事から「コンプライアンス」に対して注目が集まっている。BPMの仕組みを構築するうえでコンプライアンスは欠かすことのできない重要要素だ。今回はBPM導入におけるコンプライアンス対応のポイントについて解説する(2005/6/17)

一問一答式:BPM実践テクニック(5):
BPMを使いこなすコツとは?
BPMの概念や効果が分かったら、導入に向けて検討を開始することになる。その検討は、実際の導入から運用を見据えて行う必要があるが、ではBPMを使いこなすコツとはどんなものだろう(2005/4/13)

一問一答式:BPM実践テクニック(4):
BPMは、具体的にどんな業務に適用できるのか?
これまでの連載で、「BPMとは何か?」について解説してきた。今回は、BPMを実際に適用する業務、しやすい業務、効果の得られる業務とは、どのようなものなのか見ていこう(2005/2/10)

一問一答式:BPM実践テクニック(3):
BPMの「導入」「運用」フェイズでは何をするの?
前回は、BPMサイクルの「分析」「改善」「導入」「運用」という4つのステージのうち、前半の「分析」「改善」について解説した。今回は「導入」「運用」を解説し、「分析」へつなぐことの重要性を説明する(2004/12/14)

一問一答式:BPM実践テクニック(2):
BPMの「分析」「改善」フェイズでは何をするの?
前回は、BPMのサイクルは「分析」「改善」「導入」「運用」という4種類のステージで構成されていることを説明した。今回は、前半部分となる「分析」と「改善」について具体的な事例を挙げて解説する(2004/11/11)

一問一答式:BPM実践テクニック(1):
BPM(ビジネスプロセス・マネジメント)って何ですか?
IT業界では「BPM」というキーワードがよく使われるようになってきた。そこにはシステム間連係をプロセス連係としてとらえようという狙いがある。ではビジネスの面から見てBPMの根本的なコンセプトとはどのようなものだろうか?(2004/10/2)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。