ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「マーケティング投資最適化の科学的アプローチ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「マーケティング投資最適化の科学的アプローチ」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

【連載】なぜ進まない? ビッグデータ活用:
第4回 テストマーケティングで短期的な成果を作り出す――データドリブンマーケティング導入の決め手
データ活用の取り組みにおいて最も重要なことは「成果を出す」ことである。メンバーのモチベーションを維持し、社内の支援(人的/予算)を受けるためにも、短期的な成果を継続的に出し続けていくことに注力しよう。(2014/9/11)

【連載】なぜ進まない? ビッグデータ活用:
第3回 一番難しくて大切なのは、データの伝え方――データ活用を現場に浸透させる最も効果的な手法
BIツールを導入した。社内で役割分担も決めた。「さぁ、ビッグデータ活用を始めるぞ」。でも、本当に始められますか? 今回は現場でデータ活用が浸透しない原因とその対策を考えます。(2014/8/11)

【連載】なぜ進まない? ビッグデータ活用:
第2回 部門横断型ビッグデータ活用チームの作り方――チームに必要なメンバーの4タイプ
ビッグデータ活用に向けた取り組みを始めるには、どのようなメンバーでいかに取り組んでいくかという「取り組み方と役割分担」について、しっかり考える必要がある。今回は、部門を横断したチーム作りのポイントをお伝えする。(2014/7/15)

【連載】なぜ進まない? ビッグデータ活用:
第1回 現場を知るコンサルタントが伝授する、「データドリブンマーケティング実現のための4つのステップ」
企業のマーケティング現場においてデータ活用は進んでいるのだろうか? 残念ながら答えは否である。本連載では、マーケティングのビッグデータ活用を阻害する要因を浮き彫りにしながら、その現実的な解決策を提示する。(2014/6/16)

【連載】マーケティング投資最適化の科学的アプローチ:
第4回 O2Oとオムニチャネルへの投資前にすべき、現状のマーケティング投資最適化
O2O/オムニチャネルマーケティングを展開する前に自社で実施しているマーケティングを最適化させましょう。現在のチャネルやメディアだけでも、ROIや売り上げの向上が可能かもしれません。オンラインとオフラインの両方のチャネルで販売しているアパレルメーカーの事例をもとに考えます。(2014/1/27)

【連載】マーケティング投資最適化の科学的アプローチ:
第3回 マーケティング投資配分最適化(MMO)の基礎
「マーケティング投資最適化の科学的アプローチ」の連載3回目では、『マーケティング投資配分最適化/Marketing Mix Optimization(以下、MMO)』を紹介します。MMOとは、企業やブランドへのマーケティング活動を投資として捉え、その投資額の分配や投下タイミング、投下量の大小を調整することで、ブランドの売り上げやROIを最大化させるプランを立案する科学的アプローチです。(2013/12/20)

【連載】マーケティング投資最適化の科学的アプローチ:
第2回 継続的な改善を実現させるカスタマージャーニーマップの運用方法
今回はカスタマージャーニーを利用したマーケティング改善アプローチの1つの手法を提案します。顧客による商品選定から継続購買までの一連の流れを可視化することで、効果測定指標の整理など、マーケティング施策の最適化が可能になります。(2013/11/20)

【連載】マーケティング投資最適化の科学的アプローチ:
第1回 マーケティングROI向上のための5つのプロセス
企業がマーケティングROIの算定を実施するためのプロセスを提案します。あくまでアイデアですが、御社のマーケティング活動を整理し、マーケティングROIを向上するための参考になるのでは、と考えています。(2013/10/25)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。