ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  R

「ROI」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Return On Investment
-こちらもご覧ください-
ROI(return on investment) − @IT情報マネジメント用語事典

NXP×Moterがプラットフォーム開発:
エッジ処理がクルマのデータと保険のギャップを埋める
コネクテッドカーのデータがますます豊富になっている一方で、自動車メーカーはいまだそうしたデータを効果的に収益化できるようにはなっていない。その理由として、既存のインフラ内でそうしたデータを使用する方法や、十分なROI(投資利益率)でデータを処理する方法に関する専門知識が不十分であることが挙げられる。(2021/8/23)

サイバーセキュリティ予算の賢い立て方・使い方【後編】
ROIを高める「サイバーセキュリティ予算」の使い方“3大ステップ”
サイバーセキュリティはROIが見えにくい。CISOがサイバーセキュリティ予算の配分と投資で組織に貢献するためには、どうすればよいのか。(2021/8/12)

週6〜7回利用した人も:
「Go To Eat」キャンペーン74%が利用 週に何回利用した?
「無限くら寿司」などさまざまな話題を呼んだ「Go To Eat」キャンペーン。オンライン飲食予約サイトを経由したポイント付与は、予算上限に達し各サイトで予約受付が終了した。現在までにどのくらいの人がキャンペーンを利用したのか。ROIが調査を実施。(2020/11/21)

日本ヒューレット・パッカード合同会社提供ホワイトペーパー
いまさら聞けない? ハイパーコンバージドインフラ完全解説ガイド
普及の進むハイパーコンバージドインフラを構成するSDSなどの技術解説と、6つのユースケース、導入における留意事項、ROIなど、ハイパーコンバージドインフラの価値を正しく理解するために必要な情報を解説した100ページを超えるe-Bookである。(2021/8/2)

今日のリサーチ:
マーケターのSDGsへの取り組み 課題は「ROI」と「経営層の理解」――ジャストシステム調べ
SDGsを認知しているマーケターに、 マーケティング施策にSDGsを採り入れるべきと思うかを聞いたところ、 4分の3超が「採り入れるべき」と考えていることが分かりました。(2020/8/25)

ブランドを守るだけじゃない:
Momentum×Moat 有力ベンダーが語る広告ROIを高めるアドベリフィケーション
近年、アドフラウド(広告詐欺)やブランドセーフティーへの関心が高まっている。アドベリフィケーションは取引の透明性確保のみならず収益の観点からも重要だ。エキスパートの議論に耳を傾けてみよう。(2020/8/17)

CX推進を成功させる実践ノウハウ:
CX(カスタマーエクスペリエンス)におけるROIとは
企業のCX(カスタマーエクスペリエンス)担当者はCXプログラムの実施に当たりどのようにその価値を提示すべきか。またステークホルダーとの関わり方はどうあるべきか。CX領域のエキスパートが解説する。(2020/5/28)

視点:
データ資本主義がもたらす人間中心の社会〜思考のROI(投資対効果)最大化〜
「データは新しい石油(Data is the new oil)」といわれているが、企業にはさまざまなデータ、あるいはデータ化されていないアナログ情報が活用されずに眠っている。(2020/2/17)

Gartner Insights Pickup(134):
AIプロジェクトの効果、トップ3
Gartnerは、100以上のAI導入事例を収集し、これらの事例で挙げられている主な効果を調べた。デジタルビジネスのリーダーは、AIプロジェクトの投資対効果(ROI)の最大化に向けて、プロジェクトの効果の特定と定量化という課題をクリアする必要がある。(2019/11/22)

リクルート流RPA大作戦 「ROIを考えると導入はムリ」な業務にどう導入した?
リクルートグループでRPA導入を進めるリクルートコミュニケーションズ。グループ全体で効率よくRPAを開発するコツとは。(2019/6/17)

レノボ・ジャパン株式会社提供Webキャスト
ROI試算で社員2人分の差、マイクロソフトに学ぶ「働き方改革」成功の秘訣
働き方改革への取り組みが加速する中、生産性とセキュリティを兼ね備えた“モダンワークスタイル”を実践している日本マイクロソフト。同社が働き方改革を成功させられた理由とは何か。デモ画面を交えた動画で紹介する。(2019/4/11)

セキュリティ対策も重要
デジタルビジネスの勝ち組が「ROI」測定に使う指標とは?
デジタルビジネスへの取り組みを成功させ、高い業績を上げている企業は、他の企業と何が違うのか。Gartnerの調査結果を基に探る。(2018/11/1)

重要なのはテクノロジーではなく計画
ERP主要機能一覧 ROIをプラスにする「12のビジネスプロセス」とは
在庫や販売管理、製品開発、市場予測などのプロセスをデジタルによって変えることで、ERPの投資回収までの期間を短縮できるという。(2018/9/6)

宣伝・販促の投資対効果を可視化し、短期・中長期で施策を最適化:
デロイト トーマツ コンサルティングが「マーケティング&リテーリングROI最適化ソリューション」を本格展開
デロイト トーマツ コンサルティングが「マーケティング&リテーリングROI最適化ソリューション」の提供を本格的に開始する。 (2018/7/10)

2つの自動化モデル
理想的なRPAアーキテクチャを構築するための方法
企業はRPA(ロボティックプロセスオートメーション)を導入し、ルールに基づく反復作業をコスト効率の高い方法で自動化している。この場合のROI(投資利益率)は、導入したRPAのアーキテクチャが適切かどうかに左右される。(2018/5/31)

キーワード入札を自動調整:
Adobe、人工知能で検索エンジンマーケティングのROIを改善する「Adobe Advertising Cloud Search」を提供
Adobe Systemsは、検索連動型広告管理ツール「Adobe Media Manager Search」の名称を変更し、「Adobe Advertising Cloud Search」として提供開始した。(2018/3/12)

久納と鉾木の「Think Big IT!」〜大きく考えよう〜(4):
しょうもないROI算出に時間を使ってはいけない
社内にはERPをはじめさまざまなITサービスがある。しかし、「ITサービスをサービスとして成立させるために不可欠」な、ITサービスマネジメントに関わる費用にまでROIが求められるのはおかしなことではないだろうか? しょうもないROI算出に時間を使ってはいけない。(2018/2/23)

国内クライアント仮想化市場のROIは400%弱、投資回収期間は10.7カ月――IDC調べ
IDC Japanが発表した「2017年 国内クライアント仮想化市場ROI分析」によると、2013年以降の過去5年間におけるクライアント仮想化のROIは300%を超え、高い投資対効果が実証されたという。(2017/10/5)

分析結果に基づくアクションのプランニングまで支援:
SNSにおけるブランディングのROIを分析、スパイスボックスが「THINK」を提供開始
スパイスボックスは、SNSにおけるブランディング施策の売り上げへの効果を可視化すROI分析プラットフォーム「THINK」の提供を開始した。(2017/6/1)

「競争力を高める」をどう評価するか
iPhone導入の投資対効果は? 従来手法では測れないEUCの導入メリット
サーバやストレージのようなインフラとは異なり、EMMやVDIのようなEUC(エンドユーザーコンピューティング)の投資は、ROIの評価が単純ではない。コスト削減以外の効果にも目を向ける必要がある。(2017/5/22)

半径300メートルのIT:
“ROI、1425%の素敵な商売”、サイバー攻撃を諦めさせる方法
投資対効果、1425%――。Trustwaveの調査によれば、サイバー攻撃のROIはこんなにも高く、犯罪が後を絶たないのもうなずけます。犯罪者を止める方法はあるのでしょうか……。(2017/1/31)

トレンドキーワードを知る:
リアル行動ターゲティング――リアルな行動データを活用して投資効果の測定や見込み客の絞り込みへ
リアルな行動データを分析しててターゲットを高度に絞り込み、広告のROI向上ど目標の達成率を高める新しいマーケティング手法として「リアル行動ターゲティング」が注目されている。(2016/9/2)

何を最優先とするべきか
効果が分かりにくいデジタルマーケティング、投資判断の考え方を語ろう
マーケティングテクノロジーへの支出を正当化しようとしているときには投資利益率(ROI)にこだわるべきではないと、ある専門家はいう。まず、ビジネスの目標とニーズを定義してから次の段階に進む必要があるのだと。(2016/6/14)

特選ブックレットガイド:
PLMシステムがうまく活用されていない“5つの理由”
本来あるべき姿ならROIが上がるはずなのに……。(2016/5/25)

ホワイトペーパー:
導入でROI 412%を実現したバックアップ/リカバリ製品とは?
IDCの調査によると、バックアップ/リカバリ製品の導入により、短期の投資回収を実現し、高いROIを示す結果が示された。詳細な調査結果から、データ管理がビジネスに及ぼす影響を見ていこう。(2015/10/22)

【連載】ポスト「モバイルゲドン」のスマホサイト 第4回:
マーケターには意外と見えていない!? デジタル施策のROI向上はまずスマホサイトの品質改善から
最新テクノロジーを駆使した数々のデジタル施策も、土台となるWebサイトがしっかりしていなくては効果は半減。主戦場はスマートフォンと頭では分かっていてもなぜか対応は遅々として進まず。一体なぜでしょう。(2015/10/2)

同じクリック単価でコンバージョンが平均36%向上:
アウトブレイン ジャパン、コンテンツマーケティングのROIを向上する「KPI Optimization」を提供開始
アウトブレイン ジャパンは2015年7月22日、「KPI Optimization」を提供開始したと発表した。(2015/7/22)

ホワイトペーパー:
大手調査会社が徹底検証 最新ストレージOSによるクラウドインフラのコスト削減効果
米大手調査会社のForrester Consultingが、最新ストレージOSを使用したクラウドインフラソリューションの投資対効果(ROI)を徹底調査。「16カ月という短期間での投資回収」を実現できる理由を公表する。(2015/5/28)

商品告知から店舗への誘導、アンケートまで:
エムプロモとROI、購入後追跡アンケートまでサポートするO2Oサンプリングを開始
マクロミルの子会社であるエムプロモは11月21日、O2Oサンプリングの営業推進ならびに商品開発において、ROIと協業することを発表した。(2014/11/21)

2人の専門家に聞いた
Linuxをメインフレームで運用? 「高いROI」「万人向けではない」と割れる専門家の意見
米IBMの「Linux on System z」とLinuxサーバディストリビューション。専門家の意見を踏まえ、どちらの選択肢が自社のIT環境に合うかを判断しよう。(2014/11/7)

「ITmedia マーケティング」eBook シリーズ:
「変わる広告会社(2)戦略課題を確実に捉えるマーケティングROI」eBook版
「ITmedia マーケティング」編集部では、過去の人気連載をeBook形式に再編集した新シリーズを展開しています。今回は「【連載】変わる広告会社」の第2回「戦略課題を確実に捉えるマーケティングROI」のeBook版をお送りします。(2014/9/17)

企業のモバイル投資、ROI達成における日本と世界の違いは?
アクセンチュアが13カ国の企業経営幹部を対象に実施した調査によると、モバイルに投資した金額以上のリターンを得ている企業の割合は日本と海外で大きな開きがみられた。(2014/7/30)

ホワイトペーパー:
IDCがRed Hat Enterprise Linuxの投資対効果を徹底調査 Linuxコスト削減効果リポート
企業システムでの導入が広がっているLinux OS。コスト削減効果が注目されているが、実際に導入企業はどのような効果を得ているのだろうか。IDCが実施した投資対効果(ROI)調査の結果を具体的な金額でリポートする。(2014/7/24)

テスト自動化のROIを計算してみよう(終):
ROIの試算例から見る、日本でテスト自動化が進まない理由
テスト自動化の導入理由や効果測定をROIという観点で説明できるように、テスト自動化のROIの概念から実際の計算式までを解説する連載。今回は、ROI試算式の詳細を解説し、実際に、この試算式でスモークテストとGUIテストを自動化する際のROIを求め結果を考察します。(2014/7/1)

テスト自動化のROIを計算してみよう(2):
テスト自動化ROI試算式の構成要素と5つの例。そしてCBAとは何か
テスト自動化の導入理由や効果測定をROIという観点で説明できるように、テスト自動化のROIの概念から実際の計算式までを解説する連載。今回は、テスト自動化ROI試算式の構成要素を解説し、5つの試算式の例を出しながらCBA(Cost Benefit Analysis)とは何かを解説。(2014/6/16)

テスト自動化のROIを計算してみよう(1):
テスト自動化の3つの目的とROIの必要性、定義
テスト自動化の導入理由や効果測定をROIという観点で説明できるように、テスト自動化のROIの概念から実際の計算式までを解説する連載です。(2014/6/4)

ホワイトペーパー:
調査会社が徹底検証 統合モバイルアプリ開発基盤(MEAP)の投資対効果レポート
米調査会社のForrester Consultingが、モバイルエンタープライズアプリケーションプラットフォーム(MEAP)を導入した場合の投資対効果(ROI)を調査。マルチプラットフォーム対応アプリ開発におけるコスト効率を考えるITアーキテクトのためのレポートだ。(2014/5/28)

ROI測定方法を決める:
コンテンツマーケティングを成功に導く5つのステップとは
コンテンツマーケティングを成功に導くには、ROIの測定方法を決める必要がある。また、コンテンツを制作する前に戦略を立てて進めると効果が高くなる。成功に導く5つのステップを紹介する。(2014/5/16)

マーケ規模17億人:
ソーシャルメディアマーケティングのROI計測事例を紹介
さまざまなブランドがソーシャルメディアマーケティングを実行している。その一方で、自社が取り組んだソーシャルメディア施策のROIをしっかり計測している企業はどれだけいるだろうか。(2014/4/21)

【連載】海外事例に学ぶマーケティングイノベーション:
第18回 Facebook 動画広告始まる――「自分に合う相手を“探す”」から「より相手に合う“伝え方”」へ
マーケティング活動ROI最大化のためには、ソーシャルメディアの活用が必須である。これまでこの連載を通じて、ブランドに対するサイレントマジョリティの声の活性化が現代のマーケターにとっては必須のミッションとなっていることを訴えてきた。今回は、そんなマーケターにとっての新しい“支援ツール”となるであろう「Video Ads」(Facebook)を紹介したい。デジタルマーケティングの世界におけるソーシャルメディア+動画広告の波は、これからさらに活発化するだろう。(2014/4/11)

ホワイトペーパー:
仮想化成熟度、あなたの会社はどの位置に? ROI 222%達成のために必要なこと
仮想化の成熟度を3段階に分けて解説。予算不足や長期戦略の欠如、スキル不足といった理由から仮想化の移行において行き詰まりを感じてしまっている企業のために、解決方法を示す。(2014/4/2)

見落としがちなROIとパフォーマンスのポイント
仮想デスクトップ導入について、あなたが恐らく気付いていないこと
「VDI(仮想デスクトップ)導入ではROIとパフォーマンスが大事」。その通りだ。だが、この説明だけではカバーできない、もっと重要なことがある。(2014/2/27)

【連載】海外事例に学ぶマーケティングイノベーション:
第17回 リアルタイム・マーケティング――ブランドにとっての「リアルタイム」とはいつか?
これまで、マーケティング活動のROIを最大化のための「サイレントマジョリティの活性化」や「Social CRM」について述べてきた。今回は、より効果的で効率的なマーケティング活動の重要な要素であるリアルタイム・マーケティングについて考察する。(2014/2/27)

動画コンテンツ作りに挑戦:
BtoBマーケターへ コンテンツマーケティングを加速する動画の作り方
コンテンツマーケティングの中でも、高いROIをもたらす手段として、動画コンテンツの利用が期待されている。二の足を踏むBtoB企業のマーケターに、制作するコツと進め方を紹介する。(2014/2/26)

クライアント仮想化の効果は投資コストの4倍以上 IDC調べ
IDC Japanの調べによると、クライアント仮想化製品のROIは426.4%(全社導入+部分導入+試験導入の合計)で、投資回収期間は平均10.7か月だった。(2014/2/20)

手始めにSEO?:
初めてのオンラインマーケティングは、ROIで施策を選べ!
オンラインマーケティングの手始めに「SEOをやりたい」という経営者は多いが、果たして本当に投資に見合うリターンが得られるのか。(2014/2/13)

【連載】マーケティング投資最適化の科学的アプローチ:
第4回 O2Oとオムニチャネルへの投資前にすべき、現状のマーケティング投資最適化
O2O/オムニチャネルマーケティングを展開する前に自社で実施しているマーケティングを最適化させましょう。現在のチャネルやメディアだけでも、ROIや売り上げの向上が可能かもしれません。オンラインとオフラインの両方のチャネルで販売しているアパレルメーカーの事例をもとに考えます。(2014/1/27)

顧客コミュニケーションの手段として有効だが:
モバイルアプリ特有の課題を解決してROI向上――インターフェイス、OSサポート、メンテナンス……
eMarketerは2014年1月15日、“Mobile Apps Help Lure Customers. Spur Loyalty”(「モバイルアプリが顧客誘導、ロイヤルティ促進を支援」)という記事を掲載した。これは昨年10月、Forbes InsightsとAdobeが収益25万ドル以上の企業の経営層を対象に実施した調査の抄訳記事で、これらの企業がモバイルアプリをリリースするさまざまな理由を分析している。(2014/1/22)

【連載】マーケティング投資最適化の科学的アプローチ:
第3回 マーケティング投資配分最適化(MMO)の基礎
「マーケティング投資最適化の科学的アプローチ」の連載3回目では、『マーケティング投資配分最適化/Marketing Mix Optimization(以下、MMO)』を紹介します。MMOとは、企業やブランドへのマーケティング活動を投資として捉え、その投資額の分配や投下タイミング、投下量の大小を調整することで、ブランドの売り上げやROIを最大化させるプランを立案する科学的アプローチです。(2013/12/20)

【連載】マーケティング投資最適化の科学的アプローチ:
第1回 マーケティングROI向上のための5つのプロセス
企業がマーケティングROIの算定を実施するためのプロセスを提案します。あくまでアイデアですが、御社のマーケティング活動を整理し、マーケティングROIを向上するための参考になるのでは、と考えています。(2013/10/25)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。