ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「アイレム」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「アイレム」に関する情報が集まったページです。

「R-TYPE」シリーズ最新作がクラウドファンディング実施へ 6月4日からKickstarterで
アイレムから許諾を受けたグランゼーラが制作します。(2019/6/1)

【木村祥朗×堀井直樹×なる×ZUN】「BLACK BIRD」爆誕祭 なぜゲーム開発者はシューティングを作りたがるのか、「原点にして究極」と語るその魅力
「moon」「Million Onion Hotel」などを手掛けてきた木村祥朗さん(Onion Games)の最新作がなぜシューティングなのか。「BLACK BIRD」開発のきっかけや、シューティングというジャンルの魅力について語ってもらいました。(2018/11/9)

名作「R-TYPE」がNintendo SwitchとSteamで復活! オリジナル版でもリマスター版でも遊べるぞ
初代と2作目のセットで、2018年冬に配信開始。(2018/9/5)

「R-TYPE」1面ボス「ドブケラドプス」が立体化 波動砲をブチ込みたくなる高クオリティ
カテゴリーとしてはfigmaに属し、しっぽがウネウネ動きます。(2018/7/30)

常見陽平のサラリーマン研究所:
上司は「ムリゲー化」する仕事に立ち向かっている
マネジメントの難易度が上がっている中で、上司の仕事が「スペランカー化(ムリゲー化)」している。部下は、このような「スペランカー上司」を支えなくてはならない時代となっているのだ。(2017/5/19)

ハッシュタグ「昔に打ったドット絵を貼って初心を思い出そう大会」に90年代ビデオゲームを支えたプロドッターが次々降臨
時代を超えてなお色あせない職人芸。(2016/2/22)

「あそぶ!ゲーム展」体験レポ:
ゲームの神様こと遠藤雅伸氏とカードゲーム作りを楽しんだ週末
ゼビウスやドルアーガの塔を生み出した伝説のゲームデザイナー、遠藤雅伸氏が考える“ゲーム像”とは。それにしてもぜいたくな週末だな!(2015/12/11)

東日本大震災後に発売中止となった「絶体絶命都市」最新作が復活! ゲーム内容の見直し、表現の強化も
版権を取得したグランゼーラが制作を進めていることを発表。(2015/11/27)

黎明期のビデオゲームが遊び放題! 「あそぶ! ゲーム展」は思わず時間を忘れる楽しさだった
“世界初のビデオゲーム”も展示されています。(2015/10/19)

シリーズ復活おめでとう! 名作「絶体絶命都市」「絶体絶命都市2」がPS2アーカイブスに登場
一時は新作どころか旧作の配信さえ絶望視されていたシリーズでした。(2015/2/19)

発売中止となっていた「絶体絶命都市4」まさかの復活へ グランゼーラがシリーズ版権を取得
やったああああああああ!(2014/12/24)

ナナオ、社名を「EIZO」に ブランド名と統一
ナナオが社名を4月1日付けで「EIZO」に変更する。(2013/1/17)

なぜ、人はゲームにハマルのか?:
第18回:「待って、もう1回!!」――いつの間にかゲームがやめられなくなるフシギな呪文PART2
リスタートの仕組みのスッゴイしかけ。「なぜ、人はゲームにハマルのか?」をまじめに考察する不定期企画の18回目は、続けたくなる“魔法の言葉”について。(2012/4/9)

みんな気合い入りすぎ:
【超速報】エイプリルフールネタ合戦まとめ 2012年も盛り上がっていこうぜ!
今年もエイプリルフールがやってきた。ネットの盛り上がりっぷりはいかほどか? ネタ合戦に注目だー!(2012/4/1)

日々是遊戯:
エイプリルフール延期のお知らせ――グランゼーラ苦渋の決断で4月下旬開催へ
アイレム時代から様々なエイプリルフール企画でゲームファンを楽しませてきた、グランゼーラの九条一馬さんが、Twitterでエイプリルフールイベントの延期について報告している。(2012/3/29)

なぜ、人はゲームにハマルのか?:
第16回:ゲームは見た目がすべて!? ひと目でプレイヤーを虜にするデモ画面の工夫
「なぜ、人はゲームにハマルのか?」をまじめに考察する不定期企画の16回目は、演出面に注目。いわゆるコーヒーブレーク、最近見なくなりました?(2012/2/10)

なぜ、人はゲームにハマルのか?:
第15回:「待って、もう1回!!」 いつの間にかゲームがやめられなくなるフシギな呪文、「コンティニュー」のスッゴイ仕掛け
「なぜ、人はゲームにハマルのか?」をまじめに考察する不定期企画の15回目は、奥が深いコンティニューの話。続きがあるから人は大胆になるのかもしれませんよ?(2012/1/6)

Tozai Games設立 PS3向けDLソフト「みんなでスペランカー」移管
「スペランカー」および「ロードランナー」、日本国内における商品化権をTozai, Inc.と独占契約を締結。(2011/12/8)

SCEJ Press Conference:
クリエイターへの挑戦状でありSCEとしての決意 PlayStation Vita、ローンチ26タイトル
日本国内において12月17日に発売されると発表されたPS Vita。同日には26タイトルものソフトウェアが提供される。NTTドコモによるプリペイドデータプランなど、何が発表されたのか。(2011/9/14)

ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」:
ゲイムマンもたまにはガジェットっぽい話をしないと。「クイックス」
ITmediaガジェットの記事の中で、この連載だけどうも浮いてるような気がする。そこで、第95回となる今回はガジェットらしく、ニンテンドー3DSで配信された「クイックス」(タイトー)を取り上げてみよう。(2011/7/29)

日々是遊戯:
エイプリルフールイベントは「絶対やります」――アイレム独立組が立ち上げた新会社「グランゼーラ」にいろいろと聞いてみた
元アイレムのスタッフが立ち上げた新会社・グランゼーラ。アイレムと言えばエイプリルフールイベントが有名でしたが、グランゼーラもやっぱりやるんですか?(2011/6/22)

日々是遊戯:
「アイマス」「ダライアス」も参戦! 2011年のゲーム業界エイプリルフールネタまとめ
すでにアイレムは不参加を表明していますが、いざ日付が変わってみれば出るわ出るわ。今年も大盛り上がりとなった、ゲーム業界のエイプリルフールネタをまとめてみました。(2011/4/1)

ねとらぼ:
今年のエイプリルフールはちょっと控えめ 節電にぽぽぽぽーん、いま萌えも
今年のエイプリルフールも各社がネタを投入。節電モードのサイトにあのぽぽぽぽーんも。一方で震災を受けて自粛する動きもあり、恒例の円谷プロやGoogleが参戦を見送った。(2011/4/1)

日々是遊戯:
少しでも早い復興を――ゲームメーカー各社も続々と被災地への支援を発表
大地震の影響を受けて、国内ゲームメーカー各社も続々と被災地への支援や、節電への協力を表明しています。【※情報は随時追記しています】(2011/3/14)

PS3「絶体絶命都市4 -Summer Memories-」発売中止
アイレムソフトウェアエンジニアリングが2011年春に発売する予定だったが、急きょ発売を中止すると発表した。(2011/3/14)

なぜ、人はゲームにハマルのか?:
第6回:ハラハラドキドキ感を演出するゲームサウンドの魅力
「なぜ、人はゲームにハマルのか?」をまじめに考察する不定期企画の6回目は、ゲームにおけるサウンドの重要性について紐解きます。(2011/1/18)

日々是遊戯:
スペランカー先生、まさかのアニメ化? ほか、2010年最後の小ネタ集
アイレムさん、エイプリルフースはまだだいぶ先ですよ……? ということで、2010年最後の「日々是遊戯」は、恒例の小ネタ・没ネタ集をお送りします。いわゆる大掃除というやつですね。(2010/12/30)

日々是遊戯:
300秒で振り返る2010年のゲーム業界ニュース【上半期編】
2010年も残すところあと4日! というわけで2回に分けて2010年の出来事を月ごとにゆるゆると振り返ってみたいと思います。(2010/12/28)

App Town:
PCエンジン往年の名作16タイトルが遊べる「PC Engine GameBox」配信開始
「ボンバーマン'94」や「グラディウス」、「R-TYPE」がiPhoneで遊べるゲームパック「PC Engine GameBox」が12月20日より配信開始。「パワースポーツ」は無料でプレイ可能。(2010/12/20)

ゲッチャTV Gamez出張所:
東京ゲームショウ周遊ツアーはいかがですか?
最新ゲーム情報番組「ゲッチャTV」2010年9月16日放送分は、みっちり東京ゲームショウ2010の様子をリポートします。バシバシ行きますよ!(2010/9/24)

TGS2010:
好みの女の子を探してクリック! 東京ゲームショウ2010を彩る美人コンパニオンさん70人
東京ゲームショウ2010の各ブースで笑顔を振りまく女神がいっぱいです。(2010/9/18)

ナニコレTGS2010:
アイレムブースで配布中の公式パンフ「アイレムぶるるん」が色々とおかしい
TGSのアイレムブースと言えば、もはやちょっとした名物になりつつあるのが公式パンフレット「アイレムぶるるん」。さて、今年の内容は?(2010/9/18)

ナニコレTGS2010:
「絶体絶命カレー」に負けるな! アイレムの物販ブース「アイレム横丁」も要チェックですよ
今年もアイレムソフトウェアエンジニアリングでは、物販コーナー「アイレム横丁」を出展中。さて、今年の目玉商品は?(2010/9/18)

ナニコレTGS2010:
今そこにある危機――絶体絶命だったので「絶体絶命カレー」を食べてみる
今年の東京ゲームショウ2010で密かな話題となっているのが、飲食コーナーになぜか出展したアイレムさん。「絶体絶命カレー」のみで勝負するその味に、満身創痍な記者がすがりつく。(2010/9/17)

TGS2010【アイレムブース】:
「絶体絶命都市」シリーズの主題歌も熱唱――アイレムブースで飯田舞スペシャルライブ
「絶体絶命都市」シリーズなど、数多くのアイレム作品に楽曲を提供する飯田舞さんのスペシャルライブが東京ゲームショウ2010 アイレムブースのステージで開催された。(2010/9/17)

東京ゲームショウ2010:
「東京ゲームショウ2010」に参加する前に知っておきたい20のこと
いよいよ明日より幕張メッセで開幕する東京ゲームショウ2010について、見どころ含めてまとめてみました。準備は万端。あとはどう楽しむかですよ!(2010/9/15)

アイレム、PlayStation Home内ラウンジで嘘から出た真実を体験
(2010/5/21)

Weekly Access Top10:
この日にかける!
エイプリルフールは、全力でネタで笑わせるかという日になったようです。(2010/4/7)

ざっくりエイプリルフールネタを集めてみました
今年もエイプリルフール予算を確保して、万全の体制で4月1日を迎えたゲームメーカーの皆さまの悪ノリをお楽しみください。(2010/4/1)

今年もすごいぞ! エイプリルフールネタ合戦、円谷プロから2ちゃんまで
円谷プロ、2ちゃんねる、ニコ動、Google……今年もエイプリルフールネタ合戦が熱い!  (2010/4/1)

日々是遊戯:
アイレム公式サイトに謎の予告文? これはもしかして……
エイプリルフール界の風雲児・アイレムが今年も何か企んでいるようです。気になったので広報さんに電話で問い合わせてみたのですが――。(2010/3/31)

日々是遊戯:
消されたはずの「R-TYPE タクティクスII」の裏ページがまた復活している件
会社に内緒で極秘資料などを公開していたとして、以前速攻で削除されてしまった「R-TYPE タクティクスII」の裏ページが、いつのまにか復活していたようです。(2010/1/7)

日々是遊戯:
「藤崎詩織」や「怒首領蜂」も一発変換――意外にゲームマニアだった「Google日本語入力」先生に萌える
Googleが先日リリースした「Google日本語入力」。果たしてGoogle先生は、どこまでゲーム関係の単語を一発変換できるのか?(2009/12/4)

日々是遊戯:
アイレムサイトに謎の謝罪文? 気になる「裏ページ」の内容とはどんなものだったのか
先日、「R-TYPE タクティクス II」公式サイトに突如掲載された謎の謝罪文。これによると、どうやら社員の一人が勝手に「裏ページ」を開設・公開していたようですが……?(2009/10/6)

日々是遊戯:
あの「スペランカー」がもし教師になったら……!? 伝説の4コマ「スペランカー先生」が単行本化
アイレムのホームページ内で11年にわたって連載されてきた、知る人ぞ知る人気4コマ漫画「スペランカー先生」が、このたびなんと単行本化決定!(2009/6/25)

ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」:
すーすっとすぺすぺ「スペランカー」
連載第75回は「スペランカー」(アイレム)。昔は早々に挫折しましたが、最近では難なく全4ステージをクリア! ……とまではいかず、やっぱりゲームオーバーの曲を何度も聞くはめに。スペランカー弱い〜。スペランカーだしスペランカーだもの〜。(2009/6/1)

PlayStation Homeに「魔界戦記ディスガイア」ラウンジ登場――ほか追加要素も
「ストリートファイターIV」のゲーム起動対応や、「大航海時代 Online 〜Cruz del Sur〜」のホームリワード対応など、4月下旬開始サービスが実施される。(2009/4/23)

他者とのつながりが生存のカギか? 「絶体絶命都市3 -壊れゆく街と彼女の歌-」
アイレムソフトウェアエンジニアリングは4月23日、サバイバル・アクションアドベンチャーの最新作を、PSPで発売する。(2009/4/14)

ウソをつきます
4月1日はある意味お祭りでした。(2009/4/8)

日々是遊戯:
「ドラクエIX」深夜発売に行列ができたり、アイレムが謎の組織に乗っ取られたり
4月1日と言えば何の日か覚えていますか? 年に一度だけアイレムと円谷プロが本気を出す日……ではなくて、そう、エイプリルフールです。(2009/4/1)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。