ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「伊藤静」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「伊藤静」に関する情報が集まったページです。

お酒が飲める「ゆるキャン△」イベントに行って来たレポ漫画
飲酒×アニメイベントの化学反応に震える。(2019/2/24)

これは胸熱……! アニメ「マリア様がみてる」声優陣、優雅にお茶会する姿が「リアル山百合会!」とファン歓喜
豊口めぐみさん、植田佳奈さん、伊藤静さんと一緒に。(2019/1/17)

鳴っているか分からないぐらいでいい―― 名曲を生み出してきた下村陽子がアニメ「ハイスコアガール」で目指した意外な曲作り
「キングダム ハーツ オーケストラ ワールドツアー」中の下村陽子さんを直撃しました。(2018/9/14)

「ハイスコアガール」がアニメになるまで 制作統括・松倉友二のこだわりとJ.C.STAFFの挑戦
初挑戦となったフル3DCG。そして、アニメの中にゲーム画面を組み込む難しさとは。(2018/8/10)

早見沙織「ときめくシーンがいっぱいでございます!!」 「劇場版 はいからさんが通る 前編」本予告映像が公開!
公開は11月11日。(2017/9/29)

我々はこの日を待ちわびた…… クリぼっち歓喜のグラドル&声優サンタコスがやってきてくれたぞ!!
サンタコスはいいぞ。(2016/12/24)

ファンタビ“応援上映”、声優・宮野真守の「ママがきたよ〜〜」に会場が絶叫&大興奮
洋画では異例となる“応援上映”。会場のテンションに宮野真守さん、伊藤静さんもハイテンションに。(2016/12/21)

「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」まさかの応援上映決定! コスプレ、声援、フラッグ/サイリウムなんでもござれ!
これは絶対楽しそう!(2016/12/14)

チラッ……(終了) 飽きちゃったおもちゃに情けをかけるネコが虚無すぎる
チラッ……。(2016/9/10)

“VRブーム”の立役者はアダルトだけじゃない!:
VR空間で手が使える衝撃――「Oculus Touch」を体験して感じたモーションコントローラーの重要性「NVIDIA ULTIMATE FESTA 2016」
NVIDIAが、最新技術を披露する「NVIDIA ULTIMATE FESTA 2016」をアキバで開催。多彩なイベント内容のほか、VR体験コーナーでは年内登場予定の「Oculus Touch」を体験できた。VR空間で自分の手が使えるだけで、没入感は飛躍的に向上する……!(2016/6/19)

アニメ「プリズマ☆イリヤ ドライ!!」キービジュアル&キャスト公開 マジカルサファイア役はかかずゆみさんに
故・松来未祐さんに代わりかかずゆみさんがマジカルサファイア役を引き継ぎ。(2016/5/6)

アニメ「あまんちゅ!」ダブルヒロインに鈴木絵理&茅野愛衣
「ARIA」とのコラボドラマCD発売、合同イベント開催も決定。(2016/4/6)

科学アドベンチャーシリーズの流れを組むライトノベル「Occultic;Nine〜オカルティックナイン〜」が2016年にTVアニメ化決定!
オカルトが世界を救う。(2016/3/20)

第10回声優アワード、ダンまちコンビが主演賞に 神谷浩史さんは殿堂入りへ
助演男優賞、パーソナリティ賞を受賞した鈴村健一さんは「松来未祐さんが背中押してくれたお陰」とコメント。(2016/3/13)

萩原一至&和月伸宏がキャラ原案のアニメ「エンドライド」 味のあるキャラが続々公開
ラーズのようなドラゴンっぽい何かもいるな。(2016/2/10)

アニメ「ヤング ブラック・ジャック」 10月1日から放送開始決定 間黒男役は梅原裕一郎さん
監督は「リストランテ・パラディーゾ」や「最終兵器彼女」の加瀬充子さん。(2015/8/8)

スタッフやキャストも豪華 アニメ「監獄学園(プリズンスクール)」7月よりマジで放送開始
ご褒美でゴザル。(2015/5/27)

20年ぶりで声優陣を一新:
「美少女戦士セーラームーン Crystal」のキャラソン9曲のMVがInstagramで連日公開
Instagramで、「美少女戦士セーラームーン Crystal」のキャラソン9曲のミュージックビデオが9日間連続で公開される。(2015/4/13)

「PSYCHO-PASS サイコパス 2」、ノイタミナで10月9日放送スタート
1期の最終話から1年半後が舞台となる。(2014/9/19)

「美少女戦士セーラームーンCrystal」、クイン・ベリルと四天王のキャスト発表
クイン・ベリルは渡辺美佐さん、ジェダイトは岸尾だいすけさんが演じる。(2014/7/1)

「一緒にミラクルロマンスしましょ」:
「セーラームーン」新作アニメは7月5日スタート 三石琴乃さんが再びセーラームーンに
「20年かけて築いてきたセーラームーンのDNAを受け継ぐ」ため、旧作でセーラームーンを演じた三石琴乃さんが再び起用された。(2014/4/27)

ついにChouCho降臨:
e-onkyo music、ランティスのハイレゾアニソン配信第8弾をスタート
オンキヨーエンターテイメントテクノロジーは3月28日、e-onkyo musicでランティスのハイレゾ配信第8弾6タイトルの配信をスタートした。(2014/3/28)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2012/12/5)

人気声優と電話している気分が味わえるアプリ「声優+plus」
ボトルキューブが、トムス・エンタテインメント向けに、人気声優とのプライベートな電話気分が味わえるスマートフォン向けアプリ「声優+plus」を開発した。(2012/4/9)

予約特典DVDに“アルフィンの3DCGムービークリップ”を収録――「シャイニング・フォース フェザー」
(2009/1/22)

工画堂スタジオ、「状況開始っ!」と「AS〜エンジェリックセレナーデ」の普及版を発売
(2008/3/24)

「君が主で執事が俺で〜お仕(つか)え日記〜」がPS2で登場
みなとすてーしょんから、プレイステーション 2ソフト「君が主で執事が俺で〜お仕(つか)え日記〜」が3月27日に発売されることが決定した。(2008/1/25)

「ヤッターマン」復活 エピソードは現代風に
アニメ「ヤッターマン」が来年1月から読売テレビ・日本テレビ系で復活する。キャラクター設定はそのままで、エピソードを一新。現代のブームや時事ネタのパロディなどを盛り込む。(2007/12/14)

ミーナの仲間を増やしませんか?――「月面兎兵器ミーナ −ふたつのPROJECT M−」
プレイステーション 2ソフト「月面兎兵器ミーナ −ふたつのPROJECT M−」が、アイディアファクトリーから6月に発売される。ゲームオリジナルキャラが登場するオリジナル設定のゲーム。もちろんアニメ版のキャラも多数登場。(2007/3/27)

「ネギま!? 3時間目」は演劇版とライブ版の2種類を発売
(2006/9/29)

王道を征く新感覚青春スカイアクション「スカイガールズ」
コナミデジタルエンタテインメントが8月25日に発売するOVA「スカイガールズ」は、SF&美少女アニメの王道でありながら、いくつかの新機軸を取り入れた意欲作とのこと。ちょっとだけ紹介しよう。(2006/7/21)

PS2「夜明け前より瑠璃色な」の声優キャストが公開に
(2006/6/30)

EZweb、ボーダフォンライブ!向け「時東ぁみ」着萌えボイスを配信
(2006/6/16)

「ロックマン ゼクス」チャージ攻撃は2段階ある――各モデルの特殊能力も判明
「ロックマンX」や「ロックマン エグゼ」などに続く、新たな「ロックマン」として開発が進められているニンテンドーDS用ソフト「ロックマン ゼクス」。各モデルのさらなる詳細や、ライブメタルを所持するボス級フォルスロイドなどを紹介していく。(2006/6/2)

工画堂から“メカ少女”シミュレーション「ガジェット トライアル」発進
キャラクターデザインにEin氏を起用したメカ少女戦術シミュレーション「ガジェット トライアル」が工画堂スタジオから6月23日に発売される。(2006/5/31)

「音泉」の東京ゲームショウ2005ステージイベントは「キミキス」と「ToHeart2」
(2005/9/7)

+Dオープン特別プレゼント企画 第一弾:
携帯キャリア・メーカーのマル秘グッズをゲットしよう
ITmediaからデジタルライフを提案するサイト、「+D(プラスディ)」がオープンしました。モバイル編集部ではこれを記念し、読者プレゼントを行います。 (2005/9/7)

「トリニティ・ブラッド」DVD発売記念 生天目仁美さんトークショー――生天目さんの意中の彼が登場!?
現在放映中のアニメ「トリニティ・ブラッ」のDVD発売を記念して、シスターケイトを演じている人気声優・生天目仁美さんのトークショーが行われた。発表された新作アニメ情報などを中心にイベントの様子をお届けしよう。(2005/7/20)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。