ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「日中モバイルブロードバンド合作推進会」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「日中モバイルブロードバンド合作推進会」に関する情報が集まったページです。

中国のモバイル情報をメルマガで配信――日中モバイルブロードバンド合作推進会
モバイルコンテンツプロバイダの中国進出を支援する「日中モバイルブロードバンド合作推進会」が、中国のモバイル関連情報を配信するメールマガジンの提供を開始した。(2010/2/1)

山根康宏が現地からリポート:
ついに中国でもスタート W-CDMA方式の3Gサービス
中国聯通(China Unicom)が5月17日、中国国内55都市で3Gサービスを開始した。通信方式はW-CDMA。今後エリアを拡大し、秋には本格的なサービスを開始する予定だ。(2009/5/21)

5分で分かる、先週のモバイル事情――5月9日〜5月15日
ドコモとソフトバンクモバイルが5月19日に夏モデルを発表。4月の携帯電話の契約者数は、ソフトバンクとイー・モバイルが10万強の純増を獲得。3月の携帯出荷台数は再び300万台を割り込んだ。(2009/5/18)

中国の3G市場を「オール ジャパン体制」でサポート――「日中モバイルブロードバンド合作推進会」発足
3Gの免許が3事業者に付与され、本格的なモバイルブロードバンド時代に向かって動き始めた中国の携帯電話市場。こうした中、3Gで先行する日本企業と中国企業が、Win-Winの関係を築きながらモバイル分野で連携できるようサポートする「日中モバイルブロードバンド合作推進会」が発足した。(2009/5/12)

中国ビジネス最前線:
一日の限度額が5万元に 中国のATM振替
多発する銀行カード犯罪を防ぐために、中国でもATMでの自動振替の取り扱い限度額が定められた。(2009/5/11)

携帯コンテンツの中国進出は「オール ジャパン」体制で――MCFが協議会設立
モバイル・コンテンツ・フォーラムが、日本のモバイルコンテンツプロバイダの中国進出をサポートする協議会を設立する計画を明らかにした。(2009/4/21)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。