ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「角川ゲームス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「角川ゲームス」に関する情報が集まったページです。

ゲーマー日日新聞(出張版):
遊ぶにつれて感情を失い、やがて冷酷な資本家となる―― なぜ「ダーケストダンジョン」は“ブラック企業RPG”と呼ばれるのか
次々発狂し、心が壊れていく仲間をどう扱うか。(2018/9/22)

「艦これ」公式Twitterが“凍結” 第三者が「DMCA」悪用、虚偽通告か
「艦隊これくしょん」の公式Twitterアカウントが突然凍結。運営元によれば、第三者が偽名を使ってDMCAを悪用、虚偽通告によって凍結されたという。【追記】(2018/2/22)

メタルマックスシリーズ最新作「METAL MAX Xeno」発表 PS4とVitaで2018年春発売
あの動画はやはりフラグだった。(2017/10/26)

Yahoo!がゲームプラットフォームを開設 ブラウザ上で高品質なゲームがプレイ可、スクエニ等52社が参画
「FF 10」「13」などがスマホやPCから遊べちゃう。(2017/7/18)

「そんな装備で大丈夫か」から7年 「エルシャダイ」の系譜を継ぐ新作が発表された話をしよう
神は言っている……1作で終わるタイトルではないと。(2017/5/24)

PS Vita「艦これ改」が1月にDL版含め販売終了 販売期間より発売延期期間の方が長かったゲームに
理由は「諸般の事情により」(2016/12/15)

2016年末までに50本以上ソフトを用意:
「PlayStation VR」は2016年10月に4万4980円で発売 PC向け高性能VR HMDの約半額
SCEが開発しているプレイステーション 4用のVR対応ヘッドマウントディスプレイ「PlayStation VR」。発売時期と価格がついに明らかになった。(2016/3/16)

PS Vitaソフト「艦これ改」再度リリース延期 2016年2月に
当初の予定を上回るボリューム実装のためとしている。(2015/10/8)

あらゐけいいち『日常』が年内で連載終了 最終10巻には特装版も
特装版には、コミックス未掲載のエピソードを厳選収録した120ページ超の特別冊子が付属。12月10日発売予定。(2015/8/26)

「艦これ改」の発売延期が決定 予定の8月27日から11月26日へ
PS Vita提督が生まれるのは、寒くなってきてからになりそうです。(2015/7/31)

PlayStation Vita「艦これ改」は8月27日発売に キービジュアルとゲームシステム公開
提督は着任しますか?(2015/3/28)

この立ち絵……動くぞ!? PS Vita「艦これ 改」トレーラー第1弾が公開
もちろん吹雪さんも動くよ。(2014/11/25)

PS Vita「艦これ改(仮)」が発売延期に 抜錨は2015年春に
当初は2014年内のリリース予定でした。(2014/10/2)

艦これ関連商品はここでチェックせよ――「オールカドカワ艦隊司令部」がオープン
KADOKAWAは、同社ブランドカンパニーが発売・展開している「艦隊これくしょん -艦これ-」の関連商品紹介サイト「オールカドカワ艦隊司令部」をオープン。書籍の試し読みに加えてイベント限定グッズ情報なども掲載する。(2014/8/18)

KADOKAWAがフロム・ソフトウェアを買収して「艦CORE」がTwitterのトレンド入り
「艦CORE」実現への期待高まる?(2014/4/28)

KADOKAWAがフロム・ソフトウェアを買収 子会社化
KADOKAWAがフロム・ソフトウェアを買収。子会社の角川ゲームスとともに、ゲーム事業の中核会社として事業を展開する。(2014/4/28)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2014/4/1)

佐野正弘のスマホビジネス文化論:
スマホで“艦これ”が遊べない理由――コンテンツ技術を巡るし烈な争い
今注目のブラウザゲーム「艦隊これくしょん」をスマホでプレイしようとしても、“ある理由”から簡単にはできないようになっている。そこには、アプリやコンテンツを開発する技術の激しい争いが見て取れる。(2013/12/2)

艦これ関連書籍が2冊同時に初の電子化:
『艦これ白書』が電子書籍でも同日配信――アップデートで誤植修正
艦これ関連書籍が初の電子化。しかも誤植もアップデートで修正だ。そう、電子書籍ならね。(2013/10/18)

アニメ化企画も進行中:
PS Vitaで「艦これ改(仮)」発売へ 公式サイトには戦艦「大和」がどーん
重大発表ってこれかー!(2013/9/26)

ラノベでも暁の水平線に勝利を刻むのです:
鎧袖一触! 「艦これ」がラノベに
60万人がプレイする「艦隊これくしょん〜艦これ〜」をテーマにしたライトノベルがエンターブレインから発売される。(2013/9/19)

投資4コマ漫画『カブ・ジェネレーション』:
艦艇の擬人化!? 『艦これ』は『パズドラ』になれるのか
毎週土曜連載でお送りしている『カブ・ジェネレーション』。最近、話題になっているゲーム『艦隊これくしょん』。ハゲタカくんもハマっているようです。(2013/8/17)

軍艦擬人化ゲーム「艦これ」の登録者数が40万人を突破 サーバ増強中
まだまだ提督が増えそうだな。(2013/8/14)

「艦これ」、キャラクターグッズ展開 まずはタペストリーと抱き枕カバー
全国の提督たちによるダメージコントロールが心配です。(2013/8/7)

これは妄想がはかどる――戦艦擬人化ゲーム「艦隊これくしょん」にハマる人が増加中
「はじめまして! 吹雪です!」「僕が最上さ!」「航空母艦、赤城です」「提督? 睦月、呼んだ?」――みんなぁぁああぁぁああ……カワユイッ!!(2013/6/19)

週間ゲームソフト販売ランキング:
新作発売されるもランクインせず
3DS「DQVII」が爆走。(2013/2/21)

SCE、「プレイステーション 4」発表 年末発売へ
SCEが据え置き型ゲーム機の次世代機「プレイステーション 4」(PS4)を発表した。2013年の年末商戦向けに発売される。(2013/2/21)

SCEJ、「東京ゲームショウ 2012」のプレイステーションブース出展タイトルを発表
今年も、「SOUL SACRIFICE」の世界初試遊を始め、PS Vita・PS3・PSP向けに50タイトル以上を試遊展示することを発表。さらに、ARマーカーを使った特別企画なども予定する。(2012/9/4)

君もAKB48に! ニンテンドー3DSゲーム「AKB48+Me」今秋発売
「AKB48+Me」では、プレイヤーはAKB48の研究生になって芸能活動を体験。AKB48のメンバーもMiiで登場する。(2012/6/22)

PS Vita「英雄伝説 零の軌跡」制作発表会 角川ゲームス、日本ファルコム社長ら出演
PlayStation Vita専用ゲーム「英雄伝説 零の軌跡」の制作発表会を、会場のニコファーレ(東京都・六本木)からライブ配信する。角川ゲームスの安田善巳社長、キャラアニの加藤智社長、日本ファルコムの近藤季洋社長、ピラミッドの中野賢社長らが出演する。配信は2月9日18時0分〜。(2012/2/6)

SCEJ Press Conference:
クリエイターへの挑戦状でありSCEとしての決意 PlayStation Vita、ローンチ26タイトル
日本国内において12月17日に発売されると発表されたPS Vita。同日には26タイトルものソフトウェアが提供される。NTTドコモによるプリペイドデータプランなど、何が発表されたのか。(2011/9/14)

CE、「フォトカノ」仕様のメモリスティックを9月29日に発売
9月29日発売予定の「フォトカノ」のリリースを記念して、オリジナルプリントのメモリスティックが発売される。(2011/7/5)

「デュラララ!! alley」より臨也&静雄の新規立ち絵が到着!!
(2011/2/21)

角川ゲームス、3DS/Wii「天空の機士ロデア」PV公開
角川ゲームスのフライングアクション「天空の機士ロデア」の映像が公開された。(2011/1/25)

角川ゲームスがエンターブレイン、アスキーメディアワークスのゲーム事業統合を発表――角川ゲームスカンファレンス KICKOFF
自社開催のカンファレンスにて、角川ゲームスは、自身の子会社のゲーム事業を統合する事を発表した。新生・角川ゲームスが放つ新作「天空の機士ロデア」の詳細とは。(2011/1/21)

角川ゲームス、3DS参入タイトル第一弾「天空の機士ロデア」発表
角川ゲームスは、フライングアクション「天空の機士ロデア」を引っさげて3DSに参入。本作はWiiにも対応する。(2011/1/20)

「角川ゲームス」設立 社長にテクモ元社長の安田善巳氏
角川コンテンツのゲーム化などに取り組む新会社「角川ゲームス」が設立する。社長は昨年テクモ社長を辞任した安田善巳氏。(2009/3/27)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。