ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「オンラインカート ステア」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「オンラインカート ステア」に関する情報が集まったページです。

「オンラインカート ステアLINK」サービス終了へ
(2009/3/25)

「オンラインカート ステアDASH」から「オンラインカート ステアLINK」にタイトル変更
(2009/1/28)

「オンラインカート ステアDASH」アップデート、不具合で延期に
(2008/12/5)

「オンラインカート ステアDASH」1周年記念でリニューアル――タイトルも変更
(2008/11/17)

「オンラインカート ステアDASH」1周年記念アップデートを実施
(2008/11/10)

「PostPet」5年ぶりの新バージョン――So-net初のオリジナルオンラインゲームも公開
So-netが提供するメールサービス「PostPet」の新サービス発表。5年ぶりとなる最新バージョンやゲームポットが運営するオンラインゲーム、ケータイ向けゲームなど、ゲストに佐々木希さんを迎えて披露された。(2008/5/8)

「オンラインカート ステアDASH」GW3大イベント&恒例タイムラリーイベントを開催
(2008/4/30)

「オンラインカート ステアDASH」新カート、カスタマイズパーツなど142種類追加――バレンタイン特別キャンペーンも開始
(2008/2/13)

「オンラインカート ステアDASH」、12月19日より正式サービス開始
(2007/12/11)

冬のボーナスを支給?――「オンラインカート ステアDASH」キャンペーン
(2007/11/28)

「ウィザードリーオンライン」発表――ゲームポット、懇親会で今後の展開について説明
ゲームポットは本日懇親会を行い、12月16日に開催予定の「Gamepot Festa 2007」の概要と、既存のゲームタイトルにおける今後の展開について発表。その席上で「WIZARDRY」のオンラインゲーム化権を取得したことも明かした。(2007/11/14)

「オンラインカート ステアDASH」、オープンβテストを開始
(2007/10/16)

「オンラインカート ステア」大規模リニューアル 新タイトルが発表に
(2007/9/19)

新コース「メンヒル鉱山II」を実装――「オンラインカート ステア」
(2007/8/1)

「オンラインカート ステア」でゲーム内ポイントをプレゼントするキャンペーンなどを実施
(2007/6/1)

4月12日よりオープンβテストスタート――「オンラインカート ステア」
(2007/4/5)

ITmedia +D Games枠で500名を募集:
「オンラインカート ステア」クローズドβテスト3の募集を開始
かわいいキャラクターのオンラインカートゲーム「オンラインカート ステア」のクローズドβテスト3の募集が開始に。ITmedia +D Games枠で500名を募集。(2007/2/2)

「オンラインカート ステア」クローズドβテスト第2弾の参加者募集を開始
(2006/9/6)

「オンラインカート ステア」キャラクターのフィギュア化が決定
(2006/8/11)

「オンラインカートステア」クローズドβ第2弾を実施
(2006/8/7)

「オンラインカート ステア」クローズドβテスター募集
ゲームポットが運営するWindows用オンラインカートゲーム「オンラインカート ステア」のクローズドβテスター募集が6月29日より開始された。ITmedia +D Games枠でも300名募集。(2006/6/29)

ゲームポットがオンラインゲームの開発サポータを募集
(2006/5/25)

アエリアとゲームポット、オンラインゲーム開発支援・版権管理で新会社
(2006/3/3)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。