ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  K

  • 関連の記事

「Knol」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Knol」に関する情報が集まったページです。

Google、終了予定サービス第三弾 「Knol」や「RE<C」
Googleは終了する「Google Connect」の利用者に対し、Google+ページの構築とGoogle+バッジの設置を奨励している。(2011/11/23)

Google、なりすまし対策で「Google+」に確認済みアカウント機能を追加
Google+にTwitterの「認証済みアカウント」と同様の偽アカウント防止対策機能が追加された。マーク・ザッカーバーグ氏などの著名人のアカウントに認証バッジが表示される。(2011/8/22)

なりすまし防止:
「Google+で有名人向けのアカウント認証システムを計画」の報道
Googleが、Twitterの「認証済みアカウント」のように、有名人へのなりすましを防ぐシステムをGoogle+に導入する計画だと報じられている。(2011/7/20)

Google、翻訳ツール「Translator Toolkit」リリース
Google Translator Toolkitでは、機械による翻訳と人による翻訳を活用することができる。(2009/6/11)

海外ダイジェスト(1月20日)
Googleのオンライン百科事典「knol」の掲載記事が10万件到達、MicrosoftがLive Searchで定期的なニュース配信を設定できる新サービスを発表、など。(2009/1/20)

海外ダイジェスト(10月9日)
ThinkPadがWiMAX対応に、Microsoftがマルチタッチ機能を試せる「Touchless」のSDKを公開、など。(2008/10/9)

Googleは検索広告以外で利益を出せるのか?
検索広告以外の事業におけるGoogleの財務の健全性について、事情通が疑問を投げ掛けている。(2008/8/26)

オルタナブログ通信:
あなたのブログは何歳? 「ブログ通信簿」に見るブログブームの現在
160組を超えるオルタナティブ・ブロガー(オルタナブロガー)によって、ITにまつわる時事ネタなどが日々発信されているITmediaのビジネス・ブログメディア「オルタナティブ・ブログ」。今週はその中から、ブログ通信簿、地上デジタル、ケータイ関連のエントリーなどを紹介しよう。(2008/8/8)

Weekly Memo:
メディアが変わる!? ―― Google版Wikipedia「Knol」の衝撃
今回は、米Googleが7月23日に一般公開したナレッジ共有サイト「Knol」に注目したい。Google版Wikipediaとも目されるこのサイト、さまざまな意味でインパクトがありそうだ。(2008/7/28)

Google版Wikipedia「Knol」が一般公開
KnolはWikipediaのように誰でも解説を書けるが、執筆者が編集責任を負い、コンテンツを管理する点が異なる。(2008/7/24)

News Weekly Access Top10(2007年12月16日−12月22日)
「初音ミク作品」騒動から考える、「次の著作権のかたち」
「ダウンロード違法化」に「初音ミク作品」騒動。先週は著作権とネットの関係がクローズアップされた1週間だった。(2007/12/25)

Google版Wikipedia? 知識共有ツール「knol」をテスト
Googleがテスト中のknolでは、誰でも特定のトピックについて解説ページを作ることができる。執筆者は広告を載せて収入を得ることもできる。(2007/12/14)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。