ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「コドモバイル 740N」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

新ブランド「PRIVIO」始動、A4ヨコ送りで奥行き290ミリを実現:
ブラザー、インクジェットプリンタ12年秋冬モデルを発表
ブラザーが薄型インクジェットプリンタ10機種17モデルを9月上旬より順次発売する。新ブランド「PRIVIO(プリビオ)」を立ち上げ、A4ヨコ送り給紙機構により、奥行きを290ミリに抑え、A3印刷にも対応する複合機を投入した。(2012/8/23)

ワイヤレスジャパン2010:
「N-08B」でLuiのデモ、QWERTYキー付きG'zOne端末の展示も――NECカシオブース
2010年6月1日にNEC携帯電話部門とカシオ日立モバイルコミュニケーションズが統合したNECカシオコミュニケーションズは、夏モデルやG'zOneシリーズの海外向けモデルなどを展示していた。(2010/7/16)

ソフトバンク、子ども向け「740N」とシンプル端末「741N」を4月30日に発売
ソフトバンクのコドモバイル「740N」とコンパクトなストレート端末「741N」が4月30日に発売される。(2010/4/26)

調査リポート:
子供に不要なケータイ機能、「おサイフケータイ」が「ネット接続」を上回る
MM総研が、子供の携帯電話所有に関する親の意識調査の結果を発表。持たせる理由は“緊急時の家族との連絡用途”がトップで、子供に持たせるのに不要な機能は「おサイフケータイ」が「ネット接続機能」を上回る結果となった。(2010/3/11)

Mobile Weekly Top10:
2010年春モデル、未発売の機種は?
春商戦真っ盛りの3月。春モデルが続々と発売されているが、未発売の“大物”も控えている。(2010/3/4)

調査リポート:
子供用防犯グッズに欲しい機能、トップは“親に居場所を知らせるGPS”
子どもの危険回避研究所と情報誌「あんふぁん」が、子供の防犯に関する意識調査の結果を発表。子どもの防犯用品に欲しい機能はトップが「親に居場所を知らせるGPS機能」、2位が「声で連絡をとることができる機能」となった。(2010/2/17)

パーソナライズに手応え、ネット連携のさらなる強化も――NECの携帯戦略
ユーザーの消費マインドが“こだわり”と“割り切り”とで2極化している中、NECは「パーソナライズ」型の商品に注力することで利用者の心をつかもうとしている。(2009/11/25)

写真で見る「コドモバイル 740N」「741N」
NEC製の「コドモバイル 740N」と「741N」は、同社のソフトバンクモバイル向けとして初の防水ケータイ。いずれもコンパクトなストレート形状で、通話とSMSのみに機能を絞ったベーシックモデルとなっている。(2009/11/16)

厚さ11ミリのシンプルな防水ストレート――「741N」
「741N」は、キッズ向けケータイの「740N」同様、ソフトバンク向けNEC端末として初めて防水に対応した端末。厚さ11ミリとスリムなストレートボディと、通話やメール(SMS)のみのシンプルな機能が特徴だ。(2009/11/10)

“メールと通話のみ”の防水コドモバイル――「740N」
ソフトバンク向けのNEC端末として初めて防水に対応した「740N」は、通信機能を通話とSMSに絞ったキッズ向け端末。Webブラウザを搭載せず、発信先を制限することで、ユーザーが有害サイトや迷惑メールの被害に遭わないよう配慮した。(2009/11/10)

Wi-Fi対応端末を8機種展開――ソフトバンクモバイルの2009年冬・2010年春モデル22機種
ソフトバンクモバイルが2009年冬モデル11機種、2010年春モデル11機種の計22機種75色を発表した。スマートフォン3機種を含む、Wi-Fi対応モデル8機種をラインアップし、無線LANを利用したケータイ活用を提案する。(2009/11/10)

製品解剖:
「宇宙雷」を観測する小型衛星、果たして民生品は役に立ったのか
宇宙がより身近なものになりつつある。これまでは、ごく限られた企業や研究機関のみが手掛けてきた人工衛星開発のすそ野が、最近になって広がってきた。回紹介する「スプライト観測衛星(SPRITE-SAT)」は、この相乗り衛星の1つだ。(2009/7/24)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。