ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  K

  • 関連の記事

「KVS」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Snowflakeで何ができる? 基礎情報解説(3):
Snowflakeのアーキテクチャはどうなっているか 圧倒的なスケーラビリティを実現するクラウドネイティブ設計思想
過去2回の記事でSnowflakeとは何か、何ができるかを見てきました。今回はSnowflakeの特長を裏付ける実装とクラウドネイティブな設計思想を見ていきます。(2021/11/25)

ずっと無料で使えるクラウドの「Free Tier」主要サービスまとめ 2021年版
AWSやMicrosoft Azureなど各クラウドサービスで提供されている、期間の制限なくずっと無料で使える、いわゆる「Free Tier」や「Always Free」と呼ばれる無料枠のサービスをまとめた。(2021/6/21)

AWS、DynamoDBをSQLで操作可能に SQL互換のクエリ言語「PartiQL」対応を発表
AWSがDynamoDBをSQLで操作可能に。SQL互換のクエリ言語「PartiQL」に対応した。米国や東京リージョンなどで利用できる。(2020/11/30)

基幹系と情報系という分け方はもう古い:
PR:基幹系と情報系システムの一体化で“即アクション”のデータ経営を実現するには
収集したデータを“そのとき”分析してこそ価値のあるインサイトが得られる。顧客体験を向上させて収益増につなげるには、今まで以上にスピードが必要だ。スピーディーなビジネスを実現するデータ基盤の作り方とは。(2020/7/22)

仮想マシン時代とクラウドネイティブ時代の違い:
青山氏が語った、「クラウドネイティブ」がやがて「Kubernetesネイティブ」へ進む理由
青山真也氏は2020年5月20日、Forkwell主催のオンラインミートアップで、仮想マシン時代の開発とKubernetesによるクラウドネイティブな開発のこれからについて話した。この講演を要約してお届けする。(2020/5/28)

ずっと無料で使えるクラウド「Free Tier」主要サービスまとめ(主にIaaS・PaaS) 2020年版
クラウドサービスの多くには、期限なく無料で使える「Free Tier」というサービスが存在します。これらは開発環境やテスト環境としてクラウドを試すには非常に有効です。本記事では、主要なベンダーが提供しているFree Tierを紹介します。(2020/5/13)

IBMがRed Hat OpenShift 4.3 on IBM Cloudを提供開始、セキュリティと生産性を強化
IBMは、Red Hat OpenShift on IBM Cloudを拡張し、Red Hat OpenShift 4.3を提供する。セキュリティ機能や生産性機能を強化し、更新やスケーリング、セキュリティの確保、プロビジョニングといったメンテナンス作業の時間を最小限に抑えられる。(2020/5/8)

ゼットラボ、NRIに聞く:
PR:Kubernetesでステートフルアプリをどう動かすか
クラウドネイティブアプリケーションの運用基盤としてデファクトとなったKubernetes。稼働させるワークロードも多様化し、金融業などをはじめ、収益を担う一般顧客向けアプリケーションをKubernetes上で動かすケースも増えている。これに伴い、注目を集めているのがミッションクリティカルなビジネスを支える「データを保持することが求められるステートフルアプリケーション」のKubernetes上での運用だ。これを効率的かつ安全に動かすポイントとは何か? Kubernetesに詳しいゼットラボ、NRI、ネットアップに所属する三者に話を聞いた。(2020/4/23)

クラウドネイティブ環境にも危険あり:
コンテナを標的にしたマルウェア、Aqua Security Softwareが攻撃手法を解説
Aqua Security Softwareは、コンテナ環境を標的にした「kinsing」マルウェア攻撃の脅威について、レポートを発表した。Docker APIポートの設定ミスにつけ込み、多数のコンテナに感染しながら、仮想通貨の発掘を試みる攻撃だ。クラウドネイティブ環境では何に気を付ければよいのかもまとめている。(2020/4/15)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
苦戦している日高屋への“刺客”!? 増殖を続ける「中華食堂 一番館」の実力に迫る
新興中華チェーン「中華食堂 一番館」が店舗数を増やしている。商圏が最近苦戦している日高屋と重なる場所もある。デフレ時代に対応するビジネスモデルとは?(2019/10/16)

運用を自動で行うツールを内製:
1000台規模のKubernetesクラスタを社内構築 サイボウズが明かすインフラ刷新
サイボウズでは2018年にインフラ刷新プロジェクトを立ち上げ、1000台規模の社内インフラを刷新する取り組みを行っている。もともとどのような状況で、現在は何に取り組んでいるのか。(2019/9/10)

製造ITニュース:
1秒間に900万件超のデータを処理できる組み込みデータベース
ソルティスターは、エッジでのリアルタイム分析ができる組み込みデータベース「SpeeDBee」を発売した。統計、FFT、機械学習機能などを搭載する。(2019/8/15)

KubeCon + CloudNativeCon 2018:
Red HatがetcdをCNCFに寄贈、インキュベーティングプロジェクトに
 Kubernetesの主要コンポーネントとも言えるキーバリューストアのOSSプロジェクト、etcdが2018年12月11日(米国時間)、Cloud Native Coputing Foundation(CNCF)にインキュベーティングプロジェクトとして加わった。Red Hatが同プロジェクトをCNCFに寄贈。今後はCNCFの下で、開発が進められることに(2018/12/12)

1秒間に100京回の演算性能を支える:
HPCではストレージが重要、高性能で柔軟性の高い技術を米大学が開発
高性能で柔軟性の高いHPC向けストレージプラットフォームが実現しそうだ。米バージニア工科大学の研究チームは、このようなプラットフォームを実現するためのフレームワーク「BespoKV」を開発した。(2018/11/29)

リアクティブプログラミング超入門(4):
Java、Scala用マイクロサービスフレームワーク「Lagom」でシンプルなAPI実装
本連載では、リアクティブプログラミング(RP)の概要や、それに関連する技術、RPでアプリを作成するための手法について解説します。今回は、マイクロサービス向けフレームワーク「Lagom」について解説します。(2018/6/6)

Database Watch(2017年12月版):
「使ってもいいよ」、あの「Webの巨人」が公開した自作データベースたち
今月は、Google Cloud PlatformのCloud SpannerとFacebookのMyRocksに着目します。どちらも元は、大規模な自社業務のために開発され、本番運用されています。そして、使おうと思えば私たちも使えるように開放されています。スケールの大きな処理のために独自開発されたデータベースには、どのような工夫が盛り込まれているのでしょうか。(2017/12/4)

NoSQLベストプラクティス(4):
クラウド時代のセキュリティとNoSQL
本連載では、「NoSQLデータベースの今」を正しく理解し、ビジネス躍進の実現に向けて対策していくための「ベストプラクティス」を掲示していきます。今回は「クラウド利用におけるセキュリティとNoSQLデータベース」を説明します。(2017/10/31)

全ソースコードをコミュニティーに公開
NoSQLデータベース「Riak」をBet365が買収、エンタープライズ版もオープンソース化
BashoからRiakのソースコードや商標権を買収したのは、ソフトウェア企業ではなくブックメーカー企業のBet365だった。(2017/10/27)

NoSQLベストプラクティス(3):
NoSQLデータベースの長所と短所
本連載では、「NoSQLデータベースの今」を正しく理解し、ビジネス躍進の実現に向けて対策していくための「ベストプラクティス」を掲示していきます。今回は「NoSQLの特性と、種類別の長所と短所」を説明します。(2017/9/29)

オバマケア「Healthcare.gov」の危機的状況を救ったデータベース:
PR:既存のRDB、NoSQLと何が違うのか マルチモデルデータベース「MarkLogic」の強みとその効果に迫る
RDBには限界があるとして「NoSQL」が多数登場し、それによってRDBの特定の課題を解決できるようになった。しかし、その多くがエンタープライズ向けではなかった──。「MarkLogic」は企業が求めるエンタープライズクラスの要件を満たしつつ、RDBが苦手としているデータの多様性もカバーした「NoSQLデータベース」だという。鍵は「ユニバーサルインデックス」と呼ばれる、リッチなインデックスとデータの保有の仕方だ。特にデータ統合の用途に強みを発揮するという、MarkLogicの「強み」と「その効果」をキーパーソンに聞いた。(2017/9/1)

Database Watch(2017年6月版):
あれれ、SQL回帰? 複数のデータモデルに対応していく「NoSQLデータベース」の今
単に「NoSQL」といっても、キーバリュー型やグラフ型などデータモデルは多種多様です。さらに最近では複数のデータモデルに対応した「マルチモデル」のNoSQLデータベースが登場してきました。今回はこのトレンドに沿って登場した2つのNoSQLデータベースを比較します。(2017/7/12)

機械学習活用プロジェクト大解剖(2):
「Deep Learningをサービスに導入したい!」人に周囲が泣かされないために
サイト内検索のランキングアルゴリズムに機械学習を活用した事例を通じて、Deep Learningをはじめとした機械学習の強みと限界を探る連載。今回は、機械学習を活用しやすくする開発・運用体制や、機械学習を実際に活用する人が意識することについて解説します。(2017/3/30)

NoSQL活用事例
MongoDB導入で航空券発行サービスから総合旅行支援サイトへ進化
複数の航空会社のオンライン航空券発行サービスを提供していたAmadeusは、NoSQLの「MongoDB」を導入したことにより柔軟な検索が可能になり、複雑な条件検索が可能な総合旅行支援サイトに生まれ変わった。(2017/2/28)

Sensuで始めるクラウド時代のシステム監視
今、話題の監視ツール「Sensu」とは?――基本的な構成、監視の仕組みを理解する
新たなクラウド監視ツールとして注目され始めている「Sensu」の活用方法を解説。Sensuの基本的な構成や監視の仕組み、利用するメリットなどを紹介する。(2017/2/24)

PR:4億ユニークブラウザの行動データを分析する「次世代マーケティング基盤」を安定稼働させるには――マイクロアドが「Lenovo x86サーバ」を選んだ理由
のべ4億ユニークブラウザにものぼる膨大な行動データを分析し、年齢や性別、地域ごとの行動の違いや広告への反応、商品への興味関心の有無を導き出す――。次世代マーケティング基盤「UNIVERSE」を提供するマイクロアドは、安定した高信頼のサービスを実現するために、どのようなシステムを選んだのだろうか。(2017/2/7)

きょうから試せる Hadoop“スモールスタート”ガイド(1):
Hadoopとリレーショナルデータベースは「何」が違うのか
実際にHadoopで処理を実装しながら「決して難しい技術ではないこと」を理解し、「誰にだって扱えること」を体感していく連載。初回は「Hadoopとリレーショナルデータベースの違い」「Hadoopのメリット/デメリット」を解説します。(2017/1/16)

実践 OSSデータベース移行プロジェクト(1):
「Oracle Databaseをやめる」という選択肢
Oracle Databaseのライセンス体系が変更され、これまでSE1/SEを利用していたユーザーは「実質の値上げを受け入れる」か「Oracle Databaseをやめる」かの選択が迫られています。本連載では、商用DBMSからOSSデータベースへの移行を検討する企業に向け、「MySQL」への移行プロジェクトで必要となる具体的なノウハウをお届けします。初回は、本連載を展開する背景を説明します。(2016/11/24)

実際に検証済み!OSS徹底比較(7)Dockerコンテナ環境管理編:
OSSのDockerコンテナ環境管理ソフト 注目の5製品紹介 2016年版
Dockerコンテナ環境をGUIを利用して管理を行いたいニーズは大きく、各社よりDockerコンテナの起動制御やスケジューリングをGUIから行える管理ソフトが提供されている。今回は、GUIに対応したDocker環境の管理ツールの内の5つのOSSをピックアップ。特徴やメリット、デメリットなどを解説する。(2016/11/28)

Computer Weekly製品ガイド
MicrosoftとOracleのNoSQLデータベース
クラウドアプリケーションとビッグデータサービスは、NoSQLデータストアの新たな波をもたらした。MicrosoftとOracleはどんなサービスを提供しているのか。(2016/10/24)

古賀政純の「攻めのITのためのDocker塾」:
第30回 Docker Swarmを知る 複数の物理サーバでDocker環境をクラスタ化する方法
複数の物理サーバで稼働するDockerコンテナ同士が通信するには、どうすればよいのでしょうか。そのためには、Docker特有のコンポーネントを理解する必要があります。今回は、Docker環境のネットワーキングを実現するソフトウェアコンポーネントと具体的なコンテナ間の通信方法を紹介します。(2016/10/19)

実際に検証済み!OSS徹底比較(1)運用監視編:
OSS運用監視ソフト 注目の10製品徹底比較 2016年版
運用監視をはじめ、多くの企業が取り入れているOSS(オープンソースソフトウェア)。目的に応じて最適なものを選択し、うまく使いこなせば強力な武器となるが、それができなければかえって手間や混乱の原因にもなりかねない。本連載では注目のOSSをピックアップして実際に検証し、基本的な優位性、劣位性を明確化した。ぜひOSSを選ぶ際の参考にしてほしい。(2016/4/25)

Database Watch(2016年3月版):
Sparkは“誰”に例えられる?──多様化と進化を続ける「Hadoop」、人気急上昇「Spark」
先日、日本Hadoopユーザー会主催のイベントが開催されました。データベースと関係性が深いデータ分散処理プラットフォームである「Hadoop」と「Spark」の最近事情に迫ります。(2016/3/7)

とにかく速いWordPress(3):
CentOS 7の標準環境だけですぐできる、WordPress「5.4倍高速化」テクニック 前編
企業のCMSサイトやオウンドメディアなどエンタープライズ用途での利用が増えている「WordPress」の高速化について解説する連載。今回は、CentOS 7の標準環境でWordPressを「5.4倍まで高速化」するテクニックを解説します。(2016/2/25)

Database Watch(2015年12月版):
「ドクターSQL」に聞く、次期標準「SQL2016」で注目すべき三つの新機能
RDBでデータを操作する言語が「SQL」です。その仕様は国際標準となっており、RDBの普及を強く支えています。今でも進化を続け、次期版の標準となる予定の「SQL2016」はどうなるのか。“ドクターSQL”こと日本データベース学会副会長の土田正士氏に話を聞きました。(2015/12/18)

いまさら聞けないDeep Learning超入門(2):
Caffeで画像解析を始めるための基礎知識とインストール、基本的な使い方
最近注目を浴びることが多くなった「Deep Learning」と、それを用いた画像に関する施策周りの実装・事例について、リクルートグループにおける実際の開発経験を基に解説していく連載。今回は、画像解析における物体認識、Convolutional Neural Netの概要に加え、Caffeの環境構築の仕方や基本的な使い方を解説する。(2015/11/9)

Docker運用管理製品/サービス大全(4):
Kubernetes管理サービスGoogle Container Engine、Google Container Registryの概要と使い方、Fluentdによるログ監視
数多く台頭しているDockerの運用管理に関する製品/サービスの特長、使い方を徹底解説する特集。今回は、Google Cloud Platformで動くKubernetesの管理サービスであるGKEや、グーグル独自のDockerリポジトリであるGoogle Container Registryの概要や主な機能、環境構築方法、使い方について。(2015/10/30)

Docker運用管理製品/サービス大全(3):
Docker管理ツール、Kubernetes、etcd、flannel、cAdvisorの概要とインストール、基本的な使い方
数多く台頭しているDockerの運用管理に関する製品/サービスの特長、使い方を徹底解説する特集。今回は、グーグルが主導で開発しているOSSであるKubernetes、flannel、cAdvisorの概要や主な機能、環境構築方法、使い方について。(2015/10/23)

マルチクラウドを検討するユーザーは必見
AWSとAzureの「クラウドデータベース」6種を比較、見えてきた最善の選択肢は?
AWSでは多様なデータベースサービスが提供されるが、Microsoft Azureには知識の豊富なマルチクラウドユーザーにとって検討に値する選択肢が幾つかある。(2015/9/9)

Database Watch(2015年7月版):
グラフデータベースはどんな用途に向いている?
関係性を表現するのが得意なNoSQL「グラフデータベース」。通常のリレーショナルデータベースでは複雑になるデータモデルを扱える理由と適用領域などを「Neo4j」を題材に紹介します。(2015/7/29)

MEANスタックで始めるWebアプリ開発入門(4):
Node.jsのMVCフレームワーク「Express」における静的ファイル、ルーティング定義、セッション管理、エラー処理
MEANスタックを用いたWebアプリの開発方法について紹介していく連載。今回は、Expressを使ったWebアプリ開発に必要な4つの機能として、HTMLやCSS、JavaScriptなどの静的ファイルの使い方、HTTPメソッドや正規表現を使ったルーティング定義、MemoryStoreやRedisを使ったセッション管理、エラーハンドリングを紹介する。(2015/5/11)

企業のアプリケーションコンテナー利用障壁を解消できるか?:
KubernetesとCoreOSを組み合わせた商用プラットフォーム「Tectonic」
グーグルの各種サービスを支えるOSSベースのデータセンターインフラ技術を一般に提供するとして、CoreOSがエンタープライズレベルで利用できるコンテナー管理機能を持つ「Tectonic」を発表した。(2015/4/8)

Database Watch(2014年12月版):
Netflixが採用するCassandra/マルチテナントのコンテナ型DBとしてのSAP HANA
ハードコアな負荷テストツールを公開したことでも知られる「Netflix」が採用するデータベースとは? インメモリDB「SAP HANA」のマルチテナント対応についても紹介。(2015/1/6)

Ceph/RADOS入門(4):
Cephがスケールできる理由、単一障害点を排除する仕組み、負荷を減らす実装
Ceph/RADOS が採用しているCRUSH、Paxosといった、分散したデータから正しく応答するための仕組みを支えるアルゴリズムの概要を学びながら、挙動を見ていきます。(2014/12/19)

大規模プッシュ通知基盤大解剖(1):
プッシュ通知の基礎知識&秒間1万を超えるプッシュ通知基盤のアーキテクチャと仕組みとは
大規模プッシュ通知基盤について、「Pusna-RS」の実装事例を基にアーキテクチャや運用を解説する連載。初回は、プッシュ通知の概要に加え、AWSやNode.js、DynamoDB、Elasticsearch、Amazon SNS/SQS、Rendrなどで構成される全体的なアーキテクチャや仕組みについて紹介します。(2014/12/18)

Database Watch(2014年11月版):
AWSが発表したクラウドネイティブなMySQL互換DB「Amazon Aurora」
Amazon RDSに新たに加わったAurora。MySQL互換をうたうハイパフォーマンスのデータベースサービスを取材した。(2014/11/28)

Ceph/RADOS入門(2):
Ceph/RADOSの実装から動作の仕組みを理解する
OpenStack環境下の分散ストレージとして注目を集めるCeph/RADOS。今回は各コンポーネントを深掘りして挙動を理解していく。分散の仕組みや特徴を理解することで、より良いシステム構成検討を目指そう。(2014/11/10)

Dreamforce 2014:
米セールスフォース、セルフサービスBIクラウドサービスを発表
米セールスフォース・ドットコムは10 月13日(米国時間)、サンフランシスコで開幕した同社の年次イベント「Dreamforce 2014」で、BIサービスの「Salesforce Analytics Cloud」を10月20日に提供開始すると発表した。これは。TableauやQlikViewのように、ITや統計分析に詳しくない人が簡単にデータ分析を行えるようにするサービスだ。(2014/10/14)

KVS実装をオブジェクトストレージにも適用:
KVSとしてのRiak、オブジェクトストレージとしてのRiak
ここ数年、分散KVS技術を持つITベンダーによるオブジェクトストレージ製品投入が進んでいる。本稿ではその中の一つであるRiakを取材、KVS、オブジェクトストレージ双方の動向を聞いた。(2014/10/7)

特集:運用自動化ツールで実現する、クラウド時代の運用スタイル(2):
徹底比較! 運用監視を自動化するオープンソースソフトウェア10製品の特徴、メリット・デメリットをひとまとめ
運用自動化のポイントを深掘りする本特集。今回は「個々の作業項目の自動化」に焦点を当て、「Zabbix」「JobScheduler」「Sensu」など、運用・監視系の主要OSS、10種類の特徴、使い方などを徹底解説する。(2014/9/25)

PostgreSQLガイダンス(1):
PostgreSQL 9.4 GINインデックスの評価、JSONBデータ型の使い方
PostgreSQL 9.4で注目が集まるGINインデックスの性能を検証、バイナリJSONデータ型の使い方も紹介する。(2014/9/4)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。