ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「牧野由依」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「牧野由依」に関する情報が集まったページです。

「自分らしく邁進していきます」 声優の赤崎千夏が結婚を発表 竹達彩奈、田村睦心ら声優仲間が祝福メッセージ
ちーちゃんおめでとう!(2018/8/10)

セクシー声優・たかはし智秋、40歳の節目にファビュラス道を突き進む
新たなファビュラスの使い手。(2017/5/8)

新録版「ホイッスル!」が12月17日から配信スタート! 江口拓也、釘宮理恵ら37人の新規キャストも大発表
2017年からの配信を予定していましたが、少し早まったようです。(2016/12/5)

アニメ「ハンドレッド」は2016年4月放送開始 シャーロット役は松来未祐さんから堀江由衣さんへ
ハーレム系フレグランスの香り。(2015/12/15)

アニメ「うしおととら」主要キャスト発表 新規ビジュアル公開
追加キャストははたしてどの役に?(2015/3/30)

タップ or クリック!!:
VICTOR STUDIO HD-Musicの最新ハイレゾ・ランキングはこれだ!!
音楽配信サイト「VICTOR STUDIO HD-Music」の最新ランキングを調べてみた。第1位は、みずみずしい声質を持つ女性シンガーのアルバムがランクイン。(2014/12/19)

タップ or クリック!!:
VICTOR STUDIO HD-Musicの最新ハイレゾ・ランキングはこれだ!!
音楽配信サイト「VICTOR STUDIO HD-Music」の最新ランキングを調べてみた。第1位は、女性アーティストのファーストアルバムが獲得した。(2014/12/12)

タップ or クリック!!:
e-onkyo musicの最新ハイレゾ・ランキングはこれだ!!
音楽配信サイト「e-onkyo music」の最新ハイレゾ・ランキングを調べてみた。トップは、ブルーノート東京でのライブアルバムだった。(2014/12/12)

「萌えろ!日本」とNHK アキバで無料イベント、「萌え絵師大喜利」も
NHKが秋葉原で無料イベント。「MAG・ネット」や「エレうた!」の公開収録などを行う。(2011/6/24)

スバル×ガイナックスの異色コラボ、できたアニメはクルマなし!
富士重工業とガイナックスは、コラボレーション作品「放課後のプレアデス」をYouTubeで2月1日午前1時ごろから公開する。1話当たり4〜5分程度、4話構成(全23分)のオリジナルアニメだ。公開終了は未定。(2011/2/1)

原宿からフランス、そして世界へアニソンを発信!! 「Anime Songs Night in Harajuku〜 Jump to the world 〜」リポート
Kalafina、米倉千尋、ELISA、喜多修平、Daisy×Daisy、TOKYO BRASS STYLEらが出演したアニソンシンガーを集めたライブイベントの様子をお伝えする。(2010/9/15)

アニメソングの祭典再び! 6/7「MUSIC JAPAN 新世紀アニソンSP3」収録直前出演者コメント! in NHKホール
8月に放送予定の「MUSIC JAPAN 新世紀アニソンSP」の収録現場へお邪魔して、その意気込みを聞いてみました。(2010/6/22)

下川みくに、スフィア、ELISA、飛蘭らも登場! Tokyo Asia Music Market アニソンショーケースライブ
Tokyo Asia Music Market恒例のアニソンショーケースライブが今年も開催された。今年はスフィア、ELISAさん、飛蘭(フェイラン)さん、下川みくにさん、牧野由依さん、腐男塾、生沢祐一さん、Keno、Kimeruさんらが登場した。(2009/12/7)

Wii「アークライズ ファンタジア」発売日が決定
(2009/3/6)

ファンイベント「アルケ祭2006」開催
アルケミストのファンイベント「アルケ祭2006〜はるのあしおとが聞こえてきたよ!スペシャル〜」が都内の会場で開催された。「ARIA」のゲーム化発表や「びんちょうタン」、「パルフェ」、「ひぐらしのなく頃に」といったゲームについての概要が紹介された。(2006/4/24)

8時間を超える濃密なファン感謝イベント「アルケ祭2006」開催
(2006/3/2)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。