ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「数学」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「数学」に関する情報が集まったページです。

AI・機械学習の数学入門:
[AI・機械学習の数学]番外編2 指数と対数(指数編)
連載の通常の流れとは別の番外編。AIや機械学習でよく使う「指数」を解説。指数関数の性質や指数関数の微分法についても簡単に紹介する。(2021/5/13)

東大、量子コンピューティングを「手を動かして」ゼロから学べる教材公開
「量子コンピューティング・ワークブック」を東大が無料公開。大学1年程度の数学とPythonプログラミングの知識があれば理解できるという。(2021/5/6)

「14÷2」はサンライズエクスプレス!? 鉄オタ歴5年、算数を知らないはずの子どもの「割り算」計算法がすごい プラレールを使った計算法も
考えるだけでなく説明もばっちりです。(2021/5/1)

「AI」エンジニアになるための「基礎数学」再入門(12):
統計学や機械学習でもよく使われる相関係数が分かるベクトル計算の基礎知識
AIに欠かせない数学を、プログラミング言語Pythonを使って高校生の学習範囲から学び直す連載。今回は「ベクトル」の計算と、その応用、相関係数について、図版とPythonコードを交えて解説します。(2021/4/21)

AI学習を進める前の準備運動として活用:
Study-AIが「中学生から分かるAI数学講座」を無料配信
Study-AIは「中学生から分かるAI数学講座」の無料配信を開始した。本講座を受講することで、AIの資格試験「E資格」に出てくる数式を読めるようになるという。活性化関数や確率分布などについても学べる。(2021/3/24)

AI・機械学習の独学リソース:
機械学習/ディープラーニングの「数学」が学べるオススメ本
機械学習やディープラーニングに必要な数学項目をピックアップし、そういった項目を教科書的〜実践的にカバーしているオススメの「数学」本を紹介する。また中学〜大学までの数学全体を学び直したい人向けの本も紹介。(2021/3/18)

「AI」エンジニアになるための「基礎数学」再入門(11):
画像/動画データのディープラーニングの本質が視覚的に分かる「スカラ」「ベクトル」「行列」「テンソル」の基礎知識
AIに欠かせない数学を、プログラミング言語Pythonを使って高校生の学習範囲から学び直す連載。今回は「スカラ」「ベクトル」「行列」「テンソル」について、数式を使わずに図版とPythonコードで解説します。(2021/2/19)

AI・機械学習の数学入門:
[AI・機械学習の数学]正規分布とベータ分布、確率分布とベイズ統計の関係を理解する
統計学や機械学習で使われるさまざまな確率分布のうち、連続分布の例として正規分布とベータ分布について見ていく。また、最近主流になりつつあるベイズ統計の関係についても簡単に紹介する。(2021/2/18)

AI・機械学習の数学入門:
[AI・機械学習の数学]確率分布の基本、ベルヌーイ分布、二項分布を理解する
分類や推定・予測など、機械学習のさまざまな手法の基礎をなす「確率と統計」における「確率分布」とはどのようなものか。離散分布や連続分布といった種類に分けられるが、その一つである離散分布の例としてベルヌーイ分布と二項分布について見ていく。(2021/2/17)

AI・機械学習の数学入門:
[AI・機械学習の数学]機械学習でよく使われる「ベイズの定理」を理解する
確率と統計の基本を踏まえた上で、スパムフィルターをはじめとして幅広く利用されているベイズの定理の考え方や応用について見ていく。(2021/1/7)

数学テストの難敵「動く点P」が具現化 線分ABの呪縛を逃れ自由に走る姿が愛おしい
試験であんなに苦しめられたアイツが、なぜかかわいい。(2021/1/5)

「AI」エンジニアになるための「基礎数学」再入門(10):
あの「モンティ・ホール問題」で当選率33%が66%になる理由が分かり、生き上手になれる「ベイズの定理」の基礎知識
AIに欠かせない数学を、プログラミング言語Pythonを使って高校生の学習範囲から学び直す連載。今回は「ベイズの定理」について分かりやすい図を交えて解説します。(2020/12/25)

AI・機械学習の数学入門:
[AI・機械学習の数学]確率の基本から条件付き確率までをおさらいしよう
分類や推定、予測など、機械学習のさまざまな手法の基礎をなす確率/統計の基本として、確率の表し方、和事象/積事象/排反事象、独立と従属、条件付き確率をおさらいする。(2020/12/24)

AI・機械学習の数学入門:
[AI・機械学習の数学]行列の基本と、回帰/ニューラルネットワークでの表現
多くの変数や係数をひとまとめにして取り扱うために、機械学習では行列がよく利用される。前回のベクトルを踏まえて、今回は行列の基本的な計算方法を確認する。さらに、回帰式やニューラルネットワークを行列でどう表現するかを見ていく。(2020/11/19)

組み込みエンジニアの現場力養成ドリル(32):
ソフトウェア工学的には羽生善治の「5二銀」は最善手ではない!? 東工大入試問題をプログラムで解く
今回は、東工大の2012年度入試問題(数学)を取り上げます。これをプログラミングで解いていただきますが、今回のテーマは単に「難解な入試問題をC言語で解く」という「10分間ミステリーのような意外性を楽しむ頭脳ゲーム」ではありません。その一歩先の「誰にでも簡単に理解できるアルゴリズムとはどういうものか」という「ソフトウェア開発の永遠の課題」を考えることにあります。(2020/11/4)

AI・機械学習の数学入門:
[AI・機械学習の数学]ベクトルの基本と類似度の計算
機械学習では、普通、多くの変数や係数を同時に取り扱う。そのような場合にそれぞれの変数や係数を別々に取り扱うと数式が煩雑になってしまう。ベクトルや行列を利用すれば、複数の値をひとまとめにして取り扱えるので、数式が極めて簡潔になる。今回はベクトルについて、基本的な計算方法を紹介する。(2020/10/12)

AI・機械学習の数学入門:
[AI・機械学習の数学]合成関数の微分(連鎖律)とニューラルネットワーク初歩の初歩
微分法は回帰分析だけでなく、機械学習のさまざまなタスクで使われる。特に、合成関数の微分(連鎖律)はニューラルネットワークの学習において必須となる。今回はそのための第一歩として、合成関数がどのようなものであるかを見た後、合成関数の微分法の公式とその計算方法を紹介する。(2020/9/3)

「AI」エンジニアになるための「基礎数学」再入門(9):
宝くじなどギャンブルをやめた方がよい統計学的な理由――「確率」と「確率分布」の基礎知識
AIに欠かせない数学を、プログラミング言語Pythonを使って高校生の学習範囲から学び直す連載。今回は数学、AIがデータとの最適な対応関係を見つけるのに重要となる「確率」と「確率分布」についてPythonコードと図を交えて解説します。(2020/8/25)

AI・機械学習の数学入門:
[AI・機械学習の数学]番外編1 「0」の取り扱い
連載の通常の流れとは別の番外編。「0」の取り扱いについて3つのポイントを解説。0で割ること、0乗、0の階乗について説明する。(2020/8/3)

AI・機械学習の数学入門:
[AI・機械学習の数学]偏微分を応用して、重回帰分析の基本を理解する
これまでに見てきた、説明変数が1つだけの回帰分析と偏微分の基本知識を踏まえて、複数の説明変数がある重回帰分析を行うための基本的な方法を理解しよう。(2020/7/28)

「4−3=5+2」のぼうを1本動かして正しい等式にせよ パズルデザイナーの小4息子が考案した間題が超難問
数学者も悩ませたというその問題とは……!(2020/7/23)

この図形の面積、三平方の定理を使わずに出せる? ヒラメキで解く“算数”がちょっと手ごわい
こういう問題をスッと解ける子どもでありたかった……。(2020/7/24)

AI・機械学習の数学入門:
[AI・機械学習の数学]偏微分の基本(意味と計算方法)を理解する
「偏微分」って何? いかにも難しそうな名前だが、微分を理解していれば意外に簡単。前回までの知識を踏まえて、今回は偏微分の意味と計算方法を理解しよう。(2020/7/14)

数学者はスラスラと暗算をこな……せない? イメージと違う“数学者あるある”漫画に衝撃を受ける声
「一体なにを計算しているのか」の答えがかっこいい。(2020/7/10)

「AI」エンジニアになるための「基礎数学」再入門(8):
昔は弾道計算、今はAIモデルのパラメーター算出に重要な「微分・積分」
AIに欠かせない数学を、プログラミング言語Pythonを使って高校生の学習範囲から学び直す連載。今回は数学、AIがデータとの最適な対応関係を見つけるのに重要となる「微分・積分」についてPythonコードと図を交えて解説します。(2020/6/9)

数学とは「数多の人間に地獄を見せる学問」―― 真実を知らない弟に「算数と数学の違い」を教える漫画がカオス
わかるよ地獄だよ……。(2020/6/6)

AI・機械学習の数学入門:
[AI・機械学習の数学]微分法を応用して、回帰分析の基本を理解する
微分の考え方と計算方法を理解したら、次は微分の公式を押さえて活用してみよう。幾つかの公式を紹介し、応用例として回帰分析を行うための最小二乗法について基本的な考え方を見ていく。(2020/6/4)

AI・機械学習の独学リソース:
機械学習・ディープラーニングの数学/技術の概要を理解できる厳選「無料動画」
今や無料の動画だけでも、AI・機械学習・ディープラーニングは手軽に楽しく学べる。「機械学習/ディープラーニングに必要な数学」「機械学習/ディープラーニングの概要」「ディープラーニングの技術理解」の観点で、初心者にお勧めの無料動画を紹介する。(2020/5/22)

AI・機械学習の数学入門:
[AI・機械学習の数学]微分法の基本を身につけて「変化」を見極めよう
式の値が最小になるときのxの値を求めたり、値がどのように変化していくかを見たりするためには微分が活用できる(回帰分析・重回帰分析につながる基礎知識)。今回は平均変化率から始め、微分の基本を一歩ずつゆっくりと追いかける。(2020/5/14)

【指数関数的な増え方】数学の基本から理解する“新型コロナで外出自粛などが求められる理由”
ニュースでよく耳にする「指数関数的な増え方」、ちゃんと分かっていますか?(2020/5/1)

@IT/Deep Insiderの歩き方:
Python&AI・機械学習を無償の記事で学ぼう! @IT連載まとめ
Pythonや機械学習(ディープラーニング)を学ぶための学習リソースとして、@IT/Deep Insider上にある連載(技術解説記事)を、「Python」「開発環境」「数学/統計/データサイエンス」「ディープラーニング/機械学習」という4つの分野で紹介する(全18連載)。(2020/4/24)

組み込みエンジニアの現場力養成ドリル(26):
全数検査の落とし穴 ―― 全人口にPCR検査をしても意味がない数学的な理由
新型コロナウイルスの感染拡大が続く中で、もっと広く、多くの人へのPCR検査実施を求める声があります。ただ、私は「日本の全人口に対しPCR検査をしても、感染状況の実態は全く把握できない」と数学的に思っています。その理由を見ていきましょう。(2020/4/27)

AI・機械学習の数学入門:
[AI・機械学習の数学]総和を表すΣは機械学習に必須の記号
「Σ」を理解して総和をマスターしよう。応用で、Σの公式を使って平均を求めてみる(最小二乗法につながる基礎知識)。さらに、平均を使って重心を求める計算も行う(クラスタリング「k-means法」につながる基礎知識)。(2020/4/16)

休校中でも関係ねえ! 小島よしお、小学生に算数を教える“海パン授業”が話題に「こんな先生がいたらなぁ」
海パン先生。(2020/4/14)

査読8年、京大教授の「ABC予想」証明理論 ついに論文誌掲載へ
京都大学数理解析研究所の望月新一教授が2012年に提唱した、数学の未解決問題「ABC予想」を証明する論文が、8年間の査読期間を経て同所が編集する論文誌「PRIMS」に掲載されると京都大学が発表した。(2020/4/3)

「AI導入」に関するアンケート
アンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名様に書籍『Pythonで学び直す高校数学』をプレゼント。(2020/4/1)

AI・機械学習の数学入門:
[AI・機械学習の数学]文字式を使いこなせば一気にレベルアップ
数字(1、2、3、……)の式の次は、文字(a、b、x、y、……)を使った式をおさらいしよう。これまでに学んだ知識と平方完成を使って、距離の二乗和の最小値を求める計算も行う。(2020/3/30)

「どうのつるぎと皮のたてを買ったら何ゴールド残る?」ドラゴンクエストの算数ドリルが子どものレベル上げにぴったり
小学生に戻りたいな……。(2020/3/16)

「AI」エンジニアになるための「基礎数学」再入門(7):
数学における「関数」とは――機械学習はデータ間にある関係性(関数形)を見つける
AIに欠かせない数学を、プログラミング言語Pythonを使って高校生の学習範囲から学び直す連載。今回は数学、統計学を学ぶ上で重要な「数学における関数」についてPythonコードと図を交えて解説します。(2020/3/12)

LINE、学習動画や問題集を無償提供 新型コロナの臨時休校受け 学研などと連携
LINEが、メッセージアプリ「LINE」で中高生向けに5教科(国語・数学・英語・理科・社会)の学習動画や問題集の無償提供を始めた。提供期間は「新型コロナウイルスによる影響が終息するまで」としている。(2020/3/3)

臨時休校の中高校生を対象としたLINE公式アカウント開設 5教科の学習動画などを無償提供
LINEみらい財団らは、新型コロナウイルスの影響で臨時休校と中高校生が対象のLINE公式アカウントを開設。国語、数学、社会、理科の学習動画を提供し、英語の学習教材が利用できる公式アカウントへのリンクを掲載する。(2020/3/2)

AI・機械学習の数学入門:
AI・機械学習のための数学超入門 ― 前提知識は四則演算だけ!
機械学習の数学は難しい!? そう思っている人はここから学んでみよう。本連載では、小学校で習う「四則演算(足し算/引き算/掛け算/割り算)」を使って、機械学習の数学をできるだけ分かりやすく簡単に説明していく。だからサブタイトルは「― 中学/高校数学のキホンから学べる」。今回は距離を求める中学数学をおさらいする。(2020/3/2)

算数が苦手な娘のため父親が計算問題でゾンビと戦う学習ゲームを開発→娘さん大喜び、正式リリースへ
「算数 オブ ザ デッド」と、Twitterでも大好評。(2020/2/13)

「AI」エンジニアになるための「基礎数学」再入門(6):
数学、統計学を学ぶ上で必須となる「集合・数列」の6つの数学記号をPythonコードと図で理解する
AIに欠かせない数学を、プログラミング言語Pythonを使って高校生の学習範囲から学び直す連載。今回は数学、統計学を学ぶ上で必須となる「集合・数列」の数学記号についてPythonコードと図を交えて解説します。(2020/2/3)

うんうんそれもまた数学愛だね 「ゼータ関数」が好き過ぎるから食べたり、触ったり、計算したりしてみたという話
ゼータ愛。(2019/12/27)

【数学のアレ、何に役立つ?】三角形の合同条件、「同じ形の三角形を見つけて、テストで5点くらいもらう」以外の使い方
「二組の辺の長さとその間の角が……」って覚えてます?(2019/12/27)

半径300メートルのIT:
「パスワードレス認証」が進行中 FIDOで変わる、セキュリティの常識
IDとパスワードの組み合わせによるセキュリティに、多くの人が限界を感じています。そこで現在、数学的な仕組みを利用してパスワードレス化を実現する、新しいセキュリティアライアンス「FIDO」が広がりつつあります。(2019/12/17)

「算数が苦手な小学生時代、自力で考えた“先生には理解できない解き方”の方が早くて使えた」というお話
速さの公式を覚えることも大事だけど「本質を考えたりすれば導き出せるかも」。(2019/12/23)

入試にスマホ持ち込みOK 東京女子学園中、データ読み解く力を試す
東京女子学園中学校が2020年の入学試験の算数で、スマートフォンの持ち込みを認める。受験者はスマホの検索機能や計算機能などを自由に使い、試験問題に回答する。(2019/12/3)

数式を読んでグラフを探す!? 数研出版の「数学かるた」「物理かるた」が娯楽の域を超えている
終わる気がしません。(2019/11/27)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。