ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「モバゲータウン for Smartphone」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「モバゲータウン for Smartphone」に関する情報が集まったページです。

ドコモとDeNAがソーシャルゲーム分野で業務提携
DeNAとNTTドコモが、国内外でのソーシャルゲーム関連分野で業務提携をすると発表した。Mobageでドコモ向けの先行配信を実施する一方、ドコモからはMobageへの誘導を強化するなどの取り組みを行う。(2011/4/25)

ARの世界を飛ぶチョウをつかまえるコミュニケーションアプリ「iButterfly Plus」
チョウが情報やクーポンを運ぶiPhoneアプリ「iButterfly」で実証実験を行っていた電通とバタフライが、新たにソーシャルゲーム「iButterfly Plus」を開発した。(2011/2/25)

GREE、auスマホ向けに「GREEマーケット」 DeNAもスマホ向けアプリ拡大
グリーとKDDIがAndroid端末向けソーシャルアプリを検索できる「GREEマーケット」を今夏スタートする。DeNAはスマートフォン向けモバゲーでサードパーティ製ゲームの配信を始めた。(2011/2/24)

モバゲータウン for Smartphoneに「戦国ロワイヤル」と「農園ホッコリーナ」登場
ディー・エヌ・エーが「モバゲータウン for Smartphone」で、Android端末向けに「戦国ロワイヤル」と「農園ホッコリーナ」の提供を開始した。(2011/2/17)

「モバゲー」スマートフォン版公開 Samsungと協力して海外展開も
iPhone/Android端末のブラウザから利用できる「モバゲータウン for Smartphone」が公開。Samsungの海外向けAndroid端末にモバゲー海外版を搭載するなど、海外攻略も進める。(2010/12/15)

DeNA南場社長が講演 モバゲー開発者向けイベント
ディー・エヌ・エー(DeNA)が開発者向けイベント「第3回モバゲーオープンプラットフォームForum〜スマートフォン対応とグローバル No.1プラットフォーム戦略〜」をライブ配信。南場智子社長がモバゲータウンの今後の戦略を語る。12月8日に公正取引委員会から立ち入り調査を受けたことについてコメントするか注目が集まる。守安功COOと、DeNAが買収した米ngmocoニール・ヤングCEOの講演も。配信は12月15日16時0分〜12月15日18時0分。(2010/12/15)

DeNAとサイバーエージェント、共同で日本・中国のソーシャルゲームデベロッパーを発掘
DeNAとサイバーエージェントグループが、日本と中国を中心としたアジアのソーシャルゲームデベロッパー発掘・支援を共同で進める。(2010/12/3)

目指すは売上高4000億円 DeNA南場社長が示す「世界一」戦略
スマートフォン向けゲームSNSで世界一を目指し、売上高4000億円企業に――DeNAの南場社長が、世界戦略と勝算を語った。(2010/11/1)

DeNA、米iPhoneゲームメーカーを最大4億ドルで買収 ゲームプラットフォーム強化
DeNAが、ゲームコミュニティープラットフォーム「plus+ Network」を運営する米ngmocoを買収。plus+ Networkをモバゲータウンに並ぶ収益の柱として育てていく。(2010/10/12)

CEDEC 2010:
「デバイス・OSフリーへ」 DeNA南場社長が語るスマホ時代のゲームプラットフォーム論
「あと1年はアドバンテージがある」――DeNAの南場智子社長は、ゲームのプラットフォームの未来を語り、開発者に「グローバルへの挑戦を一緒にしていきませんか?」と呼び掛けた。(2010/9/1)

DeNA、驚異の急成長、上期売上高500億円に 「グローバルナンバーワン」目指す
DeNAが驚異の急成長。ソーシャルゲーム人気で、上期の売上高は前期1年間を上回る500億円を予想している。年内には「モバゲー」のスマートフォン版をリリース。ソーシャルゲームのグローバルナンバーワン企業を目指す。(2010/7/30)

「モバゲー」のDeNA、iPhone向けサービスを本格展開
DeNAがiPhoneゲーム向けコミュニティープラットフォームを運営するAurora Feintに出資、世界市場でiPhone向けサービスを本格展開すると発表した。(2009/10/5)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。