ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ミドルが経営を変える」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ミドルが経営を変える」に関する情報が集まったページです。

ミドルが経営を変える:
【最終回】「紳竜の研究」から学べること
単なるお笑いと侮るなかれ。島田紳助氏の哲学や独自の方法論からビジネスマンが学ぶべきことは多いのだ。(2009/8/19)

ミドルが経営を変える:
【第24回】便所掃除だからこそ意味がある
経営者が率先して社内や会社周辺を掃除する企業は少なくない。中でも社員による便所掃除が経営に与える影響は大きいのだという。(2009/7/23)

ミドルが経営を変える:
【第23回】経営にとって「あいさつ」や「掃除」は小さなことか
最近の小中学生は学校でトイレ掃除をしないそうだ。かたや、社長自ら率先して社内外の掃除に励む会社もある。(2009/7/3)

ミドルが経営を変える:
【第22回】地下鉄の落書き消しがもたらす効果とは
見逃してもいい小さな綻びが、後に取り返しのつかない大惨事に発展することが多々ある。それを未然に防ぐためには何をすべきだろうか。ニューヨーク元市長に学ぶ。(2009/6/23)

ミドルが経営を変える:
【第21回】自信と夢を織り込んだ経営戦略を
経営戦略の策定に立ち会う機会の多いミドルは、社員がワクワクし、士気が上がるような戦略を練り上げるべきだという。(2009/5/26)

ミドルが経営を変える:
【第20回】ホンダの経営戦略を支えた藤沢武夫
創業者の本田宗一郎を支え、ホンダを世界的な大企業に育て上げた参謀、藤沢武夫。長らく絶版状態だった同氏の著書がこのたび復刻された。ここから独自の経営哲学を読み取ることができる。(2009/5/12)

ミドルが経営を変える:
【第19回】採用は人事部門だけの仕事か?
新卒社員の採用は人事部にとって重要な任務であることは間違いない。しかし同時に、企業にとっても将来を左右する大一番である。現場でエース級の社員が自らの仕事を熱く語り、学生の心を揺り動かすべきではないか。(2009/4/22)

ミドルが経営を変える:
【第18回】新入社員が非常識な質問をするのは当然だ
4月を迎え、今年も多くの新卒社員が企業に入ってきた。彼らが口にする無邪気な質問に頭を悩ませる上司も多いだろう。しかし、改めてじっくりと耳を傾けてみると、決して見当外れなことばかりを言っているわけでもないのだ。(2009/4/9)

ミドルが経営を変える:
【第17回】新入社員すべてをパンダ型だと思い込むな
毎年この時期に社会経済生産性本部が発表する「新入社員タイプ」。時世にあったネーミングは的を得ているが、うのみにしてすべての社員を型に当てはめようとしてはいけない。(2009/3/24)

ミドルが経営を変える:
【第16回】不遇の時代、あなたは仕事に打ち込めるのか?
未曾有の不況によって、大規模なリストラ計画、人員の配置転換を発表する企業は少なくない。こうした状況において、何をモチベーションに働くことができるのだろうか。(2009/3/17)

ミドルが経営を変える:
【第15回】決して人を切らなかった出光興産の創業者
「派遣切り」をはじめ企業のリストラの惨状を伝えるニュースがあふれている。戦後間もない日本でも多くの企業で人員整理が断行されたが、出光興産の創業者、出光佐三は従業員を「宝の山」と信じて疑わなかった。(2009/2/24)

ミドルが経営を変える:
【第14回】あなたは本田宗一郎の補佐役になれるのか?
若手社員や上司とのコミュニケーションに悩むビジネスマンは少なくない。たとえ相手が立派な経営者であっても、思い切り意見をぶつけ合うことがあなたにはできるだろうか。(2009/2/10)

ミドルが経営を変える:
【第13回】従業員主導の「三等重役」選び――安田生命および大成建設の事例
戦後すぐに経営者に抜擢された人たちは「三等重役」とやゆされた。しかし中には、一等級の働きを見せた者も存在した。前回に続き、混乱期における企業の取り組みを紹介する。(2009/1/23)

ミドルが経営を変える:
【新春特別寄稿】本当にこれから「世界の崩壊」が始まるのか?
世界を揺るがす経済危機によって、2009年はより厳しい1年になることが予想される。各方面からは先行き不安の声が絶えない。しかし、実はそれほど悲観するには至らないと考える。(2009/1/16)

ミドルが経営を変える:
【第12回】一等級の働きをした「三等重役」――住友生命の事例
戦後間もなくGHQによって断行された公職追放により、多くの日本企業は経営トップを失った。その穴埋め役になったのが「三等重役」と呼ばれた若き実業家たちだった。(2008/12/11)

ミドルが経営を変える:
【第11回】同族経営を侮るなかれ
日本では不祥事を起こした企業の中でも、特に同族企業がやり玉に挙げられる。最近では不二家、ミートホープ、船場吉兆などが記憶に新しい。果たして、同族経営は本当に“悪”といえるのだろうか。(2008/11/27)

ミドルが経営を変える:
【第10回】社内の“裸の王様”は誰か?
子会社が親会社の圧力から脱却し独立性を高める方法として、株式市場への上場を果たし、株主や投資家、顧客など多くのステークホルダーを評価者として取り込むことが必要だという。(2008/11/13)

ミドルが経営を変える:
【第9回】「国際優良銘柄」の企業はやめにしよう
「経営に面白さを感じる会社はあるか?」という質問を投げ掛けたところ、大学生も経験豊富なビジネスマンも同じく国内の優良企業を挙げた。視野を広げるためには果たしてこれでいいのだろうか。(2008/10/27)

ミドルが経営を変える:
【第8回】商家の歴史から現代企業は何を学ぶか
経営学において、これまで「異端」とされてきた伝統的な日本企業の研究が注目を集めている。数百年と続く長寿企業を分析して現代の経営に生かそうとする動きも多いという。(2008/10/14)

ミドルが経営を変える:
【第7回】武家の歴史に見るミドルの力
これまで数回にわたり、日本企業においてミドルが経営者を退任に追い込んだ例を紹介した。実はこうした行動は今に始まったことではない。約300年前から既に日本のミドルは「公然」とトップに引導をわたしていたのである。(2008/9/29)

ミドルが経営を変える:
【第6回】トップの任免に関与するための実験
無能な経営トップに社員が引導をわたす。日本でも危機意識の強い企業ではこうした事例がいくつもみられた。昨今は、会社経営のあるべき姿を目指し社員らがトップを正当な手段で罷免できるような仕組みづくりも検討されているという。(2008/9/16)

ミドルが経営を変える:
【第5回】トップに引導をわたしてきた歴史
「名ばかり管理職」というフレーズが象徴するように、弱い立場にあるミドルは少なくない。しかし、時には経営者の暴挙に立ち向かい、会社を大きく変革させる行動に打って出る力強さを持っている。実際起きた事例を基に振り返る。(2008/9/1)

ミドルが経営を変える:
【第4回】ミドルがトップに「モノ申す」べき
ビジネス現場の最前線で働くミドルは、企業経営のための知識やノウハウを幅広く身に付けている。もしもトップが誠実さを欠けば、引導を渡すのはそのミドルたちだ。(2008/8/20)

ミドルが経営を変える:
【第3回】なぜ、新事業は成功させねばならないのか?
企業のさらなる飛躍のために、新規事業や新サービスの立ち上げを任されるミドルは少なくない。トップのコミットメントなくして成功などあり得ないはずだが、現実はそうもいかない。(2008/8/4)

ミドルが経営を変える:
【第2回】日本のミドルは「頑張るな」
部長や課長をはじめとするミドル層の約6割が働きがいを感じていない。これが日本社会の現状だ。一体何がそのような状況をつくり出してしまったのだろうか。(2008/7/23)

ミドルが経営を変える:
【第1回】モノ申す、経営トップに対して
ミドル層の衰退が叫ばれて久しい。「名ばかり管理職」など役職そのものを軽視するような言葉も登場している。果たして、ミドルの復権はあり得るのか? 新連載「ミドルが経営を変える」は、『部長の経営学』などの著書で知られる若手論客、吉村典久氏が企業経営におけるミドルのあり方に迫る。(2008/7/9)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。