ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「経営者」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

セーレン・川田会長の革命【後編】:
「本社にこもっている経営者はダメ」 セーレン・川田達男会長が徹底する「現場主義」
倒産寸前だったセーレンを再建し、日本を代表する総合繊維メーカーに育て上げた川田達男会長。川田氏の成功の要因となったのは、経営トップになってからも現場主義を貫き通したことにほかならない(2022/1/20)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
このままでは“一億総非正規”待遇に!? 郵政は「正社員の休みを減らし格差解消」
「非正規社員の賃金が上がる」と期待が寄せられた同一労働同一賃金。しかし日本郵政グループは、正社員と非正規社員の格差是正を求める訴訟の結果、「正社員の休みを減らし格差を解消する」という提案を出した。こうした事例から、日本企業にはびこる“経営者問題”の根深さが見えてくる。(2022/1/14)

「セキュリティに理解のない経営者」にならないために:
「セキュリティに理解のない経営者」にならないための考え方 専門家に聞く4つの心構え
情報漏えいだけでなく、業務停止などの経営リスクにもつながるサイバー攻撃。もはやセキュリティ対策は、IT部門だけでなく経営者自身も取り組むべき課題になっている。経営者はどんな姿勢で自社のセキュリティ対策と向き合うべきか、専門家に聞く。(2022/1/12)

スピン経済の歩き方:
会社のトップが大好きな「戦国武将に学べ」が、パワハラ文化をつくったと感じるワケ
NHKの大河ドラマ『鎌倉殿の13人』がスタートした。SNS上で「おもしろい」と話題になっているが、時代劇の中でも「戦国武将」に目がない人たちがいる。経営者だ。筆者の窪田氏は「武将に学べ系コンテンツ」と「パワハラ」に微妙な関係があると見ていて……。(2022/1/11)

企業首脳、賃上げ意欲も回復不安
経済同友会と経団連、日本商工会議所の経済3団体は5日、新年祝賀会を東京都内で行った。昨年は新型コロナウイルス禍で初めて中止され、2年ぶりの開催。経営者ら出席者の人数は感染対策のため、例年の約1800人から約240人に絞られた。(2022/1/6)

“概念を知っている経営者”のほとんどが重要性を認識:
イノベーションには「学習する組織」が必要 ユームテクノロジージャパンが意識調査の結果を発表
ユームテクノロジージャパンは、経営者の「学習する組織」に関する意識調査の結果を発表した。学習する組織の概念を知っている経営者は42.7%で、そのほとんどが「自社での必要性」を感じていることが分かった。(2022/1/6)

3年連続の……:
大学生が尊敬する起業家・経営者 3位イーロン・マスク氏、2位孫正義氏、1位は?
マイナビが運営する大学生向けメディア「マイナビ学生の窓口」が、「大学生が選ぶトレンドアワード2021」を発表した。(2021/12/28)

身代金を払った組織の80%が再び攻撃された
多発するランサムウェア攻撃、経営者が知るべき「数字」と「対策」
最新のランサムウェアは複数の手段で身代金を要求する「多重脅迫型」が主流となり、かつ一度身代金を支払った組織には再び攻撃を仕掛けているという。悪質なサイバー攻撃から組織を守るためには、どのような対策が有効なのだろうか。(2021/12/27)

「プロジェクト推進力」「データ分析力」よりもITスキルを重要視:
DX推進の阻害要因は“管理職のITリテラシー不足” リンクアカデミーが「企業のDX推進における課題」を調査
リンクアカデミーは、「企業のDX推進における課題」に関する調査の結果を発表した。経営者は「管理職のITリテラシー不足など『人的阻害要因』のせいで思うように進んでいない」と考えていることが分かった。(2021/12/20)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(93):
業績の悪い社員を解雇して何が悪いんですか?
昭和の経営者は、社員のことを一生面倒見るつもりで雇用してきたじゃないか。それなのに、たった数年評価が低いだけで解雇だなんて……!(2021/12/20)

「謝罪しないと芸能界から消す」 木下優樹菜、「タピオカ事件」での“嫌がらせ”を初告白 事務所への押しかけに「命の危険でしかなく」
タピオカ店経営者との仲直りは「難しいよね」。(2021/12/17)

プレゼンス、東京・銀座に会員制シェアオフィス 交流後押し
営業コンサルティングのプレゼンス(東京都中央区)は、地方の経営者や副業者を対象にした会員制シェアオフィスを東京・銀座に開設した。ビルの2フロアを利用し、個室とコワーキングスペース(共有作業場)を設置。仕事の紹介など会員同士が情報交換できる掲示板をクラウド上に設けるなど、対面・オンライン双方による交流を後押しする。(2021/12/13)

ランサムウェア攻撃の身代金支払いの是非【後編】
ランサムウェア対策“最大のハードル”は「経営者の意識問題」 Gartnerが指摘
ランサムウェア攻撃を受けた企業が被害を広げないためには何をすればよいのか。Gartnerのアナリストが指摘する、企業の根本的なセキュリティ問題とは。(2021/12/1)

2030年には187万人の労働力が不足:
月経による労働損失は4911億円 経営者が実践すべき「女性の離職を減らすための健康経営」とは?
人材確保のためには女性特有の疾患を理解した「健康経営」を進めることが重要だと語るのは川島労働衛生コンサルタント事務所代表、産業医の川島恵美氏だ。月経による労働損失は4911億円とも試算される中、経営者が女性の離職を減らすための要諦とは?(2021/11/30)

三井住友カード、法人向けビジネスオーナーズ 年会費無料で1.5%還元
三井住友カードは11月29日、中小企業経営者および個人事業主向けの新クレジットカード「ビジネスオーナーズ」の発行を開始した。国際ブランドはVisaのみ。(2021/11/29)

年収1000万以上が、マンションの賃貸・購入時に周辺に「あってほしい施設」 コンビニを抑えた1位は?
シンシアは、年収1000万以上で1年以内にマンション賃貸、もしくは5年以内にマンション購入を考えている東京・神奈川在住の経営者・役員に、「富裕層の物件周辺情報」に関する調査を行った。マンションの周辺情報としてチェックする項目3位は「病院」、2位は「コンビニ」という結果に。1位は?(2021/11/29)

「ニューノーマル×グローバル」に勝つ人事(3):
未来の経営層はどう育てる? グローバルで戦う日本企業に欠けがちな視点
未来の経営者を育てるためのタレントマネジメントについて、グローバル展開する日本企業に欠けがちな視点とは?(2021/11/26)

セキュリティトップ対談【後編】:
経営者が知るべきセキュリティ人材育成の今 ラック西本氏×電大の佐々木氏が語る
ランサムウェア攻撃が高度化する中、自社のセキュリティ体制を強化したいと考える企業も多いはずだが、そのためのセキュリティ人材をなかなか確保できないという現状がある。これを解消するためにはどうすればいいのか。ラック西本氏と東京電機大学の佐々木氏の対談からヒントを見つけていこう。(2021/12/2)

石橋を叩いて渡る:
自社の組織文化に愛着を持つ経営者は7割、一般社員は?
博報堂のコンサルティングチームは「会社と私の本音調査」を実施した。その結果、経営者、管理職、一般社員では自社の組織文化に対する意識差が大きいことが明らかに。(2021/11/21)

いい夫婦の日:
夫婦仲の良さが経営状況に影響? 男性経営者と妻の意識調査で見えた「相関関係」
エヌエヌ生命保険が、男性の中小企業経営者と妻それぞれ515人を対象に「いい夫婦の日(11月22日)」に関する意識調査を実施した。(2021/11/17)

専門家のイロメガネ:
元バイトAKBのラーメン店、産地偽装は返金で許されるのか?
先日、元バイトAKBの梅澤愛優香さんが経営するラーメン店「麺匠 八雲」で食材の産地偽装があったと報じられた。今回のトラブルは経営者の個人的な炎上のように捉えられているが、それらの要素を取り除けばコンプライアンスやガバナンスの問題にいきつく。(2021/11/17)

「炎上してもかまわない」元マクドナルド社長・原田泳幸氏、ユーチューバーデビューで独占告白 アップル、マック、ベネッセ時代の裏話や経営指南も
 アップルコンピュータ(現アップル)日本法人や日本マクドナルドホールディングスなどで経営トップを務めた原田泳幸(えいこう)氏 (72 )がユーチューバーデビューした。「プロ経営者」として実績を残した一方、批判も少なくなかった。私生活でのトラブルもあったが、何を発信していくのか。本人を直撃した。(2021/11/15)

連載「9割の会社が人事評価制度で失敗する理由」:
社員の仕事ぶりが見えなくて……人事評価制度の“流行り”に飛びついた企業が失敗した、真の理由
「テレワークが増え、社員の仕事ぶりが見えにくいので、HRテックを用いたジョブ型人事評価を取り入れたが、運用がうまくいかなかった」。筆者のもとに、企業経営者からこんな相談が寄せられました。失敗の真の理由は……?(2021/11/10)

「コスト沼」か「おいてけ堀」か:
経営者「コスト削減でクラウドを選んだ。最適化はしていない」が企業にもたらす致命的なリスク
効果的なクラウド戦略は1回限りの移行ではなく、方法論を変えることにある。データセンターをクラウドに移して安くしよう、と考えている経営者が知るべきクラウドの真実は。(2021/11/4)

「ニュクス薬局」のビジネスモデル【前編】:
歌舞伎町26時 唯一の「深夜薬局ビジネス」が成り立った理由
東京・新宿の歌舞伎町で深夜に営業している薬局がある。その名は「ニュクス薬局」。薬剤師でもあり、経営者でもある中沢宏昭氏が1人で切り盛りしている。今では歌舞伎町になくてはならない存在だ。歌舞伎町で深夜薬局というビジネスモデルが成り立っている理由を、中沢氏に聞いた。(2021/11/5)

チャンスのはずが……コロナ禍でデータ活用を推進“できない”日本の経営者たち
Tableauは、職場でのコミュニケーション意識に関する調査結果を発表した。日本のビジネスリーダーは他国よりも、職場でのコミュニケーションにおける新型コロナウイルス感染症の影響を否定的に捉えていることが分かった。(2021/11/1)

木下優樹菜、YouTubeチャンネル開設し活動再開を報告 涙にじませ「この仕事しかできない」「娘たちのためにも働きたい」
開設の前日にはタピオカ店経営者が木下さんからSNSで脅されたとして1000万円の損害賠償を求めた訴訟について40万円の支払いを命じる判決が言い渡されていました。(2021/10/28)

企業の3分の1がサイバーセキュリティインシデントを経験:
約半数の経営者が対策に「自信あり」 国内セキュリティ投資の実態は?
コロナ禍で働き方が多様化する中、企業のセキュリティ対策は変化を迫られている。セキュリティ投資の実態が調査から明らかになった。(2021/10/25)

労働力減少で岐路に:
日本企業の成長を支えるIT活用、2つのキーワードは――ガートナー
ガートナーの新たな調査から、世界で共通していビジネスに成長や技術関連の変化が求められる一方、日本企業の経営者は競争により厳しさを感じていることが分かった。ガートナーが挙げた、日本企業が激化する競争をIT活用で乗り切るためのキーワードを2つとは。(2021/10/21)

約半数の経営者・管理職が「入社時に新入社員に身に着けておいてほしい」と答えた3つのスキルとは?
「若手社員のスキルと課題」に関する調査を実施。経営者や管理職が新入社員に求めるスキルがある一方、新入社員側がプレッシャーを感じていることも分かった。(2021/10/14)

セキュリティトップ対談【前編】:
西本逸郎氏、佐々木 良一氏が語る 経営者はランサムウェアとどう付き合っていくべきか
ランサムウェアはいまや事業継続を脅かす深刻な経営リスクだ。「今後のデジタル社会において恐らく最大の危機になる」ランサムウェアに経営者はどう立ち向かっていけばいいのか。ラック社長の西本氏と東京電機大学名誉教授総合研究所客員教授の佐々木氏の対談から解決策を探る。(2021/12/1)

PayPay手数料有料でも37%が「継続利用したい」 MMDが店舗オーナーに調査
MMD研究所は、10月8日に「2021年中小個人店経営者からみるQRコード決済調査」の結果を発表。PayPay加盟店のうち手数料の有料化後も継続利用するのは37.0%で、解約後に導入を検討しているサービストップは「楽天ペイ」となった。(2021/10/8)

CIO Dive:
次の仕事用マシンはWindowsか、Macか、Chromebookか、エンジニア3万人の声と経営者の見解
従業員の仕事用マシンに何を支給するのが最適だろうか。初期費用や管理費などの所有コストは判断の大きな指針となるが、それが全てではない。初期投資コストだけでなく生産性や運用のコストパフォーマンスに関する情報も精査して考える必要がある。(2021/10/11)

サイバースパイが日本を破壊する【後編】:
“中国依存”は大いなるリスク 日本の経営者が経済安全保障を重視しなければならない理由
岸田文雄新内閣では新たに「経済安全保障」を担当する閣僚ポストが新設される。経済安全保障の重要性を指摘してきたのが経済ジャーナリストの井上久男氏だ。後編では日本の経営者に求められる経済安全保障への対応を聞く。(2021/10/5)

国内企業のDXの実態、8割がテレワーク促進 平均年間予算4.8億円の使い道は?
パーソルプロセス&テクノロジーの調査によると、国内企業のDX推進では、テレワークの促進に加え、バックオフィス、マーケティング、営業活動の領域における取り組みが多く、年間予算は全体で平均4億8891万円であることが分かった。主導するのは「経営者・役員」が最多だった。(2021/9/29)

スキャナーや画像編集ソフト利用し制作か 偽版画事件
有名画家の偽版画が大量に流通した事件で、著作権法違反容疑で逮捕された元画商と版画工房経営者が真作などを基に、パソコンのスキャナーや画像編集ソフトを使って偽版画を制作していたことが捜査関係者への取材で分かった。警視庁は詳しい偽版画制作の手口を調べている。(2021/9/29)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
SOMPOの挑戦 “管理職公募”時代に問われる「自由の両輪」
SOMPOホールディングスが22年4月から、60ある全ての課長職を公募制にすると発表し、話題になっている。変化の激しい時代の中で、「自分から手を挙げて挑戦すること」はとても大事だ。しかし同時に、経営者が目を向けるべきものがある。(2021/9/24)

不動産市場の「今」を知る――アットホームラボ調査レポート(4):
感染拡大から1年半――、コロナ禍がもたらした「不動産仲介市場」の変化を読み解く
日本がコロナ禍に見舞われてから、1年半あまりが経ちました。1回目の緊急事態宣言の際は、転居の延期や取りやめが相次いだことで、不動産仲介の業況も急激に悪化する事態となったものの、今では働き方や暮らし方が変容した形での住まい探しの動きも戻ってきています。そこで今回は、アットホームが2021年8月23日に公表した「地場の不動産仲介業における景況感調査」から、不動産店の経営者層に聞いた2021年4〜6月期の業況について解説していきます。(2021/9/24)

経営者・岡田武史【後編】:
岡田武史監督に聞くリーダー論 私利私欲でメンバーを外したことは一度もない
日本代表を2回もサッカーワールドカップに導いた希代の名監督・岡田武史。日本代表監督と会社の経営者という2つの立場を経た今気付いた、チーム作りと会社作りの共通点、マネジメントの極意とは――。日本代表監督時代を振り返りながら、“指導者・リーダーとしての岡田”に迫る。(2021/9/24)

経営者・岡田武史【前編】:
岡田武史監督が選んだ経営者という生き方 FC今治を通じて“チーム日本”を引っ張る
あの「岡ちゃん」は今、経営者になっている――。サッカーワールドカップ日本代表の監督を2度務めた岡田武史。なぜ、岡田武史は経営者になったのか。「これからは物質の豊かさではなく心の豊かさを追う時代」だという岡田。本人に話を聞いた。(2021/9/22)

スマートリテール:
リテールテック導入で経営者と従業員に温度差、小売業界のグローバル調査で判明
小売業界や流通業界を中心にデバイスやソリューションを展開するゼブラ・テクノロジーズは2021年9月7日、顧客の購買行動に影響を与え得る店舗やテクノロジーの動向に関するグローバル調査結果を発表した。Eコマースと実店舗の融合が進む中での新たな課題や、テクノロジーによる解決への可能性などが示されている。(2021/9/16)

CIO Dive:
経営者はITエンジニアの「あのクラウドは使いたくない」の声に耳を傾けるべきなのか
世界中のITエンジニアを対象とした調査の結果「使いたくないクラウドインフラ」に明らかな傾向が見えた。だが経営者のクラウドインフラ選定の判断指針はエンジニアの意向だけではないようだ。調査結果をリサーチャーとともに読み解く。(2021/9/15)

“いま”が分かるビジネス塾:
サントリー社長の「45歳定年発言」が炎上 会社員が“準備”しなければいけないこと
サントリーホールディングスの新浪剛史社長による、45歳定年制が必要という趣旨の発言が波紋を呼んでいる。経営者としての本音がポロっと出たわけだが、彼の発言からビジネスパーソンは何を学ぶべきなのだろうか。筆者の加谷氏は……。(2021/9/14)

なぜIPO価格は安すぎるのか? スタートアップ経営者へのアドバイス
8月、公正取引委員会が新規株式公開時に企業が適切に資金調達できているか調査を始めたことが話題を集めている。未上場企業が新規に株式を証券取引所に上場し、投資家に株式を取得してもらう「IPO」は、ベンチャー企業にとって一度きりの重要なイベントでもある。しかし、そこにはさまざまな問題点があると指摘されている。改めて、国内のIPOについて何が問題視されているのか、そして理想的なIPOとはどんなものななぜIPO価格は安すぎるのか?(2021/9/2)

【後編】沢渡あまね「DXの勘所」:
なぜ、DXが進まないのか? 企業が意識すべき「4つのポイント」
デジタル化もままならない組織が多い中で、日本企業がDXを成し遂げるまでには複数のハードルがある。本記事では350以上の企業などで組織・業務改革支援の経験を持つ、沢渡あまね氏が、DXの進め方について解説。組織の経営者やマネジャーが意識すべき「4つのポイント」を紹介する。(2021/9/1)

半径300メートルのIT:
サイバー攻撃に掛かる費用を知っていますか? 経営者が今読むべきセキュリティ資料
またしても大手企業がサイバー攻撃の被害に遭いました。マルウェアやランサムウェア対策はシステム部門だけの課題ではなく、今や全社的に取り組むべき深刻な経営リスクと言えます。今回は経営者が読むべきセキュリティ資料をまとめました。(2021/8/24)

ワタミ「フライドチキン」で「ケンタッキー」に挑戦 30年生き残る外食企業の共通点
「外食産業60年史」という企画が雑誌「月刊食堂」で組まれている。約30年前の外食企業の経営者のインタビューがそのまま再録されていて、まるでタイムマーシンに乗った気分だ。(2021/8/22)

調査結果から見えた“対策の糸口”
なかなか見つからない「テレワーク導入の手掛かり」 役に立つ事例はどこにある
テレワークの導入は業種にかかわらず検討すべき重要な課題だ。しかし、聞こえてくるのは大企業の高度な事例ばかり。「うちにはこんなことは無理」と尻込みしてしまう中小企業の経営者は何を参考にすればいいのか。(2021/8/2)

「鬼滅の刃」便乗商品を「鬼退治グッズ」などと称して販売、4人逮捕
不正競争防止法違反(周知表示混同惹起行為)の容疑で経営者ら4人が逮捕されました。(2021/7/28)

中堅・中小製造業のDX:
PR:IT人材不足の中堅・中小製造業にDXは可能か 天野氏が問いかける「かっこいい製造業」への道筋
ベテランの大量退職時代まであと数年しか猶予がない中で、日本の経済を支える中堅・中小の製造業には何ができるだろうか。自ら製造業の経営者として活動するTeam Cross FA天野眞也氏から、中堅・中小の製造業が「現実的な形」でDXを進める際に必要な3つの視点を聞いた。(2021/7/27)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。