ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「携帯電話ウイルス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「携帯電話ウイルス」に関する情報が集まったページです。

「完全な対策」は存在しない
iPhone、Androidを狙うクリプトジャッキング、実行されるとどうなる?
ほとんどのモバイルOSはモバイルクリプトジャッキングを防ぐために何らかのセキュリティ対策を実装している。IT部門はクリプトジャッキングのリスクを認識し、攻撃に対抗する手順を知っておく必要がある。(2019/2/17)

マカフィー、2018年第3四半期の脅威レポートを発表:
セキュリティ対策の甘いIoTデバイスを悪用した仮想通貨マイニングが急増
マカフィーは、脅威動向に関する報道関係者向け勉強会を開催。四半期ごとに発行されるMcAfee Labs脅威レポートの内容を基に、同社が注目する脅威動向やセキュリティトピックなどについて解説した。(2019/1/22)

3割のユーザーが攻撃に遭遇:
新たなマルウェアやランサムウェアの検知数は2017年比4割増、カスペルスキー
カスペルスキーが発表した2018年版のサイバー脅威の動向レポートによると、悪意あるファイルの1日当たりの検知数は2017年と比べてわずかに減ったものの、新たに検知したマルウェアやランサムウェアは2017年と比べて40%以上増加し、攻撃が先鋭化した。(2018/12/28)

EMMだけでは足りないセキュリティ機能
「モバイル脅威防御」(MTD)はなぜ必要なのか 広がるモバイル端末のリスク
モバイルデバイスのセキュリティ戦略には、EMMだけでなくモバイル脅威防御(MTD)も必要だ。現在のモバイル脅威に対抗する手段として、MTDのようなデバイス上でセキュリティ対策を講じる重要性が高まっている。(2018/12/28)

仮想通貨流出の次は、AI攻撃か:
2018年のセキュリティ事件認知度1位はコインチェックの「NEM流出事件」、マカフィーが10大事件を発表
マカフィーは、2018年の10大セキュリティ事件と、2019年の脅威動向予測を発表した。10大セキュリティ事件の第1位は被害額が史上最大となった仮想通貨「NEM」の流出事件。脅威動向予測では、AIによる高度な回避技術を用いたサイバー攻撃が展開されると予測した。(2018/12/12)

モバイルバンキング型トロイの木馬の検知数上位10種類は全てAndroid:
モバイルバンキングを狙うトロイの木馬が急増、カスペルスキーが「2018年第2四半期のサイバー脅威レポート」を公開
カスペルスキーが公開した2018年第2四半期のサイバー脅威レポートによると、モバイルバンキングを狙うトロイの木馬が急増している。検知数の上位10種は全てAndroidを狙ったものだった。(2018/8/13)

ランサムウェアなどの新たな脅威に対抗
新マルウェア対策「モバイル脅威検知」「UEM」「マイクロ仮想化」とは
ランサムウェア(身代金要求型マルウェア)などの新たな脅威に対処するには、防御側にも新たな対策が必要となる。Windowsデバイスやモバイルデバイスを狙う、現代のマルウェアへの対抗策とは。(2018/6/12)

AirWatch、XenMobile、MaaS360などを紹介
徹底比較:「エンタープライズモビリティー管理」(EMM)主要6製品の特徴は?
モバイルデバイス管理(MDM)ベンダー各社は、より包括的な「エンタープライズモビリティー管理」(EMM)へと事業をシフトさせている。主要なEMM製品の特徴を把握しておこう。(2018/1/19)

その管理、スマホの可能性を台無しにしていない?
働き方改革に必要なのは「制限」ではなく「利便性」、次代のモバイル管理方法は
「働き方改革」の推進に欠かせないモバイルデバイスのセキュリティを、機能を縛るのではなく新しいアプローチで、しかも少ない業務負荷で実現するソリューションとは。(2018/1/18)

会員が注目した2017年記事ランキング(セキュリティ編)
「WannaCry」「Androidスパイウェア」よりも読者が気になったセキュリティ脅威は?
ランサムウェアからモバイルマルウェアまで多様な脅威が明るみに出た2017年に、TechTargetジャパン会員が最も関心を寄せたセキュリティの話題とは何か。アクセスランキングから探ります。(2017/12/25)

製造マネジメントニュース:
取引先との関係壊す、サプライチェーンを狙ったサイバー攻撃が増加へ
カスペルスキーは2017年のサイバー攻撃やセキュリティ面での脅威の傾向についての総括と2018年に増えるであろうセキュリティリスクの傾向について紹介した。(2017/12/14)

AIを使ったサイバー攻撃はもう時間の問題――マカフィーが警告
マカフィーが、2017年4月〜6月(第2四半期)の脅威動向を公開。マルウェア/ランサムウェアともに前四半期に比べ、大幅に増加傾向にある。(2017/10/13)

調査が明かすユーザーの不満
「iPhone安全神話」の落日 iOSアプリ50個に1個の割合で情報漏えいのリスクか
安全性が高いとされるAppleのiOSだが、最近のレポートによると、ユーザーは想像以上に頻繁にリスクにさらされていることが分かった。(2017/10/4)

1400万台に感染したAndroidマルウェア「CopyCat」、端末をroot化して広告詐欺
「CopyCat」は感染した端末のうち約800万台をroot化し、推定1500万ドルの不正な広告収入を上げていたという。(2017/7/7)

PR:現状のサイバーセキュリティ対策で大丈夫? セキュリティ診断でチェック
サイバー犯罪の中身は、時代と共に変化している。先日話題になったランサムウェア「WannaCry」のように、ある日突然未知の攻撃が爆発的な勢いで増えることもある。(2017/6/1)

ランサムウェアは減少傾向も、macOSを狙うマルウェアが前年比約7倍に――マカフィーが脅威レポートを公開
マカフィーが、2016年10月〜12月(第4四半期)を対象にした脅威レポートを公開。その傾向を解説した。(2017/4/18)

@ITセキュリティセミナー東京・大阪・福岡ロードショー 2017 レポート(3):
CSIRTが果たすべき「社会的責任」とは
@IT編集部が2017年2月に開催した「@ITセキュリティセミナー」レポートシリーズ。最終回は、これまでに紹介できなかったセッションの模様をまとめてお届けする。(2017/3/15)

日本でも、脆弱なIoT/スマホ経由の脅威が急増:
ランサムウェア攻撃、2016年下半期に倍増 チェック・ポイントが調査
チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズが、2016年7月〜12月の脅威情報データに基づくセキュリティ調査レポートを公開。2016年下半期のマルウェア関連インシデントにおけるランサムウェア攻撃が占める割合は、同年前期比で90%増加。日本においては同348%も増加していたという。(2017/3/1)

Androidセキュリティ技術の最前線(6):
Androidマルウェアによるシステム改ざんを検知する技術「セキュアブート」「dm_verity」とは
Androidセキュリティをめぐる最新の状況を、各界のエキスパートたちが解説する本連載。今回はシステム改ざんを行うようなAndroidマルウェアを検知する技術を紹介する。(2016/8/3)

Android端末をroot化する悪質アプリ、またGoogle Playで発見
問題のアプリ「LevelDropper」を起動すると、ユーザーに確認を求めることなく約30分で14本ものアプリケーションがダウンロードされた。(2016/6/29)

Androidをroot化する不正アプリ、Google Playも悪用して拡散
Androidをroot化して不正なアプリをインストールしてしまうモバイルマルウェア「Godless」が見つかった。(2016/6/23)

セキュリティ意識皆無のモバイルアプリ
モバイルアプリのあまりにもお粗末な開発レベルに研究者がくぜん
セキュリティの研究者がモバイルアプリを分析した結果、セキュリティを考慮していないコードが多すぎることが明らかになった。こうしたアプリが大規模な情報漏えいを引き起こすと警鐘を鳴らす。(2016/4/8)

重要なのはエンドユーザーのニーズを知ること
熟練PCユーザーが自信をなくすiPhone、Androidの“3大セキュリティリスク”
モバイル時代のセキュリティ対策は、クライアントPCでの対策とは別物だ。IT部門が知るべき3大モバイルセキュリティリスクに対する最善の対策とは。(2016/3/18)

「次世代ファイアウォール」の次を読む【後編】
セキュリティ企業の“誇大広告”に惑わされない「ファイアウォール」の選び方
ファイアウォール単体の機能で脅威に対処できる時代は終わった。現在の企業に求められるファイアウォールの在り方とは何か。次世代ファイアウォールの選び方を含め、製品選定時に考慮すべきポイントとは。(2016/2/23)

Cyber3 Conferenceは「大事な一歩」だとパロアルト:
訃報メールを装った標的型攻撃も登場、巧妙化する脅威に情報共有で対処を
パロアルトネットワークスは2015年11月7日、沖縄県名護市で開催された「Cyber3 Conference Okinawa 2015」のオフィシャルサイドプログラムにおいて、国内のサイバー脅威の動向を解説した。(2015/11/24)

企業スマホにもマルウェア対策――LookoutとCTCが提供へ
Androidに限らずiOSでもマルウェアリスクが高まっていることから、LookoutとCTCは企業向けのマルウェア対策を国内展開する。(2015/10/6)

脅威は意外と身近にあり
iOS安全神話を台無しにするモバイルセキュリティ「3つの死角」
モバイル端末のセキュリティ問題では、危険な悪質アプリの他にもIT部門が対処すべき課題がある。(2015/9/28)

Lookout、LINEからデータを搾取するモバイルマルウェアを発見――標的はAndroid
Lookoutは、無料通話・メールアプリ「LINE」のデータを搾取するモバイルマルウェアを発見した。標的はAndroid搭載スマートフォン。(2015/7/3)

iOS狙いのアドウェアも増加
Androidアプリの8割がユーザー情報を収集、“極悪アプリ”はどう見分ける?
個人情報を収集するなど、危険な振る舞いをするモバイルアプリは想像以上に多い。企業のIT担当者が、モバイルアプリの危険性を判断するための6つのチェックポイントを示す。(2015/4/15)

Amazon偽ギフトでだますAndroidマルウェア、世界30カ国で感染拡大
ユーザーの連絡先を利用して増殖し、SMSやFacebookで拡散するモバイルマルウェアの感染が世界30カ国以上に広がっているという。(2015/3/5)

マカフィー、中小企業向けの統合セキュリティスイート「McAfee Endpoint Protection for SMB」
マカフィーは、中小規模企業向けのセキュリティスイート製品「McAfee Endpoint Protection for SMB」を発表した。(2015/2/19)

モバイルマルウェア「Xsser」の脅威拡大、中間者攻撃の恐れも
iOSやAndroidを狙う「Xsser mRAT」がサードパーティのアプリストアで拡散し、感染端末が攻撃者によって遠隔操作されるなどの恐れがあるという。(2014/12/18)

2015年に予測されるセキュリティの脅威、9つ
2014年後半も新規マルウェアやサイバー攻撃が激増しており、マカフィーはこうした実態をもとに2015年のセキュリティ脅威を予測する。(2014/12/11)

位置情報より怖い「アドネットワーク」の脅威も顕在化
「iOS」人気無料アプリの半数が位置情報を追跡、ユーザーに危険は?
一見無害に見えるモバイルアプリによるデータ収集が、企業にとって大きなリスクをもたらす可能性がある。「Android」より安全だと見る向きがある「iOS」とて例外ではない。(2014/11/18)

ビジネスパーソンと専門家が注目した2014年のセキュリティ事件とは?
マカフィーが国内のビジネスパーソン1036人に聞いた2014年の国内セキュリティ事件トップ10を発表。セキュリティの専門家が注目した出来事も紹介している。(2014/11/12)

McAfee FOCUS JAPAN 2014:
2014年の10大セキュリティ事件ランキング――1位はベネッセの情報漏えい
マカフィーが国内ユーザーを対象に、2014年に起きたセキュリティ事件の認知度調査を実施。今後増加が予想されるサイバー攻撃についても言及した。(2014/11/12)

モバイルとPCを脅かす「ハイブリッド」なマルウェアが登場
スマートフォンを安易にPCへつなぐと起きる “恐ろしいこと”
クライアントPCとモバイル端末の双方を脅かす「ハイブリッド脅威」の問題が浮上している。そのリスクを避ける方法について専門家に聞いた。(2014/11/6)

マルウェアの氾濫ぶり続く――McAfee調べ
同社が2014年第2四半期に発見したマルウェアの数は、四半期ベースでは過去最多だった。(2014/9/5)

攻撃者の費用対効果を低いものに:
サイバー攻撃は「会社経営」化――米フォーティネットのジー氏が指摘
6月に来日した米フォーティネットの創業者でプレジデント兼CTOのマイケル・ジー氏に、近年の脅威の変化、そして今後の対策の方向性について聞いた。(2014/8/5)

“政府御用達”の監視システムが世界に AndroidとiOSも標的――Kaspersky調査
「政府機関のためのハッキングスイート」の制御用サーバは世界40カ国以上に張り巡らされ、日本にも存在しているという。(2014/6/25)

これから予想されるモバイルアプリの脅威と対抗策――RSA
海外では高機能化が進むモバイルマルウェアを使った犯罪が広がり、その脅威が日本にも波及する可能性があるという。RSAは新たな対策技術の開発を進めている。(2014/6/17)

神尾寿のMobile+Views:
再び世界を変えるために――WWDC 2014でAppleが見せた“3つの強み”
いよいよ開催された「WWDC 2014」。今年もMac向けの「OS X」、iPhone/iPad向けの「iOS」、Appleのクラウドサービス「iCloud」の新しい発表が中心だったが、Appleはどのような未来を示したのか。キーノートの内容をひもといていきたい。(2014/6/3)

業界のエキスパートが討論:
ネットの信頼を支える基盤が崩壊? セキュリティ騒動で浮上した課題
OpenSSLの脆弱性問題やリスト型攻撃など、近年はインターネットの信頼を支える基盤を揺るがしかねない事象が多発している。信頼のための基盤は崩壊してしまうのか――セキュリティ業界の専門家陣が議論を交わした。(2014/5/30)

Googleの対策頼みでは限界
Androidデバイスにウイルス対策ソフトを導入すべき“怖い理由”
スマートフォンが普及する中で、サイバー犯罪集団が次に開拓しようとするのはモバイルマルウェアだ。企業は従業員のモバイル端末をマルウェア感染からどのように守るか。対策が求められている。(2014/4/9)

エキスパートが注目:
2014年のセキュリティ脅威予測・マカフィー編
セキュリティベンダー各社が2014年に予測されるセキュリティの動向や脅威などを専門家の見地から紹介している。今回はマカフィーが予測するサイバー脅威動向を解説する。(2014/1/31)

ネットインフラを狙う攻撃が横行、Webサーバなどが標的に
攻撃側は、Webホスティングサーバやネームサーバ、データセンターなどを狙った方がはるかに大きなメリットがあることに着目している。(2014/1/20)

ウイルス対策ソフト4社の見解:
Android狙いは当たり前 iOSも油断ならず――2013年のスマホ脅威と未来予測
いまだ人気の衰えないスマートフォンは、サイバー攻撃者に格好の餌になっている。ウイルス対策ソフトベンダー4社が、2013年にみられたスマートフォンの脅威と2014年の予想を紹介してくれた。(2013/12/10)

ビットコインは犯罪者も注目中、マカフィーが最新の脅威レポートを発表
マカフィーが2013年第3四半期における、サイバー世界の脅威を分析したレポートを発表した。マルウェアは着実に増え続け、仮想通貨に対する脅威もすぐそこにある。(2013/12/9)

社会運動を妨害するモバイルマルウェア発見
中東で女性の運転解禁を求める運動の妨害が目的とみられるモバイルマルウェアが見つかった。社会運動関連のアプリやソフトのダウンロードには細心の注意が必要だ。(2013/11/15)

FOCUS JAPAN 2013:
新たな脅威を未然に防ぐために――マカフィーコンシューマー事業部門トップインタビュー
マカフィーのコンシューマー事業を統括するギャリー・デイビス氏がセキュリティカンファレンスのために初来日。セキュリティのトレンドや今後の方向性を聞いた。(2013/11/1)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。