ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  M

  • 関連の記事

「MoCA」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Multimedia over Coax Alliance

○○から片付けるとキレイな部屋が長続きする!
(2015/7/25)

ET2011 有線通信技術:
宅内有線ネットの大統一規格「G.hn」、対応通信チップが日本初公開
ホームネットワークを巡る規格の乱立は、これで終止符か。同軸ケーブル、電力線、電話線という3つのケーブルのどれでもデータをやりとりできる国際標準規格「G.hn」に対応した通信チップが、ようやくお目見えした。(2011/11/18)

有線通信技術 MoCA:
テレビはコミュニケーションデバイスへ、ホームネットワークが2012年に迎える新たな変化
PCが製品化された当初、PCを単独で使うのが一般的な利用方法だったが、その後PCはネットワークに接続して使うコミュニケーションデバイスへと変革した。テレビやデジタル家電も、同じ道をたどる。宅内ネットワークの業界団体「MoCA」向けLSIを手掛けるEntropic CommunicationのPresident兼CEOのPatrick Henry氏はこう語る。(2011/9/1)

GREEと共通仕様のアプリプラットフォームが中国で提供開始 コーエーテクモ、タイトーが進出
「GREE Platform」と仕様を共通化した携帯電話向けプラットフォームが中国で公開された。第1弾としてコーエーテクモゲームス、タイトーがソーシャルゲームをリリースする。(2011/8/5)

アンテナ配線でLAN!──Entropic Communicationsが日本始動
Entropic Communicationsは、2月16日に日本支社を設立。同日、米本社のCEOが「MoCA」の特徴を紹介する説明会を行った。(2011/2/17)

乱立する規格と技術の壁で:
混迷深まるHDビデオの無線伝送
無線によるマルチメディアストリーミングは、業界の大きな関心を集めている。とはいうものの、その実現レベルはまだ低く、また、さまざまな規格が乱立している状態にある。本稿では、IEEE 802.11をはじめとする各種無線規格を取り上げ、各企業/業界団体がそれぞれの規格を利用してどのような取り組みを行っているのか、またそれらはどのような進捗状況にあるのかを説明する。(2011/1/1)

デジモノ家電を読み解くキーワード:
本格普及なるか、デジモノ家電の共通語「DLNA」
デジモノ家電が増えるにつれ膨らむ悩みが、機器間におけるコンテンツの共有。それをキレイに解決すべく制定された規格が「DLNA」だ。今回は、DLNAの概要と今後の方向性について解説してみよう。(2010/12/9)

プロセッサ/マイコン:
インテルが組み込み機器向けSoCについて語る
(2010/9/21)

2009 International CES:
Silicon Image、家電ネットワークを構築する新技術「LiquidHD」を発表
Silicon Imageが、テレビやDVDプレーヤー、セットトップボックスだけでなく、携帯メディアプレーヤーやホームシアターなどの家電製品をつなぐ新技術を発表した。(2009/1/9)

家庭内ネットワークを利用した:
ビデオ配信技術最前線
民生電子機器メーカーや主要サービスプロバイダは、家庭内ネットワークを使ったビデオ配信に取り組んでいる。しかし、これを広く普及させるにはネットワークの帯域幅、レイテンシ、信号障害などの課題を解決する必要がある。(2007/6/1)

ケーブルテレビ2004
同軸ケーブルが“光”を超える? 「c.LINK」の仕組み
テレビの同軸ケーブルを使い、現在のFTTHを超える270Mbpsの伝送速度を実現する新しい通信技術「c.LINK」が「ケーブルテレビ2004」に登場した。松下はHDTVの伝送を前提としたホームネットワークを、またブロードネットマックスはマンションの構内ネットワークシステムを出展している。(2004/6/24)

2004 International CES
松下のAVCサーバ、いよいよ製品化へ?
イベント参考出展の“常連”となった松下のAVCサーバがCESにも登場。しかし今回はDIGAをベースに「かなり製品に近づいている」。(2004/1/12)

2004 International CES
東芝「RD」はホームサーバに進化する?
CESの東芝ブースの中で、もっとも目立つ場所に展示されているのが、「Advanced Digital Media Server」のコンセプトモデル。HDTVの録画サポート、まったく新しいユーザーインタフェース、そしてPCやネットワークオーディオレシーバーにコンテンツを配信する機能を持つ、本格的なホームサーバだ。(2004/1/10)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。