ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア3」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア3」に関する情報が集まったページです。

フルHD液晶×2台、JBLスピーカーセット、カラマネ液晶が当たるかも:
PR:2012年秋冬のEIZOディスプレイ注目モデル対決!――人気投票&豪華プレゼント
疲れ目に効く「FlexScan EV2336W-FS」、ゲームに強い「FORIS FS2333」、正確な色表現の「ColorEdge CX240-CNX」。果たして、どの液晶ディスプレイが最もナイスな選択か、なぜか骨肉の争いが始まるのでした。 ※記事の最後に実機が抽選で当たるプレゼント企画があります!(プレゼントの応募は終了しました/2013年1月6日) → 読者の皆さまからいただいたコメントと投票結果を発表しました!(2013年1月28日)(2012/12/7)

「PlayStation Awards 2012」発表 「FF XIII-2」「ワンピース 海賊無双」など受賞
ドワンゴのニコニコアプリも受賞した。(2012/12/3)

暗部が浮かび上がる新技術“Smart Insight”の開発者に聞く:
PR:新世代EIZOディスプレイ「FORIS FS2333」が“超見える”理由
EIZOのエンターテインメント液晶ディスプレイ「FORIS」は、ラテン語で「扉」を意味するが、そのニューモデル「FORIS FS2333」はまさにディスプレイの新しい扉を開くかのような新技術「Smart Insight」を搭載してきた。今まで暗くて見えなかった情報が自然に浮かび上がってくる新しい映像体験はどのように生まれてきたのか? Smart Insightを作り出した開発者にうかがった。(2012/6/18)

“Smart monitor”の正体はコレ:
ナナオ、IPS最速の23型フルHD液晶「FORIS FS2333」――視覚特性に基づき暗部視認性を向上
ナナオの「FORIS FS2333」は、人間の視覚特性に基づいて暗部を明るく見やすく表示できる新技術「Smart Insight」が備わった23型フルHD液晶ディスプレイ。IPS方式の23型フルHD液晶パネルを採用し、表示遅延0.05フレーム未満、応答速度3.4ms(GTG)を達成した。(2012/6/14)

くねくねハニィの「最近どうよ?」(その44):
スマホ? コンソール? ソーシャル? ゲーム市場の行方
サンフランシスコGDCに行ってきたくねくねハニィが8カ月ぶりに記事を書いたらしい。最近変貌するゲーム市場を雑多に語ってるみたいなんで読んでみてもよろしこ……(なんか書き方忘れた)。(2012/4/5)

ギネス世界記録の「ビデオゲームのエンディングベスト50」、「Call of Duty: Black Ops」が1位に
発売から13年がたつ「ゼルダの伝説 時のオカリナ」がビデオゲームのベストエンディング第3位に入った。(2012/2/13)

戦争描いたビデオゲームをプレイすると戦争犯罪になる? 「ノー」と赤十字
「ビデオゲーム内での行為が国際人道法違反に問われる!?」と懸念の声が上がっていましたが、赤十字は「違反になるのは現実世界での行為だけ」としています。(2011/12/12)

2011年、Facebookで最も話題になったのはウサマ・ビン・ラディン 日本では福島原発
Facebookが最も共有されたトピックを発表。日本では福島原発や東日本大震災、台風などが上位を占めた。(2011/12/7)

週間ゲームソフト販売ランキング:
かわいいリンクが躍って弾き語る
Wii「ゼルダの伝説 スカイウォードソード」がもっとも注目された11月21日〜11月27日までに集計したゲームソフト販売ランキングです。(2011/12/1)

5分で分かった気になるアキバ事情:
ハイエンド志向を刺激しまくった11月のアキバ
AMD FXシリーズの8コアモデルやバトルフィールド3パッケージモデルなど、10月の延長線をいくトレンドが多かったが、Sandy Bridge-Eがその上のいくインパクトを残した。(2011/11/30)

古田雄介のアキバPickUp!:
「年末はハイエンドの盛り上がりに期待です」――新製品連発の「リンクス感謝祭」
PCパーツの大手代理店、リンクスインターナショナルが主催するユーザーイベント「リンクス感謝祭2011」が開かれ、年末に向けて登場予定の新製品がお披露目された。(2011/11/28)

週間ゲームソフト販売ランキング:
世界的記録ホルダー、さて日本では?
海外で軒並み記録を更新した怪物タイトル「コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア3」が日本でも発売。さて、その結果は?(2011/11/24)

GACKTさんが軍服で戦場の空を駆ける:
コラボも多数発表の発売直前イベント 「コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア3」発売直前パーティ
11月14日、スクウェア・エニックスは「コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア3」の発売直前イベントを開催した。ゲストのGACKTさんが戦場を爆撃!?(2011/11/15)

シネックス、“Modern Warfare 3”ロゴ入りの限定版ヘッドセット2種類を発売
シネックスは、米Turtle Beach製となるヘッドセット計2製品「Ear Force Charlie」「同 Foxtrot」の取り扱いを開始する。(2011/11/7)

日々是遊戯:
「バトルフィールド3」の初週出荷は1000万本以上。歴代ゲームの初週販売記録を大幅に塗り替える
この年末商戦のビッグタイトルとして期待されていた「バトルフィールド3」がついに発売に。その初週出荷本数が明らかにされましたが……い、い、1000万本!?(2011/10/30)

抽選で150名をご招待!――「コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア3」、発売直前パーティを11月14日開催
世界中で注目されるFPS「コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア3」の発売直前パーティが開催決定。「スクウェアー・エニックス メンバーズ」限定で150名が招待される。(2011/10/24)

2カ月分お得!――Xbox LIVE ゴールドメンバーシップに「コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア3 エディション」を11月17日発売
Xbox 360版タイトルのマルチプレイに欠かせない、Xbox Live ゴールドメンバーシップに、「コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア3」発売にあわせ、2カ月お得な限定パッケージが11月17日より発売される。(2011/10/18)

PS3専用ワイヤレスコントローラに新色「アーバンカモフラージュ」登場
迷彩柄をモチーフにデザインされたDUALSHOCK3が、5500円にて11月17日より数量限定で発売される。(2011/9/6)

字幕版の発売日は11月17日――「コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア3」字幕版、吹き替え版の両方の発売が決定
「コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア2」で好評だったオリジナル英語音声を収録した字幕版が、「コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア3」でも発売が決定。吹き替え版より一足早い11月17日に発売される。(2011/9/2)

150人をご招待!――「コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア3」、プレミアムパーティを9月17日開催
当日は開発者によるプレゼンテーションのほか、豪華ゲストとのデモプレイなども開催。スクウェア・エニックス メンバーズ限定で150人の招待を予定しており、応募受付締切は9月1日まで。(2011/8/24)

日々是遊戯:
気になるゲームのウワサ……ゲームの3作目は良作が多い、ってホント?
「ドラクエIII」に「スーパーマリオブラザーズ3」、「ファイナルファンタジーIII」……。そういえばゲームの3作目ってなんか良作率高くない? というおはなし。(2011/8/17)

くねくねハニィの「最近どうよ?」(その41):
E3 2011に行ってきた(前編)――復習してみるマイクロソフト
6月第2週に米国ロサンゼルスLAコンベンションセンターで行われた世界最大のゲームビジネスショー「E3 2011」に行ってきた! 新ハードとそれに伴うタイトルの発表ラッシュを総括してみますのでよろしこ。(2011/6/28)

Xbox 360 E311 Media Briefing:
「Halo 4」が来る! MSはKinect推しなメディアカンファレンス
6月6日(日本時間で6月7日)、MicrosoftはXbox 360の今後を紹介するメディアブリーフィングを開催し、Kinect重視の姿勢をより強調してみせた。(2011/6/7)

日々是遊戯:
間もなく「E3 2011」開催! 日本人が期待するタイトルは?
いよいよ開催直前となった「E3 2011」。各社の出展予定リストの中から、特に日本人ユーザーの期待度が高そうなタイトルをまとめてみました。(2011/6/6)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。