ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  N

  • 関連の記事

「N902iL」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「N902iL」に関する情報が集まったページです。

「N902iL」の遠隔制御やバッテリーに不具合――ドコモ、ソフトウェア更新開始
ドコモの法人端末「N902iL」に、遠隔制御やバッテリーに関する不具合があることが判明。同社はソフトウェア更新で対応する。(2009/6/2)

「SO905iCS」「D905i」「N902iL」に不具合――ドコモ、ソフトウェア更新を開始
NTTドコモの「Cyber-shotケータイ SO905iCS」「D905i」「N902iL」の3機種に不具合があることが判明した。ドコモはソフトウェア更新で対応する。(2008/11/6)

ドコモ、「P905i」と「N902iL」用ソフトウェアアップデートを発表
NTTドコモは4月22日、パナソニック モバイル製のVIERAケータイ「P905i」と無線LAN搭載の「N902iL」のソフトウェアアップデートを開始した。(2008/4/22)

NEWS
明治乳業新工場が無線LAN中心のVoIPシステムを構築 約15%の構築コスト削減
3月から操業を開始した十勝工場への無線LANを中核とするフルIPの新ネットワークシステムを構築。併せて社内では内線電話、社外では外線電話として利用できるFOMA/無線LANデュアル端末「N902iL」を導入した。(2008/3/27)

ザ・ペニンシュラ東京、全客室と従業員用に「N902iL」を導入
NECが、9月1日に開業するホテル、ザ・ペニンシュラ東京に、「UNIVERGE SV7000」と無線LANシステムを活用したフルIPネットワークを提供した。「N902iL」を全客室と従業員向けに用意する。(2007/8/28)

中小企業向けIP電話システムが「N902iL」に対応――日立電線
日立電線は、IP-PBX「AquaVocal」がNTTドコモのFOMA/無線LANデュアル端末「N902iL」に対応したことを発表した。(2007/6/13)

FOMA/無線LANデュアル端末に対応したIPテレフォニーパッケージを発売、ドコモエンジニアリング
ドコモエンジニアリングはFOMA/無線LAN対応のN902iLを利用できる中小企業向けIPテレフォニーパッケージを発売した。(2007/6/6)

NTTドコモ、法人端末N902iLのソフトウェアアップデートを開始
NTTドコモは、無線LANの設定を簡略化するNEC製の法人向け端末N902iLのソフトウェアアップデートを始めた。(2007/5/28)

「N902iL」のソフトアップデート公開――Wi-Fi Protected Setupに対応
NTTドコモは、NEC製のビジネスケータイ「N902iL」のソフトウェアアップデートを公開した。無線LAN設定を簡素化できる「Wi-Fi Protected Setup」(WPS)に対応する。(2007/5/28)

NECの中小企業向けIP電話システムにNTTドコモのN902iLが対応
UNIVERGEシリーズの中小企業向けIP電話製品「Aspire」が、NTTドコモの法人専用端末の最新機種「N902iL」に対応した。(2007/4/16)

アルバが無線LANスイッチの新OSをリリース N902iLとの相互運用性が向上
アルバネットワークスは無線LANスイッチ用OSの最新版をリリース、モバイルセントレックス構築に必要な機能を強化した。(2007/3/12)

無線LAN/セキュリティ機能強化のビジネス端末「N902iL」、2月13日発売
NTTドコモは2月13日から全国で、「N900iL」の後継モデルとなる法人向け端末「N902iL」を発売する。(2007/2/8)

703iシリーズと「N902iL」「W43H II」がモバイルSuicaに対応
JR東日本は、NTTドコモの703iシリーズ4機種とビジネスケータイ「N902iL」、auのワンセグケータイ「W43H II」をモバイルSuica対応機種に追加した。(2007/1/19)

無線LAN機能を強化したビジネスケータイ──「N902iL」
ドコモが法人向けモデルとして投入する「N902iL」は、IEEE802.11e/gとFOMAのデュアルネットワーク端末。VoIP機能が強化され、通話品質や操作性が向上した。(2006/10/13)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。