ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  N

「Namazu」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

2016年末までに50本以上ソフトを用意:
「PlayStation VR」は2016年10月に4万4980円で発売 PC向け高性能VR HMDの約半額
SCEが開発しているプレイステーション 4用のVR対応ヘッドマウントディスプレイ「PlayStation VR」。発売時期と価格がついに明らかになった。(2016/3/16)

北海道新幹線、海の上をプカプカ移動 神戸から函館へゆっくり北上中
北海道新幹線用車両「H5系」の搬出作業が始まり、Twitterで注目を集めていました。(2014/10/8)

ビッグデータ処理の常識をJavaで身につける(1):
検索エンジンの常識をApache Solrで身につける
Hadoopをはじめ、Java言語を使って構築されることが多い「ビッグデータ」処理のためのフレームワーク/ライブラリを紹介しながら、大量データを活用するための技術の常識を身に付けていく連載(2011/11/18)

Namazuにバッファオーバーランの脆弱性、最新版で対処
リリースされたNamazu 2.0.20では、バッファオーバーランの脆弱性を解消している。(2009/9/24)

古いNamazuを使っていませんか? IPAが注意喚起
IPAは、オープンソースの検索システム「Namazu」の旧バージョンを使用しているのではないかという届出が多数寄せられているとして、ユーザーに更新を求めている。(2009/8/20)

クレディスト、Kabayakiを用いた企業向けドキュメント共有ソリューションを発表
クレディストは、企業向けドキュメント共有ソリューション「メールdeシェア with Kabayaki」を発表した。(2009/7/7)

脆弱性攻撃が多発中:
「なぜパッチ適用しないの?」――IPAが注意喚起
修正パッチが提供されているにもかかわらず、「なぜサービス提供者は適用しないのか?」という問い合わせがIPAに多数寄せられているという。(2009/3/17)

UTF-8などの統合処理モジュールを搭載:
「Namazu 2.0.19」がリリース
Namazu Projectはオープンソースの日本語全文検索システム「Namazu」の最新版を公開した。(2009/3/13)

サムネイル表示に対応:
アイ・オー・データ、サイト内検索を刷新 1000製品の検索機能を改善
検索機能の強化を目指し、アイ・オー・データ機器は、サイト内検索サービスを採用した。入力されるキーワードを予測して表示したり、検索結果をサムネイルで表示したりできるようになった。(2009/1/21)

New Generation Chronicle:
開拓者から改革者へ ネタで未来を切り開く男 大沢和宏
10年以上前から、斬新な“ネタ”を率先して実装し、世界を驚かせてきたトリックスターがいる。そんな彼が最も追い求めたのは、足す美学ではなく、「引く美学」……。今回のNew Generation Chronicleは、ネタを革新に昇華させた、Yappoこと大沢和宏の物語。(2008/6/16)

日本語検索の「Namazu」にXSSの脆弱性、早期に更新を
日本語全文検索システム「Namazu」にXSSの脆弱性が発見され、IPAは公開済みの最新版へ更新するよう呼びかけている。(2008/3/21)

日本語全文検索システム「Namazu」の最新版が公開
Namazu Projectはオープンソースの日本語全文検索システム「Namazu」の最新版を公開した。(2008/3/13)

まとめサイト2.0:
2008年、Webは文字列解析で変わっていく
オルタナティブ・ブログを例に挙げて“まとめサイト”を作るための手法を紹介してきたこの連載。最終回は、文字列解析の自動化からキーワードを抽出するための方法を紹介しよう。(2007/12/28)

まつもとゆきひろのハッカーズライフ:
第10回 ソースを読もう
ハッカー能力を高めるのに優れた方法は、実際にコードを書くことと、ほかの人が書いた優れたソースコードを読むことです。今回は、わたしの過去の経験からソースコード読解の秘訣を考えてみます。(2007/12/26)

まつもとゆきひろのハッカーズライフ:
第8回 ハッカーとオープンソース
わたしに限らず、多くのハッカーたちはフリーソフトウェア(オープンソースソフトウェア)が大好きです。ハッカーがフリーソフトウェアを愛する最も大きな理由は、自由なのです。(2007/10/29)

Undocumented savvy:
オープンソースに関する一般ユーザーの常識【導入編】
オープンソースに関する疑問点などをFAQ形式でお届けする本連載。今回は、オープンソースソフトウェアの使い方などを調べる際の常識を取り上げる。(2007/10/4)

pnamazuにクロスサイトスクリプティングの脆弱性
NamazuのPerl版プログラム「pnamazu」に、クロスサイトスクリプティングの脆弱性があることが明らかになった。(2006/12/25)

アイル iCLUSTA「セキュリティ」:
PR:5万ユーザーが選んだ新次元ホスティングセキュリティ
GMOホスティング&セキュリティが運営するホスティングサービスのトップブランド「アイル」。同社の社名からも分かるように、「セキュリティ」に対する取り組みは業界屈指のものだ。2005年5月30日からサービスが開始された「iCLUSTA(アイクラスタ)」は、システム全体を「クラスタ構成」にすることにより、耐障害性とパフォーマンスの向上、そしてここで紹介するセキュリティを兼ねそろえたホスティングサービスになっている。そのセキュリティ基盤はどのようなコンセプトなのか。(2006/4/17)

日本語全文検索システム「Namazu」、脆弱性修正でバージョンアップ
Namazu Projectは3月12日、ディレクトリトラバーサルの脆弱性を修正した日本語全文検索システム「Namazu」の新バージョン、「Namazu 2.0.16」をリリースした。(2006/3/13)

月刊「OpenOffice.orgコミュニティ通信」――2月号:
OpenOffice.org、OpenDocumentが追い風に
オフィススイートのポイントは、ソフトそのものの機能性ではなくなりつつある。オープンスタンダードを取り入れるOOoは、多面展開と本体拡張を始めた。(2006/2/17)

OSSベースの科目登録システム、早大で稼働
(2005/4/13)

検索エンジン「Namazu」にクロスサイトスクリプティングの脆弱性、最新版で修正
Namazu Projectは12月15日、クロスサイトスクリプティングの脆弱性を修正した日本語全文検索システム「Namazu 2.0.14」をリリースした。(2004/12/15)

UNIX USER10月号「unixuser.jpサーバー構築記」より転載:
Namazuの導入――――第3回 ボリューム管理とApache2の設定(その2)
unixuser.jpでは全文検索ツールNamazuを使っている。Namazuは標準パッケージとして用意されていないのでビルド作業が必要になる。今回はNamazuの導入までを解説する。(2004/9/24)

UNIX USER10月号「unixuser.jpサーバー構築記」より転載:
HP Apache-based Web Server――第3回 ボリューム管理とApache2の設定(その1)
3回に渡ってお送りしてきた「unixuser.jpサーバー構築記」。今回は、Webサーバー用の領域確保とApache2の設定などについて紹介していこう。(2004/9/22)

CVSに新たな脆弱性
オープンソースのバージョン管理ソフトCVSに新たな脆弱性が見つかったという。影響を受けるCVSは、1.12.8までのFeature版と1.11.16までのStable版。リモートからCVSサーバが乗っ取られる恐れもあるとして、深刻度「重大」と評価されている。(2004/6/10)

狙われるCVSサーバに注意を、IPA/ISECが警告
IPA/ISECは、BSDやLinuxで幅広く利用されているバージョン管理システム「CVS」に見つかった脆弱性について、改めて警告を発した。(2004/6/3)

namazu.orgサーバに不正侵入、サービス停止
(2004/5/27)

TCP/IPアレルギー撲滅ドリル(5):
器用な二刀流、FTPでファイル転送!
(2003/7/11)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。