ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  N

  • 関連の記事

「NHK時計」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「NHK時計」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

ぷちBYOD計画:
自分スマホ、もったいないので“セカンドディスプレイ”にしてみた
スマホは毎日持ち歩いているけど、業務時間内はポケットかバッグの中。PCにつないで充電しているだけ……という人も多いのでは。もしスマホやタブレットを持ち歩いているなら、仕事で活用してみませんか。(2014/6/30)

NHKラボブログが終了 「NHK時計」公開以来、6年半の歴史に幕
「NHK時計」などブログパーツやアプリを提供してきた「NHKオンラインLabブログ」が3月31日で終了する。(2013/3/29)

広田稔のMacでいくなら(5):
新しいiPadと一緒に使いたい! 定番アプリ30選(前編)
今回は「新しいiPadと一緒に使いたいアプリ30本」を紹介。前編では、ビジネス、マルチメディア、ライフスタイルの3カテゴリから15本を取り上げる。あなたのオススメは?(2012/4/25)

Citrix iForum 2011イベントリポート
安いストレージは失敗のもと、ベンダーが語るデスクトップ仮想化のリアルな動向
Citrix iForum 2011のパネルディスカッション「デスクトップ仮想化の期待と現実」をリポートする。デスクトップ仮想化の主要ベンダーが、ユーザー企業のリアルな動向、導入“失敗”事例などを赤裸々に語った。(2011/10/18)

Windows Phoneでも「NHK時計」
懐かしさのある楕円型の時計、「NHK時計」がWindows Phoneアプリとなって登場。Windows Phone IS12Tなどで表示できる。(2011/8/30)

Silverlightベースで作るWP7アプリ開発入門(2):
Windows Phoneの色使いとTileをアプリに生かせ!
(2011/7/27)

ねとらぼ:
「NHK時計」にiPad版 大きくなって壁掛けにも?
「NHK時計」のiPadアプリが登場。iPadに合わせて高解像度化した「HD」版だ。(2010/4/5)

NHK初のiPhoneアプリは「NHK時計」 時報音も再現
NHK初のiPhoneアプリは懐かしの「NHK時計」。あの時報の音も再現する。(2009/4/30)

NHK、番組プロモ動画を再生するVista用ガジェット公開
NHKは、番組のプロモーション動画などを再生するWindows Vista用ガジェットを公開した。(2008/10/6)

ヤッターマン、好きですか
先週は、ヤッターマンの新主題歌に関連する記事にアクセスが集中した。(2008/1/21)

「NHK時計」が壁掛け時計に
ブログパーツなどで人気の「NHK時計」が壁掛け時計になった。実物と同じセイコークロックが製造。水色と木目調の2種類ある。(2008/1/11)

「NHKニュース」をWiiでも
(2007/11/21)

低コスト・CGMで世界に発信──ユニクロのWeb戦略
YouTubeで動画を公開したり、ブログパーツを配布したり――ユニクロが昨年から、CGMを活用したWebプロモーションに力を入れている。Webなら国内・海外で同時展開できる上、マス広告などと比べてプロモーションコストも抑えられる。(2007/11/6)

NHK時計をiPod touch、iPhoneでも
(2007/9/27)

NHK時計にYahoo!ウィジェット版
(2007/4/19)

NHK時計にMac OS X版
(2007/3/23)

NHK時計がVistaガジェットに
(2007/2/15)

NHK時計ブログツールに、なつかしの“木目調”
NHK時計のブログツールの第2弾が公開された。(2006/10/20)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。