ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  N

  • 関連の記事

「Nikon 1 AW1」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Nikon 1 AW1」に関する情報が集まったページです。

ニコン、「D5300」や「Nikon 1 V3」などが対象のキャッシュバックキャンペーン
ニコンイメージングジャパンが、デジタル一眼レフカメラ「D5300」「D3300」やミラーレス一眼「Nikon 1 V3」「Nikon 1 J4」「Nikon 1 S2」「Nikon 1 AW1」「COOLPIX S6900」を対象にしたキャッシュバックキャンペーンを実施する。(2014/10/8)

「Nikon 1」最大1万円のキャッシュバック 期間延長
ニコンが「Nikon 1」シリーズ製品を対象として実施している、最大1万円のキャッシュバックキャンペーンを期間延長した。(2014/5/30)

100メートルの水圧に耐える、Nikon 1用の水中ストロボ「SB-N10」
ニコンはNikon 1用アクセサリーとして、水中で利用可能なストロボ「SB-N10」を発売する。ガイドナンバーは28、水深100mまでの水圧にも耐える。(2014/4/11)

「Nikon 1」購入で最大1万円のキャッシュバックキャンペーン
ニコンは「Nikon 1」シリーズを対象とし、最大1万円をキャッシュバックするキャンペーンを開始する。最新の「V3」「J4」ももちろん対象だ。(2014/4/10)

ニコン、「Nikon 1 AW1」の最新ファームウェア
ニコンがミラーレスカメラ「Nikon 1 AW1」の最新ファームウェアを提供開始した。適用することで、A-GPSデータを更新できないことがある現象が解消される。(2014/2/18)

CP+ 2014:
ニコン、「D3300」「Nikon 1 AW1」あたる「CP+ 2014」キャンペーン
ニコンイメージングジャパンは2月13日に開幕する「CP+ 2014」への出展と併せてのキャンペーンを実施中。TwitterもしくはFacebookからキャンペーンに参加すると、デジタル一眼レフ「D3300」ないし防水ミラーレス「Nikon 1 AW1」が抽選であたる。(2014/1/27)

レンズも防水 タフネスさを備えた唯一のミラーレス「Nikon 1 AW1」
ニコンのミラーレス「Nikon 1 AW1」は、アダプターなしで”水に潜れる”、ほかのレンズ交換式カメラとはひと味違う本格的な防水設計のカメラだ。(2013/10/21)

写真で見る、防水ミラーレス「Nikon 1 AW1」
レンズ交換式デジタルカメラで世界初(同社)という、防水・耐衝撃性能を備えたニコン「Nikon 1 AW1」を写真で紹介する。(2013/10/9)

防水ミラーレスカメラ「Nikon 1 AW1」に「ブラック」追加
ニコンは防水タイプのミラーレスカメラ「Nikon 1 AW1」にカラーバリエーションの「ブラック」を追加した。(2013/10/8)

防水ミラーレス ニコン「Nikon 1 AW1」発売日が決定
「世界で初めて」(同社)レンズ交換式デジタルカメラで防水・耐衝撃のタフネス性能を備えるニコン「Nikon 1 AW1」の発売日が決定した。(2013/10/1)

ニコン、世界初の防水・耐衝撃ミラーレス「Nikon 1 AW1」
ニコンイメージングジャパンは、水深15メートルまでの防水性能と2メートルの耐衝撃性能を備えるミラーレス一眼デジカメ「Nikon 1 AW1」を10月に発売する。(2013/9/19)

「世界初」 レンズも防水のミラーレス ニコン「Nikon 1 AW1」
ニコンが水深15メートルまでの利用に耐えるミラーレスカメラ「Nikon 1 AW1」を発売する。2メートルからの落下にも耐える。レンズ交換式として「世界初」レベルのタフネス性能だ。(2013/9/19)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。