ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「蜷川幸雄」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「蜷川幸雄」に関する情報が集まったページです。

ジャニーズは努力が9割【前編】:
ジャニーズという「努力の天才たち」から学んだ仕事哲学
日本の芸能史を変えてきた男たちに学ぶ仕事術と人材育成術を前・中・後編の3回に分けてお届けする。今回は前編――。(2019/8/16)

「風の谷のナウシカ」が新作歌舞伎に 宮崎駿監督作品では初 ナウシカ役は尾上菊之助
トルメキア屋っ! 風の谷屋っ!(2018/12/12)

ゲーム制作で12書体が年額4800円で使える インディー&同人ゲーム開発向けのフォントサービス「mojimo-game」登場
ゲームエンジンへの組み込みや宣伝も使用OK。ゲームクリエイターには良心的すぎる……!(2018/12/6)

蜷川幸雄さん演出の「ハムレット」「近松心中物語〜それは恋〜」 逝去受け公演中止に
上演を予定していた彩の国さいたま芸術劇場で、蜷川さんは芸術監督を務めていました。(2016/5/17)

舞台演出家・蜷川幸雄さん死去
舞台演出家の蜷川幸雄さんが死去した。80歳だった。(2016/5/12)

演出家・蜷川幸雄さんが死去 80歳
俳優への厳しい指導で知られていました。※追記(2016/5/12)

カズオ・イシグロのベストセラーをテレビドラマ化 綾瀬はるかさん主演「わたしを離さないで」2016年1月放送開始
綾瀬はるかさん、三浦春馬さん、水川あさみさんが“特別な使命”を抱え生きる男女を演じます。(2015/11/19)

「dTV」、新ジャンル「シアター」で舞台作品配信 蜷川幸雄×藤原竜也「ロミオとジュリエット」など
定額映像配信サービス「dTV」に舞台作品を取り扱うジャンル「シアター」が新設された。(2015/7/1)

薄くなりゆく物語、「NAZO」に注がれた物語編集力――松岡正剛ロングインタビュー
サイバードが9月にリリースしたジグザグ・シアターオペラ「NAZO(ナゾ)」。その開発に携わった知の巨人・松岡正剛氏。物語性や編集工学といった氏の“哲学”がふんだんに盛り込まれたこのアプリの知られざる物語をひもといていこう。(2014/11/14)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
「んっんっんっんっ、おぬしも悪よのう」──悪代官でボイストレーニング
よい声の人は信頼できそうで、話の中身にまで興味がわくのではないだろうか。では、よい声とはどのようなものなのか。(2014/3/31)

新作DVD情報:
吉原で咲き乱れるロックな花魁の生き様――「さくらん」
体は売っても心は売らない、気に入らない客は蹴り飛ばす。強く激しく生きる吉原No.1の花魁の生き様をカラフルに描き出した異色作。(2007/7/23)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。