ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「のまネコ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「のまネコ」に関する情報が集まったページです。

PC遠隔操作事件で逮捕の男、「のまネコ」騒動で殺害予告の過去
PC遠隔操作事件で逮捕された男は、2005年に起きた「のまネコ」騒動でエイベックスに対する殺害予告を書き込んだとして逮捕された人物だったという。(2013/2/10)

ネット時代の新潮流――CGMとは(4):
「のまネコ」「やわらか戦車」に見るCGMビジネスのリスクとチャンス
ユーザーが作ったコンテンツをメジャーに押し上げ、ビジネス化するには――CGM連載第4回では、「のまネコ」「やわらか戦車」を例に、成功するCGMビジネスのプロセスを考える。(2006/8/18)

インタビュー:
ひろゆき氏が語る「電車男」「のまネコ」そして今、注目のネタ
今年も、2ちゃんねるは多くの話題をふりまいた。電車男のブーム、のまネコをめぐる騒動。「VIP STAR」など最新の話題も含め、管理人の西村博之氏に聞いた。(2005/12/16)

着メロ年間ランク、「マイアヒ」を抑えトップは……
ギガネットワークスカンパニーは「2005年度年間着信メロディランキング」を発表した。のまネコ問題で話題の「恋のマイアヒ」を抑えトップに立ったのは?(2005/12/8)

エイベックス殺害予告、別の殺害予告の容疑者が関与か
「のまネコ」問題に絡み、エイベックス社員の殺害予告が2ちゃんねるに書き込まれた事件で、別の殺害予告で逮捕された容疑者が書き込みを認めているという。(2005/11/1)

News Weekly Access Top10(2005年10月9日−10月15日)
女性オタク研究は、なぜ存在しないのか
先週のトップアクセスは、またまた「のまネコ」関連の記事。2位にはNRIのオタク研究に関する記事が、先週に引き続きランクインした。(2005/10/17)

ひろゆき氏「パクリ疑惑を実質認めたようなもの」
エイベックスが「のまネコ」使用料受け取りを辞退すると表明したことについて、2ちゃんねるのひろゆき氏は「パクリ疑惑に関しては実質認めたようなものだと思います」とコメント。宙に浮く形の使用料の使い道も提案。(2005/10/13)

エイベックス、「のまネコ」キャラクター使用料を辞退
エイベックスが「のまネコ」グッズのキャラクター使用料を辞退することを決めたと発表。「企業の論理を優先」したビジネス展開で「非常に不快な思い」をさせたとしてネットユーザーに明確に謝罪した。(2005/10/13)

「のまネコ」図形商標出願を取り下げ
「のまネコ」の著作権を持つ会社が、同キャラの図形商標出願を取り下げたと発表した。(2005/10/3)

メガネ白衣の小西真奈美をどどーんと公開
先週のトップ10記事は「のまネコ」関連の話題がほぼ独占した──が、メガネ姿の小西真奈美さん特集をとり行います。(2005/10/3)

エイベックスが「のまネコ」Flash収録を中止へ 商標登録も中止依頼
「のまネコ」問題でエイベックスは、「恋のマイアヒ」CDへのFlashムービー収録を取りやめ、商標登録出願も中止を依頼すると発表。一方、「2ちゃんねる」に同社員への殺人予告が掲載されたとして被害届を出す方針だ。(2005/9/30)

「のまタコ」キャラ展開? ひろゆき氏、エイベックスに公開質問状
「のまネコ」問題で新展開。2ちゃんねる管理人のひろゆき氏がエイベックスに公開質問状を出した。「のまタコ」をキャラ展開する、という。(2005/9/25)

「のまネコ」は「モナー」? ネットで騒動に
エイベックスから発売されてヒット中の「恋のマイアヒ」。ムービーに登場するキャラクターが「アスキーアート『モナー』にそっくり」などと指摘され、ネット上で騒動が起きている。(2005/9/9)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。