ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「藤田正美の「まるごとオブザーバー」」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「藤田正美の「まるごとオブザーバー」」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

藤田正美の「まるごとオブザーバー」:
原発「ゼロ目標」の愚
原発を稼働させるリスクと、日本の経済のリスクをどう秤量し、どう判断するか。政治家は役割を果たせるだろうか。(2012/9/25)

藤田正美の「まるごとオブザーバー」:
店ざらしになる「国会事故調報告書」
「そんなことはありえない」と言っているうちは将来にわたるシナリオを描ことはできない。(2012/8/22)

藤田正美の「まるごとオブザーバー」:
民主主義は正しいとは限らない
増税をする前にやるべきことがあると多くの人が言うが、具体的には何を指すのか。大きな支出項目に手をつけなければ歳出カットにはならないのだ。(2012/7/24)

藤田正美の「まるごとオブザーバー」:
シナリオ不在が日本の病根
シナリオを描けなければさまざまな変化に対応できない。原発事故はそのことをわれわれに教えてくれた。シナリオを描くのに必要なのは、常識にとらわれない発想だ。(2012/6/25)

藤田正美の「まるごとオブザーバー」:
劣化する政治、劣化する官僚
このままだと日本が沈没する日はそう遠くはない。もちろん国であるから沈没してなくなってしまうわけではないが、その時には、国民はすべての痛みを引き受けることになる。(2012/5/28)

藤田正美の「まるごとオブザーバー」:
「安全と安心」と「科学者と政治家」
どんなものでも絶対に安全ということはない。それに必ず人はミスをする。それを前提にして被害を最小限に食い止めなければならない。(2012/4/27)

藤田正美の「まるごとオブザーバー」:
世界経済は回復方向だが
世界の金融関係者が固唾を呑んで見守っていた欧州の債務危機も、ギリシャの「秩序あるデフォルト」で山を越えた。しかし実際には、金融機関の危機は残っている。(2012/3/27)

藤田正美の「まるごとオブザーバー」:
情報の差が国力の差
記録がなければ、過去の出来事から学ぶことができない。だから記録をし、残しておく。それは個人でも組織でも同じことだ。まして国ならばなおさらである。(2012/2/28)

藤田正美の「まるごとオブザーバー」:
官のずさんな情報管理が日本をだめにする
原子力災害対策本部の会議の公式議事録が作成されていなかった。それだけではない。東電に設置された統合対策本部の公式議事録もないのだそうだ。これで物事が決められるのだろうか?(2012/1/26)

藤田正美の「まるごとオブザーバー」:
小沢一郎裁判の奇妙さ
この裁判の冒頭、小沢被告は、国家権力が小沢一郎個人を標的にした不当なものであると発言して、裁判官の「見識のある」判断を求めた。(2011/10/24)

藤田正美の「まるごとオブザーバー」:
世界経済崖っぷち
ユーロ圏が揺れている。ギリシャの財政危機に端を発したユーロ圏の「国債危機」。しかしもはやギリシャの破綻は「想定内」といえそうだ。(2011/9/27)

藤田正美の「まるごとオブザーバー」:
「大連立」のナンセンス
衆参ねじれ国会という現実を前にしては、大連立以外に道はない、そう考えているのだろうがはたして大連立で解決できるのだろうか。(2011/8/23)

藤田正美の「まるごとオブザーバー」:
今そこにある危機
民主党政権は東海地震を懸念して浜岡原発を停めたけれども、日本を覆うリスクは地震だけではない。外にはTPP(環太平洋パートナーシップ協定)参加問題に表れているような国際競争力の維持、そして中国海軍の外洋進出と南シナ海の安全という問題がある。(2011/7/21)

藤田正美の「まるごとオブザーバー」:
菅首相の大罪
菅首相はよく自民党に対して「歴史への反逆」という言い方で攻撃していた。しかし今、歴史に大きな汚点を残そうとしているのは、菅首相その人自身である。(2011/6/22)

藤田正美の「まるごとオブザーバー」:
東京電力の存続は「前提条件」か
一般に企業が何らかの形で人々に損害を負わせた場合、それを賠償するのは企業の責任である。(2011/5/20)

藤田正美の「まるごとオブザーバー」:
なぜ? 東京電力のドタバタ
3月11日午後、東日本をマグニチュード9.0の巨大地震が襲った。日本では観測史上最悪の地震であり、また津波の高さもこれまでの想定をはるかに超えるものだった。(2011/3/16)

藤田正美の「まるごとオブザーバー」:
統一地方選で何かが変わる
春になるとさまざまな生き物が動き出す。日本の政治にも新しい命が吹き込まれるだろうか。(2011/2/17)

藤田正美の「まるごとオブザーバー」:
首相が言わなかったこと
危機感が無いとはこんなに奇妙に映るのか。触れなかった問題の大きさを知ってほしい。(2011/1/26)

藤田正美の「まるごとオブザーバー」:
政治リスクで日本が沈む
借金に次ぐ借金。経済の停滞。持続可能な経済に戻るのはいつなのか。(2010/12/28)

藤田正美の「まるごとオブザーバー」:
言葉の耐えられない軽さ
言葉を重要視せず、その場限りの言い繕いに終始していては、国民の信頼は得られない。(2010/12/6)

藤田正美の「まるごとオブザーバー」:
対中外交、日本ができること
外交は、20世紀前半のパワーポリティックスから、21世紀は理念や論理が重要に。(2010/11/2)

藤田正美の「まるごとオブザーバー」:
日本完敗、中国は? 
圧力を強める中国。ただこれで中国の全面勝利というわけでもないだろう。(2010/9/27)

藤田正美の「まるごとオブザーバー」:
日本政治のマヒ
代表選と為替相場、民主党にとってはどちらが大切なのだろうか。内輪争いのとばっちりにしてはダメージが大きすぎる。(2010/8/30)

藤田正美の「まるごとオブザーバー」:
沈みゆく日本
減り続ける国内需要、人口。日本が生き残るために受け入れることとは。(2010/7/27)

藤田正美の「まるごとオブザーバー」:
劣化する政治
鳩山内閣の支持率が2割を切ろうとしている。内閣発足時は7割近い高水準でスタートしたにもかかわらずだ。混迷の時代に求められるのは政治でも、企業でも強力なリーダーの存在である。リーダーはどこにいるのか。(2010/5/3)

藤田正美の「まるごとオブザーバー」:
危機感
郵貯、簡保の限度額が引き上げられる。すでに巨額のマネーを集めているにもかかわらず、なぜさらに拡大を目指すのか。(2010/4/7)

藤田正美の「まるごとオブザーバー」:
自民党のていたらく
批判ばかりで政策論争もない政党の価値とは何だろうか。過去の誤りを認め、これからの日本のあり方提示しない限り、国民の支持が戻ることはないだろう。役割を果たさない政党が見分けられないほど国民の目は曇っていない。(2010/3/5)

藤田正美の「まるごとオブザーバー」:
迷走する鳩山政権
政権交代を歓迎する「ハネムーン期間」を過ぎ、支持率が急落している鳩山政権。日米外交、暫定税率、デフレなど課題は山積だが、いまひとつ首相の決断力が欠けているのだ。(2010/1/6)

藤田正美の「まるごとオブザーバー」:
事業仕分けの限界
賛否両論あるがこの初めての試みには注目が集まっている。一過性のショーで終わらせないためにわたしたち国民も事業のあり方を考え続けなければならない。(2009/11/30)

藤田正美の「まるごとオブザーバー」:
見捨てられる日本市場
どうすれば日本が世界にとって魅力的な市場になるのだろうか。日本経済を活性化させるためにも、今やらなければいけないことがある。(2009/11/2)

藤田正美の「まるごとオブザーバー」:
鳩山政権の大きなリスク
驚いた人も多かっただろう。日本郵政の社長人事をめぐり憶測は絶えない。果たして郵政改革はどこに向かうのか。(2009/10/28)

藤田正美の「まるごとオブザーバー」:
鳩山政権、無難なスタート
日本の民主主義が前進するために民主党は何をすべきか。政権が交代して本当に良かったと感じられる日はいつなのか。(2009/9/28)

藤田正美の「まるごとオブザーバー」:
民主党、300議席の罠
たとえ勝ったからといって楽観している余裕はない。閉塞状況にある政治を打開するには口先だけでは2年ともたないだろう。(2009/8/27)

藤田正美の「まるごとオブザーバー」:
民主党の試練
日本が抱える財政問題、高齢化社会、人口減という三重苦を解き、本当に必要な将来への投資を考えられるのは誰なのか。(2009/8/3)

藤田正美の「まるごとオブザーバー」:
見えない日本の将来
日本の産業が抱える過剰設備を調整し、余剰人員の適切な配置転換が終わらない限り、日本経済の本格的な回復はない。(2009/7/2)

藤田正美の「まるごとオブザーバー」:
ピントはずれ
「日本の傷は相対的に浅い」、「日本だけが良くなるわけにはいかない」などと話す麻生首相。いまだ世界的な経済不況が進行する中、この現状認識の甘さはいかがなものであろうか。(2009/4/10)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。