ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「官僚」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「官僚」に関する情報が集まったページです。

「東大に強い学校」ランキング 合格者が100人を超えた学校は?
今回は東大の一般選抜と学校推薦型選抜の合格者を合わせた、「東大に強い学校ランク」をお届けする。(2024/4/26)

クラウドコスト管理の基本「FinOps」【後編】
クラウド予算超過を抑制「FinOps」は担当者1人で実践できる? その方法とは
FinOpsは、クラウドサービスを利用する企業のコスト管理手法として注目を集めている。これを実践するにはどうすればいいのか。そのポイントを専門家に聞いた。(2024/4/3)

2027年半導体問題:
TSMCの工場誘致は、どんな意味があるのか。
半導体受託生産の世界最大手「台湾積体電路製造(TSMC)」が、米国アリゾナ州に建設中の工場が「当初の計画に比べて、遅れている」と、3月14日付の米紙ウォールストリート・ジャーナル(電子版)が報じた。(2024/3/24)

「劇場版モノノ怪 唐傘」、女中たちに黒沢ともよ&悠木碧&小山茉美 7月26日に公開決定
キャストコメントも公開されています。(2024/3/21)

日本の賃金は上昇傾向に 経済を「マクロで見る見方」
経済状況を「マクロで見る見方」がもっと浸透していけば、もっと強い日本経済を構築できる。経済状況をマクロで見る視点、データを見るポイントを、伝えていくき。(2024/2/22)

「日本の会社員はなぜやる気を失ったのか」 ワタミに「CHO」職を導入
ニッポン放送の番組で、元日経ビジネスアソシエ編集長で、経済ジャーナリストの渋谷和宏さんと対談した。(2024/1/31)

SEMICON Japan 2023で講演:
経産省「大臣が変わっても、半導体への積極投資は止めない」
経済産業省(経産省) 商務情報政策局 情報産業課 デバイス・半導体戦略室長の清水英路氏は、「SEMICON Japan 2023」のグランドフィナーレパネルで登壇し、「経済産業大臣が誰に代わったとしても、経産省が半導体分野に積極投資する姿勢に変わりはない」と、半導体政策の継続性を強調した。(2024/1/12)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
豊田社長の“あの時の話”を詳しく明かそう 2023年に読まれた記事
筆者が毎回サーキットに行くのは、普段はなかなかないほど長い取材時間が与えられるからだ。サーキットに行くと時間をたっぷり使って、かなり踏み込んだ話ができることがある。ましてや海外のサーキットとなれば、帰りの時間もない。その時、豊田社長が衝撃的な発言をしたことを、かなり思い切って記事にしたものが、今年の1位の記事だ。(2023/12/25)

ザック・スナイダー、最新作は「スター・ウォーズ」の影響受けつつもずっと“大人向け” 「ルークの貞操を心配した観客だっていたはず」来日インタビュー
「スター・ウォーズ」はもちろん、「七人の侍」を含む黒澤明作品の影響を明言しています。(2023/12/22)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
「リニア中央新幹線」の静岡は、いまどうなっているのか 論点を整理してみた
JR東海が建設中のリニア中央新幹線だが、静岡県が着工を認めない。静岡県も知事も建築反対のように見えるが、賛成の立場だという。そこでいったん立ち止まって、リニア中央新幹線とは何か、現在の論点は何かを整理してみた。(2023/12/15)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
356億円が消えた「クールジャパン機構」の大失態 その“楽観的すぎる計画”の中身
10月31日の国会中継では、官民出資のファンドである「クールジャパン機構(海外需要開拓支援機構)」の356億円にも上る巨額の累積損失が厳しく追及された。日本のアニメ、ファッション、食品などの文化コンテンツを海外市場に展開することを目的とするファンドだが、運用上の問題や損失が度々指摘されており、その経営効率と透明性が問題視されている。(2023/11/6)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
一流のチームは一日にして成らず――『易経』が教えるブレないリーダーの心構え
経営者や研究者、医師、スポーツ選手……名だたるリーダーたちが愛読する中国の古典『易経(えききょう)』。どんなことが書いてあるのか。なぜ、人々は魅了されるのか。時代を超えて読み継がれてきた名著のエッセンスを、易経研究家・小椋浩一さんがお話しします。(2023/11/2)

IT経営者の本棚:
179億円調達の法務SaaS企業、経営陣の本棚を覗き見  愛読書は?
今をときめくIT・Web関連企業の経営者の本棚や愛読書をのぞき見。現代社会で戦うIT経営者たちがどんな考え方に影響を受けているのか、ヒントを探る。今回は、法務向けSaaSを手掛け、10月までに179億円の資金を調達しているLegalOn Technologies経営陣の本棚や愛読書をのぞき見る。(2023/10/11)

「お金に愛されないエンジニア」のための新行動論(12):
「老後の2000万円」を準備できない私のための新アプローチ 〜検討編
数年前に世間を騒がせた「老後2000万円問題」。今回は、その問題の中身を解説し、「2000万円準備できない私」のための新たなアプローチについて検討してみます。(2023/8/21)

和田憲一郎の電動化新時代!(48):
EVは「普及期」へ、生き残りに向けた3つの方向性
2023年にEVとPHEVを合わせた販売比率が18%になると予測されている。マーケティング理論上はアーリーアダプターからアーリーマジョリティーの領域に入る。また、多くの環境規制では2035年が1つの目標となっている。では、このように急拡大するEVシフトに対し、日本の自動車部品産業はいま何を考えておくべきか。(2023/6/28)

セールステックが営業組織を変える:
米国で進む「営業マネジャー」リストラの深層 日本への波及は?
米国で「営業マネジャー」をリストラする企業が増えている。なぜなのだろうか? また、米国の営業トレンドを成長してきた日本にはどのような影響があるのだろうか?(2023/6/22)

日銀の植田和男新総裁による就任記者会見、期待されている発信力はどうだったか 非言語は課題あり
10年ぶりの交代となった日銀総裁。植田和男新総裁が副総裁2人と共に就任会見を4月10日に開いた。岸田文雄首相は日銀の黒田東彦総裁の後任にふさわしい人物像について「主要国の中央銀行トップとの緊密な連携、内外の市場関係者への質の高い発信力と受信力が格段に重要になってきている」とコメント。日銀総裁に求められる発信力と受信力とは何か、広報の観点から考える。(2023/5/31)

半導体製造への再投資を進めるも:
ぜい弱なPCB業界の再建に向け苦悩する米国
半導体製造への再投資を加速する米国。だが、専門家たちは米国のエレクトロニクスサプライチェーンのぜい弱性を指摘する。その一つがPCB(プリント配線板)だ。(2023/5/2)

Gartner Insights Pickup(300):
2020年代にビジネスの再構築を促す6つのマクロ要因
経営幹部は、2020年代もビジネスと技術の戦略の見直しを迫られている。本稿では、ビジネスの再構築を促す6つのマクロ要因を紹介する。(2023/4/28)

この頃、セキュリティ界隈で:
ChatGPTに人格を与えるとどうなる? スティーブ・ジョブスになりきってEUに毒舌、有害性が増大
AIチャット「ChatGPT」に人格を持たせると、性差別や人種差別など不穏当な発言を連発するようになって有害性が増大する──米国の非営利研究機関「アレン人工知能研究所」はそんな研究結果を発表した。(2023/4/21)

スピン経済の歩き方:
なぜ「さつまいもブーム」が起きているのか 背景に“エリートの皮算用”
「さつまいもブーム」が起きている。街には焼き芋や大学イモの専門店が増えており、おしゃれなカフェでもさつまいもを用いたスイーツが販売されるようになっているのだ。その背景に何があるのかというと……。(2023/3/22)

芸能事務所「アミューズ」取締役など歴任:
楽天Gが元警察庁長官を社外取締役に選んだ理由 広報に聞いた
楽天グループの社外取締役に、安藤隆春元警察庁長官ら5人が3月30日付けで就任する見通しだ。安藤氏はこれまで多くの企業で社外取締役を務めてきたが、今回抜擢した楽天Gの狙いはどこにあるのか。(2023/3/8)

CMOのためのデジタルトレンド解説:
AIはSEOをどう進化させるのか
AIを用いたGoogle検索の改良をは従来もあった取り組みですが、今起きていることはそれとどう違うのでしょうか。(2023/3/1)

金融行政の視点で分析:
“黒幕”は金融庁? 横浜銀が「今さら」神奈川銀の統合を受け入れた深刻な地銀事情
地銀トップの横浜銀行が同じ神奈川県の第二地銀「神奈川銀行」を完全子会社化する。浜銀が預金残高ベースで40分の1程度の小規模地銀を経営統合するということ自体は大した話ではないが、金融行政の観点からはニュースバリューがある。(2023/4/16)

スピン経済の歩き方:
「ステマ規制」によってどうなる? 担当者の“冤罪”が多発する日
2023年秋、消費者庁による「ステマ規制」が本格的にスタートする。この規制によって、どのようなことが起きるのか。マーケティングやPRの担当者は戦々恐々としていて……。(2023/2/21)

「インボイスはデスゲーム」、税の押し付け合いが始まる 反対署名18万、 “身バレ”問題も未解決
「インボイスはデスゲーム」――STOP!インボイス代表で、フリーの編集者、ライターの小泉なつみさんは、記者会見でこう指摘した。そのココロは……。(2023/2/14)

「映画刀剣乱舞-黎明-」の情報解禁 → なぜか「はかた号」「ケツの肉」などがトレンド入りしてしまう事態に
ギャル審神者、ただ者ではなさそう。(2023/1/26)

給与アップの条件:
中小企業にも賃上げの波は広がるのか
日本企業は長年の間賃上げに消極的であり続けたが、物価高が進む中、世界の動向には大きく遅ればせながらも、大企業には賃上げの波が起こりつつある。問題は日本経済における雇用の大多数を占める中小企業である。その中小企業が賃上げを実施できるための条件は何かを探ってみよう。(2023/1/26)

理不尽と戦う官僚のワンちゃんスタンプ「政府の犬」がかわいさの中に哀愁漂う 「リスケです」「登庁遅れます」
しゃびーってなんですか……?(2022/12/22)

CMOのためのデジタルトレンド解説:
2022年のSEOを総括 キーワードは「透明性の確保」と「公正な競争の実現」
2022年を通じたSEOのトレンドについて総括します。(2022/12/9)

「お金に愛されないエンジニア」のための新行動論(9):
「令和版所得倍増計画」の正体 〜全国民参加の不労所得獲得戦略
今回は、「令和版所得倍増計画」について、もう一歩踏み込んで分析してみました。その結果、この計画は、「日本の国民全員参加による、不労所得の獲得戦略」であることが見えてきました。うん、ならば意外に悪くはない、一口乗ってみるかという気にもなってきます。(2022/12/1)

グーグルやP&Gジャパンを抑え:
特許庁、「辞めたけど良い会社ランキング」で4位 ”眠らない霞が関”で唯一評価されるには理由があった
オープンワークが9月に発表した「退職者が選ぶ『辞めたけど良い会社ランキング2022』」で特許庁が4位を獲得した。多忙を極めるイメージのある中央官庁の中で、なぜ評価されたのか?(2022/11/24)

大人に聞いた、“今”なりたい職業ランキング 3位「パイロット」、2位「社長・起業家」、1位は?
サントリー食品インターナショナルは、30〜60代の働く男女を対象に「大人がなりたい職業調査」を行った。(2022/11/21)

さもしいバラマキ根性:
金融所得課税率を上げるなら、配当だけを対象にすべし
「1億円の壁」に対する不公平感をベースに、再び金融所得への課税強化の議論が高まっている。まずは人気取りのためのバラマキを止めることが何より先決であるが、財政再建のために本当に必要なら聖域扱いすべきでもない。とはいえ……。(2022/11/1)

「お金に愛されないエンジニア」のための新行動論(8):
「新しい資本主義」をエンジニア視点で考えてみる
今回は「新しい資本主義」について考えてみます。きっかけは嫁さんの「新しい資本主義って何だろうね」というひと言。これを調べていくと、「令和版所得倍増計画」なるものの実施が絶望的に難しそうであることが明らかになってきました。(2022/10/31)

スピン経済の歩き方:
16億円もかけたのに、なぜ「国葬」がチープに感じたのか 「低賃金」ならではの理由
16億円をかけた「国葬」が、その額のわりに「安っぽい」という指摘が出ている。確かに、パイプ椅子が並んでいたり、祭壇が薄く見えたりしたが、それ以外にも理由があるのではないか。筆者の窪田氏は「安いニッポン」が影響しているのではないかと見ている。どういうことかというと……。(2022/10/4)

パナマ運河に匹敵? パラグアイの“交通革命”から見える地政学
南米パラグアイにこのほど、新たな道路が開通した。新ルートが物流に与える影響や可能性について考察した。(2022/10/3)

大山聡の業界スコープ(57):
不況期に向かう今、日本の半導体産業の「あるべき姿」を考える
半導体市況が暗転しつつある。「不況期こそ、来たるべき好況期に備えた戦略が必要だ」とは昔から業界内でも言われている。今回は個人的にいろいろと気になることがあるので、ここで日本の半導体産業の「あるべき姿」について考えてみたいと思う。(2022/9/14)

freee、GovTech領域強化 変更登記と許認可をオンラインで支援
freeeは9月7日、GovTech(行政のデジタル化)領域を強化する新プロダクトを発表した。「freee登記」は、株式会社が住所移転や役員変更の際に必要となる変更登記を支援するサービス。「freee許認可」は特定の事業を始める際に必要な、許可や認可、免許の申請を支援するサービスだ。(2022/9/7)

CMOのためのデジタルトレンド解説【号外】:
Googleの検索アルゴリズムアップデート(Helpful Content Update)で何が変わるのか?
Googleが発表した「Helpful Content Update」の概要を紹介しつつ、このアップデートが導入されるようになった背景を推察し、SEOの現在地とこれからについて解説します。(2022/9/6)

CMOのためのデジタルトレンド解説:
SEOからSXOへ 「検索体験の最適化」とはどういうことか?
現在のSEOにおいてはユーザーの検索行動や検索体験そのものの最適化、いわゆるSXO(Search Experience Optimization:検索体験の最適化)が重要となっています。(2022/9/2)

理想のキャリアを積める(物理) カプセルトイ「積みたいキャリア積み木」が登場
ある意味で教育玩具。(2022/8/29)

「パンドラの果実」ディーン・フジオカ、和気あいあいオフショットに反響 “娘”抱えるパパぶりに視聴者「たまりません」
現場の雰囲気良かっただろうなぁ。(2022/8/5)

農林水産省が夏休みの自由研究に役立ちそうな動画を公開 約1時間で花をめちゃくちゃきれいに染める
ゆるい動画なので子どもと一緒にも楽しめそう。(2022/7/17)

編集部コラム:
誰が15歳の日本人の科学力をそいでいるのか 「2050年に必要な人材」と技術者の復権
2050年に求められる人材像と現状を分析する資料から、いままで15歳の日本人が持つ科学力をそいできたものが何かを考えました。(2022/7/8)

金子総務相、KDDI障害対応で「技術に精通した職員を現場に派遣」 SNS上の「素人が足引っ張った」批判に反論
KDDIで発生した大規模通信障害での対応を巡り、金子恭之総務相は記者会見で、現場に技術に精通した職員をリエゾンとして派遣したことを明らかにした。金子総務相は3日の臨時会見で総務省の幹部職員をKDDI側に派遣したことを明らかにしていたが、SNS上で「復旧の邪魔」などと批判が集まっていた。(2022/7/5)

「足を引っ張った」は誤解──KDDI派遣の幹部は「技術に精通」と金子総務相 SNSの言説に対し
金子恭之総務大臣は7月5日、定例会見にて、2日から発生したKDDIの大規模通信障害について「利用者への周知、広報については利用者目線で見て、両社が通信事業者としての責任を十分に果たしたとはいえない」との見解を示した。(2022/7/5)

河野太郎議員のツイートで明らかに:
外務省、“ほぼ”FAX廃止→原則メールに 企業では意外と現役?
外務省が、一部を除き、FAXの利用を原則廃止していたことが分かった。前行政・規制改革担当相で、自由民主党(自民党)の広報本部長を務める河野太郎衆議院議員のツイートで外務省のFAX廃止が話題となっており、外務省に確認したところ、事実関係を認めた。業務効率化や紙の使用量削減などが主な狙いだという。(2022/6/23)

「Internet Explorer」サポート終了で、東京・調布市「なんで急に」報道 自治体DXに必要な“たった1つ”のこと
「Internet Explorer」サポート終了で、東京都調布市の職員が「なんで急に」とコメントしたとする報道がTwitterで話題となっている。自治体DXの推進に必要な視点を考察した。(2022/6/18)

快適・高品質な会議を実現するスピーカーフォンを紹介:
PR:MAXHUBで解決! 岸博幸氏が指摘する会議の「ムダ」とは?
リモート化で、これまでの働き方が抱えていた「ムダ」にメスが入る一方、いまだ多くのムダが残るのが「会議」。いったいなぜ、会議のムダはなくならないのか。会議の本質やコミュニケーションをよりよくするためのヒントを岸博幸氏に聞いた。(2022/5/20)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。