ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「スター・ウォーズ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「スター・ウォーズ」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

改札タッチや決済で光る スター・ウォーズの「R2-D2」をデザインしたiPhone 11/ICカードケース
電子技販は、12月25日に映画「スター・ウォーズ」シリーズに登場するR2-D2をデザインしたiPhone 11/11 Pro/11 Pro Max/ICカードケースを発売。電波でLEDが光る回路を搭載している。(2019/12/25)

「ビタースイートな気分」 「スター・ウォーズ」レイ役デイジー・リドリーが明かす“終わりのその後”
デイジーが口にした「スカイウォーカーの夜明け」のキーフレーズとなる言葉とは?(2019/12/24)

シーン追加は2年ぶり3回目:
東京ディズニーランド「スター・ツアーズ」にも“夜明け”がきた――映画公開に合わせ新惑星への旅を追加
東京ディズニーランドの「スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー」に期間限定で映画「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」のシーンが登場。(2019/12/20)

「スター・ウォーズ無料」で不正サイトに誘導 フィッシングやマルウェア感染
シリーズ最新作が無料で見られると偽って不正サイトに誘導し、マルウェアに感染させたり、クレジットカード番号を入力させたりする手口が横行している。(2019/12/20)

スター・ウォーズを終わらせた男、J.J.エイブラムス監督に聞く「スカイウォーカーの夜明け」
ついにこの日が来てしまった……!(2019/12/20)

「か、かっけぇぇ……!!」 ポルシェが「スターウォーズ」とコラボ 劇中世界の宇宙戦闘機をマジで制作
「それっぽく」てかっこいい。でも何で、どこが、ポルシェ?(2019/12/16)

「スター・ウォーズ」が「Facebook Messenger」とコラボでARエフェクトとスタンプ
「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」の封切りを12月20日に控え、FacebookがDinseyとのコラボでMessengerの動画チャットで使えるスター・ウォーズ関連のARエフェクトと、チャットのテーマとスタンプが無料で公開された。(2019/12/13)

ホントに浮いてるみたい! 「スター・ウォーズ」ルークの愛車「ランドスピーダー」を再現した猛者がすごい 鏡を使って本物っぽく魅せるスゴ技も
ウイングにはジェットエンジンを搭載するド派手な仕様です。(2019/12/12)

「スター・ウォーズ」最新作に激しい点滅シーン 光過敏性てんかんの恐れをディズニーが呼びかけ
発症の恐れがある場合は、鑑賞済みの友人にサポートしてもらうよう勧めています。(2019/12/10)

ラベルのライトセーバーが光る! カッコいい「スター・ウォーズ」コラボコーラがシンガポールで登場
日本でも売ってほしい。(2019/12/7)

約17万円:
「Galaxy Note10+ Star Wars Special Edition」登場 ドコモが2000台限定で12月13日発売
NTTドコモは12月13日、サムスン電子製スマートフォン「Galaxy Note10+ Star Wars Special Edition」を発売する。本体色はダークサイドを象徴するブラックを基調とし、Sペンはライトセーバーを意識したレッドを採用。(2019/12/6)

「余命わずかなスター・ウォーズファンの患者に最新作を見せたい」 ホスピスの願いをディズニーがかなえる
願いがかなってよかった。(2019/12/1)

Anker、スター・ウォーズとコラボ “R2-D2”デザインのモバイルプロジェクターとモバイルバッテリー
アンカー・ジャパンが映画「スター・ウォーズ」とコラボしたモバイルプロジェクターとモバイルバッテリーを発売する。(2019/11/20)

「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」の上映時間はシリーズ最長の155分
12月20日封切り予定の「Star Wars: The Rise of Skywalker」(邦題は「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」)の上映時間が155分であることが分かった。2017年の「最後のジェダイ」より数分長い。(2019/10/24)

「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」最後のトレーラー公開
日米で12月20日封切り予定の「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」の新トレーラーが公開された。これが“ファイナル”という。(2019/10/22)

ハン・ソロ(炭素冷凍)のロースターが衝撃的 スター・ウォーズとル・クルーゼのコラボアイテムが限定販売
ジャバが喜びそう。(2019/10/14)

「スター・ウォーズ」の「光と闇」を表現したスマートウォッチ、ソニーが発売 価格は7万円
ソニーは映画「スター・ウォーズ」とコラボしたスマートウォッチ「wena wrist pro Chronograph set /STAR WARS limited edition」を発売する。スター・ウォーズシリーズのテーマの1つである「光と闇」を2つのモデルで表現した。(2019/10/4)

「スターウォーズ」最新作の特別映像公開 終盤の展開にネットざわつく「思考停止中」
あと4カ月……!(2019/8/27)

「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」の新トレーラー
日本で12月20日に封切り予定の「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」の新トレーラーが公開された。レイが赤いライトセーバーを持つシーンも。(2019/8/27)

Disney+独占のスター・ウォーズの新シリーズやMarvelの作品ラインアップが明らかに
Disneyが北米で11月12日にスタートする動画配信サービス「Disney+」で、傘下のLucasfilmの「スター・ウォーズ」スピンアウト作品「The Mandalorian」が独占配信される(トレーラーあり)。ユアン・マクレガー主演のオビ=ワンシリーズも予定されている。(2019/8/26)

スター・ウォーズの手作り宇宙要塞が暗黒面に落ちそうな緻密さ 制作期間4年で進行度は4分の1
2015年7月5日に制作開始。(2019/8/21)

「スター・ウォーズ」伝説のシーンを子どもがドライアイスで再現 「ブンドドの天才」と絶賛の声
これは天才的ブンドド。(2019/8/18)

「ライトセイバーの色の早見表」「マスターと弟子の相関図」も 「スター・ウォーズ」のマニアックすぎる公式本が登場
インフォグラフィック好きにも。(2019/6/22)

ここでは、あなたのストーリーが主人公:
まごうことなきあの世界 ディズニーランドにオープンした「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」を体験してきた
写真で見るだけでは分かりにくいそのスゴさを、一足先に“銀河の辺境”へ足を踏み入れてレポートしましょう。(2019/6/3)

ディズニー、「スター・ウォーズ」新3部作「アバター2〜5」の公開年を発表 2021年から毎年交互に公開
マーベル作品も多数予定されています。(2019/5/8)

「スター・ウォーズ」シリーズのチューバッカ役、ピーター・メイヒューが逝去 マーク・ハミルら別れを惜しむ
長年チューバッカ役として愛されてきました。(2019/5/3)

「ミレニアム・ファルコンは高速道路7車線分」 「スター・ウォーズ」を地球と比較した映像に感動
リアリティーがすごい……。(2019/4/27)

遠い昔、はるか銀河の“辺境”で――:
米ディズニーランドに「スター・ウォーズ」エリアがやってくる フォース渦巻く世界に没入せよ
ミレニアム・ファルコン号を操縦するアトラクションも!(2019/4/24)

ボバ・フェット同人作家の市川紗椰さん、スター・ウォーズ展示会の魅力を解説
「STAR WARS Identities: The Exhibition」のアンバサダーとなった市川さんのマニアっぷり。(2019/4/23)

「スター・ウォーズ」シリーズ最新作「ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー」特報公開 レイアの姿も
最後にはパルパティーン皇帝の笑い声も。(2019/4/13)

ディズニーの定額動画サービス「Disney+」は月額6.99ドルで11月に米国で開始
Disneyが11月に米国で開始する定額動画サービス「Disney+」の詳細を発表した。サブスク料金は月額6.99ドルとNetflixの最低プランよりさらに2ドル安く、「スター・ウォーズ」や人気アニメなどの既存映画をオフラインでも視聴できる。様々なオリジナルコンテンツも提供していく。(2019/4/12)

架空世界で「認証」を知る:
「R2-D2」はハッキング上手? 「スター・ウォーズ」で考えるセキュリティ
小説、漫画、アニメ、映画などの架空世界に登場する「認証的なモノ」を取り上げて解説する連載をITmediaで出張掲載。第12回のテーマは架空世界の「スター・ウォーズの認証」について。(2019/3/25)

ディズニー傘下の動画やコンテンツが見放題、使い放題――「Disney DELUXE」始動 月額700円で3月26日スタート
ディズニー傘下の「ディズニー(Disney)」「ピクサー(Pixar)」「マーベル(Marvel)」「スターウォーズ(STAR WARS)」ブランドの動画やコンテンツが見放題、使い放題となる定額サービスが3月26日にスタート。認証や決済、販売促進面でNTTドコモがサポートする。【更新】(2019/3/7)

ディズニーとドコモ、共同で見放題サービス提供開始へ ディズニー、ピクサー、スター・ウォーズ、マーベル作品が見放題に
これまで他の定額動画配信サービスに登場していなかった「アナと雪の女王」なども見放題に。(2019/3/7)

きたきたきたぁぁ! シリーズ最終章「スターウォーズ/エピソード9」、12月20日に日米同時公開決定
42年に渡って描かれた作品の集大成。(2019/2/4)

「スター・ウォーズ」モデルのメガネがZoffから登場 暗黒のベイダーモデルに金ピカのC-3POモデルなど
モチーフはエピソード4〜6。「フォースとともにあらんことを」など、名言入りモデルも。(2018/12/4)

子ども世代を「スター・ウォーズ」に誘う公式サイトとYouTubeチャンネル「Star Wars Kids」
米Walt Disneyは、自分の子どもとスター・ウォーズの世界を楽しみたい親世代のために、子ども向けスター・ウォーズ入門サイト「StarWarsKids.com」とYouTubeチャンネル「Star Wars Kids YouTube」を開設した。11月30日に番組を公開する。(2018/11/29)

米ディズニーランドの「スター・ウォーズ」テーマランドのためにジョン・ウィリアムズが新たに作曲(動画あり)
Walt Disneyが2019年に米国のディズニーランドに開設する「スター・ウォーズ」アトラクション「Star Wars: Galaxy’s Edge」のためにシリーズの音楽を手掛けるジョン・ウィリアムズがテーマを作曲し、アビーロードスタジオで収録した。(2018/11/18)

ディズニーの動画サービス、名称は「Disney+」 「ロキ」のドラマシリーズも配信
「スター・ウォーズ ローグ・ワン」のカシアン・アンドーのシリーズも製作予定。(2018/11/9)

ギャアアア! Googleが公式ブログで“Googleマップに写ってしまった恐怖映像”の数々を紹介中
異界の門、湖に沈む旅客機、幽霊、そしてダースベイダー……!?(2018/10/30)

ダース・ベイダーの呼吸音が背後から:
「Oculus Quest」向け「スター・ウォーズ」コンテンツ来春公開へ
来春発売の6DoFスタンドアロンVR HMD「Oculus Quest」向けの「スター・ウォーズ」コンテンツ「Vader Immortal: A Star Wars VR Series」が三部作で登場する。(2018/9/27)

「スター・ウォーズ」BB-8を作った男、巨大な6脚ロボットを作り上げてギネス世界記録に認定される
子どものころに見たAT-ATへの憧れが原点(2018/9/22)

「スター・ウォーズ エピソードIX」にレイア・オーガナ将軍登場へ 「CG合成はしない」
「スター・ウォーズ」シリーズ9作目「エピソードIX」に故キャリー・フィッシャーさん演じるレイア・オーガナ将軍が登場する。「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」で撮影したフィルムを編集して使い、CGでの再構築はしない。(2018/7/29)

「スター・ウォーズ エピソード9」のキャストが発表 レイア役キャリー・フィッシャーは過去作未公開シーンを使用し登場
映画は2019年米公開。【訂正】(2018/7/28)

週末アキバ特価レポート:
短冊に願いごとでTITAN Xpが当たるかも!?
ドスパラ秋葉原本店が七夕キャンペーンを土曜日から実施する。願いごとを書くと抽選で「TITAN Xp Collexctor's Edition Star Wars Galactic Empire」が当たるという。(2018/7/7)

これで君もダース・ベイダー! 「着れちゃう! ダンボール」にベイダー版登場
ダンボールパーツを組み立てるだけ!(2018/6/7)

「スター・ウォーズ」ローズ役女優、相次ぐヘイトにSNS投稿全削除 マーク・ハミルの援護に賛同の声
「本当のスターウォーズファンはみんな彼女を愛してる」とファンの声も。(2018/6/7)

走る姿は……かなりシュール スター・ウォーズ好きおじさんが有人R/C「TIEファイター」を作っちゃった
偉大なる暗黒卿もご満悦。(2018/4/23)

PR:野性爆弾くっきーがスター・ウォーズをまさかの解説  「4分で分かる最後のジェダイ」のはずがもはや意味不明
なぜくっきーに頼んだ。(2018/4/23)

「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」の上映時間は「フォースの覚醒」と同じ135分
「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」(日本での封切りは6月29日)の上映時間が135分であることが、同作品を特別上映作品として披露するカンヌ国際映画祭の公式サイトで明らかになった。(2018/4/15)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。