ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「おでん」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「おでん」に関する情報が集まったページです。

「気づいたら平手友梨奈ちゃん見てる」「メンバーの家族も欅ファン」 グランジ遠山・はんにゃ金田・バグベアが夜通し欅坂46愛語った「語るなら欅を」イベントレポート 
【画像】欅坂46のこと、誰が一番愛してる?(2020/1/18)

あなたの今週の運勢は? ねとらぼ12星座占い【1月20日〜27日】
(2020/1/20)

「あ、あま〜〜〜〜い!!」 イチゴの甘さにびっくり(?)したハムスター 脳内アフレコしたくなる表情がかわいい
無事、脳内アフレコされました。(2020/1/16)

ファミマが“レンチンおでん”を本格導入 売り上げ減を承知で販売方法を見直した理由とは?
ファミリーマートが店頭でのおでんの販売方法を見直し、新たにレンジで温めるおでんを導入する。その理由は?(2020/1/14)

ビジネスパーソンを救う「せめてこれだけ」食事術【前編】:
朝食を抜きがちなビジネスパーソンに残された最終手段「だけ朝食」とは?
昼は毎日外食、夜は接待に飲み会、朝は時間がなく何も食べない――。健康は気になるけど、毎日忙しく過ごすビジネスパーソンが「規則正しい、理想に近い食生活」を実行するのは不可能に近い。それでも、できるだけ健康でいるためにはどうしたらよいのか。20年以上活躍する食生活ジャーナリストが「せめてこれだけは実践しよう」という健康情報をお届けする。(2020/1/10)

年齢層ごとに異なる好みとは?:
コンビニで「助六寿司」を買っているのは誰なのか ローソンのデータから分析
20〜60代のお客はコンビニでどんな商品を好んで購入しているのか。ローソンがそれぞれの世代における自社オリジナル商品の世代別販売数構成比ベスト3を発表した。助六寿司を購入しているのはどの年代なのか。(2020/1/8)

おわび案件も多かった:
厄年か自業自得か セブンが2019年に世間を騒がせた4つの事案を振り返る
2019年はセブンが世間を騒がせた1年だった。おわび案件も多く、爪痕は今も残っている。特に印象深い4つの事案を振り返る。(2019/12/28)

【なんて読む?】今日の難読漢字「嘸」
ヒント:さ○(2019/12/24)

【なんて読む?】今日の難読漢字「曜く」
○○○く(2019/12/22)

【なんて読む?】今日の難読漢字「湯湯婆」
ヒント:ゆ○○○(2019/12/20)

共同通信社の記事:
批判され続けたセブンが反撃!? 一部報道に猛烈な抗議
セブンが一部報道に猛烈な抗議。共同通信社の記事は事実でないとする。どんな内容なのか。(2019/12/19)

【なんて読む?】今日の難読漢字「態態」
ヒント:わ○○○(2019/12/18)

【なんて読む?】今日の難読漢字「扠」
ヒント:よく使う2文字の平仮名(2019/12/17)

【なんて読む?】今日の難読漢字「悴む」
手が○○○む。(2019/12/16)

【なんて読む?】今日の難読漢字「顰め面」
頻+卑(2019/12/15)

【なんて読む?】今日の難読漢字「吐かす」
「吐(は)かす」ではない読み方。(2019/12/14)

【なんて読む?】今日の難読漢字「怠い」
「怠惰」の「怠」。(2019/12/13)

【なんて読む?】今日の難読漢字「御田」
あまり田んぼっぽくない。(2019/12/12)

【なんて読む?】今日の難読漢字「戦慄く」
「戦慄」は「せんりつ」でおなじみだけど……?(2019/12/11)

セブン-イレブンが10日午後に記者会見 「残業代長期未払い」報道受け
セブン-イレブンで働くパートやアルバイトの残業手当の一部が未払いだったとする報道を受け、同社は12月10日に記者会見を開くという。(2019/12/10)

【なんて読む?】今日の難読漢字「努努」
ゆ○○○(2019/12/10)

新連載・コンビニオーナー“大反乱”の真相:
コンビニおでん「無断発注」「販売中止」問題が暴く画一的ビジネスの限界
冬のコンビニの人気商品・おでんに異変。無断発注問題や店舗によっては販売休止の動きも。オーナーへの生々しい現場取材を通じてその真因を追う。(2019/12/9)

名古屋めしビジネス「勝ち」の理由:
新興メニュー「台湾まぜそば」が爆発的に広がった理由 名古屋めしの新しい活路とは
名古屋めしシーンの新しい動きとは? 誕生から10年余りで全国に広がった「台湾まぜそば」、コラボ商品に活路を見いだす「あんかけスパゲティ」、“名古屋めしデパート”で観光客を獲得し絶好調の外食企業。名古屋めしビジネスの今後を探る。(2019/12/9)

【なんて読む?】今日の難読漢字「嬢はん」
「お嬢さん」とは別の読み方(2019/12/9)

【なんて読む?】今日の難読漢字「御数」
頭に「お」がつくのには、こんな理由がある。(2019/12/8)

11月27日から窓口開設:
セブン「おでん無断発注事件」に進展 ホットライン開設で本格調査へ 08年にも同様のケース
セブンのおでん無断発注問題。既に2人が懲戒処分を受けているが、11月27日から約1カ月間、過去のケースについてFC加盟店から通報を受け付けることを決めた。真相は解明されるのか。どれくらいの規模で無断発注は行われていたのか。(2019/11/26)

「上司の圧力」報道も:
セブンがおでんを無断発注した社員を懲戒処分 被害の背景は明かされるのか
セブン‐イレブン・ジャパンの社員が店舗のおでんを無断で発注した。同社は2人の本部社員を懲戒処分にした。無断発注の背景は明かされるのか。(2019/11/18)

利益率の高い商品と低い商品:
コンビニのたばこ、利益率はどのくらい? ローソンの資料から読み解く
コンビニで売られているたばこ。他の商品と比べ、利益率が低いという特徴がある。どのくらいの利益率なのか。(2019/11/14)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
飲み食い放題で「上限3000円」の「定楽屋」が増殖中 料理や接客で“手抜き”してないのにもうかるのか?
飲み放題・食い放題で上限3000円(税抜)の「定楽屋」が増殖している。サービスを削らず調理に手間暇をかけてリピーターを獲得している。1人当たり3000円でもうかっているのか?(2019/11/12)

コンビニおでん好きによる理想の販売スタイルに賛同の声 「すごい便利」「衛生的」「導入してほしい」
コンビニおでんが食べたくなってくる。(2019/11/2)

コンビニおでん中止・縮小のピンチ!〜きめ細かなビジネススタイルも限界?
人手不足もあり、物を届けていくことが難しくなっている。(2019/11/1)

スーパーの安売り感……! 折込チラシや広告のパロディを盛り込んだ「コミケお品書き」がハイセンス
細かいところまで作り込まれています。(2019/10/29)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
「焼肉ポリス」がお客にダメ出し!? 安楽亭と牛角を脅かす「焼肉きんぐ」の戦略に迫る
大手焼き肉チェーンの「焼肉きんぐ」が快進撃を続けている。サービスの要となるのは「焼肉ポリス」の存在だ。豊富なメニュー開発力も強さを支える。(2019/10/29)

新連載・名古屋めしビジネス「勝ち」の理由:
かつてゲテモノ扱いされた「名古屋めし」 逆境を乗り越えた“強さ”とは
みそカツ、手羽先、ひつまぶしなど、全国に知れわたる「名古屋めし」。人気を獲得した名古屋めし企業の強さはどこにあるのか。また、今後は横のつながりが鍵になる。スクラムを組んで取り組めば、他の地域でもさらに勝機は広がりそうだ。(2019/10/28)

モンブランアイスが「大根にしか見えない」 スーパーカップの新作、実物を確認したら本当に大根だった
むしろ大根じゃなかったら何なの?(2019/10/15)

夜の街に繰り出したい 赤ちょうちんのショルダーバッグが持ってるだけでほろ酔い気分
一目見たら忘れられないインパクト。(2019/10/13)

月刊乗り鉄話題(2019年10月版):
青春18きっぷ、悲しい失敗の記録 肉と鉄道と身延山ロープウェイ「身延線・御殿場線」編
今回は「身延山ロープウェイ」に乗るために身延線・御殿場線を巡るも、失敗に終わった悲しい青春18きっぷ2019夏の記録です……。今後、皆さんが失敗しないための参考になれば。【写真55枚】(2019/10/11)

お客の混乱を回避する狙い:
「100円×3個=301円」問題でセブンが公式に謝罪 見習うべきは「イオン方式」か
「税込100円×3個=301円」問題で混乱が起きたセブン。お客が困惑した根本原因は事前告知が不足していたことだ。ただ、イオンが採用する価格表記を採用する道もあったかもしれない。(2019/10/11)

名古屋名物 みそかつ「矢場とん」が落合福嗣・櫻井孝宏・沢城みゆき出演でアニメに! 大須を舞台にした人情コメディー
加藤道哉さん監督、浅野直之さんキャラデとスタッフも超豪華!(2019/10/5)

おでんに入れた豆腐がしゃべっているみたいに見えると人気 「かわいくて好き」「ずっと見てられる」
しかもすごい早口……!(2019/10/4)

セブン-イレブン店舗オーナーが本部を「おでん無断発注」で告発 → どんな問題があるのか弁護士に聞いてみた
セブン-イレブン店舗のオーナー5人が、「本部社員がおでんなどの商品を無断で発注した」として公正取引委員会に申告書を提出しました。(2019/9/18)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
「やよい軒」「ほっともっと」運営会社のプレナス 大戸屋・コンビニとの“死闘”の行方
プレナスは「ほっともっと」や「やよい軒」を運営している。ほっともっとは苦戦しており、新業態の強化を急ぐ。一方、ごはんのおかわり自由が強みのやよい軒は店舗数を増やしているが……。(2019/9/10)

月刊乗り鉄話題(2019年8月版おかわり):
ひょっこり? キリキリ? 三陸鉄道リアス線の真ん中あたりが楽しい
祝・復旧! JR山田線とJR大船渡線もついでに巡って、ついにJR東日本の路線を全線踏破。(2019/8/19)

人気1位は?:
具材人気トップ5発表 ファミマ新作おでんは「つゆ」がおいしい
ファミリーマートが2019年度のおでんを発売する。今年はつゆを刷新。後味にこだわり。具材の「つゆ染み」にも改良を加えた。また、店舗の負担軽減や食品ロスにも踏み込んだ。(2019/8/16)

実は女性客が多く購入:
ローソンの2019年度おでんが登場 つゆは全国9種類 あなたの地域は何味?
ローソンの2019年度おでんが8月6日に発売。おでんの「つゆ」は全国の地域ごとに全9種類。今年は女性人気を背景に、「具だくさん」メニューを重視。定番メニューも一部リニューアルした。(2019/8/6)

「DANSKバターウォーマー」と、ていねいに暮らしたい
【エッセイ】生活に新たに加わった、赤くてすてきな小鍋。(2019/7/12)

「俺を怒らせたら、ヤバいよヤバいよ?」 出川哲郎、“バキ化”イラストで地上最強のリアクション芸人になる
ザリガニ効いてないの笑う。(2019/7/4)

遠山大輔インタビュー特集:
「“MVの人たちがステージに現れた”という感覚」 グランジ遠山大輔が語る「黒い羊」武道館パフォと欅坂46愛【後編】
白い羊 なんて僕は絶対なりたくないんだ。(2019/6/23)

「SOD女子社員酒場」が初の出張営業 ボートレース江戸川に紳士たちが集結してしまう
何だよこれ最高かよ。(2019/6/7)

「S級国家・中国」“超速アップグレード”の実相【前編】:
ユニクロはいかにして中国で勝ったのか? 「20年の粘り腰」に見る強さの源泉
2002年秋、上海に初出店し、しばらく鳴かず飛ばずだったユニクローー。なぜ中国市場で勝つことができたのだろうか? 気鋭の論者が分析する。(2019/5/20)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。