ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「小越勇輝」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「小越勇輝」に関する情報が集まったページです。

「腐女子、うっかりゲイに告る。」とうとう学校中にゲイがバレる5話 傷つけ合う青春にハマりまくる“QUEEN楽曲”演出
「ママ〜」。映画以上にズンと来たQUEEN「Bohemian Rhapsody」。(2019/5/25)

“ゲイの本音”に挑む2話「腐女子、うっかりゲイに告る。」 全部が欲しくて苦悩のゲイに腐女子が告白しちゃった
「母さん、はやく孫が見たいなぁ〜」オカンの願いのために女性を抱けるのか?(2019/5/4)

ブルゾンちえみ、“いいオンナ風”メイクで水川あさみっぽくなる 「女前爆裂しまくり」「どんどん綺麗になっていく」
美女風吹かせてる。(2018/9/12)

Rakuten GirlsAward 2018 SPRING/SUMMER:
天真爛漫な森星の投げキッスに会場メロメロ 清楚な広瀬アリスにセクシー滝沢カレン、白石麻衣と齋藤飛鳥の手つなぎも ガルアワランウェイ200枚
超特急、EXILE SHOKICHIさんらの熱狂LIVEの様子も振り返ります。(2018/6/1)

実写ドラマ「弱虫ペダル」続編が早くも制作決定! 1年目のインハイ戦描く
主演の小越勇輝さんは「更にペダルを回し、熱く」と気合十分。(2016/12/15)

舞台「弱虫ペダル」新作の上演が決定! 出演キャストも発表
主人公の小野田坂道役は小越勇輝さんから醍醐虎汰朗さんに変更。(2016/12/3)

ミュージカル「刀剣乱舞」厳島神社奉納公演の公式レポートが到着! 写真盛りだくさんでお届け
写真集の発売&アンコール配信も決定!(2016/11/14)

『弱虫ペダル』がついに実写ドラマ化! 自転車愛に満ちた内容と豪華俳優陣が見逃せない件 - PR
8月26日(金)21時よりBSスカパー! にて放送開始!(2016/8/26)

「弱虫ペダル」小越勇輝はドラマ版にも自信 原作リスペクトの棚澤監督、ビジュアル面でのこだわりも
都内で開かれたドラマ「弱虫ペダル」の製作会見の様子をお届けします。(2016/7/6)

ドラマ「弱虫ペダル」製作会見レポート:
BSスカパー!が、大人気漫画「弱虫ペダル」の“実写化”でこだわったこと
人気漫画の実写版となる、連続ドラマ「弱虫ペダル」が、8月26日からBSスカパー!で放映される。7月5日には、キャスト陣と監督が作品を語る記者会見が都内で開かれた。ファンが多い「弱虫ペダル」のドラマ化でBSスカパー!がこだわったこととは?(2016/7/5)

ドラマ「弱虫ペダル」はほぼ舞台版キャストに! 今泉俊輔は木村達成、鳴子章吉は深澤大河に決定
舞台でおなじみのキャストが大集結。あの御堂筋くんも!(2016/6/9)

専属アーティストとしての初仕事 許斐剛先生が制作した集英社「JUMP SHOP」のテーマソングが配信決定!
タイトルは「宝じゃんジャンJUMP☆〜JUMP SHOPのテーマ〜」。(2016/5/9)

新たに5人の刀剣男士が参戦! ミュージカル「刀剣乱舞」新作が2016年9月に上演決定
かつて新撰組の力となって戦った4振りと蜂須賀虎徹のキャストが公開。(2016/3/31)

「弱虫ペダル」舞台最新作は“〜総北新世代、始動〜” 2016年3月に東京・福岡・大阪・神奈川で巡演
小野田坂道を小越勇輝さん、今泉俊輔を太田基裕さん、鳴子章吉を鳥越裕貴さんが演じる。(2015/12/14)

許斐剛先生がまたやってくれた! 今度はワンマンライブ「一人テニプリフェスタ」で歌声を披露するぞ ※漫画家です
テニプリ声優やテニミュ俳優も応援にやってきます。(2015/10/3)

再現度が本気過ぎてヤバイ! 人気漫画「東京喰種」舞台のキャラクタービジュアル公開
なんだこの再現度(驚愕)。(2015/5/21)

「東京喰種」舞台化決定 7月に東京・京都で上演
「テニプリ」ミュージカルで越前リョーマを演じた小越勇輝さんが金木役。(2015/3/26)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。