ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「岡田麿里」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「岡田麿里」に関する情報が集まったページです。

「さよ朝」の感動が再び!? 岡田麿里監督の新作アニメ映画「アリスとテレスのまぼろし工場」が制作決定
「さよ朝」スタッフが集結。(2021/6/28)

「1つのことに夢中になれるのはすごく魅力的」 山田杏奈×玉城ティナ、“性”にほん弄される女子高生に感じたリアル 「荒ぶる季節の乙女どもよ。」インタビュー
“性”によって振り回された女子高生と、振り回した女子高生を演じた山田さんと玉城さん。(2020/9/8)

間違いなく“うわさの美少女”! 玉城ティナ、ドラマ「荒ぶる季節の乙女どもよ。」の金髪ショートヘアで透明感マシマシ
究極の透明感がここに。(2020/7/30)

思春期な“こじらせ”に寄り添うアニメ映画「泣きたい私は猫をかぶる」の「5つ」の魅力
脚本家・岡田麿里の作家性が存分に発揮された、思春期の少年少女の悩みに真摯に向き合うアニメ映画。(2020/6/18)

『旅と鉄道』増刊は「アニメと鉄道2019」 長井龍雪監督「空の青さを知る人よ」などを特集
「天気の子」「響け! ユーフォニアム」などの作品やラッピング列車も紹介します。(2019/10/2)

「天気の子」という宣戦布告 新海誠の“これまで”と“これから”
(2019/7/27)

岡田麿里原作の2019夏アニメ「荒ぶる季節の乙女どもよ。」第1話先行カット公開 “性”に振り回される女子高生たちの話
乙女たちが荒ぶっていらっしゃる。(2019/7/3)

「あの花」「ここさけ」長井龍雪監督の新作アニメ映画「空の青さを知る人よ」、10月11日劇場公開
「超平和バスターズ」再集結、不思議で切ない四角関係描くラブストーリー。(2019/3/21)

脚本家・岡田麿里の自伝、前田敦子主演でNHKドラマ化 引きこもり時代から「あの花」「ここさけ」制作までの半生描く
まさかの実写化。(2018/5/29)

岡田麿里が描く“学校”ではないファンタジー、時間という残酷な現実 アニメ映画「さよならの朝に約束の花をかざろう」
岡田麿里×P.A.WORKSの帰還。(2018/2/24)

「あの花」「ここさけ」脚本・岡田麿里の初監督作 「さよならの朝に約束の花をかざろう」2018年公開
人と人とのふれあいが織りなす、出会いと別れの物語。(2017/7/6)

アニメ映画「心が叫びたがってるんだ。」地上波初放送が決定 7月29日に土プレで、実写版公開を記念して
ネットで実況盛り上がりそう。(2017/6/28)

「心が叫びたがってるんだ。」が実写映画化 主演・セクゾ中島健人×芳根京子で7月22日から全国公開
仁藤菜月役には「E-girls」の石井杏奈さん、田崎大樹役には俳優・佐藤浩市さんの息子・寛一郎さんがキャスティングされています。(2017/3/15)

じんたんと順はいかに生まれたのか? 脚本家・岡田麿里さんの自伝「学校へ行けなかった私が『あの花』『ここさけ』を書くまで」発売
アニメと現実は少しだけ地続きです。(2017/3/9)

私たちにはまだ何もない 性に動揺する少女の群像劇「荒ぶる季節の乙女どもよ。」に胸がざわつく!
原作は「あの花」の岡田麿里さん。(2017/1/16)

キュンキュンを超えて、ギュンギュン! 河原和音の王道ラブストーリー「先生!」が生田斗真×広瀬すずで実写化
生田、久々に恋愛映画やるってよ。(2016/10/28)

「ガンダム 鉄血のオルフェンズ」10月から2期放送決定! 新モビルスーツもきたぞぉぉぉ!
公式サイトではPVも見られるぞ!(2016/7/12)

恋愛アニメの金字塔 「とらドラ!」全25話がAbemaTVで一挙配信
前半は6月25日6時、後半は6月26日6時から。(2016/6/24)

アニメ「迷家-マヨイガ-」、聖地・道志村のフェスに参加決定 声優トークショーや主題歌ライブも
当日は、現地の出演メンバーによるニコ生配信もあります。(2016/5/17)

ここさけメンバーにまた会える! 「心が叫びたがってるんだ」スペシャルイベントが8月7日に秩父で開催決定
本当は行きたいんだ!(2016/2/19)

TRIGGER新作アニメ「キズナイーバー」は4月から放送 TOKYO MXなどで
キャスト第3弾、主題歌担当アーティストも発表。(2016/2/10)

「ガルパン」水島努×「オルフェンズ」岡田麿里=何が始まるんです? テレビアニメ「迷家」2016年春放送決定
PV第1弾も公開されています。(2015/12/29)

「佐賀県を巡るアニメーション」をポニーキャニオンが制作中 監督は西村純二さん、脚本協力は岡田麿里さん
佐賀県文化課が企画。(2015/12/28)

有田町と武雄市を舞台に「佐賀を巡るアニメ」 監督は西村純二さん、脚本協力は岡田麿里さん
地域の魅力をアピールするアニメ作品「佐賀県を巡るアニメーション」のPVが公開された。本編2本は3月に公開予定だ。(2015/12/24)

TRIGGER最新作「キズナイーバー」 主人公・阿形勝平役は梶裕貴さん、ヒロイン・園崎法子役は山村響さんに決定
彩色されたキャラクターイラストも公開。(2015/12/11)

「痛み」を分け合う青春群像劇 TRIGGERの新作アニメ「キズナイーバー」発表!
キズでつながるキズナの物語―。(2015/10/11)

ずっと、ずっと、伝えたかった。 :
「あの花」チームの劇場版新作アニメ「心が叫びたがってるんだ。」本予告がついに解禁
主題歌は乃木坂46「今、話したい誰かがいる」。(2015/9/1)

めんまの声をハイレゾで収録:
「あの花」&「心が叫びたがってるんだ。」がソニーハイレゾウォークマンとコラボ
ソニーは、アニメ「あの花」と「心が叫びたがってるんだ。」の2作品とコラボしたハイレゾ対応ウォークマンを発表。直販価格は2万8000円(税別)。(2015/8/6)

最新作「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」、10月から全国放送
ガンダムの最新作が7月15日に正式発表された。タイトルは「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」。10月から全国28局で放送を開始する。(2015/7/15)

ガンダム新作タイトル「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」が正式発表に 2015年10月4日放送開始
新たな主役機は「ガンダム・バルバトス」。(2015/7/15)

「あの花」チームの劇場版新作「心が叫びたがってるんだ。」 キービジュアルが公開!!
机の上に置かれた「玉子」が意味するものとは。(2015/1/23)

「あの花」チームによる完全新作オリジナルアニメ発表 タイトルは「心が叫びたがってるんだ。」
秩父を舞台にした「青春群像劇」第2弾!(2014/12/4)

「あの花」チームによる劇場版新作オリジナルアニメ 2015年に公開予定
新作は「あの花」に続いて秩父が舞台。「青春群像劇」第2弾となる。(2014/9/1)

10%ポイント還元:
Kindleセレクト25情報――8月17日から8月23日
10%ポイントバックされる毎週更新の「Kindleセレクト25」。今週は、どの書籍がオススメになっているでしょうか?(2013/8/19)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2013/8/7)

電子書籍もここからどうぞ:
漫画・小説が原作の2013年冬アニメを全チェック
今シーズンも新年から続々と放映される冬アニメ――。その中から漫画や小説が原作となっている作品を一挙に紹介する。電子書籍が販売されている作品もあるので、参考にしてほしい。(2012/12/5)

電子書籍もここからどうぞ:
漫画・小説が原作の2012年秋アニメを全チェック
10月前後から続々と始まる2012年秋アニメの中から、漫画や小説が原作の作品を一挙にピックアップ。電子書籍化されている作品は販売サイトへのリンクとともに紹介しよう。(2012/9/12)

「あの花」の長井監督ら出演 「アニメフェスティバルアジア2011」をライブ配信
アジア最大規模のアニメイベント「アニメフェスティバルアジア(AFA)2011」(シンガポール、11月11〜13日)の、3日目のメインステージの様子を現地から届ける。アニメ「あの花の名前を僕たちはまだ知らない。」の長井龍雪監督、脚本家の岡田麿里さん、キャラクターデザインを担当した田中将賀さんらが出演するプログラムの模様をライブ配信する。配信は11月13日13時45分〜。(2011/11/10)

AKB48アニメ化 グループ内声優オーディション開催決定
伝説のアイドルと呼ばれる8人(選抜総選挙上位8人)を目標にしたアイドル候補生9人がメインキャスト。AKB48がアニメ化決定!(2011/10/18)

DVDだけではないビジネスを模索したい――フジ・ノイタミナプロデューサーが語るアニメの今
フジテレビの木曜深夜で、『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』など、数々のヒットアニメを送り出してきた“ノイタミナ”。設立時からプロデューサーとして参加している山本幸治氏は業界セミナーで、現状のDVD販売のみを軸としたアニメビジネスから脱却したいと語った。(2011/7/20)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。