ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「アニメ制作」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「アニメ制作」に関する情報が集まったページです。

アニメ制作会社「ボンズ」の名を騙り、仮想通貨で業務依頼を行う事案が発生 「仮想通貨を用いた業務依頼は、一切、行っておりません」と発表
ボンズを騙る業務依頼に注意。(2021/10/4)

劇場版「鬼滅の刃」テレビ初放送で東京スカイツリーが真っ赤に 午後7時から8時まで
東京スカイツリーは、9月25日の「劇場版 鬼滅の刃 無限列車編」地上波テレビ初放送を記念して特別ライティングを実施する。午後7時から8時まで。(2021/9/25)

Netflix、東京にアニメ制作の支援拠点 「人手不足で疲弊する制作会社を支援」
Netflixが、アニメ制作の支援に特化した新拠点を同社の東京オフィス内に開設した。当面は人手不足が深刻なアニメ制作初期のコンセプトアート作りなどに注力する。(2021/9/10)

伝説の自主制作アニメ「DAICON 3」が40周年! レストア版制作の可能性も
いつの間にか公式Twitterアカウントが誕生。(2021/8/22)

大手映画会社と使用契約:
沖縄発の「ゴーヤーキャラ」がアジア47カ国に進出 中国で人気に火
デザイン開発のビターメロンは、キャラクタービジネスでアジア展開する。中国の映画制作大手「融創文化グループ」と5月、オリジナルキャラクターをグッズなどに活用できるライセンス契約を結んだ。(2021/8/12)

ビル群や教室の写真を30秒でアニメ風に 1枚の画像から4種のアニメ背景を生成するAIサービスが登場
すごい!(2021/8/4)

「仮面ライダーW」正統続編の「風都探偵」、アニメ制作は「ウマ娘」のスタジオKAI ライダー初の試みに全力決意
かっこよすぎる!(2021/8/3)

増加傾向がストップ:
アニメ制作市場は10年ぶりに縮小 『鬼滅の刃』が爆発的ヒットしたのに、なぜ?
帝国データバンクの調査によると、2020年(1〜12月期決算)のアニメ制作市場は2510億8100万円。19年まで9年連続で拡大していた市場の増加傾向はストップした。主な要因は……。(2021/8/2)

写真を「アニメの背景」に変換するAI 30秒で“水彩風”など4種類の背景を生成
AIベンチャーのラディウス・ファイブは、AIでアニメ用の美術背景を生成するサービス「Anime Art Painter」を始めた。写真をアップロードするだけで、アニメ風の美術背景を30秒程度で4種類生成する。(2021/7/29)

Googleの本気度がすごい! オリンピック開催にあわせた7種のスポーツミニゲームとアニメがDoodleで公開
スタジオ4℃によるアニメのクオリティもすごい。(2021/7/23)

新作アニメ放送後にYouTubeで無料配信 10月放送の「境界戦機」で
BANDAI SPIRITSは、10月放送開始のオリジナルロボットアニメ「境界戦機」でYouTubeを使った無料アーカイブ配信を行う。より多くの人に届けたいとしている。(2021/7/21)

「鬼滅」制作会社のufotable、法人税法違反の疑いで在宅起訴 「全額納付した」と報告
人気アニメ「鬼滅の刃」などを手掛けるアニメ制作会社のufotableは9日、法人税法等違反の疑いで自社と近藤光社長が在宅起訴されたとWebサイトなどで報告した。(2021/7/9)

スピン経済の歩き方:
「安いニッポン」の本当の恐ろしさとは何か 「貧しくなること」ではない
新聞やテレビなどで「安いニッポン」に関するニュースが増えてきた。「このままでは日本は貧しくなる」といった指摘があるが、本当にそうなのか。筆者の窪田氏はちょっと違う見方をしていて……。(2021/6/30)

「さよ朝」の感動が再び!? 岡田麿里監督の新作アニメ映画「アリスとテレスのまぼろし工場」が制作決定
「さよ朝」スタッフが集結。(2021/6/28)

日本・サウジアラビア合作のアニメ映画「ジャーニー」レビュー バーフバリ的な大戦闘と古谷徹と神谷浩史の関係性でご飯何杯でもいけた
これがアラブのエンターテインメントか。(2021/6/26)

「FF9」が児童向け作品としてアニメ化へ 仏アニメ制作会社がライセンス取得
シリアスな展開の原作がどうなるのか期待……!(2021/6/22)

「令和のデ・ジ・キャラット」電撃発表 オリジナルキャスト・スタッフによる新作ミニアニメ制作へ
え、24……周年……?(2021/6/13)

「はたらく細胞」世界配信へ MANGAでコロナ対策
新型コロナウイルスの感染爆発が収束していないインドなど世界に向けて、感染のメカニズムや3密回避といった予防策を分かりやすく伝えようと、日本の人気漫画をインターネットで配信する試みが始まる。(2021/6/10)

ポケモン新作アニメ「ユメノツボミ」、YouTubeで公開 「薄明の翼」のスタジオコロリド
スタジオコロリドは4日、ポケットモンスターの新作アニメ「ユメノツボミ」をYouTubeの「ポケモン Kids TV」で公開した。(2021/6/4)

『チェンソーマン』初の展示会、タワレコ渋谷店で開催 カラー複製原画の展示や早川家リビングの再現コーナーも
入場料無料ですが、電子チケットによる事前予約が必要。(2021/6/3)

ぐんまちゃん:
群馬県の魅力向上 頼みの綱は?
群馬県がマスコットキャラクター「ぐんまちゃん」のアニメを制作し、今秋にも地上波放送の開始を目指している。ゆるキャラグランプリ1位(平成26年)の実力に磨きをかけ、都道府県魅力度ランキングアップや経済効果も見込む。(2021/5/29)

「庵野秀明監督が国民的アニメ映画をリメイク予定」との報道を否定 カラー「そのような事実はございません」
記事では「誰もが知っている国民的アニメ映画監督の代表作のニューバージョン」を作る予定との関係者の声を掲載していた。(2021/5/16)

マッドハウスの新作テレビアニメ「Sonny Boy」が2021年放送 キャラ原案は江口寿史、銀杏BOYZは初のアニメ主題歌
なにこれエモい。(2021/4/28)

「まど☆マギ」新作映画「ワルプルギスの廻天」制作決定 スタッフ変わらずファン安堵
アニプレックスは25日、新作映画「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ〈ワルプルギスの廻天〉」を制作発表した。2013年に公開した「新編 叛逆の物語」の正統続編。(2021/4/26)

VR空間で短尺アニメを作れる「AniCast Maker」、Oculus Quest向けに配信 エイベックスとVRの第一人者・GOROman氏の会社がタッグ
エイベックス・テクノロジーズが、VR空間で15秒間の短尺アニメを制作できるツール「AniCast Maker」(アニキャストメーカー)を16日に発売すると発表した。(2021/4/9)

アニメ「やくも」の舞台裏【後編】:
陶芸アニメで町おこし 岐阜県多治見市を舞台にした観光戦略とは
元となるコンテンツを制作し、アニメ化となる原案を作る――。そんな地方創生戦略のもとに動いていたアニメ『やくならマグカップも』。岐阜県多治見市を舞台にした観光戦略とは?(2021/4/6)

Apple Arcadeの挑戦:
Appleはゲーム文化を再興できるか?
Appleのサブスクリプションサービス「Apple Arcade」。オリジナルのタイトルを着実に増やし、今では配信本数が180本を超えるまでに至った。その取り組みを林信行氏がまとめた。(2021/4/6)

アニメーターを目指す人必見! 日本動画協会が「アニメーターの作画ドリル」を無償で公開中
ありがたい……!(2021/4/4)

ホリエモンが仕掛ける「宇宙ビジネス」【後編】:
堀江貴文は、いかにしてゼロから築き上げたのか 「宇宙ビジネス立ち上げの原動力」を聞く
ホリエモンこと堀江貴文氏が創業したベンチャー企業インターステラテクノロジズ。堀江氏が宇宙ビジネスへの参入に動き始めたのは00年にさかのぼる。その後、国内における民間宇宙開発を目指す組織「なつのロケット団」を結成して、ゼロからロケットの開発に取り組んできた。堀江氏インタビューの後編では堀江氏が、「ゼロ」からロケット開発を可能にしてきた背景を聞く。(2021/4/3)

アニメ「東京BABYLON 2021」、さらなる“多数の模倣盗用”が発覚し制作中止に 「全く新たな制作体制で再出発させて頂くこととなりました」
2020年12月に衣装デザインの模倣が発覚していました。(2021/3/29)

アニメ「東京BABYLON 2021」制作中止 「多数の模倣盗用があった」
テレビアニメ「東京BABYLON 2021」の製作委員会は3月29日、プロジェクトの中止を発表した。「多数の模倣盗用があることが判明した」という。(2021/3/29)

東映、アニメ背景制作をAIで効率化 写真をイラスト風に自動変換、前処理を1/6に短縮
東映アニメーションが、PFNのAI技術を活用してアニメ制作を効率化する実験を行った。背景写真をアニメ調やサイバーパンク調に自動変換することで、美術クリエイターが画像の前処理にかける時間を従来の約6分の1に短縮できた。(2021/3/12)

「呪術廻戦」のMAPPAがアフリカ人武士を描く! Netflixアニメ「Yasuke -ヤスケ-」の配信が4月29日に決定
主人公は戦国時代に実在し、織田信長に仕えたとされる人物。(2021/3/9)

劇場アニメ「時をかける少女」を体感する 4DX版が4月2日から期間限定で上映
アニメ制作会社「スタジオ地図」の設立10周年記念プロジェクトの一環。(2021/2/24)

Cygames木村唯人専務インタビュー【後編】:
「プリコネ」大ヒットの舞台裏 一度たたんだコンテンツを復活させたCygamesの手腕とは
サイバーエージェントの連結子会社のCygamesが開発・運営する「プリンセスコネクト!Re:Dive」。モンストなどと比べると18年リリースと後発の作品ながら、トップセールスランキングでも上位に割って入る大ヒットとなっている。だが、初代「プリンセスコネクト!」は一度サービスを終了した経緯もある。いかにして、一度「店じまい」したコンテンツを復活させたのか。「プリンセスコネクト!Re:Dive」のプロデューサーを務め、Cygames専務取締役の木村唯人さんに聞いた。(2021/2/18)

「鬼滅の刃」遊郭編、2021年テレビアニメ化 動画配信サイトの“争奪戦”も
アニプレックスは、吾峠呼世晴原作のアニメ「鬼滅の刃」の続編決定を発表した。(2021/2/18)

アニメ「鬼滅の刃」2期、年内のテレビ放映が決定 「こっからはド派手に行くぜ」
テレビアニメ「鬼滅の刃」の第2期「遊郭編」の年内放送が決まった。同日、公式サイトとPV第1弾も公開している。(2021/2/14)

三菱鉛筆、アニメ業界定番の「硬質色鉛筆」を生産終了 6月末までに
2015年にも生産終了が発表されていましたが、その際は関係者の働きかけで一旦生産継続となっていました。(2021/2/1)

Twitter生まれの漫画「可愛いだけじゃない式守さん」、動画工房でアニメ化決定 “イケメン彼女”の担当声優など予想盛り上がり
イケかわ式守さんを、アニメでも拝みたい。(2021/1/2)

『チェンソーマン』アニメ化決定! 制作は「ドロヘドロ」「呪術廻戦」のMAPPA、藤本タツキ先生も大歓喜
うおおおおお!(2020/12/14)

押井守、森本晃司の両監督が短編アニメ制作 ケンウッドの商品プロモーションで
JVCケンウッドは、アニメ監督の押井守氏とGLAYや宇多田ヒカルのミュージックビデオで知られる森本晃司氏がタッグを組んだ短編アニメ「CONNECTED...」をYouTubeと同社サイトで公開した。(2020/12/7)

アニメ「SSSS.DYNAZENON」2021年4月放送開始、新PVとキービジュアル解禁、追加キャストに神谷浩史、内田雄馬ら
メカデザインは野中剛、怪獣デザインに西川伸司、田口清隆、板野一郎ら参加。(2020/12/6)

Slackの導入から全社展開までを担当 運営チームのツール標準化に向けた作戦
東映アニメーションは運営チームの指揮の下、Slackの導入から全社展開に取り組んでいる。72チームにも及ぶシャドーITを統合するところから始まったプロジェクトの課題と今後の展望を運営チーム担当者が語った。(2020/11/26)

500枚描いても月収10万円 アニメ業界の縁の下の力持ち「動仕会社」が月18万円の“異例”求人票を出したワケ
「動仕」って何なのか、動仕会社に聞いてきました。(2020/11/14)

これが最後だと? 「ゲッターロボ アーク」2021年夏アニメ化決定
影山ヒロノブの主題歌が熱い第1弾PV解禁。(2020/11/2)

Netflix、「この世界の片隅に」製作会社と提携 アニメコンテンツ拡充へ
米Netflixが日本のアニメ製作会社3社とパートナーシップを締結。動画配信サービスのアニメコンテンツを強化する。(2020/10/23)

伸び率は減速 成長に急ブレーキ:
「鬼滅の刃」などに沸いたアニメ制作業界 19年の市場規模は過去最高を更新 20年は新型コロナの影響も
帝国データバンクが発表したアニメ制作業界の動向調査によると、2019年の市場規模は2427億4900万円で過去最高を更新。一方、伸び率では0.5%の増加にとどまり、増加率としては11年以降で過去最低を記録。(2020/10/12)

「ボボボーボ・ボーボボ」公式サイトリニューアル&第1話無料公開にネット動揺 「何が始まるんだ……」
2021年に連載21年を迎えます。(2020/10/10)

アニメ「SHIROBAKO」NHK Eテレで10月19日から放送開始 ムサニ再来だ!
カーチェイスシーンなどNHK的に心配の声も。(2020/10/9)

ゴジラのテレビアニメシリーズ爆誕!! 「ゴジラ S.P <シンギュラポイント>」、 2021年4月放送へ
【修正あり】ボンズ×オレンジ制作、監督・高橋敦史、シリーズ構成・円城塔、キャラデ原案・加藤和恵、怪獣デザイン・山森英司。(2020/10/7)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。