ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「アニメ制作」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「アニメ制作」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

Netflix、「この世界の片隅に」製作会社と提携 アニメコンテンツ拡充へ
米Netflixが日本のアニメ製作会社3社とパートナーシップを締結。動画配信サービスのアニメコンテンツを強化する。(2020/10/23)

伸び率は減速 成長に急ブレーキ:
「鬼滅の刃」などに沸いたアニメ制作業界 19年の市場規模は過去最高を更新 20年は新型コロナの影響も
帝国データバンクが発表したアニメ制作業界の動向調査によると、2019年の市場規模は2427億4900万円で過去最高を更新。一方、伸び率では0.5%の増加にとどまり、増加率としては11年以降で過去最低を記録。(2020/10/12)

「ボボボーボ・ボーボボ」公式サイトリニューアル&第1話無料公開にネット動揺 「何が始まるんだ……」
2021年に連載21年を迎えます。(2020/10/10)

アニメ「SHIROBAKO」NHK Eテレで10月19日から放送開始 ムサニ再来だ!
カーチェイスシーンなどNHK的に心配の声も。(2020/10/9)

ゴジラのテレビアニメシリーズ爆誕!! 「ゴジラ S.P <シンギュラポイント>」、 2021年4月放送へ
【修正あり】ボンズ×オレンジ制作、監督・高橋敦史、シリーズ構成・円城塔、キャラデ原案・加藤和恵、怪獣デザイン・山森英司。(2020/10/7)

「謎の中毒性」「1回見ただけじゃ分からない」 “はじめまして松尾です”に聞く、「マツオノアニメ」はどうやって生まれたか
本人を直撃しました。(2020/10/5)

痴漢被害の実態は学生に伝わっていない――「痴漢抑止バッジ」プロジェクトの次に、クラウドファンディングでアニメ制作プロジェクトを始める理由
なぜアニメで伝えるのか?(2020/10/8)

「INBOUND 2020」レポート:
Disney飛躍の立役者ボブ・アイガー氏が語る 「積み上げてきた価値を『崇拝』せず『尊重』せよ」
The Walt Disney Companyを巨大メディア企業に成長させた前CEOのボブ・アイガー氏が、レガシー継承と拡大戦略の両立について語った。【訂正あり】(2020/9/28)

「ジョジョ6部アニメ化」の虚偽情報が拡散 アニメ会社装う偽アカウントが投稿
アニメ制作会社「デイヴィッドプロダクション」を装っていますが、明らかに偽アカウントです。(2020/9/27)

アニメ「ウマ娘 プリティーダービー Season 2」2021年放送決定 テイオーとマックイーンのドラマが期待しかない
PVとビジュアル解禁。Machicoと大西沙織さんのお祝いコメント動画も公開。(2020/9/23)

「夏目友人帳」新作アニメ制作決定! 「石起こし」「怪しき来訪者」が2021年春に劇場公開
待っておりました。(2020/9/19)

サイコム、クリエイター向けPC「Lepton」にアニメスタジオ使用構成モデルを追加
サイコムは、アニメ制作会社が使用するモデルと同構成のクリエイター向けワークステーション計2製品を発売した。(2020/9/15)

「日本のアニメは世界一」 WIT STUDIOと打首獄門同好会がコラボしたアニメーター応援歌プロジェクト「サクガサク」MVが熱い……!
1年ほどの準備期間を経て実現した企画です。(2020/9/12)

「二次創作じゃなくて、原作になりたい」 山本美月、本物の愛を詰め込んだ“魔法少女”に変身する
早く読みたい。(2020/9/10)

「企業訪問オンライン」サンライズが開始 アニメ制作現場に学校から“訪問”
サンライズは、小中学生の企業訪問を11月からオンラインで提供する。コロナ禍で訪問受け入れを休止していたが、オンラインで行うことで、生徒は学校にいながら、アニメの制作現場を知ることができる。(2020/9/4)

ジャーナリスト数土直志 激動のアニメビジネスを斬る:
『千年女優』の今 敏監督作品が世界で「千年生き続ける」理由――没後10年に捧ぐ
『千年女優』『東京ゴッドファザーズ』などを手掛けた今 敏監督。没後10年、今なお特に海外のファン・評論家から愛され惜しまれる。その作品が世界で「千年生き続ける」理由にビジネス・作品論から迫る。(2020/8/24)

日本動画協会、アニメ制作進行のマニュアルを無料公開
誰でもダウンロード可能!(2020/8/14)

TVアニメの制作進行マニュアルを無償公開 「未来の人材にとって役立つことを願う」と日本動画協会
日本動画協会が、TVアニメの制作進行職の業務を取りまとめたマニュアルを無償公開。「未来のアニメ業界を支えていく人材にとって役立つものであることを願う」としている。(2020/8/13)

アニメ「一騎当千」制作のコモンセンスが倒産
「エルフェンリート」「MEZZO-メゾ-」などの作品を手掛けていました。(2020/8/4)

ジャーナリスト数土直志 激動のアニメビジネスを斬る:
日本アニメは本当に「ガラパゴス」なのか――待ち受ける真の危機に迫る
日本アニメの「ガラパゴス化」が最近問題視されている。しかし筆者は本当の課題はそこに無いと指摘。世界的人気な日本アニメの本当の危機とは。(2020/8/3)

『フルーツバスケット』『桜蘭高校ホスト部』が全話無料公開! 4連休は白泉社ワールドに浸りたい
やった〜!(興奮)(2020/7/20)

アニメ業界の「病巣」に迫る【後編】:
アニメ版『ジョジョ』の総作画監督が指摘「Netflixで制作費が増えても、現場のアニメーターには還元されない」
日本のアニメーション業界にはびこる低賃金や長時間労働といった過酷な労働現場の実態――。『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』の総作画監督を務める西位輝実さんにインタビュー。後編では西位さんに、Netflixをはじめとする、近年の日本アニメに進出している海外資本のビジネスについて聞いた。(2020/7/17)

アニメ業界の「病巣」に迫る【前編】:
アニメ版『ジョジョ』の総作画監督が語るアニメーター業界の「過酷な実態」
アニメ業界には未だに低賃金や長時間労働といった過酷な労働環境がはびこっている。『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』などでキャラクターデザインを担当している西位輝実さんに、その実態を聞いた。(2020/7/16)

フリクリとは何だったのか? アニメ「フリクリ」20周年を勝手に祝うコラム
フリクリを初めて見た日の衝撃――。(2020/6/20)

アニメ「鬼滅の刃」制作会社、脱税1億3900万円 東京国税局が告発
東京国税局査察部は、アニメ「鬼滅の刃」制作のユーフォーテーブル社長・近藤光氏が、法人税や消費税など約1億3900万円を脱税したとして東京地検に告発した。脱税で得た資金は別の事業に充てていたという。(2020/6/4)

たつき監督に殺害予告、容疑の男逮捕 ネット掲示板でほのめかす
アニメ「けものフレンズ」を制作した監督、たつきさんにネット掲示板で殺害を予告したなどとして、警視庁が京都府の男を逮捕した。アニメ声優への脅迫についても関連を調べる。(2020/6/4)

アニメ「鬼滅の刃」制作の「ユーフォーテーブル」が脱税で告発
以前から脱税疑惑が報じられていました。(2020/6/3)

ジャーナリスト数土直志 激動のアニメビジネスを斬る:
コロナ禍で「アニメ冬の時代」は到来するか――混沌の2020年代、3シナリオで占う
アニメ業界にも打撃を与えているコロナ禍。2020年代は果たして「アニメ冬の時代」となるのか。アニメ・映像報道の第一人者が3シナリオで分析。(2020/6/2)

京アニ放火事件の青葉容疑者を逮捕、容疑認める
 昨年7月、京都市伏見区のアニメ制作会社「京都アニメーション」(京アニ、本社・京都府宇治市)第1スタジオで起きた放火殺人事件で、京都府警は27日、殺人容疑などで無職、青葉真司容疑者(42)=さいたま市見沼区=を逮捕した。調べに対し、「間違いありません」と容疑を認めている。青葉容疑者は自らも重いやけどを負っており、入院して治療が続けられてきたが、府警は一定程度回復し、取り調べなどにも耐えられると判断した。殺人事件として平成以降で最悪の犠牲者を出した未曽有の事件は発生から約10カ月で大きな節目を迎えた。(2020/5/27)

中国アニメ『羅小黒戦記』ヒットの舞台裏【後編】:
中国産CGアニメがディズニーやピクサーを駆逐する――市場規模1兆円「中国映画ビジネス」の帰趨
日本のミニシアターでロングランヒットを続けているアニメ映画『羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ)』は、中国では2019年9月に公開され、中国国内で3.1億元(約48億円)の興行収入を記録した。アニメビジネスに詳しいジャーナリストの数土直志氏に、アニメ業界で生まれつつある日本と中国との新しい関係を聞く。(2020/5/26)

中国アニメ『羅小黒戦記』ヒットの舞台裏【中編】:
『鋼の錬金術師』監督が語る、中国アニメ『羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ)』ロングランヒットの訳
『羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ)』というタイトルのアニメ映画が、東京都内のミニシアターで、2019年9月から劇場を替えつつロングランを続けている――。今回の中編ではアニメーション監督で本作の制作スタッフとも交流のある、アニメーター・アニメ演出家の入江泰浩氏に『羅小黒戦記』の魅力と、日本で人気が広がる過程について聞く。作画だけでなく「感動できる作品」になっていることに衝撃を受けたという。(2020/5/22)

中国アニメ『羅小黒戦記』ヒットの舞台裏:
異例のロングランヒット、中国アニメ『羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ)』の舞台裏に迫る
『羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ)』というタイトルのアニメ映画が、東京都内のミニシアターで、2019年9月から劇場を替えつつロングランとなっていた。首都圏だけでなく、大阪、名古屋、札幌など日本各地のミニシアターでも順次上映されており、日本での総観客数はすでに3万人を超えている。ディズニー以外の海外製アニメ、なかでも中国製のアニメ映画が、日本の映画館でこのようなロングランヒットになった例は、これまでにあまり聞いたことがない。日本配給を手掛けた白金氏にヒットの舞台裏を聞いた。(2020/5/21)

「ラブライブ!」新シリーズ、メンバー5人のビジュアル公開
監督・脚本は初代以来の京極尚彦&花田十輝コンビ。(2020/5/15)

犬夜叉&殺生丸の娘たちを描くアニメ「半妖の夜叉姫」制作決定 放送は2020年秋を予定
アニメ「犬夜叉」を手掛けたスタッフが再結集して手掛ける作品です。(2020/5/9)

新型コロナウイルス流行下での映画産業を考える
2月の時点で現在の状況を予見していた新海誠監督。彼の言葉を手がかりに、今、映画産業が置かれている状況について西田宗千佳さんが考察した。(2020/5/8)

アニメ映画「泣きたい私は猫をかぶる」、劇場公開延期の発表から数日、Netflixでの配信決まる
Netflixで6月18日から全世界独占配信。(2020/4/30)

【無料配信記念】コナンファンが劇場版名探偵コナン「時計じかけの摩天楼」の魅力を語る
2020年4月17日〜18日に無料配信。(2020/4/18)

相次ぐ春アニメ受難、「放課後ていぼう日誌」第4話以降が放送延期に
Blu-ray&DVD、CDも発売延期。(2020/4/15)

ジャーナリスト数土直志 激動のアニメビジネスを斬る:
Netflixが日本アニメの“盟主”を狙う真意――製作現場の脅威、それとも救世主?
2月、Netflixが日本のトップクリエイター6組と提携発表。日本発のオリジナルアニメ製作に大胆に舵を切る。Netflixの責任者に真意と戦略について直撃した。(2020/4/8)

ディズニー、新型コロナ対策支援でオラフの新作YouTubeアニメやWeb会議用背景画像
ディズニーが、新型コロナのパンデミックで在宅を強いられている子どもたちのために、「アナと雪の女王」の人気キャラクター、雪だるまのオラフが主役の超短編シリーズをYouTubeで公開していく。アニメ制作もアフレコもそれぞれ自宅から行った。(2020/4/7)

ジャーナリスト数土直志 激動のアニメビジネスを斬る:
NetflixがCLAMPらトップクリエイターと組む真の狙い――「製作委員会を超越する」アニメ作りの革命
2月、Netflixが日本のトップクリエイター6組と提携発表。CLAMPや乙一らが名を連ねた。既存のアニメ製作の枠を超えた「大戦略」に迫る。(2020/4/7)

湯浅政明監督、「サイエンスSARU」代表取締役社長を退任 「休みながら次の準備を始めるつもりです」
映画「犬王」の監督は継続。(2020/4/1)

アニメ「映像研には手を出すな!」、早くもダウンロード販売開始「さすがですね浅草氏」
6月のBlu-ray発売前に異例の対応。(2020/4/1)

ジャーナリスト数土直志 激動のアニメビジネスを斬る:
王者Netflixを倒すのは誰か?――動画配信各社の“戦国時代”、勝敗を徹底分析
戦国時代を迎えている動画配信サービス。首位のNetflixは果たして勝ち残れるか? 映像ビジネス報道の第一人者が各サービスを徹底分析。(2020/3/30)

PR:誰もがデジタルクリエイターになれる時代 プロが制作環境に「ワークステーション」を選ぶべき理由
(2020/3/31)

アニメ評論はなぜ「無いように見える」のか? アニメ雑誌と評論の歩み――アニメ評論家・藤津亮太インタビュー
アニメ評論の歴史について、藤津さんに聞いてきました。(2020/3/22)

仕事へ行く前、毎朝「SHIROBAKO」を見続けた――あおいと頑張り矢野さんに支えられて働いた女が見た劇場版
“脳内矢野さん”に叱咤激励されて働き続けた日々。(2020/3/20)

「劇場版SHIROBAKO」を見たから明日も頑張れる この作品が実質「アベンジャーズ/エンドゲーム」だった「5つ」の理由
「劇場版SHIROBAKO」は完全にヒーロー映画だった。(2020/3/7)

テレビ版「へんたつ」BD&CD(仮)にたつき監督のオーディオコメンタリーが収録決定 実質たつきが2倍じゃん
伊佐さんも2倍じゃん。【追記】(2020/3/4)

ノベルゲーム×カートゥーンという新境地 オタクが驚がくした「マルコと銀河竜」は「ソーシャルゲームへの対抗心」から生まれたゲームだった
発売元であるTOKYOTOONの木村裕之社長と、企画・脚本を務めた“はと”氏に取材しました。(2020/2/27)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。