ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「アニメ制作」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「アニメ制作」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

PR:今期アニメは「シンカリオン」がアツい! 新シリーズは「学園モノ」×「ロボ演出強化」大人向け要素も満載だった
ある日の午前、会議室に呼び出されたと思いきや……?(2024/4/15)

エンタメ×ビジネスを科学する:
なぜ、深夜帯アニメは「連続2クール放送」が増えているのか?
にわかに盛り上がりを見せる日本のアニメ市場。大胆な投資に出られるようになった背景は。(2024/3/22)

イラストレーターのいのまたむつみさん死去 ゲーム「テイルズ オブ」キャラデザなど手がける
(2024/3/18)

「スーパーマリオ」新作アニメ映画、2026年4月公開へ 任天堂とイルミネーションのタッグ再び
イルミネーション創業者で代表のクリス・メレダンドリ氏と、任天堂代表取締役フェローの宮本茂氏が共同でプロデューサーを務めます。(2024/3/10)

アニメ化決定の「天穂のサクナヒメ」、制作会社による“本気すぎる取り組み”に驚きの声 「公式が一番のガチ勢」「稲生える」
アニメ制作会社の本気度が伝わってくる……!(2024/3/10)

「天穂のサクナヒメ」アニメ化 制作会社「アニメ化を見据えて去年から本社で稲作をはじめてました」
本格的な稲作描写で話題になったゲーム「天穂のサクナヒメ」のテレビアニメ化が3月9日に発表された。制作を担当するP.A.WORKSは、アニメ化に備えて昨年から社内で稲作をしていたと明かしている。(2024/3/10)

ギャル&地味子の放課後は超清純派のアイドル声優 テレビアニメ「声優ラジオのウラオモテ」本PVが公開
追加キャストとして長谷川育美さんと東山奈央さんの出演も発表。(2024/3/8)

アニメ「喧嘩独学」キャストが一挙発表 カースト最底辺の主人公・光太役に丹羽哲士、杉田智和は謎の鶏頭役
LINEマンガの人気連載が4月からフジテレビ「+Ultra」で放送。(2024/2/26)

アニメでよく見る架空のバーガー店「ワクドナルド」が現実に? 米マクドナルドが漫画やアニメ制作
限定パッケージや漫画、「スタジオぴえろ」によるアニメも。(2024/2/24)

「あなたの余命はあと3000文字きっかりです」 まさかのシチュエーションで始まるオムニバスマンガの世界観が好物すぎる件
インタビューと併せてマンガ本編を掲載。(2024/2/22)

アニメ制作会社「ufotable」、公式X(旧Twitter)アカウントが凍結から復活 数日前から「このアカウントは存在しません」に
15日から見られない状態でした。(2024/2/20)

赤坂優月『魔法使いになれなかった女の子の話』がテレビアニメ化、2024年10月放送 Project ANIMA第2弾作品
総監督に、「スレイヤーズ」シリーズや「灼眼のシャナ」シリーズなどのファンタジー作品を手掛けてきた渡部高志さん。アニメ制作はJ.C.STAFF。(2024/2/20)

消えたufotableの公式X、現在「復旧申請中」 「鬼滅の刃」などのアニメ制作会社
アニメ「鬼滅の刃」などで知られるufotable(ユーフォ―テーブル)は16日、自社の公式Xアカウントが15日に突然閲覧できない状態になった件について、「復旧申請中」であると明らかにした。(2024/2/16)

「鬼滅の刃」などのアニメ制作会社・ufotableの公式Xが消失 「このアカウントは存在しません」表示に
アニメ制作会社のユーフォ―テーブルの公式X(@ufotable)が2月15日、突如閲覧できない状態になった。同日午後6時半時点で同アカウントにアクセスすると「このアカウントは存在しません」と表示される状態になっている。(2024/2/15)

庵野氏がSlackフル活用、Confluenceには100GBの設定資料――「シン・エヴァ」制作支えたITシステム
「自社内にシステム部があるアニメ制作会社は2017年当時、珍しい方だと感じていました」――庵野秀明氏が率いるカラーは、IT化で制作効率を高めている映像スタジオの一つだ。(2024/2/14)

『ニートくノ一となぜか同棲はじめました』がテレビアニメ化 ムチパツニートくノ一役に矢野妃菜喜「しづりもやべーですが周りはもっとやべー奴」
ニートの日(2月10日)に併せて発表!(2024/2/10)

新潟市へ「オフィス移転する企業」が倍々で増えている理由
今までにはない施策を打ち出したことで、近年、新潟市へオフィス移転する企業が倍々で増加中である。成果が生まれている要因を探った。(2024/2/9)

アニメ制作YouTuber、“モノマネ動画”巡る騒動のネット記事で突然の流れ弾→「訴えられるで」誤表記の指摘続々
たすくこまさん「モノマネYouTuberのたすくさんと私は別人です」(2024/2/1)

東京藝大の卒業展示に“AIアニメ” 一体なぜ? 制作者に話を聞いた
東京藝術大学が開催している「卒業・修了作品展」に生成AIを使った作品が登場した。「AIと制作」と題して、生成AIを利用して作ったアニメーションとその制作プロセスを明かした作品だ。なぜ卒業制作に生成AIを取り入れたのか。制作者に話を聞いた。(2024/2/1)

バンダイナムコミュージックライブが劇伴コンサートに本腰 「境ホラ」フィルムコンサートなど開催へ
「GEKIBAN LIVE PROJECT(ゲキバン ライブ プロジェクト)」の始動を発表しました。(2024/1/22)

義理の兄妹の恋物語描くアニメ「義妹生活」、7月放送開始 浅村悠太と綾瀬沙季のキャラ設定画も公開
楽しみ!(2024/1/16)

「あたしンち」新作アニメが制作へ 「新あたしンち」以来9年ぶり、YouTubeなどでの配信を予定
懐かしい……!(2024/1/12)

メカ設計ニュース:
アニメ/フィギュア用3Dモデル制作補助ツールの開発に向けた提携を発表
生成AIの研究開発を手掛けるAIHUBとフィギュア/玩具メーカーのグッドスマイルカンパニーは技術開発に関する提携を発表した。最初の取り組みとして「アニメ制作補助ツール」「3Dモデル制作補助ツール」の開発に着手する。(2024/1/5)

『アイシールド21』『ワンパンマン』作画の村田雄介、アニメ制作スタジオ設立を報告
2023年12月30日にはパイロット版アニメを公開していました。(2024/1/1)

「ちゃぶ台返しはしない」 シン・エヴァ制作進行が見た“マネジャー庵野秀明”の姿(後編)
「庵野さんは“ちゃぶ台返し”はしない」。シン・エヴァの「Avant2パート」「Aパート」で制作進行を担当した成田和優氏は言う。成田氏へのインタビューから、マネジャーとしての庵野秀明をひもといていく。(2023/12/30)

「15人のはんこリレー」vs.「庵野秀明との対話」 JAXAからカラーに移った、とある新人制作進行の話(前編)
JAXAからアニメの制作進行に転向するという異色の経歴の人物がいる。成田和優氏だ。なぜ職を移ったのか。両者の違いと共通点は。シン・エヴァの制作を通じて感じた、アニメ業界のマネジメントとは。「プロジェクト・シン・エヴァンゲリオン」の著者でもある成田氏に話を聞いた。(2023/12/29)

大のアニメ好きが選ぶ“もっと評価されるべき2023年アニメ”TOP20! 「贄姫と獣の王」「もういっぽん!」を押さえ2023年のランキングを統べた大傑作は……?
秋の怪作も上位に食い込む。(2023/12/27)

アニメ「異修羅」、メインPV公開 2024年1月3日からTOKYO MX、BS日テレなど全22局で放送開始 
『このライトノベルがすごい!2021』では単行本・ノベルス部門と新作部門でダブル1位を受賞した作品(2023/12/26)

「シンカリオン」シリーズ新作決定! テレビアニメ「シンカリオン チェンジ ザ ワールド」
シグナル・エムディとProduction I.Gが制作。(2023/12/26)

「2024年入社」のアニメーター募集告知→実際は「業務委託」だった 「結城友奈は勇者である」制作会社が謝罪
SNS上で疑問の声が相次いでいました。(2023/12/20)

『ONE PIECE』完全新作映像で再アニメ化 「進撃」のWIT STUDIOが制作、Netflixで配信
原作漫画の第1話目から再アニメ化。(2023/12/17)

元「乃木坂46」高山一実のデビュー小説『トラペジウム』がアニメ映画化 原作は累計30万部を売り上げ
2024年5月10日公開です。(2023/12/12)

「君の名は。」新海誠監督の肖像使った投資広告が拡散 「放置しているプラットフォームにも強い違和感」と憤り 制作会社も関係性否定
該当の広告はSNS上で展開されているものとみられます。(2023/12/8)

長編アニメ映画「ふれる。」発表、2024年秋公開 「あの花」「ここさけ」「空青」を手掛けた超平和バスターズが再び集結
幼なじみの青年三人組と不思議な生き物が織りなす物語。(2023/12/6)

アニメ「鬼滅の刃」新シリーズ、12月10日にプロモーション動画をプレミア配信 その後「鬼滅テレビ」も
アニメ「鬼滅の刃」の新シーズン「柱稽古編」に関する最新情報を詰め込んだ動画「プロモーションリール2024」が12月10日にYouTubeなどで公開される。(2023/11/29)

円谷プロ×Netflix共同製作の「ULTRAMAN:RISING」、スマートなウルトラマン現る
主人公の日本語吹替え版声優は山田裕貴さんと早々と発表。(2023/11/10)

エンタメ×ビジネスを科学する:
MAPPA単独『呪術廻戦』大成功の一方で……「製作委員会方式」は本当に悪なのか?
『呪術廻戦』が人気だ。同アニメの制作会社のMAPPA(東京都杉並区)が実行した「単独出資方式」に脚光が当たっている。これまで主流だった「製作委員会方式」とはどう違うのか? それぞれのメリット・デメリットは。(2023/10/19)

アニメ制作会社「P.A.WORKS」、投稿したSNS内容で“謝罪” 「今日見れない作品が」「申し訳ございません」
名作いっぱいの「P.A.うらない」。(2023/10/18)

アニメ「戦隊大失格」がTBS系で放送決定 小林裕介が人生初の「悪の怪人」に
春場さんやさとうさんから大絶賛されたという声優2人もキャスティング。(2023/10/11)

日本のマンガ・アニメは世界一? 「10年後も安泰」とは言えないワケ
日本のソフトパワーの代表格であるマンガ・アニメ。韓国や中国をはじめ、従来の形式にとらわれないエンタメコンテンツが台頭する中、エンタメ分野で日本がこれから世界をリードするために必要な視点とは――。(2023/10/6)

経済の「雑学」:
実は米国生まれ 人気玩具「ゾイド」が歩んだ40年の歴史
人気玩具シリーズ「ゾイド」が40周年を迎えた。「動くプラモデル」として、長年、市場で存在感を示してきたが、実は米国生まれの商品。ゾイドはどのような歴史を歩んできたのか。その歴史を振り返る。(2023/9/30)

あの話題は今:
「ミニ四駆」に一度敗北……「ゾイド」飛躍の歴史 40年愛される2つの理由
人気玩具「ゾイド」が40周年を迎えた。初代シリーズは売り上げが低迷。失敗を糧に平成に発売したシリーズ(第2期)はテレビアニメの放送とともに一時代を築いた。プロジェクト担当者にゾイドが愛される理由と事業の今後を取材した。(2023/9/30)

スピン経済の歩き方:
「シン・ナウシカ」「実写版 トトロ」! ジブリ子会社化でありうるか
あのスタジオジブリが日本テレビの完全子会社になる。「これでジブリはアニメ制作に専念できる」といった声が出ているが、本当にそうなのか。企業買収の世界は……。(2023/9/26)

日本テレビ、スタジオジブリ子会社化 背景に後継者問題
日本テレビは『となりのトトロ』などの製作元として知られるスタジオジブリを子会社化したと発表した。宮崎駿氏など創業メンバーの高齢化が進む中、スタジオジブリが日テレ傘下入りを決めた背景には後継者問題があるという。(2023/9/21)

スタジオジブリ、日テレが子会社化 宮崎監督は名誉会長に 「後継者問題で悩んでいた」
日本テレビホールディングスは21日、連結子会社の日本テレビ放送網が、アニメ製作会社のスタジオジブリを子会社化すると発表した。(2023/9/21)

エンタメ×ビジネスを科学する:
北斗の拳、ジョジョ、刃牙――「古典作品アニメ」が令和になって連発するワケ
『北斗の拳』『ジョジョの奇妙な冒険』『グラップラー刃牙』といった作品はなぜ、令和の時代に再び脚光を浴びているのだろうか。これについて考察してみると、時代の変化がもたらした功罪が浮かび上がってくる。(2023/9/21)

グループ総出のプロジェクト:
鳥山明の名作『SAND LAND』のメディア戦略 バンダイナムコが映画からゲームまで展開する狙い
鳥山明の短編作品『SAND LAND(サンドランド)』の映画が映画館で上映中だ。ゲームやグッズ販売などバンダイナムコグループが一丸になっての展開する理由を担当者に聞いた。(2023/9/17)

YOASOBI新曲「勇者」がアニメ「葬送のフリーレン」OPテーマに!
「どれだけ楽曲に詰められるかこだわって楽曲制作しました」(2023/9/1)

限界お仕事ソングとは……? アニメ制作会社の日常を描いた漫画『ALL RUSH!!』、ドラマ&キャラソンCDが全3巻でリリース
「限界お仕事ソング」が気になってしょうがない。(2023/8/31)

『地縛少年花子くん』スピンオフがショートアニメ化 「放課後少年花子くん」が10分x全4回で10月放送
新たなアニメプロジェクト第1弾。これは「地縛少年花子くん」2期も来る流れ?(2023/8/24)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。