ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  O

「Oracle VM」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Oracle VM」に関する情報が集まったページです。

これから始める企業のためのコンテナ実践講座(4):
Kubernetesを手元で試せる「Minikube」「MicroK8s」とは
「コンテナ技術」やコンテナ実行環境の「Docker」、大量のコンテナ管理や負荷分散を実現する「Kubernetes」について概要から本番活用の仕方まで解説する「これから始める企業のためのコンテナ実践講座」。第4回は、Kubernetesのパッケージマネジャー「Helm」と手元で試せる「Minikube」「MicroK8s」を紹介します。(2019/5/23)

できること、できないこと:
Microsoft、「WSL 2」への質問にブログで回答
Microsoftは2019年5月に発表した「Windows Subsystem for Linux(WSL)」の新版「WSL 2」に関して寄せられた質問の一部を取り上げ、ブログで回答した。例えば仮想化ソフトと同時に利用できるかといった質問に対する回答だ。(2019/5/16)

サイバーセキュリティに特効薬なし
Windows Sandboxで実現する使い捨て可能なアプリ実行環境 利便性とリスクは?
Microsoftの「Windows Sandbox」は、使いやすいサンドボックスツールだ。この機能は、IT担当者やユーザーの仕事を楽にするかもしれない。しかし企業にはセキュリティの問題をもたらす恐れがある。(2019/3/15)

自らもOracle Cloudのサービス基盤として大規模に活用:
PR:“クラウド推進派”の企業にOracleのストレージ「Oracle ZFS Storage Appliance」が最適な3つの理由
「クラウドでは、それに最適化されたストレージを使うべし」──この考えの下、Oracleが自ら開発し、自社のパブリッククラウドサービスの基盤としても大規模に活用しているストレージ製品が「Oracle ZFS Storage Appliance」だ。同製品はなぜクラウドを使う企業に最適なのかを、日本オラクルの担当者らが語った。(2019/2/27)

利用するハードウェアの条件とシステムで選ぶ
仮想マシン構築ソフトのVMware WorkstationとOracle VirtualBoxを比較 選定ポイントは?
「VMware Workstation」と「Oracle VM VirtualBox」、は甲乙つけ難い競合製品になった。いったいどちらが自社に向いているのか。類似点、相違点、利点を比較し、選定のポイントを検討する。(2018/11/21)

中古PC活用:
Windows PCにAndroid-x86をインストールして再利用する
中古PC活用の第6弾。今回は、Android OSをインストールしてみる。x86/x64プロセッサ向けにAndroid OSを移植したAndroid-x86を使い古しのPCにインストールして活用しよう。(2018/9/14)

Amazon EC2に最適化、オンプレミスでの開発、テストにも使用可能:
AWSが「Amazon Linux 2」の正式版を公開、5年間の長期サポート(LTS)が付属
AWSは、5年間の長期サポート(LTS)が付属する「Amazon Linux 2」の正式版を公開した。(2018/7/3)

オンプレミスで利用可能な仮想マシンイメージも提供:
AWS、LinuxサーバOSの次期バージョン「Amazon Linux 2」のLTS候補版を提供開始
AWSは、Linuxディストリビューション「Amazon Linux 2」の「LTS Candidate」(長期サポート候補版)を提供開始した。Amazon EC2用のAMI、Dockerコンテナイメージ、主要な仮想化ソリューション用の仮想マシンイメージで提供されている。(2017/12/15)

最速UNIXサーバでも遅い! それを解決したのがOracle Database専用マシン:
PR:北九州市は95万市民へのサービスを支える統合データベース基盤をOracle Exadataで刷新。性能の飛躍的向上により住民サービスの円滑な提供を実現
北九州市は、行政システムを集約した大規模なプライベートクラウドの中核となる統合データベース基盤に「Oracle Exadata」を採用。住民サービスの円滑な提供を妨げていた夜間バッチ処理やオンライン処理の遅延という課題を一掃した。(2017/11/20)

Linux基本コマンドTips(161):
【 md5sum 】コマンド――ダウンロードファイルを検証する
本連載は、Linuxのコマンドについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は、ダウンロードファイルを検証する「md5sum」コマンドです。(2017/11/17)

コンテナの実態と課題を整理
「コンテナ」の“誇大広告”にだまされないために確認すべきチェックポイント
コンテナは数多くのメリットをもたらすが、制約も少なからずある。コンテナの可能性を正しく引き出すために、把握しておくべき制限事項を紹介する。(2017/9/5)

DB処理高速化に寄与、前モデル比2.5倍の演算処理性能を実現:
富士通とオラクル、SPARC64 XIIを搭載するUNIXサーバの新モデル「SPARC M12」をリリース
富士通とオラクルが、SPARCプロセッサを採用したUNIXサーバの新モデル「SPARC M12」の提供を開始。「SPARC64 XII」を採用し、CPUコア当たりの演算処理性能は前モデル「SPARC M10」の最大2.5倍を実現する。(2017/4/5)

DRBDの仕組みを学ぶ(15):
Ubuntuで実践する「DRBD 9環境」構築マニュアル
DRBDを軸に、データを遠隔地にも即時複製して万が一の事態に備える「冗長化/高可用性システム」の構築テクニックを紹介する本連載。今回は、DRBDの最新版「DRBD 9」環境の構築手順を解説します。(2017/3/9)

2021年のSolaris 10延長サポート終了に向けて:
PR:Solaris 10からSolaris 11.3に移行することで何ができるようになるの?
SPARC/Solarisの“新発見”を紹介する「SPARC/Solaris World」。今回は、Solaris 10からSolaris 11.3への移行プロジェクトを数多く手掛けられているCTCさまにOSのバージョンアップによってお客さまにどのようなメリットを享受できるかを詳しく聞いてきました。(2017/2/3)

オールフラッシュストレージは「速い」だけでは不十分:
PR:デジタルトランスフォーメーションに不可欠な「データ基盤の新要件」とは?
IoT、X-Techトレンドに象徴されるように、「多種多様な大量データをビジネス価値に変える」デジタルビジネスが国内でも活発化している。これに伴い、“価値を支えるデータ基盤”としてオールフラッシュストレージの導入企業が急速に増えている。だがデジタルビジネスで求められるのは「処理のスピード」だけではない。ではデジタルトランスフォーメーションを推進する上で不可欠となる「データ基盤の新たな要件」とは何か?(2016/12/28)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(69):
WindowsのDocker(コンテナ)対応、正しく理解できていますか?
Windows Server 2016とWindows 10では「Docker」がサポートされます。一方、Docker社は「Docker for Windows」を提供しています。どちらも“Docker”ですが、両者は似て非なるもの。似たものがいろいろと出てきていますので、整理しておきましょう。(2016/10/21)

技術面から見た「みずほクラウド」の革新性:
PR:ミッションクリティカルシステムをクラウドに移行できた3つの技術的背景
金融大手みずほフィナンシャルグループが、プライベートクラウド基盤を本格稼働。リスク計測システムを含むミッションクリティカルシステムでもクラウド運用を実現した背景にある技術を探った。(2016/7/21)

最新のIT技術で変わる医療の現場:
PR:“データ”を医療サービスの向上、病院経営の武器に――ときわ会 常磐病院のDWH/BI活用
「病院内で利用しているさまざまなシステムのデータを集約/分析するDWH/BI基盤を整備し、医療サービス向上や経営効率化の推進力とする」──福島県いわき市の常磐病院で進められているこの取り組みが、大きな成果を生みつつある。そのDWH/BI基盤を担うのが“Oracle Database 12c on ODA”だ。[プライベートクラウド/データベース統合][パブリッククラウド][高可用性/災害対策][Engineered System][Oracle Cloud][Oracle Enterprise Manager](2016/1/14)

野村総合研究所が選択したDB基盤:
PR:金融機関向けSaaSに必要な三つの要件。Oracle Exadataはどう応えたか
金融機関のミッションクリティカルな業務で利用されるクラウドサービスには、当然ながら可用性やパフォーマンス、災害対策などを高いレベルで実現することが求められる。これらの要件を満たしたサービスを提供する野村総合研究所では、国内銀行業界で高いシェアを誇る金融機関向けSaaS「BESTWAY/JJ」のデータベース基盤に「Oracle Exadata」を採用した。[プライベートクラウド/データベース統合][パフォーマンス改善][Engineered System](2015/11/13)

Docker運用管理製品/サービス大全(2):
OSSの管理ツールDocker Machine、Swarm、Compose、Kitematicの概要とインストール、基本的な使い方
数多く台頭しているDockerの運用管理に関する製品/サービスの特長、使い方を徹底解説する特集。今回は、Docker社が開発しているDocker Machine、Docker Swarm、Docker Compose、Docker Kitematicの概要と使い方を解説する。(2015/10/9)

WindowsユーザーのためのMac入門:
第7回 Mac上で仮想化技術を使ってWindows OSを実行させる
Macの仮想化ソフトウエアを使ってWindows OSを実行してみる。全画面表示にすれば、MacBook AirがWindows PCに早変わりする。(2015/7/29)

Oracle、定例パッチを公開 多数製品の脆弱性を修正
データベースやJavaなど多数の製品に存在する深刻な脆弱性に対処した。(2015/7/15)

オラクルの先鋭ソリューションで災害対策、ID管理も実現:
PR:企業の共通業務を効率化するドコモ・システムズのクラウドサービス「dDREAMS」。その安定稼働をOracle Exadataが支える
多くの企業に共通するオフィス業務を効率化するクラウドサービスとして、ドコモ・システムズが提供しているのが「dDREAMS」だ。ドコモグループの数多くのシステムを開発/運用してきた経験とノウハウが凝集された同サービスの安定稼働は、「Oracle Exadata」をはじめとするオラクルの各種ソリューションが支えている。[高可用性/災害対策][運用管理効率化][Engineered System](2015/6/1)

Oracle CloudWorld Tokyo 2015リポート:
PR:エンタープライズでの利用を意識したOracle Linuxがクラウドデータセンターで有利な理由
Oracle Linuxがクラウド時代のデータセンター運用に有利な理由とは? 「Oracle CloudWorld Tokyo 2015」の特設サイト『ORACLE CLOUDWORLD ONLINE』から、注目セッションを紹介。[運用管理効率化](2015/5/15)

Oracle CloudWorld Tokyo 2015リポート:
PR:Oracle Databaseのワークロードに合わせて最適化した「Oracle Exadata X5-2」
Exadata X5-2は、従来のExadataと何が違う? ストレージサーバーソフトウエアの独自機能とは? 「Oracle CloudWorld Tokyo 2015」の特設サイト『ORACLE CLOUDWORLD ONLINE』から、注目セッションを紹介。[プライベートクラウド/データベース統合][パフォーマンス改善][Engineered System](2015/5/15)

クラウド時代のアジャイルシステムインテグレーション(2):
絶対に押さえておきたい、超高速システム構築5要件と3つのテクノロジ
多くの企業にとって“クラウドファースト”がキーワードとなっている今、クラウドを「適切に」活用する能力はSIerやIT部門のエンジニアにとって必須の技能となっている。今回はビジネス要請にアジャイルに応える「クラウドファースト時代のシステムインテグレーション」に必要な要素技術を解説する。(2015/4/22)

Solarisでの仮想化を進める配信プラットフォームの裏側:
日本初「4K映像配信」のNTTぷららが“Solaris好き”な理由
NTTぷららは2012年から同社の事業基盤である「配信プラットフォーム」をSolarisによる仮想化で取り組んでいる。社内はそもそもSolarisファンが多いようだが、破たん寸前の現場を救い、社内説得の材料にもなった“決め手”とは。(2015/4/14)

WindowsユーザーのためのMac入門:
第2回 MacBook Airへの環境移行に踏み出そう
MacBook Airの初期設定や環境構築を行い、Windows環境からの移行を行う。Windows OSで使い慣れたアプリケーションの代わりは見つかるのか、どこまでMacBook Airでこれまでと同様の環境が構築できるのか。(2014/11/20)

米Oracle、bash脆弱性への対応状況を公開
「Big Data Appliance」などの修正パッチを公開。「Java ME」「Java SE」など108製品は影響を受けない製品に分類されている。(2014/10/9)

ラリーさんの言う通り?:
既存ユーザーが使いやすいOpenStack「Oracle OpenStack for Oracle Linux」
オラクルがIcehouse版をベースにしたOpenStackディストリビューションを発表。エンタープライズ利用でのサポートを充実させ、自社既存製品群との連携にも注力している。(2014/10/8)

新人インフラ技術者のためのサーバー構築/運用自動化入門(2):
PXE+Kickstartで動かすVirtualBox+CentOS環境自動構築サーバーの作り方
サーバー構築の自動化で利用される技術、自動化ツールとして「Kickstart」「Puppet」を紹介し、構築から運用まで、システムライフサイクル全体にわたる運用管理の自動化についても解説する連載。今回は、PXEとKickstartを使い、VirtualBox+CentOS環境を自動でインストールするためのサーバーの作り方について。(2014/7/17)

VMware環境を生かし切るHAクラスタの条件
vMotionが使えない? アプリ障害が見えない? VMwareの可用性確保「意外な盲点」
仮想環境の計画外停止の30%以上は、サーバではなくアプリ障害が原因との指摘がある。一方、仮想環境のアプリ障害対策製品の多くは、「vMotion」などの重要機能を無効化させる。仮想環境の可用性確保の盲点と対策を示す。(2014/6/30)

PR:「オラクル製品に最適化されたプラットフォームだから」──Oracle ExadataでOracle Linuxが採用される理由
圧倒的なパフォーマンスと可用性を兼ね備え、ミッションクリティカルシステムの基盤として多くの企業で導入が進むOracle Exadata。その標準OSとして採用されているのが「Oracle Linux」だ。Oracle Exadataは、なぜOracle Linuxを採用しているのか? それには深いワケがあった。[運用管理効率化][Engineered System](2014/6/16)

OpenStack情報アップデート:
オラクルが独自のOpenStackディストリビューションを発表
米オラクルが独自のOpenStackディストリビューションのプレビュー版を披露した。また、米レッドハットも「Red Hat Enterprise Linux OpenStack Platform 5.0」のβ版を発表した。(2014/5/14)

WinRT/Metro TIPS:
アプリから複数のウィンドウを表示するには?[Windows 8.1ストアアプリ開発]
Windowsストアは原則として1アプリに1ウィンドウだが、Windows 8.1で複数のウィンドウを表示できるようになった。その実装方法を解説する。(2014/4/17)

WinRT/Metro TIPS:
タイトルバーに文字列を表示するには?(Windows 8.1 Update対応)[Windows 8.1ストアアプリ開発]
Windows 8.1 Updateでは、マウスカーソルをWindowsストアアプリ画面の上端に持っていくとタイトルバーが表示される。ここに独自の文字列を表示する方法を解説する。(2014/4/10)

WinRT/Metro TIPS:
共有でファイルを受け取るには?[Windows 8/Windows 8.1ストアアプリ開発]
Windows 8.1ストアアプリ向けに共有ターゲットを実装する方法を説明。また、ファイルを受け取る場合の問題点とその解決策を紹介する。(2014/3/27)

WinRT/Metro TIPS:
ポップアップが表示されているかを調べるには?[Windows 8.1ストアアプリ開発]
Win 8.1で追加された「現在表示中のポップアップを取得できる機能」の使い方を解説。ポップアップと対話操作をしているエンドユーザーの邪魔をしたくないケースなどで役立つ。(2014/3/20)

WinRT/Metro TIPS:
カレンダーアプリに予定を入れるには?[Windows 8.1ストアアプリ開発]
Win 8.1で追加された新しいコントラクトを利用すると、カレンダーアプリに予定を入れられる。カレンダーへの予定追加と更新の方法を説明する。(2014/3/13)

WinRT/Metro TIPS:
テキストボックスをバインドして入力中にロジックを動かすには?[Windows 8.1ストアアプリ開発]
例えば検索画面で、検索文字列を1文字入力するごとに検索結果の表示を絞り込んでいきたい場合など、テキストボックスに入力中の文字列をバインド元に反映させて処理する方法を説明する。(2014/3/6)

WinRT/Metro TIPS:
nullをバインドして「なし」と表示するには?[Windows 8.1ストアアプリ開発]
データバインディングを使って、データがnullのときに、例えば「(なし)」のように表示する方法として、従来のバリューコンバーターを使う方法と、Win 8.1からのプロパティ設定による方法を解説する。(2014/2/27)

WinRT/Metro TIPS:
Windows 8.1の新機能、キオスクモードでアプリを動かすには?[Windows 8.1ストアアプリ開発]
アンケートの回答入力だけが行えるようにWindows 8.1端末を設定したいことはないだろうか? Win 8.1の新機能「キオスクモード」の使用方法と注意点を説明する。(2014/2/13)

WinRT/Metro TIPS:
Visual Studio 2013の新機能を使って、デバッグ時にメソッドの戻り値を調べるには?[Windows 8.1ストアアプリ開発]
Visual Studio 2013の新機能を活用して、デバッグしているときにメソッドの戻り値を調べる方法を解説する。(2014/1/30)

日本オラクル、Exalogicの新バージョンを発表
日本オラクルは、エンジニアド・システム新製品「Oracle Exalogic Elastic Cloud X4-2」の提供を開始した。(2014/1/23)

WinRT/Metro TIPS:
Windows 8.1の新機能、asyncメソッドからの例外トラップ機能を使うには?[Windows 8.1ストアアプリ開発]
Windows 8.1ストア・アプリではトップレベルでまとめて例外をトラップできるようになった。その実装方法を解説する。(2014/1/16)

WinRT/Metro TIPS:
Windows 8.1の新機能、ファイルアクセスの便利機能を使うには?[Windows 8.1ストアアプリ開発]
Windows 8.1ストアアプリ向けのファイルアクセス機能の改善点から、例外が出ないファイルやフォルダーの取得と、パスに依存しないファイルやフォルダーの等価比較を紹介。(2013/12/19)

Oracle、OpenStackに対応へ
OpenStack Foundationのコーポレート・スポンサーとなり、SolarisやExalogicなどとOpenStackとの互換性確保に乗り出す。(2013/12/16)

Oracle Solarisとの統合目指す:
OracleがOpenStack Foundationのスポンサーに、製品への統合計画も発表
米オラクルは2013年12月10日、OpenStack Foundationのコーポレートスポンサーとなり、「Oracle Solaris」や「Oracle Linux」などの製品に、OpenStackのクラウド管理コンポーネントを組み込んでいく。(2013/12/11)

WinRT/Metro TIPS:
Windows 8.1の新機能、セカンダリ・タイル作成時の代替ロゴを使うには?[Windows 8.1ストア・アプリ開発]
Windows 8.1ストア・アプリでは「ピン留め」するタイルの初期サイズや図柄の選択肢をエンド・ユーザーに提示できる。その開発方法を解説する。(2013/12/5)

“ITのシンプル化”を追求するオラクルの提案する最適解とは
ITインフラのコストはまだ下がる カギを握る「OSとAPサーバの保守料金」
企業のIT予算の多くを占める運用保守コスト。しかし、ITインフラの保守コストはまだ下げられる。特に、Oracle Linux、Oracle WebLogic Serverは、Red Hat Enterprise Linux、Red Hat JBoss EAPよりコスト面でもメリットが大きい。(2013/11/29)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。